古村治彦です。
joebidenberniesanders010

サンダース(左)とバイデン
 ミシガン州とその他の5州の予備選挙がいよいよ実施される。最大の注目は代議員配分数125名のミシガン州の動向だ。ミシガン州は民主党にとって大統領選挙本選挙で是が非でも奪還したい州だ。民主党予備選挙の獲得代議員数でジョー・バイデンを追いかける展開になっているサンダースにとっては必勝あるのみ、の州だ。ここで勢いをつけて、3月15日のアリゾナ州フェニックスでの一対一の討論会でバイデンをやっつけ、3月17日の予備選挙(配分代議員数は577名)に望みをつなぎたいところだ。
2020democratiprimarymichiganpolls002

 しかし、最新の世論調査の結果では、バイデンが大きくリードという結果が出た。バイデン支持が51%、サンダース支持が27%という結果だった。下に紹介した記事以降の世論調査でも軒並みバイデンが大量リードという展開になっている。サンダースはミシガンで大勝利、少なくとも勝利を収めねばならないが、大変苦しい展開である。しかし、世論調査の数字をよく見ると、ややサンダースが持ち直した感がある。

 これはバイデンを勝たせ過ぎるのは良くないと考える人たちが出ているということが考えられる。また、日曜日に、公民権運動活動家でアメリカ大統領選挙民主党予備選挙に出馬し善戦した過去を持つ、ジェシー・ジャクソン師がサンダース支持を表明した。彼の支持表明はアフリカ系アメリカ人共同体が持つ懸念について、サンダースがその解決策を持つという明快な理由で行われた。サンダース陣営としては、自分たちが苦手としているアフリカ系アメリカ人有権者の支持拡大にとって大きな促進要素である。ウォーレンの支持表明が得られない中で、これは大きな援軍である。ミシガン州の大都市デトロイトなどにはアフリカ系アメリカ人有権者も多く住む。この人々を動かすことができれば、バイデン優位を崩すことができる可能性がある。

 ミシガン州予備選挙の結果は要注目だ。

(貼り付けはじめ)

世論調査:ミシガン州でバイデンが24ポイント差をつけてリード(Biden leads Sanders by 24 points in Michigan: poll

レベッカ・クレアー筆

2020年3月9日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/486589-biden-leads-sanders-by-24-points-in-michigan-poll

最新の世論調査の結果によると、ジョー・バイデン前副大統領は火曜日のミシガン州での大統領選挙民主党予備選挙で24ポイント差をつけている。

月曜日に発表された『デトロイト・フリー・プレス』紙の世論調査の結果によると、バイデンの支持率は51%で、サンダースの支持率は27%だった。

バイデンのミシガン州のリードは、サウスカロライナ州とスーパーチューズデーの各州での大勝利を受けてのものだ。

ミシガン州ランシングに本拠を置くEPIC-MRAの世論調査専門家バーニー・ポーンは次のように述べている。「他の候補者たちが選挙戦から撤退したことでスーパーチューズデーにおいて大きなことが起きました。そして、人々は、様々な問題についてのバーニー(・サンダース)の立場について人々が疑問を持つようになっています」。EPIC-MRAは水曜日から金曜日にかけて民主党予備選挙に参加予定の400名の有権者に対して調査を行った。ポーンは「バイデンが獲得できる得票率は低いものとなるでしょう」と述べた。

今回の最新の世論調査の誤差は4.9ポイントだ。

2016年、同様の世論調査では、ミシガン州での予備選挙の数日前の段階で、サンダースはヒラリー・クリントンに25ポイントの差をつけてリードしていた。しかし、予備選挙の結果は、サンダースの僅差での勝利だった。ミシガン州の若い有権者たちは2016年にサンダースを押し上げた。フリー・プレス紙が当時出口調査を行ったところ、有権者の約20%を占める若い有権者たちの大多数が進歩主義派のサンダースに投票していたことが分かった。

サンダースは18歳から34歳までの有権者の間でリードしている。最新の世論調査の結果では、サンダースの支持率は58%、バイデンは17%だ。19%は支持する候補者を決めていない。

バイデンは火曜日にミシガン州とその他の5つの州での予備選挙に臨むが獲得代議員数でリードしている。ミシガン州に加えてアイダホ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ノースダコタ州、ワシントン州において火曜日に予備選挙が実施される。

サンダースは日曜日、ミシガン州での予備選挙で自分は勝利すると述べた。そして、ミシガン州で敗れても大統領選挙から撤退することはないとも述べた。

=====

Civil rights activist Jesse Jackson endorses Sanders

BY JUSTINE COLEMAN - 03/08/20 09:33 AM EDT 395

https://thehill.com/homenews/sunday-talk-shows/486484-civil-rights-activist-jesse-jackson-endorses-sanders

日曜日、バーニー・サンダース選対は、公民権運動活動家で聖職者のジェシー・ジャクソンがバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)を大統領にすることを支持すると表明したと発表した。

ジャクソンは声明の中で次のように述べている。「遠く置いていかれた人は追いつくことができず、最も穏健な道を選び取ることはできません。私たちに前を行く人々に追いつく機会を与えてくれるのは最も進歩主義的な社会、経済に関する道のりです。バーニー・サンダース連邦上院議員は最も進歩主義的な道のりを代表する人物です。今日、私が彼を支持することを選択したのはこれが理由です」。

ジャクソンは、ジョー・バイデン前副大統領の陣営から連絡はなく、支持を求めることもなかったと述べた。

ジャクソンは、進歩主義派のサンダースが参政権とアメリカ公民権委員会の改革について支持していることで、アフリカ系アメリカ人共同体の懸念に答えている、と述べた。ジャクソンは日曜日にミシガン州グランド・ラピッズでの選挙集会で演説をする予定となっている。

ジャクソンは、「黒い防火壁」が選挙の様相を変えること、そしてサンダース選対はアフリカ系アメリカ人共同体にアピールする必要があることに言及した。

ジャクソンは「こうしたことこそは防火壁が必要としているものであり、サンダース上院議員が努力しなければならないものです。そして、本日、私がバーニー・サンダース連邦上院議員を心から支持すると決めた理由なのです」と述べ、サンダースの富裕層への課税と「メディケア・フォ・オール」計画に言及した。

サンダースは、日曜日朝のABCのテレビ番組「ディス・ウィーク」に出演し、司会のジョージ・ステファノポロスがスーパーチューズデーでのバイデンの勝利と大統領選挙の対抗馬だった人物たちからの支持表明を受けていることを指摘した。カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は日曜日にジョー・バイデン支持を表明した。

サンダースは次のように答えた。「これは秘密でも何でもないんですがね、ジョージ。あなたはこの国の政治について大変詳しい。私たちには選挙で選ばれた指導者たちからの支持は多くない。知事や上院議員たちからの支持はね。しかし、私たちは草の根のアメリカの支持を勝ち取っています。それは、私たちが掲げる優先事項は労働者である人々に向けてのものだからです」。

サンダースはまた次のように述べた。「ジャクソン師はこの国を変えることに貢献した指導者です。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士の片腕的存在でした。だから私たちは師を尊敬し、誇りに思っています」。

バイデンはスーパーチューズデーで14州のうち10州で勝利し、現在の獲得代議員数は664名だ。サンダースの獲得代議員数は573名だ。しかし、スーパーチューズデーでの代議員の配分はまだ正式に終了していない。

(貼り付け終わり)

(終わり)