古村治彦の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。よろしくお願いします。








 古村治彦です。


 今回は、柳田邦男編『心の貌(かたち) 昭和事件史発掘』(文藝春秋、2008年)を皆様にご紹介します。私がこの本を手に取ったのは、偶然からで、友人が要らなくなった本を処分するということで、貰ってきた本の中にあり、特別意識して読もうという意図を持たずに読み始めました。この本は、各章で昭和時代に起きた事件や出来事を取り上げ、編者である柳田邦男が指揮者たちを対談をしているという内容の本です。


 私が特に気になったのは、「第6章【造船疑獄】」です。この章で柳田は内田健三(元共同通信政治部長・論説委員長、元法政大学・東海大学教授)と堀田力(元東京地検特捜部検事でロッキード事件を担当、さわやか福祉財団理事長)と対談をしています。この対談の内容は、典型的な「吉田学校卒業生(官僚政治家)良いもの・党人派政治家悪者」説で構成されています。日本の戦後の政治論壇の典型的な姿がそのまま展開されています。


 官僚派である池田勇人、佐藤栄作には構想力があり、指導力があり、国の利益のために動いたが、党人派は選挙に当選することが第一で、地元利益第一主義で、金に汚いというコントラストが展開されています。


 この章に出てくる内田・柳田と掘田が代表する戦後マスコミ(新聞、民放、マスコミ)と戦後法曹界(検察)が、アメリカの意向を受けて、アメリカの言いなりになる政治家を持ち上げ、そして田中角栄の「政治的な抹殺」に加担したことは明らかです。彼らは東大、京大を出たエリートであり、内田は池田、佐藤の旧制五高の後輩にあたります。彼らが「仲間うち(クローニーcronyと言います)」を刺すようなことなどしません。彼らが展開している「党人派(田中角栄)悪玉説」に対しては少しずつですが、批判や疑問が投げかけられるようになっています。


 堀田は、対談(鼎談)の中でロッキード事件の公判中に被告の小佐野賢治が彼に向かって「日本の経済発展は特捜部のお蔭です」と言われた、「言われて気分は悪くはなかったけど、あなたが言うかという感じがした」と発言しています。。特捜部の努力によって「会社は社業に懸命に取り組まねばならない。政治にお金を渡してもダメなのだ」ということになったのだという内容なのです。それなのに、「サラリーマン的な小さな人物だけが政治家になって、気宇壮大な人物が政治家になれなくなった、そういうジレンマもある」などとふざけたことを言っています。

 柳田が描く「昭和史」について、疑問を持ちながら、そして批判を加えながらこの本を読むと(柳田の意図には反するでしょうが)、全く違った読み方法ができて、昭和史に対する理解が深まると思います。


(終わり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦(ふるむらはるひこ)です。

 ブログの会社を引越しし、心機一転ということで、これから皆様にこのブログをご愛顧いただければと思います。しばらくは使い方の実験や初期のご挨拶といった具合になると思います。今回は、心機一転ということで、ここで自己紹介をさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆古村治彦(ふるむらはるひこ)

一九七四年鹿児島市生まれ。鹿児島県立鶴丸高校卒業。早稲田大学社会科学部卒業、大学院社会科学研究科地球社会論専攻修士課程修了(修士)。南カリフォルニア大学大学院政治学専攻博士課程中退(政治学修士)。現在、SNSI研究員並びに愛知大学国際問題研究所補助研究員。


(単著)

・『アメリカ政治の秘密 日本人が知らない世界支配の構造』(PHP研究所、2012年)



(論文・共著)

・「アメリカの黒人プロ・スポーツ選手の世界-ヒーローになるにはスポーツ選手」 副島隆彦著『からだで感じるNYの黒人英語』(講談社、2000年)所収、173-195ページ

・「アメリカの『プリウス人気』の裏に何があるのか」 副島隆彦・SNSI共著『エコロジーという洗脳』(成甲書房、2008年)所収、159-188ページ

・「国際環境制度・機関についての議論に関する一考察」 愛知大学国際問題研究所紀要133号(愛知大学国際問題研究所、2009年3月)所収、145-163ページ

・「社会工学 social engineering-文明化外科手術」 副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『悪魔の思想辞典』(KKベストセラーズ、2009年)所収、126-133ページ

・「ロビー活動 lobby-薄汚いものだがデモクラシーには必要なもの」 副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『日本のタブー むき出しの真実ほど恐ろしいものはない 悪魔の思想辞典〈2〉』(KKベストセラーズ、2010年)所収、230-241ページ

・「『属国』日本が展開する原発輸出とその司令塔・前田匡史」 副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『放射能のタブー 悪魔の思想辞典〈3〉』(KKベストセラーズ、2011年)所収、172-183ページ


(翻訳)

・デイヴィッド・ボウツ著、副島隆彦訳『リバータリアニズム入門』(洋泉社、1998年)翻訳協力(下訳)

・ジョン・J・ミアシャイマー、スティーヴン・M・ウォルト著、副島隆彦訳『イスラエル・ロビーⅠ・Ⅱ』(講談社、2007年)翻訳参加(下訳)

・トーマス・ウッズ著『メルトダウン 金融溶解』(副島隆彦・監訳、解説、ロンポール序文、成甲書房、2009年)翻訳

・アダム・レボー著『バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容』(副島隆彦・監訳、解説、成甲書房、2010年)翻訳

・パラグ・カンナ著『ネクスト・ルネサンス 21世紀世界の動かし方』(講談社、2011年)翻訳

・ロバート・ケーガン著『アメリカが作り上げた“素晴らしき”今の世界』(ビジネス社、2012年)翻訳

・フランシス・フクヤマ著、会田弘継訳『政治の起源(上)(下)』(講談社、2013年)翻訳参加(下訳)



twitter ID: HarryFurumura

◆ウェブサイト「副島隆彦の論文教室」管理人:ウェブサイトへはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 今回は、私も「翻訳協力」として翻訳作業に参加しました、『政治の起源(上)』の著者であるフランシス・フクヤマが日本外国人特派員協会で行った講演の様子がYouTubeにアップされておりましたので、皆様にご紹介いたします。

 ゆっくりとした英語で、通訳の方もついていますので、英語が苦手な方でも大丈夫です。また、英語の練習をされている方にも良い練習材料となります。

 また、『政治の起源(上)』の良い紹介(著者ですから当然ですが)となっております。

 1時間以上ありますが、お時間が許す限り、ご覧いただければと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