古村治彦です。

 アメリカ大統領民主党予備選挙はネヴァダ州での党員集会が2020年2月22日に実施される。ネヴァダ州の特徴はヒスパニック系が人口の3分の1以上を占めるというものだ。これまでのアイオワ州とニューハンプシャー州は白人が圧倒的多数を占めていたが、白人ではないヒスパニック系が大きな割合を占める、人種構成がより多様な週でどのような結果が出るかが注目される。これは来週金曜日2月29日のサウスカロライナ州での予備選挙でも同様で、こちらはアフリカ系アメリカ人有権者が大きな割合を占める。これからの2州の注目ポイントはそこだ。
2020democraticprimarynevadapolligs2020001

 現在の状況ではバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)が支持を伸ばして勝利すると見られている。2位をインディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジ、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、ジョー・バイデン前副大統領が争う展開になっている。ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグは全国規模の世論調査で支持率の数字を上げているが、2月中の予備選挙では候補者登録をしていないので、結果に影響を与えない。
2020democraticprimarysouthcarolina2020polls001

 2019年を通じて各種世論調査でトップを走ってきたジョー・バイデンは支持を急落させている。ネヴァダ州とサウスカロライナ州で何とか態勢を立て直したいところであるが、状況は好転していない。バイデンはアフリカ系アメリカ人有権者からの支持に自身を持っているが、サウスカロライナ州での数字を見ても支持率は下落している。
2020democraticpresidentialdebateinnevada001

 ネヴァダ州での党員集会の直前、ネヴァダ州ラスヴェガス市で候補者による討論会が開催された。この討論会からニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグも参加することになった。討論会を主催する民主党全国委員会は討論会の参加条件に各種世論調査の支持率の数字と政治献金者数を設定していた。ブルームバーグは政治献金を受け取らず、自己資金で選挙運動を展開しているために、討論会の参加条件をクリアしていなかった。そこで、民主党全国委員会はルールを変更し、政治献金者数の条件を外した。そのためにブルームバーグは討論会に参加することになった。

 しかし、彼は討論会に参加しないままの方が良かったと思われるくらいに、討論会で大失敗を犯した。ニューヨーク市長時代には選挙の時には討論会に出席したこともあっただろうが、それ以降は真剣で切り合うような厳しい討論会に出席したことはなかったし、何よりも準備が全くできていないようであった。ブルームバーグは他の候補者が簡単に攻撃できる攻撃目標、こちらから殴りつけられるが向こうから殴り返してこないサンドバッグのような状態で、他の候補者を引き立てるだけの存在となった。

 エリザベス・ウォーレンとエイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)は討論会の機会をうまく使って、自身の主張をアピールし、ライヴァルたちをうまく攻撃することができた。ウォーレンはブルームバーグをトランプ大統領と同じ、傲慢な大富豪で差別主義者という攻撃を成功させた。クロウブシャーはざっくばらんな中西部気質を前面に出し、同じ中道派のライヴァルであるブティジェッジをうまくこき下ろすことができた。

サンダースは高みの見物で、大きな負担もなく、失敗もなく討論会を終えた。彼にとってはこれまでで一番楽な討論会になっただろう。民主党エスタブリッシュメントは、誰も彼を止められない状況にいら立ちを募らせている。

バイデンに関してはこれまでの8回の討論会と同様、「いるのかいないのか分からない」「居眠りをしていた(トランプ大統領からはスリーピー・ジョーと揶揄されている)」ような状況で何も改善していなかった。

予備選挙直前の討論会は有権者の行動に大きな影響を与えることは前回のニューハンプシャー州でも明らかにされた。今回で言えば、ウォーレンが支持を伸ばしてくるだろう。サンダースの1位は動かないが、2位は熾烈な混戦状態となるだろう。6名の有力候補が混戦のまま、スーパーチューズデーを迎えることになる。

(貼り付けはじめ)

