古村治彦です。

 日本でも報道されているが、アメリカ大統領選挙民主党予備選挙のニューハンプシャー州での予備選挙で、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァ-モント州選出、無所属)が勝利を収めた。

 開票率84%の段階で、サンダースの得票率が25.7%で1位、インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジの得票率が24.4%で2位、エイミー・クロウブッシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)の得票率が19.8%で3位、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)の得票率が9.3%で4位、ジョー・バイデン前副大統領の得票率が8.4%で5位となった。

 このブログでは以前から、ニューハンプシャー州での予備選挙はサンダース勝利ということをお知らせしていたので、以前からお読みになっている方々は驚かれていないだろう。しかし、私は少し驚いている。それはサンダースが大勝ちできなかったからだ。前回、2016年では、サンダースが約60%、ヒラリー・クリントン元国務長官が約38%の得票率で、サンダースの圧勝となった。アイオワ州での勢いもあり、サンダースが30%台中盤くらいの得票率になると私は考えていた。しかし、2位のブティジェッジに僅差となった。また、クロウブッシャーが3位に入ったのは意外だった。伏兵現る、という感じだ。

 ウォーレンは大隊事前の世論調査の支持率から少し低い程度で収めたが、深刻なのはバイデンだ。得票率が2桁に届かずに5位に沈むというのは想定よりもかなり低い結果だ。

 ニューハンプシャー州での予備選挙の場合は有権者登録で民主党支持、もしくは支持政党なしか第三党支持と登録している有権者が投票に参加できる。共和党支持の有権者は参加できない。この無党派の動きが重要となる。まだ詳細な分析結果は出ていないが、クロウブシャーとブティジェッジの躍進の鍵は無党派層ではないかと私は考えている。

2020democraticprimarypoll202002morningconsult001
2020democraticprimarypoll202002graphmorningconsult003
 さて、先日のアイオワ州での党員集会後に実施された全国規模の世論調査の結果で、サンダースがバイデンを追い抜いて初めて首位に立つという結果が出た。バイデンが首位を明け渡したのは昨年3月に世論調査が始まってから初めてのことだ。また、マイケル・ブルームバーグが躍進している。全国規模の調査で支持率17
%の3位に入っている。ブルームバーグが注力しているスーパーチューズデーの各州での世論調査でも3位につけている。バイデンと支持基盤が重なる中で、バイデンにとっては脅威となっている。

2020democraticprimarypoll202002morningconsult002

スーパーチューズデーの州での世論調査の結果
 「前門の虎後門の狼」という言葉があるが、バイデンにとってはまさに「前門のサンダース後門のブルームバーグ」という状態である。バイデンは2月中に予備選挙が行われる各州で、サウスカロライナ州を除く3州で1位にはなれなくても格好がつく上位に入りたかったはずだ。それが4位、5位に低迷というのは大打撃だ。まだまだ序盤で戦であり、党の全国大会で指名投票ができる宣誓済み代議員数では2
%も終わっていない段階ではあるが、バイデンは、運動会の徒競走のスタートダッシュで思い切り転んでしまったようなものである。この低迷が相乗効果を生んでスーパーチューズデーでも不振となれば、ずっとトップ候補として走ってきたのに選挙戦からの撤退という事も考えられる事態だ。

 ブティジェッジにしてもクロウブシャーにしてもスーパーチューズデー以降の戦いは不透明だ。そこまでの資金力と知名度はない。やはりサンダースとバイデン、そこにウォーレンとブルームバーグが絡む選挙戦ということになるだろう。私は昨年からの情勢でバイデンが党の候補者指名を獲得するだろうと考えていたが、今はそれもだいぶ危なくなった、サンダースが民主党の指名候補になって、トランプ大統領との「ポピュリズム対決」になるのではないかと考えている。
 バイデンは「トランプに勝てる当選可能性(electability)」を売りに選挙運動を戦ってきたが、民主党員や民主党支持の有権者たちは「当選可能性なんかどうでもいい、どうせ誰が出ても勝てはしない、それならば自分の言いたいこと、考えていること、こうあって欲しいことを言っている候補者が良い」ということでサンダースに流れている。

※ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」の「今日のぼやき」広報ページにアメリカ大統領選挙について書きました。お読みいただければ幸いです↓

<a href="http://www.snsi.jp/tops/kouhou/2165"> http://www.snsi.jp/tops/kouhou/2165</a>

(貼り付けはじめ)

モーニング・コンサルト社の世論調査においてサンダースが初めてバイデンを追い抜く(Sanders overtakes Biden for first time in Morning Consult poll

マックス・グリーンウッド筆

2020年2月11日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/482459-sanders-overtakes-biden-for-first-time-in-morning-consult-poll

火曜日に発表された「モーニング・コンサルト」社の最新の世論調査で、バーニー・サンダ連邦上院議員(ヴァ-モント州選出、無所属)がジョー・バイデン前副大統領を追い抜いたことが明らかになった。

最新の世論調査の結果、サンダースは支持率25%を記録した。この数字は昨年3月にモーニング・コンサルト社が大統領選挙民主党予備選挙に関する世論調査を開始して以降、サンダースにとっては最も良い数字となった。一方、バイデンの支持率は22%となり、1月末と2月初めに実施した世論調査と比べて6ポイントの下落となった。

ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグの支持率も上昇して17%となった。一方、インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジも支持率を伸ばし、最新の世論調査では11%を記録した。

これらの候補者以外にモーニング・コンサルト社の最新の世論調査で支持率二桁を記録したのはエリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)だけで、支持率11%となった。

今回の世論調査の結果は、先週のアイオワ州でのサンダースのほぼ勝利という結果によって、サンダースの予備選挙における立場は強くなり、全国的な支持率上昇をもたらした。一方、バイデンにとっては歓迎できないニュースとなった。バイデンが支持率でトップの座を明け渡してしまうのはバイデンが出馬宣言をして以降初のこととなった。

アイオワ州での力強い結果から利益を得たのはサンダースだけではない。ブティジェッジの支持率も前回のモーニング・コンサルト社の世論超過に比べて5ポイント上昇した。ブティジェッジは現在のところアイオワ州での宣誓済み代議員獲得数でトップとなっている。

モーニング・コンサルト社の世論調査は2020年2月4日から9日にかけて15346名の大統領選挙民主党予備選挙に参加予定の有権者を対象に実施された。誤差は1ポイントだ。

(貼り付け終わり)

(終わり)

amerikaseijinohimitsu019
アメリカ政治の秘密
harvarddaigakunohimitsu001
ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側