古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

カテゴリ: 国際関係論

 古村治彦です。

 

 北朝鮮が核実験施設の「破壊」を外国(日本や独仏を除く)の記者団に公開するという発表がありましたが、その後、態度を硬化させ、予定されていた南北の閣僚級会談を中止する、その理由は米韓両空軍の共同訓練が軍事的挑発(military provocation)だからだ、と発表しました。

 

 北朝鮮が外国の記者団を招待して、核実験施設の破壊を取材させるということで、北朝鮮の宣伝攻勢、プロパガンダはかなり進んでいるなという印象を持ちました。しかし、これは、「検証可能な非核化」には程遠いものです。検証とは知識と経験を持つ専門家たちがきちんと手続きを踏んで「確実に破壊され、この実験場は二度と使えません」という確証を報告書にまとめるということで、ただジャーナリストを連れまわすだけでは、ただの宣伝広報活動に過ぎません。

 

 今回、軍事演習を理由にして強硬な発表をしましたが、これまでにもアメリカ軍と韓国軍の軍事演習は多く行われてきましたし、これを軍事的挑発行為とするのは少々無理があります。それならば北朝鮮の核実験の方がより危険度が高い軍事的挑発行為ということになります。

 

 北朝鮮はまた米朝首脳会談の実現の可能性について言及し、中止を仄めかすような表現をしています。

 

 米韓両空軍と北朝鮮空軍や北朝鮮の対空システムとの間では力の差が大きく、米韓両軍が航空戦力で攻撃をすれば北朝鮮は抵抗するでしょうが、敗北は必至ということになります。アメリカ軍単独の攻撃でも結果はあまり変わらないでしょう。北朝鮮は今回の発表通りに、「アメリカ軍による先制攻撃」を何よりも恐れているということになります。

 

 これまで南北関係の改善、米朝首脳会談の下準備などで融和的なムードが出ていました。これまで国を出ることがなかった金正恩労働党委員長が3月末、5月前半に2度も中国を訪問し、習近平国家主席と話をするということもありました。しかし、北朝鮮側からこのような発表が出され、融和ムードに水が差されることになりました。

 

 北朝鮮としては、アメリカ軍による攻撃の可能性がゼロではないと考えており、その可能性を少しでも減らすために、今回のような発表をしたと私は考えます。宥和ムードではありますが、それはあくまで私たち当事者以外の傍観者たちの間だけのことです。北朝鮮としてはぎりぎりの状況にあると自分たちの立ち位置を認識しているようです。それは当然のことで、生きるか死ぬかという駆け引きをやっているのですから、周りが良かった、良かったといっても、まだ何も決まっている訳ではないのですから、それと一緒になって浮かれることはできません。

 

 私は、中国の習近平国家主席と金正恩労働党委員長が2度会談を持ち、その内容が重要ではないのかと考えます。中国としてはアメリカと争ってまで北朝鮮を守るというのは現状ではやりたくありません。ですから、中朝首脳会談の内容もきちんとアメリカ側に伝えています。中国の習近平国家主席は、トランプ大統領の考えや行動を金正恩委員長に伝えているでしょう。その中で、生半可な対応をすれば深刻な結果を招くという警告が習主席から出されていると思います。「朝鮮半島の非核化にはアメリカ軍の撤退も含まれるというのは中国としても歓迎できるが、アメリカ、トランプ大統領はそれでは済まない。まずは北朝鮮による一方的な核放棄、検証受け入れをしてからということになる。それがあなたにできるか」ということを言われたのだろうと思います。

 

 金委員長としてはリビアの指導者だったカダフィの末路についてよく分かっていますから苦悩するでしょう。核兵器を完全放棄しても遅かれ早かれ滅亡、核兵器を完全放棄しなければこちらも滅亡、ということになります。「何とか体制保障、一時的でもいい、その後は最低限財産を持って中国かロシアに亡命させてくれないか」というのが金委員長の希望でしょう。

 

 融和ムードはあくまで周囲だけの話であって、北朝鮮は瀬戸際にまで追い詰めれており、中国も韓国も自国の存亡を賭けてまで北朝鮮を救うという状況でもないということになっており、米朝首脳会談までの道のりは厳しいものとなるでしょう。

 

(貼り付けはじめ)

 

北朝鮮、南北閣僚級会談を中止=「米朝」へ揺さぶり-合同訓練に反発、急きょ通告

 