ラスヴェガスでの民主党討論会での勝者と敗者たち(Winners and losers from the Democratic debate in Las Vegas

ナイオール・スタンジ筆

2020年2月20日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/483792-winners-and-losers-from-the-democratic-debate-in-las-vegas

水曜日夜にラスヴェガスでの討論会の壇上に6名のアメリカ大統領選挙民主党予備選挙候補者たちが上がった。土曜日にネヴァダ州で民主党党員集会が開かれる前に討論会が実施された。

水曜日の討論会は今回の予備選挙で9回目の討論会となった。しかし、今回の討論会ではニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグが初登場となった。ブルームバーグは各種全国規模の世論調査で支持率を上げ、選挙運動に莫大な資金を投下している。

誰が勝者で誰が敗者か?

●勝者たち

(1)エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)

ウォーレンはニューハンプシャー州での予備選挙で4位に終わり失望が広がった。彼女はラスヴェガスで一か八かの賭けをしなければならなかった。そして彼女は賭けをし、勝った。

マサチューセッツ州選出の連邦上院議員でハーヴァード大学法科大学の教授を務めた経験を持つウォーレンは討論を得意としているが、水曜日の討論会では注力し、力強いパフォーマンスを見せた。

更に重要なことは、討論会における最も人々の記憶に残る瞬間において明確な勝利者となった。

この瞬間とは、ブルームバーグの女性に対する取扱いの話題の時であった。

討論会の共同司会者ハリー・ジャクソンが非難されるべき性差別的発言について質問され、ブルームバーグは、自身の会社(ブルームバーグ社)と市長時代における、幹部クラスの仕事をしている女性の数について言及して質問の矛先をかわそうとした。

ブルームバーグに反論についてウォーレンは次のようにやり返した。「皆さん、彼の言い訳を聞きましたか。よく聞いて下さい。彼は、私は数人の女性に対して良い取り扱いをしてはいます、と述べたんです。そんなもの何の意味もありませんよ」。

ウォーレンはブルームバーグに対して更に長時間攻撃を続けた。ブルームバーグは、ブルームバーグ社を裁判に訴えている女性たちについての情報について秘密保持条項を盾に開示を拒否していることを批判した。

ウォーレンはブルームバーグとトランプ大統領を比較する発言で討論会を始めた。彼女は討論会での成功をこの時に既に示していた。

ウォーレンは次のように口火を切った。「私は私たちが戦おうとしている人物について話したいと思います。その人物は超大富豪で、女性たちを“太ったメス豚”や“馬面のレズビアン”と呼んでいるのです。ああ、そうです、違いますよ。私がいま語っているのはドナルド・トランプについてではありません。私は今ブルームバーグ市長について話しているんですよ」。

ウォーレンは民主党の候補者指名獲得レースで極めて厳しい戦いを強いられることになった。ウォーレンはアイオワ州とニューハンプシャー州での予備選挙の結果で上位2名に入ることができなかった。バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)の存在のために左派の有権者からの支持を拡大できていない。

しかし、ウォーレンは水曜日の討論会でこれ以上望むべくもないほどの良いパフォーマンスを行うことができた。

(2)バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァ-モント州選出、無所属)

サンダースは討論会に、民主党の党指名獲得レースにおける異論のないトップ走者として参加することになった。

サンダースはリアルクリアポリティックスでの世論調査の平均で、2位に10ポイントサイをつけてトップに立っている。彼には熱心な支持者たちがついており、ネヴァダ州での党員集会で勝利を得る可能性が高い。

討論会の壇上でサンダースが行うべきことは、目立つミスを犯さないことだった。サンダースはこれを軽々とクリアした。

壇上の誰もサンダースに大きなダメージを与えることはできなかった。そして、ブルームバーグに対しての攻撃がほとんどだったこともサンダースにとっては有利に働いた。サンダース自身は討論会での最初に発言でブルームバーグの職務質問への支持に関して言及した。

