古村治彦です。

 

 少し古い記事になりますが、今年1月にアメリカ連邦上院でキッシンジャーが証言を行ったことを紹介する記事を掲載します。

 

 キッシンジャーは、北朝鮮の核兵器開発に刺激され、韓国と日本が核武装を行うこと、更に多くの国々が核武装によって国際問題解決で優位に立とうとするシナリオについて懸念していると発言しました。そのことが北朝鮮によるアメリカ領土に対する攻撃よりも懸念が大きいとしています。

 

 また、レーガン大統領の下で国務長官を務めたジョージ・シュルツも同席し、核兵器を使うことに反対を表明しました。小型であろうが1発でも使ってしまえば次はより大型の核兵器を使うようになり、大量殺戮を行うことになると述べました。核兵器を都市部で使えば非戦闘員の虐殺となり、国際法に違反することになります。

 

 この席にはジャパン・ハンドラーズの大物リチャード・アーミテイジも出席していたようですが、発言は紹介されていません。日本でこそ超大物のアーミテイジですが、アメリカではそこまでの存在ではないということが分かります。

 

 キッシンジャーとシュルツの発言から考えると、「北朝鮮の核兵器開発はそれ自体よりも、周辺諸国やそのほかの国々の核武装を誘発することの方が怖い」「核兵器を使用することは断じて容認できない」ということになります。これらを合わせて考えてみると、「北朝鮮の核兵器開発は止めさせねばならないが、アメリカが小型の核兵器でさえも使うことは容認できない」ということになります。このことは北朝鮮にも向けられた発言ですから、北朝鮮が核兵器開発を止めるならよいが、そうでないならば、悪いシナリオへと進む前に、通常兵器を使ってでも止めさせるということになります。

 

 ヒラリーたちがリビアのカダフィを殺してしまったために、今回の北朝鮮問題は対話での解決を難しくしてしまっています。アメリカがリビアのカダフィに対して核兵器開発を放棄すれば体制維持を保障してやると約束し、カダフィがそれに従ったのに、最終的に殺されたことを金正恩は知っています。ですから、最後の最後まで核兵器やミサイルを手放すことはしない、手放してしまえば結局身の破滅だ、ということになります。リビアにまで波及した「アラブの春」については拙著『アメリカ政治の秘密』の中で、詳しく分析しています。

 

 ですから、ヒラリー派の人道的介入主義派が行った行為によってアメリカに対する信頼がない状況で対話が難しくなってしまっているので、北朝鮮の核兵器とミサイルという深刻な懸念を取り除くために実力行使ということになる可能性は高いように思われます。

 

(貼り付けはじめ)

 

キッシンジャー:北朝鮮を発端とする核兵器拡散は攻撃よりも大きな脅威だ(Kissinger: Nuclear proliferation greater threat from North Korea than a strike

 

レベッカ・キール筆

2018年1月25日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/defense/370714-kissinger-warns-about-nuclear-proliferation-if-north-korea-successful

 

ヘンリー・キッシンジャー元国務長官は木曜日、連邦上院議員たちに対して、北朝鮮の武器開発プログラムが発端となる核兵器拡散は、北朝鮮がアメリカを攻撃するよりも深刻な脅威であると警告を発した。

 

キッシンジャーは連邦上院軍事委員会に出席し次のように発言した。「北朝鮮の核開発プログラムについて私が深刻な懸念を持っているのは、アメリカ領土に対する北朝鮮が突き付けている脅威に対してではない。もちろんこの脅威も深刻ではあるが。私が急迫している脅威だと考えているのは次のものだ。もし北朝鮮が将来に軍事的な核兵器能力を保有するようになれば、核兵器の拡散に与える影響は深刻なものとなるだろうということだ」。

 

キッシンジャーは続けて次のように語った。「北朝鮮が中国とアメリカの反対、世界中の不同意に直面しても核兵器開発能力を維持できると、他の国々が国際的な地位の向上と国際的な紛争において優位に立つためにこの方法があるのだと考えるようになるだろう。」

 

キッシンジャーは、ロナルド・レーガン政権の国務長官を務めたジョージ・シュルツ、ジョージ・W・ブッシュ(子)政権で国務副長官を務めたリチャード・アーミテイジといった外交政策分野の重鎮たちと共に国家安全保障戦略について証言を行った。委員会にとっては北朝鮮と核兵器が主要な懸念であり、北朝鮮政府は核兵器開発プログラムを進展させていることを確認している。トランプ政権は「核戦略の見直し(Nuclear Posture Review)」の発表の準備をしている。 リークされた「核戦略の見直し」の草稿には、ロシアと中国をけん制するために「小型(low-yield)」核兵器開発計画が含まれている。

 

キッシンジャーは、核兵器拡散について、北朝鮮が核兵器を保有するようになると、韓国も核兵器保有を望むようになり、日本もその方向に動くというシナリオを提示した。

 

キッシンジャーは続けて次のように述べた。「そして、私たちはこれまでとは異なる新しい世界に生きるようになる。この新しい世界では、適切な指令系統を持つ技術的に核兵器を持つことが出来る国々が、国民の不同意があっても、核兵器を保有するようになるだろう」。

 

キッシンジャーはまた北朝鮮との戦争の結果について懸念を表明した。特にロシアと中国が演じるであろう要素について懸念を表明した。

 

キッシンジャーは次のように語った。「北朝鮮に対して先制攻撃を行いたいという誘惑は強力だ。私個人の考えでは、中国とロシアの国境で、世界の主要国、少なくともアジアの主要国の支援なしでアメリカ一国だけが戦争を行うことに大きな懸念を持っている。」

 

シュルツはキッシンジャーの発言内容に同意し、加えて、「レッドライン(最終ライン)を引く際には注意深くあるべきだ」と述べた。

 

シュルツは次のように述べた。「中身のない、空虚な脅威がアメリカを破壊する。従って、私はレッドライン(最終ライン)を引く際に注意深くあるべきだと考えている。このレッドラインが破られた場合、最終的に核戦争に至ってしまう可能性が高いからだ」。

 

公聴会の間、シュルツは来月に発表される予定の国防省による「核戦略の見直し」に関して懸念を表明した。

 

シュルツは草稿を読み、核兵器使用を進んで行おうという意図があるように感じられた、と述べた。

 

シュルツは次のように述べた。「核兵器を使用するという考えが広がっているということに懸念を持っている。核兵器は核兵器だ。小型の核兵器を1発でも使えば、次はより大型の核兵器を使用するようになる。私は、核兵器はどんなサイズになっても核兵器なのだから、私たちは厳格に線引きをしなければならない」。

 

シュルツは、ユナイテッド・レリジョンズ・イニシアティヴのビル・スィングの発言を引用して次のように述べた。「聖書に手を置いて、アメリカ大統領になる際に宣誓をすれば大統領になれる。核兵器の発射ボタンに手を置いたら、100万人の人間を殺すことが出来る何かを発射できる。しかし、それをやってしまったら、その人物はもう大統領ではない。神となったのだ」。

 

シュルツは続けて次のように語った。「私たちが神であると誰が言うことになるのだろうか?核兵器は非道徳なものだ、とレーガン大統領は繰り返し述べた。私たちは核兵器を廃棄しなければならない」。

 

(貼り付け終わり)

 

beigunnokitachousenbakugekiwarokugatu001
米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日


(終わり)



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12