2018年5月16日 時事通信

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051600238&g=int

 

 【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、米韓空軍が開始した航空戦闘訓練「マックス・サンダー」を「軍事的挑発」だと強く非難、16日に予定していた韓国との閣僚級会談を中止せざるを得なくなったと伝えた。また米国に対して「朝米首脳対面(会談)の運命について熟考しなければならない」と警告。6月12日の米朝首脳会談の取りやめの可能性を示唆し、揺さぶりを掛けた。これに対し、米政府は会談の準備を続ける姿勢を示している。

 

 韓国統一省報道官は16日、北朝鮮の通告について遺憾の意を表明し、「早期に会談に応じるよう求める」と呼び掛けた。

 

 朝鮮中央通信は、米韓訓練について「(北朝鮮への)空中からの先制打撃(攻撃)と制空権掌握を目的としている」と批判。戦略爆撃機B52や最新鋭ステルス戦闘機F22など100機余りが投入されており、4月27日に板門店で開催された文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に対する「露骨な挑戦」だと反発した。

 

 その上で、「南朝鮮(韓国)と米国は、板門店宣言のインクが乾く前に大規模な合同訓練を展開し、われわれの平和的な努力と善意に挑発で応えた」と非難した。さらに「米国と南朝鮮が北南関係の改善と朝米対話局面が戦争演習の免罪符になると考えるなら、それより大きな誤算はない」と主張し、「われわれは、米国と南朝鮮当局の今後の態度を鋭意注視する」と述べ、合同訓練の中止を暗に求めた。

 

 韓国統一省によると、北朝鮮は16日午前0時半(日本時間同)ごろ、閣僚級会談の首席代表、祖国平和統一委員会の李善権委員長の名前で通知文を韓国側に送付。合同訓練を理由に閣僚級会談を無期延期すると通告してきた。閣僚級会談では、南北首脳会談を受け、南北離散家族の再会行事や将官級軍事会談の開催などについて協議するとみられていた。

 

 韓国大統領府高官は合同訓練の日程や規模を変更する可能性に関しては「今のところ、そのような計画はないと理解している」と述べた。(2018/05/16-11:06

 

=====

 

北朝鮮は領空を開き、核実験施設の破壊を取材させるためにメディアを招く(North Korea will open air space, invite media to cover dismantlement of nuclear test site

 

ジョシュ・デリック筆

2018年5月12日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/international/387406-north-korea-will-open-air-space-invite-media-to-cover-dismantlement-of

 

北朝鮮は航空可能領域制限を緩和し、これまで数十年行っていた海外メディアの北朝鮮国内取材へのアクセスを与える見通しだ。これは外交交渉に先駆けて核実験施設を破壊することを海外に向けて誇示するためだ。

 

北朝鮮の国営通信とロイター通信によると、北朝鮮は土曜日、アメリカ、韓国、その他の国々からの記者たちを招待し、「核実験の非継続の透明性を確保する」ことを認めた、ということだ。

 

外国からの記者たちを入国させるために、北朝鮮は5月23日から25日にかけて、彼らに中国から飛行機で入国してもらう目的で、「領空を開く」ことになる。北朝鮮の海岸沿いの年である元山に到着した後、記者たちは、万塔山近くの「山深い、人も住んでいない地域」にあるとされる核実験施設まで電車で向かうことになる。

 

今回の北朝鮮の発表の前に、ドナルド・トランプ大統領は北朝鮮の指導者金正恩朝鮮労働党委員長との歴史的な会談の日時と場所を正式に発表した。会談は6月12日にシンガポールで開催されることに決まった。

 

金正恩は先月、韓国の文在寅大統領との会談の前に、北朝鮮が核実験を停止すると発表した。金正恩はこれまで繰り返し朝鮮半島の非核化の希望を表明してきた。金正恩の主張する非核化には韓国とアメリカからの譲歩が必要となるだろう。

 

米朝首脳会談の前の下交渉で今週金正恩と会談を持ったマイク・ポンぺオ国務長官は、会談の後で、完全な非核化には、アメリカと他国による「明確な検証」が必要となるだろうと述べた。

 

=====

 

●「北、核実験場23~25日廃棄 現地取材、日本は除外」

 

5/13() 7:55配信 産経新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000003-san-kr

 