サンダースの敵対者たちは彼を攻撃しようと試みたが、彼は比較的容易に反撃することができた。

インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジは、サンダースと強力なネヴァダ州飲食業従事者組合との間での争いを持ち出した。サンダースはこれを一言で斥けた。

サンダースは「私たちはあなたが夢想しているよりも良い多くの組合からの支持を貰っています」と述べた。

好き嫌いはあるだろうが、サンダースが民主党の候補者指名に向けた方向性が変わってしまうと考える理由は今のところ存在しない。

(3)エイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)

クロウブシャーは、ニューハンプシャー州での予備選挙直前に開催された前回の討論会でのパフォーマンスで自身の選挙運動を活性化させた。討論会の直後の予備選挙で、驚きの3位に入った。

水曜日の討論会で、クロウブシャーは、そこまで目立つことはなかったが、力強いパフォーマンスを行った。

クロウブシャーが売り出している政治的ブランドは間違いなく、アメリカ中西部で育まれた現実的な中道主義ということである。ジョー・バイデン前副大統領が支持率を下げている中で、クロウブシャーが自身の支持率を引き上げる余地が出てきている。

ブルームバーグは、税務申告のためにコンピュータソフト「ターボ・タックス」を使ったことがないと述べた後に自身の中流家庭出身という出自を強調した。

彼女は、「私の夫は夫婦の税務申告をしてくれるんですが、ターボ・タックスを使いますね」と述べた。

討論会の後半、クロウブシャーとブティジェッジとのやり取りは特にとげとげしいものとなった。クロウブシャーは、ブティジェッジが彼女のことを馬鹿だと指摘したことについて非難した。

別のやり取りでは、クロウブシャーはブティジェッジの殊勝ぶる性向についてやり返した。

クロウブシャーはブティジェッジに対して「みんながあなたのように完璧な人間だったら良かったのにね、ピート」と述べた。

クロウブシャーが民主党の指名候補になる道筋はまだ見えにくいままだ。しかし、クロウブシャーにとっては良い夜となった。

●どちらでもない

(1)インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジ

いくつかの側面でブティジェッジは圧力を受けている。

ブティジェッジは、ネヴァダ州、そして4つ目の投票場所となるサウスカロライナ州での各種世論調査での支持率の数字が良くない。ブティジェッジはアイオワ州とニューハンプシャー州で力強い結果を得たが、この勢いを支持者が望むようにはつなげていけていないようだ。そして、予備選挙において中道派の候補としての立場もブルームバーグからの脅威に晒されている。

ネヴァダ州での討論会で素晴らしいパフォーマンスを見せることができていれば支持率の数字を上げることに貢献したであろうが、彼はうまくやることができなかった。

ブティジェッジは明らかな失言をしなかった。

水曜日の討論会に関して、ブティジエッジはまあまあだった。しかし、十分に良かったとはとても言えない。

●敗者たち

(1)ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグ

間違いなく、ブルームバーグにとって酷い夜となった。

ブルームバーグは文字通り他の全ての候補者たちから攻撃を受けた。これは驚くに値しない。他の候補者たちは討論会の壇上からブルームバーグを無傷で帰すことをしなかった。ブルームバーグはテレビ広告に3億5000万ドルを既に支出している彼を攻撃目標とした。

より衝撃的だったことは、ブルームバーグが自分を弁護することを全くうまくできなかったことだ。ウォーレンが秘密保持条項についてブルームバーグを批判したところは最も目立つ場面となった。

ブルームバーグは職務質問について自己弁護をすることに躊躇していた。このテーマは討論会で必ず出るだろうと誰もが考えていたのに対策ができていなかった。

ブルームバーグはニューヨーク市長を3期連続で務めたのだが、その時にすぐにイライラする態度を見せることで有名だった。ニューヨーク市民にとってはおなじみのブルームバーグの苛立った態度はこの討論会でも見ることができた。

