古村治彦の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:『アメリカ政治の秘密』







アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12


野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23

 

 古村治彦です。

 

 今回は、私、古村治彦の著書を皆様にご紹介いたします。

 

署名入りの本をご希望の方は、ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」の4冊セット(1万円、おまけつき)をご利用ください。アドレスは以下の通りです。

※「副島隆彦の学問道場」→http://snsi.jp/shops/index#book

※ウェブサイトへは、<a href="http://www.snsi.jp/tops/kouhou"><u>こちら</u></a>からもどうぞ

 

●単著

 

・『アメリカ政治の秘密 日本人が知らない世界支配の構造』(PHP研究所、2012年)


・『ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側』(PHP研究所、2014年)

 

●論文・共著

 

・「アメリカの黒人プロ・スポーツ選手の世界-ヒーローになるにはスポーツ選手」 副島隆彦著『からだで感じるNYの黒人英語』(講談社、2000年)所収173-195ページ

 

・「アメリカの『プリウス人気』の裏に何があるのか」 副島隆彦・SNSI共著『エコロジーという洗脳』(成甲書房、2008年)所収、159-188ページ

 

・「社会工学 social engineering-文明化外科手術」 副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『悪魔の思想辞典』(KKベストセラーズ、2009年)所収、126-133ページ

 

・「ロビー活動 lobby-薄汚いものだがデモクラシーには必要なもの」 副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『日本のタブー むき出しの真実ほど恐ろしいものはない 悪魔の思想辞典〈2〉』(KKベストセラーズ、2010年)所収、230-241ページ

 

・「『属国』日本が展開する原発輸出とその司令塔・前田匡史」 副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『放射能のタブー 悪魔の思想辞典〈3〉』(KKベストセラーズ、2011年)所収、172-183ページ

 

・「『憲政の神様』尾崎行雄のもう一つの顔」副島隆彦・SNSI副島国家戦略研究所共著『フリーメイソン=ユニテリアン教会が明治日本を動かした』(成甲書房、2014年)所収、145-172ページ

 

●翻訳

 

・デイヴィッド・ボウツ著、副島隆彦訳『リバータリアニズム入門』(洋泉社、1998年)翻訳協力

 

・ジョン・J・ミアシャイマー、スティーヴン・M・ウォルト著、副島隆彦訳『イスラエル・ロビーⅠ・Ⅱ』(講談社、2007年)翻訳協力

 

・トーマス・ウッズ著『メルトダウン 金融溶解』(副島隆彦・監訳、解説、ロンポール序文、成甲書房、2009年)翻訳

 

・アダム・レボー著『バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容』(副島隆彦・監訳、解説、成甲書房、2010年)翻訳

 

・パラグ・カンナ著『ネクスト・ルネサンス 21世紀世界の動かし方』(講談社、2011年)翻訳

 

・ロバート・ケーガン著『アメリカが作り上げた“素晴らしき”今の世界』(ビジネス社、2012年)翻訳

 

・フランシス・フクヤマ著、会田弘継訳『政治の起源(上)(下)』(講談社、2013年)翻訳協力

 

・オーヴィル・シェル、ジョン・デルリー著『野望の中国近現代史 帝国は復活する』(ビジネス社、2014年)翻訳

 

 

署名入りの本をご希望の方は、ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」の4冊セット(1万円、おまけつき)をご利用ください。アドレスは以下の通りです。学問道場の書籍頒布サーヴィスをご利用いただけると、確実にお届けできますし、おまけもつきます。翻訳本は一般的に割高になりますが、学問道場でお求めいただければ割安になる場合もあります。
 

※「副島隆彦の学問道場」→http://snsi.jp/shops/index#book

※ウェブサイトへは、<a href="http://www.snsi.jp/tops/kouhou"><u>「こちら」</u></a>からもどうぞ

 

(終わり)








 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12


野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23



 古村治彦です。

 拙著(初めの単著)『アメリカ政治の秘密 日本人が知らない世界支配の構造』(PHP研究所、2012年)の電子書籍が2014年2月25日に発売となりました。私の初めての単著であり、少し時間が経ちましたが、国際情勢、アメリカ政治分析の視点は全く古びておらず、皆様のお役に立てると思います。

 私の著作の中では2冊目の電子書籍化となります。電子書籍は紙の本に比べて値段が少し安く、その値段も弾力性があるようです。1冊あたりの印税も紙の本よりも高いです。ただ、紙の本よりも実売が分かりやすいために、印税の支払いはシビアになります。紙の本の場合は、売れる・売れないに関係なく印刷した分の印税がいただけるのですが、電子書籍は実売数です。日本の書籍における電子書籍が占める割合はまだまだ低いのですが、これから伸びていくだろうと出版社の方は仰っていました。「絶版ということもありませんので」という言葉が何とも力強く響きました。

 現在は本が売れない時代です。「それは貴方の本の内容が悪いからでしょ。文章が上手じゃないからでしょうが」と言われるかもしれません。それは否定しません。しかし、出版業界全体として本の売り上げが落ちています。こうした時代に本など書いて馬鹿じゃないかと言われたことがあります。それでも本を書き続けていきたいと思います。そのためにも、恥も外聞もない言い方になりますが、書籍の購入やアフィリエイトを通じてのご支援を伏してお願い申し上げます。

