古村治彦です。

 

 2019年1月19日午後3時(日本時間では20日午前5時)に、トランプ大統領からホワイトハウスから国民に向けて重大な発表を行うことになりました。トランプ大統領が自身のツイッターアカウントで発表しました。

donaldtrump028

 

 現在、アメリカ政府機能の一部閉鎖が続き、やがて1カ月になろうとしています。アメリカ南部国境に壁を建設することを巡り、トランプ大統領が50億ドルの予算を要求し、民主党が過半数を握っている連邦下院では壁建設の予算が入っていない予算案を可決するも、共和党が過半数を握っている連邦上院で否決、一方、壁建設の予算が入った予算案を連邦上院は可決するも、連邦下院で否決ということになり、膠着状態が続いています。

 

 マイク・ペンス副大統領と連邦議会民主党執行部の代理人たちの話し合いも不調に終わり、トランプ大統領とナンシー・ペロシ連邦下院議長、チャック・シューマー連邦上院少数派院内総務とのトップ会談も「時間の無駄」とトランプ大統領が切り捨てたほどで、事態が進展しません。

chuckschumernancypelosi001

 

 ペロシ議長が1月29日に予定されている一般教書演説の延期、もしくは文書による発表を求めたのに対し、トランプ大統領は今週末に予定されていた、ペロシ議長をはじめとする連邦議会代表団のアフガニスタン訪問を、政府機能閉鎖のために、アメリカ軍の飛行機は使えないとして差し止めました。争いは激化しています。

 

 トランプ大統領は国家非常事態宣言を行い、それで国境の壁建設の予算を勝ち取ろうという考えも表明しています。これに対して、この場合での国家非常事態宣言は合法性がないという批判も出ています。また、各種世論調査では、政府機能閉鎖が続く状況について、トランプ大統領に責任があるとする内容の結果が出ています。

 

 明日のホワイトハウスからのテレビやラジオを通じての発表では、国家非常事態宣言がなされるのではないかという観測も出ています。ここまで争いが続き、どちらが先に降りるかというチキンレースが展開されてきましたが、国境の壁建設は双方にとって重大な問題であり、どちらも簡単に降りることが出来ない、ということで膠着状態になっています。事態打開のために、トランプ大統領が国家非常事態宣言発表に打って出るということになる可能性が高まっています。

 

 1月29日の一般教書演説も大荒れというか、出席しない連邦議員たちが多く出てきそうです。特に国家非常事態宣言を行った場合には、かなり空席が目立つ中で、トランプ大統領が演説を行う可能性もあります。明日の発表が注目されます。

 

(貼り付けはじめ)

 

トランプ大統領が土曜日政府機能閉鎖について「重大な発表」を行うと述べる(Trump teases 'major announcement' about shutdown on Saturday

 

ジョン・ボウデン筆

2019年1月18日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/administration/426112-trump-teases-major-announcement-about-shutdown-on-saturday

 

トランプ大統領は金曜日の午後ツイッターを更新した。その中で、土曜日にホワイトハウスから、現在も進行している政府機能閉鎖に関して「重大な発表」を行う予定だと述べた。政府機能閉鎖は28日目に入った。

 

トランプ大統領は簡潔なメッセージの中で、発表は、「我が国の南部国境で発生している人道上の危機」についてのものとなると述べた。

 

「私は、明日東部時間午後3時にホワイトハウスから、我が国の南部国境で発生している人道上の危機に関して重大な発表を行う」とトランプはツイッターで書いた。

 

このメッセージは、トランプ大統領が連邦議会を出し抜き、国境の壁建設の予算を勝ち取り、同時に一部政府機能閉鎖を終わらせるために国家非常事態を宣言する計画だという可能性を高めるものとなっている。

 

トランプは繰り返し国家非常事態宣言という考えをちらつかせてきた。しかし、今週になってこの考えから後退したように見えていた。国家非常事態宣言を行った場合に、裁判になる可能性があるという批判が出ていた。

 

1月上旬、トランプ大統領は記者団に対して「国家非常事態宣言は容易なことだ。しかし、連邦議会はそのような事態にならないようにしなくてはならない」と述べた。更に、大統領は、民主党側から裁判に訴えられる可能性もあり、それで壁建設が数カ月も遅れてしまうこともあるので、出来れば宣言はしたくないとも述べた。

 

トランプ大統領と民主党が過半数を握っている連邦下院はこれまでの数週間、政府機能閉鎖を巡り争ってきた。この争いは、大統領が国境の壁建設の予算として50億ドル強を要求したことが発端となった。

 

この争いは今週になって激化した。連邦下院議長ナンシー・ペロシ連邦下院議員(カリフォルニア州選出、民主党)が一般教書演説の延期を主張し、トランプ大統領がそれに対して、連邦議会の代表団がアメリカ軍の飛行機を使って海外訪問を行うことを、政府機能閉鎖を理由に阻止した。

 

その結果、今週末に計画されていたペロシ議長と民主党所属の連邦議員たちのアフガニスタン訪問は中止となった。

 

各種世論調査によると、トランプ大統領は、政府機能閉鎖に関して世論の支持を失いつつある。これは大統領の今後の行動を決定する際のもう一つの要素となる。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)