その一例が「ターボ・タックス」についての発言だ。クロウブシャーはこのことでブルームバーグを攻めた。更にウォーレンからも攻撃を受けた。

元市長マイケル・ブルームバーグは自身の巨万の富を積極的に擁護する姿は、現在の民主党においては政治的に問題があると見なされる。彼は世界で最も富裕な20目の超大富豪の中に入っている。

もちろん、討論会での大失敗が何も問題にならない可能性もある。ブルームバーグは2020年3月3日のスーパーチューズデーまで投票用紙の候補者リストに入っていない。3月3日までに人々の記憶が消えていくこともあるし、大雪崩のようなテレビ広告の放映によって隠されることもあるだろう。

しかし、酷いパフォーマンスだったという事実は何も変わらない。

(2)ジョー・バイデン前副大統領

バイデン選対は苦境に立たされている。

バイデンはニューハンプシャー州での予備選挙で5位に沈んだ。彼の支持基盤であるアフリカ系アメリカ人からの支持が下がっていることを示す兆候がある。水曜日に発表されたABCニュースと『ワシントン・ポスト』紙による全国規模の世論調査の結果によると、バイデンの支持率は前月に比べて半減している。

2019年から本格化した予備選挙の序盤から、バイデンは討論会で良いパフォーマンスを行うことができなかった。水曜日の討論会でもそれは変わらなかった。討論会ではところどころで姿が見えなくなるように感じられたほどだった。

バイデンは時に反撃を行った。ライヴァルたちが自身の業績を誇る中で、バイデンは自身の長い政治キャリアの中で積み上げた多くの業績を列挙した。

しかし、バイデンは討論会の壇上にいるほかの人々の陰に隠れてしまった。彼の選挙運動がうまくいっていない中でこれはとても悪い兆候である。

=====

ラスヴェガスでの討論会での5つの特徴(5 takeaways from Las Vegas debate

ジョナサン・イーズリー筆

2020年2月19日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/483789-5-takeaways-from-las-vegas-debate

ラスヴェガス発。水曜日、パリス・ホテル・アンド・カジノでの夜は戦いの夜となった。ネヴァダ州での党員集会の直前、2020年大統領選挙民主党予備選挙候補者たちはおとなしくせず、激しい戦いに身を投じた。

ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグは初めて討論会に参加した。バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)はトップ走者としての立場を強めた。エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)はこれまでで最も強力なパフォーマンスを行った。インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジとエイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)は、ニューハンプシャー州での予備選挙での勢いを固めた。

ラスヴェガスで人々の関心を集めた夜に関する5つの特徴について書いていく。

(1)ブルームバーグ・バブルははじけてしまうかもしれない

ブルームバーグにとっての最初の討論会が彼にとってこれほどひどいものになるということを想像することは難しかった。

ブルームバーグはライヴァルたちが、ニューヨーク市長時代の警察による職務質問と女性に関する職場環境の悪さについて、攻撃してくることは分かっていた。

しかし、ブルームバークは適切な反応を行わなかった。彼が防戦一方になって苦しいやり取りは彼の負けという形で終わることがほとんどだった。

ウォーレンは強烈な一撃を出して討論会をスタートさせた。

ウォーレンは次のように語った。「超大富豪で女性を肥った牝ブタや馬面のレズビアンと呼ぶ人がいます。いえ、私はドナルド・トランプについて話しているのではありません。私はブルームバーグ市長について話しているんですよ。女性にハラスメントを行い、黒人が多く住む地区を特定しそこを融資可能地区から除外するレッドライニングと職務質問という政策を支持した過去を持つ人物を民主党が指名候補にするならば、民主党は大統領選挙で勝利を得ることは無いでしょう。私たちがある超大富豪から別の超大富豪に大統領を代えるようなことをするならばそれには大きなリスクが伴います」。