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮外務省は12日、北東部の豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄する式典を、今月23~25日の間に行うと発表した。朝鮮中央テレビなど北朝鮮メディアが報じた。

 

 発表によると、式典では核実験場全ての坑道を爆破し、入り口を閉鎖する。その後、地上の観測施設や設備を撤去し、周辺を閉鎖するという。

 

 式典は気象条件を考慮するとし、実験場廃棄の透明性を示すために、外国メディアの現地取材を許可する用意があるとしている。取材の便宜を図るため、北京からのチャーター便の準備もあるという。外国メディアは中国、ロシア、米国、英国、韓国に限定し日本は含まれていない。

 

 核実験場の閉鎖について北朝鮮は「5月中の閉鎖」や、米韓の専門家、メディアへの公開を表明していた。6月12日に予定される米朝首脳会談に向け、核凍結、廃棄の姿勢をアピールするものとみられ、外国メディア受け入れ名目の外貨獲得の狙いもうかがえる。

 

 核実験場は坑道入り口がふさがれても、全体を爆破しない限り、簡単に復元できる。このため、核実験場の廃棄式典は海外に核放棄を示すパフォーマンスの場となる可能性もある。

  

(貼り付け終わり)


(終わり)

imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001

今の巨大中国は日本が作った


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛
 

semarikurudaibourakutosensoushigekikeizai001

迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今日から約1か月後の6月12日にシンガポールでアメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の最高指導者金正恩朝鮮労働党委員長の会談が行われることが決まりました。この会談に中国の習近平国家主席が同席する可能性があるという報道が流れました。

 

 この報道はアメリカ側で語られているもののようですが、これは「中国の習近平国家主席が同席しなければ現実的な話は進まない」というアメリカ側の姿勢を示していると思われます。朝鮮戦争の休戦協定に署名をしているのは、中国(彭徳懐中国人民志願軍司令員)と北朝鮮(金日成朝鮮人民軍最高司令官)とアメリカ(マーク・クラーク国連軍総司令官)ですから、これらの国々で話さなければ休戦協定を変更することも出来ません。韓国や日本には残念ながら出番はありません。

 

 アメリカとしては中国と話をして、北朝鮮に対する処分を決める、中国にも非核化に関して「責任」を持たせるということになるのだろうと思います。北朝鮮が非核化すると言うのなら、それを中国が保証せよ、もし非核化の合意内容に違反したら、金正恩が支配する耐性を転換させることを約束せよ、その時にはアメリカと一緒に行動せよ、ということになると思います。

 

 北朝鮮により穏やかな外資も導入出来て、人々の人権をある程度守る政権(最初のうちは独裁でも良い)が出来ることは、中国の一帯一路計画においても重要です。そうなれば、韓国との関係がより深まり、北朝鮮を通じて韓国を一帯一路に組み入れることが出来ます。また、在韓米軍は撤退しているでしょうから、非核化し、米軍の朝鮮半島の実現というのは中国にとって勝利ということになります。台湾との関係をより改善すれば、第一列島線を確保することになります。

 

 北朝鮮は米中を手玉に取るつもりだったかもしれませんが、米中がつながっている場合には、この会談は米中による「北朝鮮処分」決定の話し合いということになります。

 

 私は中朝韓でブロックになっていると書きましたが、どうも米中が朝鮮半島の運命を決めるという構図になっているように思われます。北朝鮮と韓国は中国を引き入れてアメリカと対峙しようと考えたと思いますが、中国はアメリカと対決することは望まないでしょう。そして、アメリカとの話し合いに応じ、北朝鮮問題を片付けることになるのだと思います。

 

(貼り付けはじめ)

 

●「<米朝首脳会談>習主席が現地入りか」

 

5/11() 11:10配信 毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000019-mai-int

 

 【ワシントン高本耕太】6月12日のシンガポール開催が発表された米朝首脳会談を巡り、ワシントン外交関係者の間で、中国の習近平国家主席が現地入りする可能性が取りざたされている。実現すれば、朝鮮戦争(1950~53年)休戦協定の署名当事者である米国(国連軍代表)、中国、北朝鮮の3カ国首脳そろい踏みとなる。米国家安全保障会議(NSC)のコーツ国際交渉担当上級部長は10日、第三国の首脳の参加について「可能性はある」と記者団に語り、含みを持たせた。

 

