古村治彦です。

 アメリカ大統領選挙はジョー・バイデン前副大統領とカマラ・ハリス連邦上院議員の、民主党の正副大統領候補が勝利宣言を出した。バイデンは「全ての票が数えられるまで辛抱強く待ちましょう」と呼び掛けていたのだから、もう少し辛抱強く待てばよかったのにと思うが、週末で決着をつけた形だ。

 ここまで開票作業が遅いということになると、投票方法や開票方法について、アメリカ国内で真剣に反省し、話し合いをして、より効率的でかつ疑いを持たれない方法を作り出す方向に動かなければ、「デモクラシーの本家本元」の名前が廃るというものだ。いや、既にもう廃れてしまっていたのかもしれないが。

 選挙後、民主、共和それぞれの支持者たちが街頭に出て自分たちの主張を提示したり、様々な活動をしたりしている。私は選挙後には武力を用いた衝突が起きて、死傷者が出るのではないかと心配していたが、今のところはそのようなことは起きていない。

 ドナルド・トランプ大統領側が法廷闘争を行うということで、武力を持つ人々がそれを静観しているようだ。法廷闘争も駄目、その結果も駄目ということになればどうなるか分からないが、これは衝突回避にとって良いことだった。しかし、先のことは分からない。

 右派、左派それぞれに暴力を用いる集団や組織がある。戦闘的な姿勢を崩さない者たちがいる。そうしたグループについては、指導者たちや幹部たちの名前と住所、本拠地、人数、参加者リスト、武器の種類や数といったことは既に警察や情報機関で把握済みだろう。そうしたグループにはスパイを潜り込ませたり、参加者をスパイに仕立て上げたり、そういうことをして情報を得ているだろうし、幹部クラスに敵対する勢力や利用をもくろむ勢力の言うことを聞く人間がいて、そうした人間が変な命令を出すこともあるだろう。

 ミリシア組織で言えば、「反トランプ」のために、しなくても良い攻撃をしたり、犯罪に手を染めたりということがあるだろう。そうしたことが起きないためには、組織内を常に引き締め、トップの人間は注意深く行動することが必要なのだろう。トップの決断で難しいのは、戦うべき時と退くべき時を正確に判断することで、それができなければ組織は瓦解する。

 今回の選挙について、「終わった終わった、皆でしゃんしゃんと拍手と握手をして、分断を止めましょうね」ということにはならない。分断の度合いはさらに深まった。あれだけ劣勢を伝えられていたトランプ陣営が約7120万票を獲得した。この7120万票の圧力はこれからもずっと重くアメリカ政治に影響を与え続ける。

(貼り付けはじめ)

ある研究が、5つの州でミリシア組織による選挙に関連した武力を用いた暴力の危険性が高いと指摘(Study warns five states at high risk for election-related armed violence by militia groups

ジャスティン・コールマン筆

2020年10月27日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/523078-study-warns-five-states-at-high-risk-for-election-related-armed-violence-by?fbclid=IwAR0KXADux7hA_D0ZwXRnG_tHsRak1KLuPQsybbWk75ooWtjvpQVzbtF9l98

先週発表された調査研究によると、5つの州でミリシア組織による選挙関連の武器を使った暴力を経験する危険性が高いということだ。

「武器を使った衝突の位置と事例データプロジェクト(ACLED)」とミリシアウォッチが先週水曜日に共同で発表した報告によると、ペンシルヴァニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州、オレゴン州では、選挙までの期間にミリシアの活動が増大するリスクが高いということだ。『USAトゥディ』紙は木曜日にこの研究について報じた。

ACLEDとミリシアウォッチは、ミリシアが各州の州都、地方の田舎町、中規模の人口を持つ都市、人口密集地を抱える郊外地域で活動していると警告している。

共同報告書はまた、ノースカロライナ州、テキサス州、ヴァージニア州、そしてニューメキシコ州はミリシア活動が増大する中程度のリスクが存在するだろうとも述べている。

報告書では次のように書かれている。「ミリシア団体とその他の非国家的な武装した活動団体は、アメリカの有権者たちの安全と安全保障に対しての深刻な脅威を与える。夏から選挙までの期間、こうした団体はより攻撃的になり、抗議活動への攻撃から選挙で選ばれた公務員たちを対象にした誘拐計画までを行っている」。

報告書によれば、ミリシア集団は都市での戦闘、そして地方での戦闘の訓練、プロパガンダの使用、インターネット上と対面でのイヴェントを行っている。

報告書には次のように書かれている。「法執行機関の仕事の“肩代わり”をするために組織化されつつあるとするケースが報告されている。そして、特定に地域で警察に並行して“公的な保護”を行っている」。

報告書には、アメリカにおいて「最も活動的な」9つのミリシア団体の名前が挙げられている。これらのミリシア団体は選挙の前後において活動を行うことになるだろう、としている。それらの団体は、「スリー・パーセンターズ」「プラウド・ボーイズ」「オ―ス・キーパーズ」「ライト・フット・ミリシア」「シヴィリアン・ディフェンス・フォース」「アメリカン・コンティンジェンシー」「ペイトリオット・プレイヤーズ」「ブーガロー・ボイス」「ピープルズ・ライツ」である。

ACLEDの広報担当サム・ジョーンズはUSAトゥディ紙に対して、ACLEDとミリシアウォッチは夏の初めから、そのほとんどが右派グループである80以上の組織と団体を追跡調査したと述べた。

ジョーンズは次のように述べた。「それでも、これらのリスクは、暴力が不可避に発生するという意味ではありません。有権者たちは威嚇されるべきではありません。人々はこのデータを使って自分たちの住む地域の脅威を判定し、安全を守るためにまとまることができます。そして、地域における極端な党派性による争いを減らし、究極的には暴力のリスクを回避することができます」。

「出動準備中:右派ミリシア諸グループとアメリカの選挙(Standing By: Right-Wing Militia Groups and the U.S. Election)」というタイトルの共同報告書は、トランプ大統領の第1回目の大統領選挙候補者討論会でのコメントから取られている。この時、トランプ大統領は白人優越主義とプラウド・ボーイズを非難するように求められ、「引っ込んで、準備をする」ようにと答えた。

(貼り付け終わり)

(終わり)

amerikaseijinohimitsu019
アメリカ政治の秘密
harvarddaigakunohimitsu001
ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側