討論会が進み、ウォーレンは更に勢いを得て、ブルームバーグに対して秘密保持条項が入った労働契約書に署名した女性たちに関する情報を発表するように求めた。それから何度かやり取りがあった後、ブルームバーグは白目をむいて話を終わらせた。

討論会の壇上にいる候補者たちは全員、ブルームバーグを攻撃した。多額の資金を投じて討論会の参加資格をクリアしたこと、市長時代の警察の施策、女性差別的な行動の容認と性差別的な発言、過去に共和党員であったことなどが攻撃材料となった。

ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグは長い間あらゆる種類の討論会に参加したことがなく、失敗をみせつけることになった。一方、ライヴァルたちは9回目の討論会の参加となり、慣れていないブルームバーグを激しい攻撃をし、彼を簡単に料理することができた。

ブルームバーグは各種世論調査の支持率の数字でトップに迫る勢いである。数百万ドルの資金を背景にしてテレビ広告を放映することで、既に本選挙を戦っているかのような体制を取っている。

水曜日の夜にブルームバーグは現実の厳しさを味わった。ライヴァルたちに論争に引きずり込まれ、激しい攻撃を受けた。討論会でのパフォーマンスを受け、サンダースを阻止することを熱望している主流派民主党員にとって、ブルームバーグが大いなる希望となるかどうかについて疑義が出ている。

(2)サンダースの勢いは続いていくだろう

サンダースは土曜日のネヴァダ州での党員集会で勝利を得ると見られている。ラティーノたちの間での支持が上昇していることで、彼の勝利の可能性も高まっている。

サンダースは選挙運動の力点をカリフォルニア州とテキサス州に映している。両州は人工が多く、多くの代議員が配分されている。両州では202033日のスーパーチューズデーで予備選挙が実施される。

今週土曜日のネヴァダ州での勝利によって、サンダースを阻止することができるのかどうかという話は熱を帯びてくるだろう。

水曜日の討論会ではサンダースの勢いを止めるようなことは何も起きなかった。

実際、ブルームバーグという超大富豪で攻撃材料をたくさん提供してくれる存在がサンダースにとって完全な燃料となった可能性はある。政治におけるカネの問題から富裕層への増税と「メディケア・フォ・オール」といった全ての問題で、サンダースは進歩主知的な主張を明確にすることができた。

反サンダースの動きは大きく動き出そうとしている。

サンダースを民主党の指名候補にすれば11月の大統領選挙では惨敗を喫することになると懸念を表明する不満を持った人々が民主党内に存在する。

サンダースは民主党エスタブリッシュメント派から毛嫌いされている。その中にはケーブルテレビのニュース番組のパネリストやキャスターも含まれる。水曜日の夜にサンダースが受けた攻撃の多くは、討論会が実施される前の数日間にメディアで既に流されたものだった。

サンダースの健康状態は詳しく調べられることになるだろう。昨年、サンダースは心臓発作で倒れた。サンダースに対しては完全な健康診断書を発表するように新たに求める声が出てくるだろう。

サンダースのインターネット上の支持者たち、いわゆる「バーニー・ブラザーズ」は、サンダースのライヴァルたちに対するインターネットを使った酷い攻撃を行っているという評判が立っている。バーニー・ブラザーズはサンダースに対する攻撃の材料となった。

そして、サンダースの社会主義の主張はいつも通りに攻撃の材料となった。主流派の民主党員たちは11月のトランプ大統領の戦いで不利に働くことになると警告を発している。

討論会において最も重要となるであろう場面は、サンダースのライヴァルである5名のうち、「予備選挙で獲得代議員数が最も多かった人物が民主党の指名候補になるべきだ」と述べたのが誰もいなかったということだ。これは、サンダース以外の5人の候補者たちが、サンダースが獲得代議員数トップで民主党全国大会が開催されても、全国大会の指名候補投票でどういう結果になるか分からない、と考えていることを示している。

