古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:オサマ・ビンラディン

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-11-25



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12



 

 古村治彦です。

 

 今回は、ヒラリーが国務長官当時にオサマ・ビンラディンが潜伏していた邸宅をアメリカ軍の特殊部隊が急襲して、ビンラディンを殺害した事件に関する記事をご紹介します。この記事では「ある元高官」となっていますが、私はこの人物は、ヒラリー派のジェイク・サリヴァンだと思います。この人物はヒラリー派であり、当時は国務省政策企画本部長の要職にありました。

 

 この匿名のオバマ政権元高官は、「アメリカの仇敵」オサマ・ビンラディン殺害に関して、ヒラリーは賛成したが、バイデンは反対したという論を『ザ・ヒル』誌の取材に対して展開しています。これは、バイデンはアメリカの仇敵にも「宥和的」であるという印象付けの内容です。

 

今週木曜日にヒラリーは連邦下院のベンガジ特別委員会で公開証言を行うことになっています。ここが一つの山場になります。その前にこうした記事が出たというのは、バイデンに対する牽制でもありますし、ヒラリーの行うであろう積極的な攻撃的な外交政策が有効であるという印象付けに意図があると思われます。

 

 アメリカの中で、既に共和党のネオコン派と民主党の人道的介入主義派は手を結んで、ヒラリーの勝利のために動いているという印象です。民主、共和両党の現実主義派は敗北しつつあります。兄ジョージ・W・ブッシュよりも父ジョージ・HW・ブッシュに近い政策を行うであろうジェブ・ブッシュは共和党ネオコン派からしてみれば、ヒラリーよりも「大統領にふさわしくない」候補者ということになります。

 

 日米ともに政治の世界は劣化が進み、国際的には孤立しています。中国とイギリスの接近やカナダやオーストラリアの選挙結果を見ると、世界の流れや国際協調の動きに反して、孤立を深めているのは日米だということが分かります。

 

==========

 

元高官:バイデンは急襲に反対した(Former official: Biden was against raid

 

エイミー・パーンズ筆

2015年10月20日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/homenews/administration/257468-former-official-biden-was-against-raid

 

 オサマ・ビンラディンの殺害にまで発展した急襲計画の議論に参加したオバマ政権の元高官は木曜日、ジョー・バイデン副大統領は急襲計画の実行を支持しなかったと述べた。

 

 この高官はパキスタンでのこの計画の実行を許可するかどうかの議論に参加した。この人物は、当時のヒラリー・クリントン国務長官とレオン・パネッタCIA長官は急襲計画を支持したが、バイデンは支持しなかったと述べた。

obamabidenhillarybinladen001
急襲の時の作戦室(左端の青いシャツがバイデン、口を押えているヒラリー)
 

 元高官は『ザ・ヒル』誌の取材に対して次のように語った。「私が言えることは、当時のレオン・パネッタCIA長官とヒラリー・クリントン国務長官は急襲を支持し、シチュエイション・ルームで実行を求めるプレゼンテーションを行ったということです。クリントン長官は彼女の考えを明らかにし、レオンもまた彼自身の立場を明らかにしました。その際、副大統領が彼らと同じ考えを持っていたのか、思い出せないのです」。

 

 この元高官は続けて、「4月28日に大統領が最終決定のための会議を招集したのですが、アドヴァイザーたちは賛成、反対2つのグループに分かれていました」と述べた。

 

 2016年米大統領選挙でヒラリーに対抗しての出馬を検討中であるバイデンは、火曜日、個の元高官の発言とは異なる内容の発言を行った。

 

 バイデンは元副大統領ウォルター・モンデールを賞賛する会合に出席した。その会合の中でバイデンは、「個人的には急襲計画を支持していましたが、2人きりで話ができる機会があるまで、助言をすることを差し控えました」と述べた。

 

 民主党の大統領選挙最有力候補ヒラリー・クリントンが「私は急襲計画を完全に支持していた」と発言したが、バイデンはそれを否定した。

 

 バイデンは「私は大統領に、計画は実行すべきだという意見を言いましたが、あくまでも自分の本能に従って決定してくださいとも言いました」と述べた。

 

バイデンは、ジョージ・ワシントン大学で開かれたパネルディスカッションにモンデールとともに出席した。この席上、バイデンは「この難しい問題について、私は大統領執務室で2人きりになれるまで、大統領に対して私の最終的な判断を伝えることはありませんでした」と述べた。

 

 元高官は、2人きりになった時、バイデンがオバマに何を行ったのかを知る人物はいないと語った。しかし、バイデン副大統領が、ビンラディンに対する特殊部隊による急襲計画についてどのような立場を取っていたかは明白だとも述べた。

 

 パネッタはオバマ政権でCIA長官を務めた日々を回想録にまとめた。この中で、パネッタは、バイデンが急襲計画に反対し、ヒラリーは賛成したと書いた。

 

 パネッタは回想録『価値ある戦い』の中で次のように書いている。「バイデンは、ビンラディンがターゲットの屋敷内にいるという十分な証拠もまだ集まっていないし、更なる情報収集をするために時間を使うべきだと強く主張した」。

 

 パネッタは、同書の中で、「クリントンはさらに時間をかければ、更によい情報が集められるだろうが、今回は千載一遇のチャンスであり、それを掴むべきだと述べた」と書いている。

