古村治彦の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:クーデター

 古村治彦です。

 

 アメリカのCIAが冷戦期、世界各国でスパイ活動をしていたことはよく知られています。小説や映画に題材として数多く取り上げられてきました。また、反米的(と目されるばあいも含めて)、もしくは共産主義的な国家指導者や国家体制を転覆させるために、その国の軍部やゲリラなどに資金や武器を渡して、暗殺やクーデターを起こさせていたということはよく知られていました。しかし、アメリカ政府は、公式には、そうした暗殺事件やクーデターへの関与を否定していました。

 

 1953年、イランでは民主的に選ばれたムハマンド・モサデグ首相に対するクーデターが発生しました。そして、親米的なシャーによる王政が1979年のイラン革命まで続きました。1979年、有名なホメイニ師が主導するイラン革命によって、イランの王政は倒され、イスラム共和国が誕生しました。イラン革命の際、テヘランのアメリカ大使館に大学生たちが乱入し、大使館員などを人質にして占拠する、イラン人質事件が起こりました。人質事件はカーター政権内部に解決方法を巡って亀裂を生み(ヴァンス国務長官とブレジンスキー大統領国家安全保障問題担当補佐官の対立とヴァンスの辞任)、大きなダメージを与え、カーターは次の大統領選挙でロナルド・レーガンに敗れました。イラン革命以降、アメリカとイランは国交を断絶し、アメリカはイランの隣国イラクの独裁者サダム・フセインをけしかけてイラン・イラク戦争を起こさせました。

 

 イランの歴史に置いて大きな出来事であるモサデク首相に対するクーデター事件ですが、CIAの関与はほぼ間違いないと言われながら、アメリカ政府は公式に否定してきました。しかし、バラク・オバマ大統領がCIAの関与を認め謝罪し、また、最近、機密解除文書の公開によって、残された電報などから、CIAが関与していたということが明らかになりました。

 

 CIA本部はクーデターの試みが失敗したこともあって、クーデターに参加するなとイラン支局に電報を送っていましたが、現地では命令を無視し、結局、クーデターが成功してしまいました。現地の命令無視・独断専行があったということで、このことまでは推定されていましたが、それを示す証拠が出てきたということが重要です。

 

 また、1950年代に聖職者であり、政治家でもあったカシャニ師がモサデク追い落としに関与し、また、アメリカからの資金援助を要請していたということが明らかにされました。カシャニは現在でもイラン国内で尊敬を集めている人物ですが、そのような人物がアメリカからの援助を求めていたということはイランにとっては隠しておきたい事実だろうと思います。

 

 このように何十年経っても公文書が残されていれば、いつかは事実は明らかにされます。最近の日本の政治状況を見ていると、公文書を残しておくということの重要性を軽視しているように思います。この点はアメリカを見習うべきであろうと思います。

 

(貼り付けはじめ)

 

64年経過して、CIAはついにイランでのクーデターに関する詳細を公開(64 Years Later, CIA Finally Releases Details of Iranian Coup

―新たに公開された文書によって、CIAが如何にして失敗に終わりかけていたクーデターへの参加を取り消そうとしていたか、そして、最後の最後である従順ではない一人のスパイによってクーデターが成功に導かれたが明らかにされた。

 

ベンサニー・アレン=エイブラヒミアン筆

2017年6月20日

『フォーリン・ポリシー』誌

http://foreignpolicy.com/2017/06/20/64-years-later-cia-finally-releases-details-of-iranian-coup-iran-tehran-oil/

 

機密解除された文書が先週公開された。これによって、1953年に発生したイラン首相ムハンマド・モサデクを追い落としたクーデターにおいて、中央情報局(CIA)が中心的な役割を果たしたことが明らかになった。このクーデターは、イランのナショナリズムの火に油を注ぎ、1979年のイラン革命を生み出し、21世紀になってもアメリカ・イラン関係を損ない続けている。

 

約1000ページの文書によって初めて、CIAが如何にして失敗に終わりそうであったクーデターへの参加を取り消そうとし、イラン国内にいる従順ではない一人のスパイによって最後の最後で成功に導かれたということが明らかにされた。

 

CIAの計画はエイジャックス作戦として知られている。CIAの計画は究極的に石油確保を目的とするものであった。西側の企業は長年にわたり、中東地域の石油生産と底からの富をコントロールしていた。サウジアラビアのアラビアン・アメリカン石油会社、イランのアングロ・イラニアン石油会社(イギリス)といった石油企業がコントロールしていた。1950年末、サウジアラビアのアラビアン・アメリカ石油会社は圧力に屈し、石油からの富をサウジアラビア政府と折半することになった。この時、イラン国内のイギリスの持つ石油利権もサウジアラビアでの先例にならうようにという厳しい圧力に晒されていた。しかし、イギリス政府は断固として拒否した。