 中国は北朝鮮にとって建国以来の最大の支援国。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁の実効性確保でも成否のカギを握ってきた。習氏はここ1カ月余りの間に2回、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪問を受け、金委員長の「後見役」としての存在感を高めてきた。また、トランプ米大統領や安倍晋三首相らとの直接協議を行い「トップ外交」を活発化させている。

 

 トランプ氏はこれまでも、北朝鮮に対する習氏の影響力の大きさをたびたび指摘しており、9日の閣議冒頭では、米朝会談実現にあたって「習氏から具体的な助けを受けた」と述べ、繰り返し謝意を示した。

 

=====

 

●「米朝首脳会談、トランプ氏「大成功を収めるだろう」」

 

5/11() 9:55配信 TBS News i

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180511-00000034-jnn-int

 

 アメリカのトランプ大統領は演説で、6月12日にシンガポールで開催する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長との初の首脳会談について、「大成功を収めるだろう」と述べました。

 

 「私は6月12日にシンガポールで世界の平和で安全な未来を追求するため、金正恩党委員長と会談する。大成功を収めるだろう」(アメリカ トランプ大統領)

 

 トランプ大統領は史上初の米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで開くと発表してから初めての演説をインディアナ州で行い、首脳会談は「大成功を収めるだろう」と強調しました。

 

 さらに、北朝鮮との関係は「よい」と述べた上で、「何かとてもいいことが起きつつある」「それは日本、韓国、中国、みんなにとってとても重要なことだ」と訴えました。

 

 トランプ氏はイラン核合意からの離脱や、北朝鮮に拘束されていた3人のアメリカ人の解放、そして、米朝首脳会談開催の決定など最近のアメリカの外交を踏まえて「アメリカが再び信頼されるようになってきている」とアピールしました。(1109:27

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)


imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001
今の巨大中国は日本が作った


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛
 

semarikurudaibourakutosensoushigekikeizai001

迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 北朝鮮問題については「融和」ムードの中にありますが、イランに関してはにわかに情勢が緊迫してきました。アメリカがオバマ大統領時代にイランと結んだ核合意を破棄し、イランに経済制裁を科すということになりそうです。イランはアメリカ以外にもヨーロッパの英独仏とも核合意を結んでおり、この多国間の枠組みからアメリカが離脱するということになりそうです。


irannucleardeal001

 

アメリカの離脱に対して、イランは反発し、英独仏は慎重な対応を求め、新たな合意を結ぶことを提案していますが、アメリカもイランもこれには乗らないという状況です。

 

 アメリカ(トランプ大統領)の言い分としては、イランとの核合意では核兵器の廃棄には程遠く、結局イランが核兵器を持つことを容認しているので、現在の合意は意味がない、ということです。アメリカは、イランに対して宥和的な態度(appeasement policy)を改めて、対決姿勢を取り、核兵器放棄まで推し進めるということになります。

 

 ヨーロッパの英独仏は、イランを宥めて戦争を起こさせないということを考えています。現在の情勢で、中東で戦争が起きるとすれば、イランとイスラエル、イランとサウジアラビアとの戦争ということになりますが、イランとこれらの国々の間にはいくつかの国々が存在します。イランとサウジアラビアはペルシア湾を挟んで対峙しています。


middleeastmap001

 そうなると、戦争となると、地上軍同士の戦闘ではなく、戦闘機による攻撃や爆撃、ミサイルを撃ち合うということになるでしょう。もしくはお互いの近隣諸国の敵対勢力を使ってのテロ攻撃ということになるでしょう。イランはイスラエルに敵対しているヒズボラを支援し、イスラエルを攻撃させています。

 

 中東ではイスラエル、イラン、サウジアラビアがそれぞれ資金を出して、それぞれの近隣諸国の民兵組織などを支援して、代理戦争状態を作り出して、自国の安全と安定を図っているように見えます。そうした中で、イランが核武装すると、状況が一気に不安定化することになります。

 

 国際関係論の中の理論であるリアリズムで考えると、イランが核武装をしたら、既に核武装しているイスラエルとバランスを取ることが出来るので状況は安定するということになります。ネオリアリズムという理論を打ち立てた大学者ケネス・ウォルツは2012年にイランの核武装を容認する論文を発表しました。国際関係論分野の学者の多くが言ってみれば彼の弟子、孫弟子、曾孫弟子となるので、ウォルツの論文は衝撃を与えました。

kennethwaltz005

ケネス・ウォルツ(1924-2013年)

theoryofinternationalpolitics001
国際政治の理論 (ポリティカル・サイエンス・クラシックス 3)