 ぜひよろしくお願い申し上げます。下の表示に進んでいただきますと購入可能です。

amerikaseijinohimitsu001



※加筆部分

 現在、『フリーメイソン=ユニテリアン教会が明治日本を動かした』(副島隆彦、SNSI副島国家戦略研究所著、成甲書房、2014年)が全国各地の書店に平積みで置かれています。この本は副島先生と弟子たちが各章を担当して歴史、特に明治期以降の人物について書き上げた本です。

 巻末の著者略歴をご覧いただきますと、先生の下で弟子として研鑽を積んでいる人間たちが数多くいることをご理解いただけると思います。私も含めてそのほとんどは研究費なり、生活費なりを誰かから貰っている訳ではありません。SNSI副島国家戦略研究所などと名乗っても、その実態はその程度のものです。副島隆彦を囲む会の事務をしていればまた別の話ですが。今回の出版のように、先生との本という形で、自分たちの文章が世の中に出て、読んでいただけることが最大の報酬です。先生と一緒でなければ、私たちのような無名の人間たちが本を出すということは非常に困難です。

 ですが、私たち弟子たちも人の子、本が売れて印税をいただけることもまた大きな喜びです。読者の皆様には是非、お買い求めいただきまして、ご講評をいただければと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。







(終わり)







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




 古村治彦です。

 ここ最近は翻訳の仕事に追われ、ブログの更新ができない状況にあります。大変申し訳ございません。

 2014年3月14日、拙著『ハーヴァード大学の秘密』のKIndle版が発売されたことを皆様にご通知申し上げます。著者である私は電子書籍を使っておりませんが、私の友人、知人に聞いてみますと、多くの人たちが使っていて驚きました。出版社の方は、「まだまだ発展途上です」と仰っておられましたが、これから拡大が予想されるということでした。

 私の初めての単著『アメリカ政治の秘密』も電子書籍化が検討されております。電子書籍化の可否が決まりましたら、また皆様にご通知申し上げたいと思います。

 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



 古村治彦です。

 ここ最近、ブログの更新が滞りまして、誠に申し訳ございません。体調不良(風邪や腰痛、足の痛みなど)に悩まされながら、翻訳の仕事と2014年3月1日に開催されます、副島隆彦を囲む会定例会内で行う講演の準備のためにブログを更新することが出来ませんでした。

 翻訳の仕事は、アメリカ人の気鋭の政治学者2人が中国の近現代史について書いた400ページを超える大部を英語から日本語に翻訳するというものです。翻訳をするとどうしてもページが増えますので、日本語版は600ページを超えるものになるかと思われます。これを何とか今年の前半に出版するということで今取り組んでいる最中です。アヘン戦争から現代までを網羅した大変面白い本です。是非ご期待くださいませ。

 もう一つやっておりましたのが、2014年3月1日に開催される「第32回副島隆彦を囲む会定例会」で行う講演の準備です。今回の講演は、私が2014年1月21日に刊行しました『ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側』(古村治彦著、PHP研究所、2014年1月)の発刊記念講演です。1時間の予定で、『ハーヴァード大学の秘密』の第1部で取り上げた人脈の話と、そこからつなげて、私が個人的に研究した、日米人脈の話を申し上げる予定です。

(貼り付けはじめ)

第32回「副島隆彦の学問道場」主催定例会
「キャロライン・ケネディ駐日大使着任が日本政治中枢に与えている衝撃」
講師:副島隆彦先生、古村治彦研究員

開催日 2014年3月1日(土曜日)
会場 「全電通労働会館 ホール」
アクセス
■JR 中央線 総武線「御茶の水駅」聖橋口出口 徒歩5分
■東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水」駅 B3出口 徒歩3分
■都営地下鉄 新宿線 「小川町」駅 A7出口 徒歩4分
■東京メトロ 丸の内線 「淡路町」駅 A5出口 徒歩4分

会場住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目6
電話 03-3219-2211  FAX 03-3219-2219

※定例会の予定等についてのご質問は、囲む会(042-529-3573)へ、お問い合わせをお願い致します。
「全電通労働会館 ホール」へは、交通アクセスについてだけ、お問い合わせ下さい。

【当日の予定】

開場  12:15
開演  13:00
終了  16:30

※開場、開演時間以外は、あくまで予定です。終了時刻等が変更になる場合もございます。
※お席は全て「自由席」になります。お手荷物・貴重品等はお客様ご自身で管理をお願い致します。

zendentsuhall002

※講演会の概要・お申込みについては(こちらからどうぞ)

(貼り付け終わり)

 まだお席に余裕があるということなので、お時間がある方は是非ご参加いただければ幸いです。「定例会」と銘打っておりますが、副島隆彦を囲む会の会員ではない方もご参加いただけます。もちろん、副島隆彦先生のご講演もありますし、第3部では、副島隆彦先生、中田安彦筆頭研究員、私の鼎談も予定されております。現在の政治状況について関心、興味、懸念をお持ちの皆様には是非ご参加いただければと思います。