(4)失望感が高まる中、候補者たちは攻撃を続けた

何人かの候補者たちは窮地に追い込まれている。そのためにエネルギッシュな、火薬を爆発させているかのような姿勢で討論会に臨んだ。その結果、今回の予備選挙において最も人々の関心を惹きつけ、激しい討論会となった。

ウォーレンの討論会でのパフォーマンスは素晴らしいもので、人々は、彼女は復活すると話すことになるだろう。

ウォーレンはブルームバーグを引きずり降ろそうと狙っていた。そして、ウォーレンは、ブルームバーグを攻撃し、彼の不愛想さと短気を明らかにして弱点を晒すことに成功した。

ブティジェッジはアイオワ州では僅差で勝利を収め、ニューハンプシャー州では僅差で2位になった。しかし、ブティジェッジは避けられている非白人の有権者の間で支持を広げる能力があるのかどうかについて疑義が出ている。

ブティジェッジは繰り返しサンダースとの戦いに身構えた。サンダースは厳格な妥協を許さないイデオローグである。ブティジェッジはクロウブシャーとも戦った。ブティジェッジとクロウブシャーは予備選挙で中道派の候補者同士として争っている。

ブティジェッジの攻撃の全てが有効ではなかった。ブティジェッジは討論会にいて何度かクロウブシャーを激怒させた。クロウブシャーは当意即妙な言い回しで反撃した。

クロウブシャーは「誰もあなたほど完璧ではないのよ、ピート」と述べた。

ブティジェッジとクロウブシャーはお互いを嫌い合っているように見えた。

しかし、全候補者たちはこれからの2週間でレースの行方が決まるだろうと認識している。約3分の1の代議員がスーパーチューズデーに配分されている。予備選挙の行方はこれからの2週間にかかっている。これからの厳しい2週間の予備選挙で民主党の統合がテストされることになる。

(5)医療保険制度をめぐり候補者たちは分裂

「メディケア・フォ・オール」をめぐる主張が討論会の話題の多くを占めた。

メディケア・フォ・オールに関しては草の根での支持基盤が活性化されている。ウォーレンとカマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)の支持率の低下の裏にはこれがあったと思われる。メディケア・フォ・オールについて両者は言葉を濁したが、その後支持率が急落した。

左派はメディケア・フォ・オール実現に向けて医療保険制度を完全に見直す候補者を選びたいと熱望している。

穏健派は一般のアメリカ国民は自分たちが現在購入している民間の医療保険がなくなると言われると聞く耳を持たなくなるだろうという懸念を表明している。

今回の討論会での勝者が民主党の指名候補者になるかどうかも分からないし、11月の本選挙でトランプを倒すことができるかどうかも明確にはできない。

=====

今晩のネヴァダ州での討論会について見るべき5つの点(5 things to watch in tonight's Nevada debate

ジュリア・マンチェスター筆

2020年2月19日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/483562-5-things-to-watch-in-tonights-nevada-debate

アメリカ大統領選挙民主党予備選挙の6名の有力候補たちが水曜日の夜にラスヴェガスで討論会の壇上に立つ。数日後にはネヴァダ州で党員集会が実施される。

ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグは討論会の参加条件をクリアした。彼は各種世論調査で支持率を上げ続けている中で民主党予備選挙の状況を変化させようとしている。大富豪であるブルームバーグは、ネヴァダ州の党員集会では候補者登録をしていないが、彼の勢いを止めたい他の候補者たちからの様々な攻撃に晒されることになるのは確実だ。

バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)とインディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジは、アイオワ州とニューハンプシャー州で得た勢いを持続させるだろう。エイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)はニューハンプシャー州での討論会で予想以上に力強いパフォーマンスを見せたが、これを今回も続けるだろう。

ジョー・バイデン前副大統領は各種世論調査で支持率トップを走っていたが、現状は支持率を下落させている。ネヴァダ州での討論会で勢いを取り戻そうとしてくるだろう。アイオワ州とニューハンプシャー州に比べて人口の人種構成がより多様なネヴァダ州はバイデンにとってやりやすい州となるはずだと見られている。一方、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)は予備選挙のスタートに失敗してしまったので、こちらもまた勢いを取り戻そうとしてくるだろう。

これからネヴァダ州での討論会で見るべき5つの点を挙げていく。

(1)ブルームバーグはどのように攻撃に対処するか?