 しかし、アメリカはイスラエルとは「特別の関係」にあります。このことを指摘したのは、リアリズムの学者であるジョン・J・ミアシャイマーとスティーヴン・M・ウォルトです。彼らの著書『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策』は大きな話題となりました。

israellobby010

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1


 バラク・オバマ前政権はイスラエルとの関係が悪く、イスラエルが反対していたのですが、イランとの核合意を締結しました。イスラエルは自国内には800万程度の人口しかなく、国土も狭いのですが、国外のユダヤ人の物心両面からの支援を受けて存続している国です。また、核武装をしているというのが抑止力となっています。ですから、中東各国が核武装することは国家存続の危機と捉えます。

 

 現在のアメリカの外交政策で言えば、イスラエル重視に転換しているので、イランに対しての姿勢が厳しくなります。北朝鮮に対してと同じように、「完全な、検証可能な、逆戻りできない非核化」を求めることになります。この原則をアメリカは敵対する可能性がある国々に圧力をかけて守らせるという姿勢を取ることになります。

 

 北朝鮮とイランの非核化を行った後は、それぞれ中国とロシアに任せてアメリカは退くということになるのだと思います。しかし、この非核化までに道のりが平坦ではなく、両国がアメリカの意向に完全に従って、ほぼ無条件降伏するという形にならない場合には、爆撃や戦闘が行われる可能性があるということになります。

 

 楽観主義だけでは状況を大きく見誤ることもあります。

 

(貼り付けはじめ)

 

●「米、イラン核合意離脱=「最高レベル」の制裁実施へ-北朝鮮や原油取引に影響も」

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050900129&g=prk

 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、2015年に欧米など主要6カ国とイランが結んだ核合意から離脱すると発表した。合意維持を求めてきた欧州諸国との間に深刻な亀裂が生じかねない。イランは核合意に留まる意向を示したが、米国による制裁復活に今後対決姿勢を強め、中東情勢が緊張する事態に発展する可能性もある。

 

 トランプ氏は演説で、核合意を「一方的でひどい合意だ」と批判。「現在の合意の腐った仕組みでは、イランが核兵器を開発することを阻止できない」と主張した。合意で解除された制裁を再発動し、「最高レベル」の経済制裁をイランに科す方針を示した。追加制裁も検討しているもようだ。

 

 また、トランプ氏は、北朝鮮との核交渉を念頭に「きょうの措置は重大なメッセージだ」と強調した。「欠陥がある」と非難するイラン核合意を否定することで、6月初旬までに開催予定の米朝首脳会談でも「完全な非核化」の実現で妥協しない構えを示す狙いがある。

 

 トランプ氏は17年10月、核合意は米国の国益に見合っておらず、「イランは合意を順守していない」と認定。今年1月には、制裁の再発動は見送る一方、弾道ミサイル開発制限が盛り込まれていないことなど「合意の欠陥」の修正を欧州諸国に求め、今月12日までに修正できなければ離脱すると警告していた。

 

 トランプ氏は今回の離脱発表で「イランの核の脅威に対する包括的な解決策を見いだすために同盟国と協力していく」と強調した。だが、フランスのマクロン大統領らの説得を受け入れずに合意離脱に踏み切った経緯があり、実効性のある措置を講じることができるかは不透明だ。

 

 イラン産原油輸入目的でイラン中央銀行と取引する外国金融機関などへの制裁は核合意で解除されていたが、最大180日間の猶予期間の後に再発動される。日本や欧州の原油輸入に影響を及ぼす可能性がある。(2018/05/09-09:54

 

=====

 

●「イスラエル軍がシリアのイラン拠点攻撃=9人死亡、米合意離脱で緊張」

 

5/9() 8:55配信 時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000032-jij-m_est

 

 【エルサレム時事】在英のシリア人権監視団によると、イスラエル軍は8日、シリアの首都ダマスカス近郊の武器庫やロケットランチャーをミサイルで攻撃した。

 

 武器庫などはイランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」のものとみられ、少なくとも9人が死亡したという。

 

 トランプ米大統領は攻撃直前、イラン核合意からの離脱を発表し、イランが反発。離脱を支持するイスラエルとイランの間でも緊張が高まっている。

 