 

1951年初め、人々の熱狂的な支持の中、モサデクはイランの石油産業を国有化した。激怒したイギリス政府は、モサデクの排除とシャーによる王政の復活のために、アメリカの情報機関と共謀し、計画を練り始めた。しかし、新たに公開された電報が示すところでは、アメリカ国務省の一部には、対立に対するイギリスの非妥協的な態度を非難し、モサデクとの協力を模索する人々がいた。

 

クーデターの試みは4月15日に開始されたが、迅速に鎮圧された。モサデクは関係者を逮捕した。共謀の首謀者であるファズラウ・ザヒィーディー将軍は身を隠し、シャーは国外に逃亡した。

 

CIAはクーデターの試みは失敗すると確信しており、クーデターへの参加を取り消すことに決定した。

 

新たに公開された文書によると、1953年8月18日にCIA本部はイラン支局長に次のような内容の電報を送った。「作戦は試され、そして失敗した。私たちはモサデクに敵対するいかなる作戦にも参加すべきではない。モサデクに敵対する作戦は継続されるべきではない」。

 

ジョージ・ワシントン大学のアメリカ安全保障アーカイヴでアメリカ・イラン関係プロジェクトの責任者を務めるマルコム・バーンは、「CIAのイラン支局長カーミット・ルーズヴェルトは、この電報を無視した」と述べている。

 

バーンは本誌に次のように語った。「カーミット・ルーズヴェルトが電報を受け取った時、部屋にはもう一人の人物がいた。この時、ルーズヴェルトは、“ダメだ、俺たちはここで何もやっていない”と述べた」。ルーズヴェルトはCIA本部からのクーデターの試みを中止するようにという命令を実行しなかったことは既に知られていた。しかし、電報自体とその内容については知られていなかった。

 

ルーズヴェルトの決断の結果は重大であった。電報を受け取った翌日の1953年8月19日、クーデターは成功した。CIAの援助によって準備されたと考えられてきた、「金を支払われていた」群衆の助けがあった。イランの民族主義の英雄モサデクは投獄され、西側に友好的なシャーの下での王政が復活した。アングロ・イラニアン石油(後にブリティッシュ・ペトロレアムに改名)は油田を回復しようと努めた。しかし、この努力は実を結ばなかった。クーデターは成功したが、外国の石油のコントロールの回復に対するナショナリストからの反撃は過激となった。ブリティッシュ・ペトロレアムやその他の石油メジャーはイラン政府と石油からの利益を分け合うことになった。

 

エイジャックス作戦はイランの保守派にとっては亡霊であった。しかし、これはリベラル派にとっても同様であった。クーデターは反西洋感情の炎に風を送った。ナショナリズムの最高潮が1979年に発生したアメリカ大使館人質事件、シャーの廃位、「大悪魔」に対するイスラム共和国の創設となった。

 

クーデターによってイラン国内のリベラル派も排除された。モサデクはイラン史上、民主的な指導者というものに最も近付いた人物であった。モサデクは民主的な諸価値を明確に称揚し、イラン国内に民主政治体制を確立したいという希望を持っていた。選挙を経て構成された議会がモサデクを首相に選出した。首相という職を利用して、モサデクはシャーの力を削いだ。その結果、この時期のイランは、ヨーロッパで発展した政治的伝統に最も近付いた。しかし、更なる民主的な発展は8月19日に窮地に陥った。

 

アメリカ政府は長年にわたり、クーデターへの関与を否定してきた。国務省は1989年にクーデターに関連した文書を初めて公開した。しかし、CIAの関与を示す部分は編集していた。人々の怒りを受けて、政府はより完全な文書を公開することを約束した。そして、2013年に文書が公開された。2年後、機密解除された文書の最終的な公開の予定が発表された。バーンズは、「しかし、イランとの核開発を巡る交渉のために準備が中断され、公開予定は遅れることになった」と述べている。文書は先週、最終的に公開された。CIAの電報の原本は紛失、もしくは廃棄されたものと考えられていた。

 

バーンは、公開が大幅に遅れたのはいくつかの要素のためだと述べた。バーンは、 情報機関は常に「材料と方法」を防御することに懸念を持つものだ、と語る。「材料と方法」とは、最前線で作戦実行を可能にする秘密のスパイ技術を意味する。CIAはイギリスの情報機関との関係を守る必要にも迫られていた。イギリスの情報機関は諜報に必要な人材などを守りたいと考えていたはずだ。

 

 

スタンフォード大学のイラン学教授アッバス・ミラニは、新たに公開された文書によって、CIAの関与以上に興味深い事実が明らかにされた、と述べている。聖職者のアボル=ガセム・カシャニ師の政治における指導的役割の詳細が明らかにされた。カシャニは1950年代に聖職者であり、指導的な政治家として活動した。