ブルームバーグは水曜日夜の討論会に参加する。ブルームバーグは各種世論調査で支持率を伸ばしている中で他の候補者たちからの攻撃対象になる。

討論会に参加することで、有権者はブルームバーグをほぼ初めて見ることになる。ブルームバーグはこれまで討論会に参加したことがなく、出馬宣言以降、いくつかインタヴューを受けた程度だった。選挙資金を自己資金で賄っている候補者であるブルームバーグは、民主党全国委員会が政治献金者数に関する条件を取り下げたので、ネヴァダ州の討論会に参加することになった。

民主党予備選挙の候補者たちからブルームバーグが受けている最大の攻撃はサンダースからの攻撃である。サンダースは、ブルームバーグが数百万ドルをテレビ広告に投じていることを受けて、民主党の候補者指名をカネで買おうとしていると繰り返し非難している。

舌戦は今週月曜日にエスカレートした。ブルームバーグは、サンダース支持者の行動と発言をしっかり抑えられていないと非難した。

バイデンとクロウブシャーは討論会でブルームバーグを攻撃しようというやる気を見せている。両者はブルームバーグが警察官の職務質問や収入の低い人々に対する住宅政策について以前に行った発言について攻撃するだろう。

クロウブシャーは「私もまたブルームバーグ氏が討論会の壇上に出てくるように求めてきました。多額のお金がかかるテレビ広告の量では私は彼に太刀打ちできません。しかし、討論会の壇上では私は彼を叩きのめすことができますからね」と述べた。

(2)サンダースがどのように「メディケア・フォ・オール」への攻撃をどのようにかわすか?

サンダースが主張しているメディケア・フォ・オールは、彼の選挙運動における柱となる政策だ。先週、ネヴァダ州での出来事を受けて、メディケア・フォ・オールは攻撃を受けることになった。ネヴァダ州で力を持つ飲食業従事者組合が民間の医療保険が政府の運営する医療保険に代わることで「メディケア・フォ・オールは組合の健康保険を終焉させることになる」と警告を発したのだ。

クロウブシャー、ブティジエッジ、バイデンは、サンダースに対して、メディケア・フォ・オールの財源はどうするのかと質問している。ウォーレンは予備選挙の序盤で似たような質問に晒された。

サンダースを支持しないと発表した飲食業従事者組合をめぐる最近の議論によって、サンダースの提案している計画に対する新たな精査がなされるようになっている。

2020年1月、ブティジェッジはサンダースの計画について次のように語っている。「メディケア・フォ・オールが導入された際にどのように機能するかについてこれまで何の説明もなされてきませんでした。これは驚くべきことです。メディケア・フォ・オールはアメリカ経済に長期間にわたる影響を与える最大の事業になるというのに」。

サンダースはメディケア・フォ・オールがなければ、健康保険のコストはこれからの10年で更に高くなるだろうと主張している。

サンダースは、彼の支持者たちが飲食業従事者組合に対してインターネット上で「悪辣な」攻撃を行ったことについて非難するように圧力を受けた。サンダースは全ての候補者の支持者に対してインターネット上での攻撃を止めるように訴えた。彼は「全ての形態の嫌がらせを私は許容しません」と述べた。

(3)バイデンとウォーレンは討論会で存在感を見せ勢いを取り戻すことができるか?