 

 火曜日にバイデンが行った説明は、2012年に彼自身が行った説明とも違っている。

2012年当時、バイデンは民主党所属の連邦下院議員たちに対して、彼は、オバマ政権下の最も重要な計画の実行に反対したと述べた。

 

 『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道によると、バイデンは議員たちに対して、「大統領、私の提案は、実行しないというものです」と述べたということだ。

 

(終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-07-29



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12



 

 古村治彦です。

 

 2001年9月11日にアメリカで起きた同時多発テロ事件について、「なぜ防げなかったのか」「諜報機関であるCIAは何をしていたのか」という疑問と批判はアメリカ国内でもずっと残り、議論されています。オサマ・ビン・ラディンやアルカイーダの存在を認識していたのに、それに対して真剣に対処していなかったということですが、それはやはり、官僚組織の抱える問題が絡んでいるようです。

 

 省庁間の連絡と総合的な対処計画を欠いた結果、このような事態を招いた、そしてその責任は1997年から2004年までCIA長官を務めたジョージ・テネットにあるという報告書が公表されたということで、その短い記事を皆様にご紹介します。

 

 テネットが民主党系の人材で、ビル・クリントン大統領時代にCIA長官に任命されたという点から、民主党に対する攻撃、ヒラリー・クリントンに対する攻撃という面もあるかと思いますが、この記事ではあまり触れられていない官僚組織の欠陥、硬直性にも問題があるということも理解しつつ、この記事をお読みいただければと思います。

 

==========

 

CIAが911以前の誤謬を明らかにした秘密報告書を公開(CIA releases secret report identifying errors before 9/11

 

ジュリアン・ハッテム筆

2015年6月12日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/national-security/244886-cia-releases-secret-doc-identifying-systemic-problems-pre-9-11

 

 10年間にわたり秘密にされてきたが、CIAは金曜日、約500ページの首席調査官による調査報告書を公表した。この報告書は2001年9月11日のテロ攻撃が起きる前のアメリカのスパイ機関内部に存在した複数の「システム上の諸問題」を概括的にまとめたものだ。

 

 2005年に作成された調査報告書の中で分析官たちは、複数のシステム上の諸問題の結果、アメリカはテロ攻撃について全く考慮しないようになっていたと主張し、911以前の数年間でオサマ・ビン・ラディン(Osama bin Laden、1957―2011年)とアルカイーダの指導者たちに対するアメリカ政府の追及の甘さを糾弾した。

osamabinladen010
オサマ・ビン・ラディン 

 

 CIAの幹部職員たちは、CIAの首席補佐官事務局の調査に対して、「アルカイーダの脅威に対する警告や予兆があったにもかかわらず、911以前の“いかなる時点”においても、ビン・ラディンの計画を阻止するための“包括的な戦略計画”など存在しなかった」と語った。金曜日の午後遅く、CIAは報告書を公表した。ここ数年、CIAはこの報告書の一部を機密指定解除にして公開してきた。しかし、今回、情報の自由法によって全面公開されることになった。

 

 CIAをよく知る人々は、ジョージ・テネット(George Tenet、1953年―)を批判してきた。テネットはCIA元長官であり、2001年のテロ攻撃の前後の数年間にわたり、CIAを監督した人物だ。

 
georgetenet001
ジョージ・テネット
 

 テネットは、アルカイーダと戦うための「各政府省庁間計画の必要性を認識」していたが、そのような戦略計画を立案しなかったことについて、責任を免れることはできない、と報告書には記載されている。

 

 CIAは首席調査官報告書と共に、テネットからの手紙2通と911についての2つの別の見方を同時に発表した。これは「911に関する公的な記録を更に確かなものとする」ことを目的とするとCIAは述べた。

 

 CIAは次のような談話を発表した。「911で起きた出来事は全てのアメリカ人たちの記憶に焼きつくものとしてこれからも残っていくであろう。その当時に生きていたアメリカ国民は全て、アメリカの現代史において我が国土が犯されるという最大の悲劇を目撃したのだ。本日公表された報告書は911以前のCIAの業務遂行について約10年前にCIA内部で形成された様々な異なる考え方を反映したものとなっている」。

 

 CIA首席調査官報告書の作成が促されたのは、連邦上下両院情報・諜報委員会合同の報告書が10年以上前に出されたことになる。この報告書が2005年に発表された際、当時のCIA長官ポーター・ゴス(Porter Goss、1938年―)は、報告書が勧告している、個々のCIA職員を評価するための説明責任委員会の創設を拒絶すると述べた。

portergoss001
ポーター・ゴス

 

 新たに公表された文書で明らかになったのは、席調査官報告書が作成された当時、この報告書についてテネットが声高に非難していたことだ。

 

 2005年6月の書簡の中で、テネットは首席調査官報告書について、「無意味」「誤謬」と断じ、政治家たちからの情報を「敢えて忌避して」おり、重要な諸事実を無視していると批判している。

 

 テネットは書簡の中で次のように書いている。「この報告書は私の行動について公正さにも正確さにも欠けた描写を行っている。また、CIA職員の英雄的な働きについてもそうだ。諸事実を完全に理解することなく、私の働きについて判断を下すというのは公正さに欠ける」。

 

(終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