 トランプ大統領の発表に先立ち、イスラエル軍は「シリアにおけるイラン軍の変則的活動を確認した」と表明。イランがシリア国内の拠点から、シリアと接するイスラエル北部の占領地ゴラン高原に攻撃を加える恐れがあるとみて、地元当局に避難施設を開放するよう指示した。 

 

=====

 

●「イラン核合意」

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050800189&g=tha

 

 イランの核開発をめぐり米国と英独仏、ロシア、中国の主要6カ国が2015年7月、イランと最終合意した「包括的共同行動計画(JCPOA)」。イランによる濃縮ウラン保有や遠心分離機稼働数を大幅に制限し、核兵器開発を一定期間難しくすることが柱で、見返りに欧米がイランに科していた制裁の解除を定めた。16年1月に合意履行が始まった。(ワシントン時事)(2018/05/08-06:34

 

=====

 

●「<イラン>核合意修正拒否 仏大統領「新提案」協議要請に」

 

4/30() 22:10配信 毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000058-mai-int

 

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は4月29日、イランのロウハニ大統領と電話で協議し、2015年のイラン核合意を補う「新たな合意」について協議したい意向を伝えた。核合意の存続に向けてイラン側に直接働きかけた形だが、ロウハニ師は核合意の修正には応じない姿勢を崩さなかった。

 

 仏大統領府の発表によると、電話協議は1時間を超えた。マクロン氏は、現行の核合意を尊重することを確認するとともに、自身がトランプ米大統領に提案した「新たな合意」に盛り込まれた弾道ミサイル開発などに関する項目についても、協議を行いたい意向をロウハニ師に伝えた。

 

 だが、イラン側にとっては、国連安保理常任理事国(米英仏中露)にドイツを加えた6カ国と結んだ現在の核合意よりも不利な条件を受け入れることになる。AFP通信によると、ロウハニ師は「いかなる形であっても交渉しない」と述べて、修正を拒否した。

 

 マクロン氏は24日、合意からの離脱を示唆するトランプ氏と会談し、弾道ミサイル開発への規制▽核開発制限の期間延長▽シリアなど周辺国への影響力行使阻止--を盛り込んだ「新たな合意」を目指すことを提案。ミサイル開発が合意対象に含まれていないことなどに不満を抱くトランプ氏に配慮し、現行の核合意を実質的に修正する内容を示した。

 

 トランプ氏は5月12日を核合意の見直し期限としており、フランスとともに核合意に加わったドイツと英国も「新たな合意」の実現を目指す方針で一致している。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001

今の巨大中国は日本が作った


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛

 
semarikurudaibourakutosensoushigekikeizai001

迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 2018年5月7日、北朝鮮の最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長が中国東北部の港町である大連を訪問し、中国の習近平国家主席と会談を持ったという情報が出ています。今年の3月末に続いて第2回目の中朝首脳会談です。

 

 前回は金正恩が電車で20時間以上かけて北京を訪問しましたが、今回は大連まで専用飛行機で行ったようです。今回は習近平が中国海軍の空母の試験航行に立ち会うために大連を訪れ、それに合わせて金正恩が訪問したという形になっているようです。習近平が招待したのだろうと思いますが、詳しいことはまだ分かりません。

 

 前回の金正恩による北京訪問が行われた後、次は習近平が北朝鮮を訪問するだろうと考えられていましたが、今回金正恩が再び中国を訪問するということになりました。

 

 今回は鉄道を使わずに慌ただしく飛行機で訪問したことから何か緊急で話しておかねばならなかったことが発生したのではないかと思います。金正恩が慌てて訪問するくらいですから、議題は米朝首脳会談、核兵器に関することであろうと思います。

 

 また、習近平が中国海軍の空母の試験航行に立ち会うことに合わせての訪問ということも気になります。中国が自国の誇る空母がある大連にまで金正恩を呼び寄せた、それに金正恩が応じて慌ただしく飛行機で駆け付けた、という構図になると、これは、北朝鮮は中国に依存するということを示しているのだろうと思います。中国に屈服し、その保護を受けるということになると思います。

 

 中国は今アメリカと軍事的に衝突することは避けると思います。ですから、北朝鮮を保護しながら、北朝鮮の起こしている問題を解決する、そのために中国がアメリカに何とかとりなしを求めるのではないかと思います。米朝首脳会談では物事は決まらないし、アメリカは北朝鮮と対等な形で話をする気はないでしょう。今の世界でアメリカが対等な形を受け入れるとすればそれは中国だけでしょう。

