古村治彦です。

 

 ジェイムズ・コミーFBI長官は日曜日、新たに発見されたEメールの調査を行い、今年7月に出した、ヒラリー・クリントンの国務長官在任中の私的Eメールサーヴァー使用問題について刑事訴追すべきではないという結論を覆すには至らなかったという発表を行いました。

 

 ウェイナーのコンピューターに残っていたEメールの数は約65万通ですが、その中からフーマ・アベディンのEメールを見つけ出し、機密情報が含まれているものを更に洗い出して、それを調査するということを10月28日の書簡でコミーFBI長官は議会に報告しました。その結果が1週間程度で出て、「何もありませんでした」ということになりました。

 

 司法省とFBIの最高幹部たちは、現場からの突き上げに一度は屈したように見せながら、結局、それを抑え込んでしまったということでしょう。これでヒラリーの当選の可能性が少し上がりました。しかし、当選してから茨の道が待っていることは間違いありません。

 

(貼り付けはじめ)

 

FBI:クリントンEメール問題の捜査で新しい結論に達せず(FBI: No new conclusion in Clinton email investigation

 

マロリー・シェルボーン筆

2016年11月6日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/304587-house-oversight-chairman-fbi-has-not-changed-conclusions

 

ジェイムズ・コミーFBI長官は日曜日、FBIは、ヒラリー・クリントンの国務長官在任中の私的Eメールサーヴァー使用に関して、7月に下した刑事訴追に相当しないという結論を変えない、と発表した。

 

この発表は選挙の投開票日直前の2日前に出された。The announcement comes just two days before Election Day, following harsh criticism of Comey for his Oct. 28 letter on the latest portion of the investigation.

 

コミーは次のように述べた。「私の所管の存在が明らかになってから、FBIの捜査ティームは、ヒラリー・クリントンの件とは全く別の刑事事件の捜査と関連して押収した機械装置から取り出した大量のEメールを夜となく昼となく調査し、分析し続けてきた」。

 

「この調査の過程で、私たちはヒラリー・クリントンが国務長官に在任していた間に、彼女から発せられた、もしくは彼女宛てに届けられた全てのやり取りを調査した。私たちが調査した結果、クリントン前国務長官に関して7月に下した結論を変更する必要を認めない」。

 

ヒラリー選対の広報担当ブライアン・ファロンは、ツイッターで次のように述べた。「私たちはこれまで、7月に出された結論の見直しが行われるために必要な新しい証拠などないと確信を持っていた。そしれ、コミーFBI長官がそれを認めた」。

 

『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道によると、ヒラリー選対のコミュニケーション担当部長ジェニファー・パルミエリは選対が使っている選挙運動用の飛行機の中で声明を発表した。その中で「コミー長官が7月に下した結論の正しさを認めたことは喜ばしいことだ」と述べた。

 

連邦下院情報・諜報委員会の幹部委員であるアダム・シフ連邦下院議員は、今回のニュースに対して素早く反応した。

 

シフ議員は次のように書いた。「私が予期していたように、新たに発見されたEメールに対する調査の結果、合理的精神を持つ検察官なら訴追はしないというFBIが出した7月の結論は変更されなかった」。

 

 

「10月28日の書簡は元々送付されるべきではなかったのだ。投開票日にあまりにも近すぎた。Eメールに対する急速な調査は、疑惑を一気にそして明確に払しょくした。トランプ選対や反ヒラリー・クリントン派の人々はこの非合理的な調査に多大な望みをかけていた。有権者が自分たちの利益に基づいて決断を下せる環境が整った。そして彼らの下す決断は単純明快なものとなるであろう。選択肢は、アメリカ軍最高司令官にふさわしい女性とふさわしくない男性、どちらかだ」。

 

連邦下院監視・政府改革委員会委員長ジェイソン・チャフェッツ委員長は日曜日の午後、今回のFBIの書簡について反応した最初の人物となった。

 

7月にFBIはヒラリーの国務長官在任中の私的Eメールサーヴァー使用について刑事訴追すべきではないという勧告を出した。それ以降、この問題は沈静化していたが、先月末に再び関心を集めることになった。

 

コミーは10月28日に連邦議会に書簡を送り、その中で、ヒラリーのEメールサーヴァーに関する捜査にとって重要な証拠となり得るEメールを発見し、投開票日まで残り数週間の段階であるがそれを調査すると報告した。

 

これらのEメールは、アンソニー・ウェイナー元連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)に関する全く別の捜査の過程で発見された。ウェイナーはヒラリーの側近中の側近フーマ・アベディンの別居中の夫だ。

 

コミーの最初の書簡が出てからの1週間、ヒラリー選対、民主党所属の連邦議員たち、共和党の一部は、コミーを批判した。彼らは、コミーが、選挙に影響を与えるような捜査を選挙前には行わないという司法省が長年堅持してきた伝統を破ったと主張した。

 

FBIは、調査すべきEメールの数は6万5000つ存在すると発表した。これについて、訴追するかどうかの結論が投開票日までに下されるのかどうかという疑問が出ていた。

 

NBCニュースのピート・ウィリアムズは、ウェイナーのコンピューターから見つかったEメールについて、「ほぼ全てがヒラリーのEメールサーヴァーに関する捜査でFBIの捜査官たちが既に調査したものの複製であった」と語っている。

 

ウィリアムズは更に、それ以外のEメールは政府の職務とは関係ないものであったと述べている。

 

ある警察幹部はウィリアムズに対して、ヒラリー・クリントンの私的Eメールサーヴァーから見つかった機密情報を含むEメールの数について、今回の捜査の結果、変更はないと語った、ということだ。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)