予備選挙の序盤から中盤にかけて、バイデンとウォーレンはトップ走者と見られてきた。しかし、アイオワ州とニューハンプシャー州での期待外れの結果を受けて、それ以降の各種世論調査では支持率を下落させている。

専門家たちは口を揃えて、バイデンのこれまでの討論会でのパフォーマンスは弱かったと評価している。水曜日の討論会で勢いを取り戻そうとする中で、パフォーマンスの弱さは弱点となる。バイデンはネヴァダ州のラティーノとアフリカ系アメリカ人からの支持を頼みにしており、水曜日の討論会を全米のラテイーノとアフリカ系アメリカ人の共同体とのつながりを再確認する機会としたいところだ。

ウォーレンはこれまでの討論会で力強いパフォーマンスを見せてきた。彼女は選挙戦のリセットボタンを押したい状況の中で、勢いをつける機会を探している。ウォーレンは自分をサンダースと区別して自分こそが選挙戦の中で進歩主義派のトップの位置を取り戻そうとしてくるだろう。また、ブルームバーグを攻撃する機会も探している。

クロウブシャーは今月のニューハンプシャー州での予備選挙が実施される直前に開催された討論会で力強いパフォーマンスを見せた。このパフォーマンスがニューハンプシャー州の予備選挙で予想外の3位に貢献したと考えられている。

(4)ブティジェッジ、クロウブシャーはどのようにより多様な有権者を惹きつけるか?

ブティジェッジとクロウブシャーはアイオワ州とニューハンプシャー州の戦いで勢いをつけた。しかし、ネヴァダ州の聴衆はこれまでとは全く異なるものとなるだろう。

両者はアメリカ中西部出身で、選挙戦を通じて非白人の有権者たちへのアピールに苦労してきた。ネヴァダ州で両者は苦労するだろう。ブティジェッジとクロウブシャーはアイオワ州とニューハンプシャー州での時間と比べてネヴァダ州で時間を過ごしていない。両者が有権者たちにアピールするためには水曜日の討論会は極めて重要となる。

ブティジェッジとクロウブシャーはそれぞれが市長と検察官としての過去のキャリアについての質問に答えることになるだろう。両者はキャリアでの役割を通じてマイノリティの共同体にどのように影響を与えたかについて答えねばならないだろう。

ブティジェッジは、市長時代のアフリカ系アメリカ人男性に対する銃撃への警察の関与、マリファナ所持でのアフリカ系アメリカ人の逮捕率の高さ、アフリカ系アメリカ人の警察本部長の解任について詳細に調べられている。

クロウブシャーは検察官時代の2002年にある黒人の十代の若者を殺人容疑で訴追したことがあった。しかし、この殺人事件に関してはAP通信が多くの疑問点や矛盾点を報道している。このことでクロウブシャーは批判を受けている。連邦上院議員であるクロウブシャーはこの事件に関わる全ての証拠を見直すように求めている。

(5)ブルームバーグ以外の候補者でどの候補者たちが衝突したり、炎上したりするか?

水曜日の夜にブルームバーグ以外に、他の候補者たちも衝突する人たちも出てくるだろう。

ブティジエッジとサンダースは、政策の違いをめぐり一対一で衝突するだろう。両者は民主党内部の穏健派と進歩主義派の分裂を示している。ブティジェッジがアイオワ州での党員集会での獲得代議員数で僅差の1位となった時、バイデンはブティジェッジの市長としての経験を攻撃した。ブティジェッジはバイデンに代わって民主党内の穏健派の代表者となりつつある。

クロウブシャーはサンダースを攻撃することで自身の立場を浴することができると考えているだろう。彼女自身をより現実的な候補者として売り込むことができると考えているだろう。しかし、彼女はまた討論会の壇上にいる穏健派の候補者たちを攻撃したいとも考えていることだろう。そうすることで中道派の候補者たちの混みあった集団から抜け出そうとするだろう。

ウォーレンは以前にサンダース攻撃をココ見たが失敗した。また、自身の進歩主義的主張を際立たせるために穏健派に照準を合わせている。

(貼り付け終わり)

(終わり)

amerikaseijinohimitsu019
アメリカ政治の秘密
harvarddaigakunohimitsu001
ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側