 

 こうなってくると、中国の意向次第で状況は変化していきます。しかし、中国はアメリカに対して軍事的に何かをすることはできません。そうなれば、アメリカを満足させ、中国も体面を保つためには、北朝鮮の核兵器の完全な、検証可能な、逆行しない核兵器の放棄が求められます。中国は裏で北朝鮮に厳しい要求をし、脅しも行っているでしょう。

 

 それでも、北朝鮮が上記のような核兵器の完全放棄を受け入れるとなったら、「北朝鮮は、中国からの親切な助言と、協力して北朝鮮の防衛にあたるという申し出を受け入れて、核兵器を放棄することにした、その検証と保証は中国が行う」という形で、北朝鮮の体面を保つ形に持って行くでしょう。

 

 そうなればアメリカは北朝鮮を許容するということになるでしょう。アメリカによる北朝鮮攻撃の理由もなくなります。しかし、ここで問題は、アメリカとしては、ひとたび自国の安全保障にとっての脅威となった北朝鮮の核兵器に関しては、アメリカの派遣する人員で完全放棄を確認したいということを言うであろうということです。これを北朝鮮が受け入れられるのかどうかということは分かりません。これが拒絶となれば、米朝間での話し合いはつかないということになります。

 

 北朝鮮は中国による保証を求めてぎりぎりのところまで妥協するでしょう。中国もそれに合わせるでしょうが、問題はアメリカがどう出るかということになります。

 

(貼り付けはじめ)

 

金正恩氏 専用機で中国・大連訪問か=習主席も現地へ

 

5/8() 12:16配信 聯合ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000025-yonh-kr

 

【北京聯合ニュース】北朝鮮の最高位級の要人が専用機で中国の遼寧省大連市を訪問したもようだ。さまざまな状況から要人は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長である可能性が高まっている。

 

 習近平国家主席も中国初の国産空母の試験航行イベントに出席するため大連に向かったとされ、中朝首脳の接触の有無に関心が集まっている。

 

 複数の北朝鮮消息筋によると、北朝鮮の最高位級の要人は7日、専用機で大連空港に到着し、中国側と接触しているという。

 

 米国の中国語サイト「多維新聞」は金委員長の専用機と同一機種の旅客機が大連空港で目撃されたと報じた。

 

 中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」では6日から大連空港と市内で厳重な交通規制が行われているとの書き込みが相次いでいる。

 

 消息筋は「北朝鮮から最高位級とみられる要人が大連に来たとみられる」として、「いろいろな儀典上、金正恩委員長である可能性が高まっている」と述べた。

 

 別の消息筋は「習主席が空母の試験航行出席を翌日に控えた7日に大連を訪問し、金正恩委員長の専用機と推定される北朝鮮の航空機も大連で目撃されたという話が出ている」と伝えた。

 

 中国外務省は大連を訪問した北朝鮮要人に関する聯合ニュースの質問に対し、回答していない。

 

 金委員長が3月末に続き再び訪中したとすれば、大連で中国共産党中央対外連絡部の主管で秘密会談が行われる可能性がある。

 

 米国が米朝首脳会談を控え、非核化だけでなく大量破壊兵器の永久的な放棄まで求めているとされ、対応に追われている北朝鮮が再び「中国カード」を切ったといえる。

 

 米中首脳会談が開催される場合、北朝鮮は中国を味方につけることで米朝交渉でバランスを取り、対等な立場から米国と交渉を行う意思をアピールする狙いとみられる。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001

今の巨大中国は日本が作った


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛

 
semarikurudaibourakutosensoushigekikeizai001

迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 朝鮮半島の非核化については、すでに何度もご紹介しました。北朝鮮の求めているのは、在韓米軍の徹底、アメリカが提供する核の傘からの韓国の除外ということです。これらと引き換えに核兵器を放棄するということになります。

 

 中国やロシアにしてみれば、朝鮮半島から米軍がいなくなることは、大きな利益という訳ではないにしても、喜ばしいことになります。日本というアメリカの不沈空母は残りますが、中国が台湾を取り込んでしまえば、アメリカのアジアにおける橋頭堡は日本だけということになります。日本にはアメリカの世界戦略の一環でアメリカ軍が置かれているのに、その費用まで支払わされている哀れな国で、どんどん衰退していく国ということで、対米従属のかわいそうな国ということになります。