 今後もブログの更新は滞りがちになるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(終わり)


アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12


 古村治彦です。



 今回は、オバマ大統領によって新しく駐日大使に任命されたキャロライン・ケネディ氏について考えたことをお知らします。



 キャロライン氏は、故ジョン・F・ケネディ元米大統領の長女として誕生し、「華麗なる」ケネディ家の一族です。アメリカには王族も貴族もいませんが、ケネディ家は米民主党系の名家であり、言ってみれば「王侯貴族」なのです。



 王侯貴族ですから、現実政治に本気で関わろうとすると、実力者たちから痛い目に遭います。ジョン・F・ケネディ元大統領、弟のロバート・ケネディ元司法長官は暗殺、そのまた弟のエドワード・ケネディ元上院議員は、マサチューセッツ州選出の連邦上院議員ではありましたが、スキャンダルに見舞われ、大統領になることはありませんでした。上院議員は、日本の昔で言えば殿様(大名)みたいなものですから、殿様くらいにはならせてもらいますが、それ以上を目指すと物理的に、もしくは政治的に殺されることになります。



 キャロライン氏の弟はジョージ・ケネディというハンサムな男性で、『ジョージ』という雑誌を創刊して、そのすぐ後に結婚式に向かう途中に飛行機事故で結婚相手とともに死亡してしまいました。この悲劇についても色々な噂話がありました。



 キャロライン氏はしかし、ケネディ家の「長女」としてケネディ家を支える存在のようです。そのケネディ氏は今度バラク・オバマ大統領から駐日大使に任命されました。これは言ってみれば、オバマ大統領による日本へのご褒美とも言えるものです。オバマ大統領は安倍晋三首相を嫌っていると言われてきましたが、どうも何か裏取引があったようです。そして、そのご褒美が東京オリンピック招致成功とキャロラインの駐日大使就任と言うことができるでしょう。


carolinekennedy001
オバマ大統領とキャロライン・ケネディ

 私が2012年に出した著作『アメリカ政治の秘密』で書いた通り、アメリカの日本管理路線は、ジョン・F・ケネディ大統領から始まりました。そして、ケネディが日本に送り込んできたのが、「元祖ジャパンハンドラー」であるエドウィン・O・ライシャワーでした。このハーヴァード出身者コンビが日本管理路線を完成させました。



 そして時が流れ50年後に、再びケネディ家が日本に関わろうとしています。しかし、キャロライン氏が裏の汚い仕事をするわけではないでしょう。表向きの、建前の、綺麗な「アメリカ」を日本人にアピールすることになるでしょう。裏の汚い仕事をするための人材がジャパンハンドラーズなのですから。



 私たちはこれからマスコミ(テレビ局と新聞社)で、キャロライン氏の華麗な生活を見せられ、「日米同盟の重要性」を「再教育」されることになるでしょう。このように書くとどぎついですが、あくまで綺麗なものとして、です。



(新聞記事転載貼り付けはじめ)



●「「父も訪日を望んでいた」ケネディ新大使が日本到着」



朝日新聞電子版 201311151612

http://www.asahi.com/articles/TKY201311150167.html



 米国の新しい駐日大使に就任するキャロライン・ケネディ氏(55)が15日午後、成田空港に到着した。



 キャロライン氏は1963年に暗殺されたジョン・F・ケネディ元大統領の娘。空港内の記者会見場に夫を伴って現れ、「父は米国大統領として初めて訪日することを望んでいた。日米両国の緊密な関係強化に取り組めることは、私にとって特に名誉なことだ」と声明を読み上げた。数週間以内には子どもたちも合流するという。



 キャロライン氏はハーバード大卒業後、弁護士資格を得て、非営利の活動や慈善事業にかかわってきた。環太平洋経済連携協定(TTP)交渉や沖縄県の米軍基地問題といった課題について、日米両政府のパイプ役を果たすことが期待されるが、政治や外交の実務に携わった経験がなく、外交手腕は未知数とされる。



 日本とのかかわりについては過去のインタビューで、20歳の時に広島を訪れ「より良い平和な世界の実現に貢献したいと願うようなった」と話している。また、「仕事をしたい国として、日本以上の国は思いつかない」といい、女性の地位向上や日米の若者の交流に取り組みたいという。



 出国前の12日に駐米大使公邸で開かれた記者会見では、改めて「日米の同盟や相互理解が深まるよう全力を尽くす」と抱負を述べていた。



(新聞記事転載貼り付け終わり)

(終わり)




新米駐日大使キャロライン・ケネディ氏の日本国民へのメッセージ。


幼い日のキャロライン氏にインスピレーションを受けてできた曲「スゥイート・キャロライン」。今ではボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで流される曲となりました。ボストンを代表する曲。ケネディ家がボストンの「王家」であることを示しています。ライバルのニューヨーク・ヤンキースの本拠地ではフランク・シナトラの「ニューヨーク、ニューヨーク」が流されます。イタリア系のマフィアと関係があったシナトラの曲。ニューヨークを象徴しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