 

 ジェイムズ・マティス国防長官と国防総省は在韓米軍の撤退ということは言及せず、韓国防衛の責務を強調しています。その姿勢は外交努力を見守る、というものです。外交の結果を受けて、それに合わせて行動するということです。

 

 トランプ大統領は2016年の大統領選挙で韓国と日本の核武装と韓国からの米軍の撤退を主張したこともあります。従って、在韓米軍の削減や撤退というのは可能性がない話ではないということになります。

 

 しかし、在韓米軍の撤退ということを、アメリカ側が米朝首脳会談の準備の大詰めで公表することには利益があるようには思えません。北朝鮮の核兵器の完全放棄ということの「確約」が得られて、「検証」できて、はじめて「それなら考えてやらんこともない」ということになるものです。ですから、観測気球的に在韓米軍の撤退という話が強になって出てきましたが、これが本当の話なのかどうかは分かりません。

 

 ただ、交渉過程での駆け引きとしてこのような話をぶつけてみるということはあり得ます。相手がどう出るかということを見るために、わざとやってみるということはあるでしょう。米朝首脳会談までおそらく残り1カ月の間で相当な駆け引きが行われることでしょう。

 

(貼り付けはじめ)

 

アメリカは韓国防衛の「鉄の」責務を確認(US affirms 'ironclad' commitment to defend South Korea

 

ルイス・サンチェス筆

2018年4月28日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/international/385347-us-affirms-ironclad-commitment-to-defend-south-korea

 

ジェイムズ・マティス米国防長官は、朝鮮半島の非核化に向けた交渉が進む中でも、アメリカは韓国を防衛するという「鉄のように固い」責務を果たすことを改めて確認した。

 

国防総省は発表した声明の中で、アメリカと韓国は「緊密に協力しながら、国際連合安全保障理事会決議の順守を継続すること、完全な、検証可能な、逆戻りすることのない非核化実現に向けた外交努力を支援することを確認した」と述べた。

 

この新たな確認は、トランプ大統領が韓国の文在寅大統領と電話で会談を持った日に発表された。

 

トランプ大統領は計画中の米朝首脳会談の日時と場所は設定されつつあると述べた。

 

先週金曜日、文在寅大統領と北朝鮮の指導者金正恩委員長は朝鮮半島の非核化に向けて協力し、朝鮮戦争の公式な終戦を共同宣言の中で約束した。

 

南北共同宣言は北朝鮮の重要な変化を示している。北朝鮮は過去、核兵器の廃棄は絶対に行わないと宣言していた。

 

=====

 

Secretary Mattis Hosts an Honor Cordom Welcoming Poland Defense Minister Mariusz Blaszczak to the Pentagon

Press Operations

 

Secretary of Defense James N. Mattis; Poland Defense Minister Mariusz Blaszczak

April 27, 2018

 

https://www.defense.gov/News/Transcripts/Transcript-View/Article/1505983/secretary-mattis-hosts-an-honor-cordom-welcoming-poland-defense-minister-marius/

 

質問:北朝鮮に関して簡単に質問してもよろしいでしょうか?韓国と北朝鮮が本日、板門店でそのことについて語ったようですが、平和条約が締結される場合、アメリカ軍は朝鮮半島に駐屯する必要がありますか?

 

マティス長官:そうですね、アメリカ軍の朝鮮半島への駐屯は、まず我が国の同盟諸国、そしてもちろん北朝鮮との様々な交渉の中で議論される問題の1つとなります。現段階では、私たちはプロセスに沿って進まねばならず、交渉し、どのような結果になるかについて前提条件や仮定を持たないようにしなくてはなりません。私たち、今は外交官たちが仕事をしている最中です。

 

=====

 

●「トランプ氏の在韓米軍削減検討指示 「事実ではない」=韓国大統領府」

 

5/4() 11:30配信 聯合ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000015-yonh-kr

 

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は4日、トランプ米大統領が国防総省に在韓米軍の削減を検討するよう指示したとの米紙の報道について、「ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)高官が事実ではないと明らかにした」と説明した。

 

 訪米中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)がホワイトハウスの高官との電話で確認したという。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

 

shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛
 

imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001

今の巨大中国は日本が作った

fukuzawayukichicover001
(仮)福澤諭吉 フリーメイソン論

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