 

イスラム共和国では、聖職者は常に善玉である。カシャニはこの時期におけるナショナリズムの英雄であった。今年1月、イランの最高指導者は石油の国有化におけるカシャニの役割を賞賛した。

 

カシャニが最終的にモサデクと分裂したことは広く知られている。イラン国内の宗教指導者たちは共産主義のドゥデー党の台頭に恐怖感を持っていた。そして、モサデクは社会主義勢力の脅威から国を守るには弱すぎると確信していた。

 

新たに公開された文書によると、カシャニはモサデクに反対していただけではなく、クーデターまでの時期、アメリカ側と緊密に連絡を取り合っていたことが明らかになった。カシャニはアメリカからの財政的な援助を求めていた。しかし、彼が実際に資金を得ていたことを示す記録は残っていない。カシャニの要求はこれまで知られてこなかった。

 

ミラニは次のように語っている。「クーデターの成功を左右する日となった8月19日、カシャニの存在は重要であった。カシャニの武装勢力は完全武装してモサデク打倒のために出動した」。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23


 古村治彦です。

 

 今回は、2016年7月に発生したトルコのクーデター未遂事件についての記事をご紹介します。このクーデター未遂事件では、レセプ・エルドアン大統領は辛くも脱出し、クーデターは失敗に終わりました。エルドアンにクーデターの危険を知らせたのは、ロシアのウラジミール・プーティン大統領だと言われています。

 

 クーデター未遂事件以降、トルコのマスコミでは、アメリカがクーデターをやらせたという主張がなされ、クーデター未遂事件が起きた時に開催されていた学術会議を開催していた、アメリカのシンクタンクであるウッドロウ・ウィルソン・センターや出席者たちが、CIAのエージェントであったという論陣が張られています。

 

 クーデターに関して、トルコ政府は、アメリカに事実上亡命している、フェトフェラー・ギュレンというイスラム聖職者が首謀者だと非難しています。ギュレンは、1960年代から市民運動とも宗教運動ともつかない活動を始め、「ギュレン運動」という社会運動はトルコ国内でどんどん拡大していきました。ギュレン運動はエルドアンと良好な関係にあり、エルドアン政権成立には大きな役割を果たしたそうですが、2013年以降、関係は悪化しているそうです。

 

 トルコ国内で「クーデターを仕掛けたのはアメリカだ」という論調が出てくるのは仕方がない事です。これまでにも、アメリカで教育を受けた軍幹部がクーデターを起こして、アメリカの都合の悪い政権を転覆したというケースはいくつもあります。また、今回は、反エルドアンの大物がアメリカに亡命中であるということもあって、このような主張が出てきています。

 

 拙著『アメリカ政治の秘密』(PHP研究所、2012年)でも書きましたが、学術団体や市民団体への支援という形でアメリカは影響力を行使していることは事実です。こうしたアメリカの戦略の尖兵として学者や市民運動活動家が活動していることも事実です。

 

 今回のトルコでのクーデター未遂事件の場合は、まだ決定的な証拠は出ていませんが、状況証拠から、アメリカの関与の可能性は高いと思われます。

 

(記事貼りつけはじめ)

 

黒幕か、エルドアン氏と確執=関与否定のギュレン運動-トルコクーデター

 

20160716 17:26 発信地:イスラエル

AFP通信・時事通信

http://www.afpbb.com/articles/-/3094244

 

716 時事通信社】トルコのエルドアン大統領が今回のクーデターを主導した黒幕と主張しているのがイスラム団体「ギュレン運動」だ。近年、エルドアン氏との確執があることで知られる。これまでも「政府転覆を図った」と疑いをかけられては、ギュレン運動支持者への締め付け、弾圧が続けられてきたが、政権は今後一層その動きを加速させるとみられる。

 

 アナトリア通信によると、トルコ当局は、クーデターの企てに関わったとしてギュレン運動支持者を次々拘束している。これに対し、ギュレン運動側は関与を否定。「トルコの内政へのいかなる軍事介入も非難する」と、むしろ反クーデターの立場を表明さえしている。

 

 米国で事実上の亡命生活を送るイスラム指導者、ギュレン師が率いるギュレン運動は、かつてエルドアン政権の支持母体だった。ところが、2013年末に同政権をめぐる大規模汚職疑惑が浮上すると、エルドアン氏は「ギュレン師が仕組んだ」と批判、両者の対立は決定的になった。(c)時事通信社

 

=====

 

トルコの米軍基地が閉鎖、空爆も中止 対ISIS作戦の拠点

 

2016.07.17 Sun posted at 12:19 JST

CNN

http://www.cnn.co.jp/world/35086007.html

 

(CNN) トルコで軍の一部がクーデターを企て首都アンカラや最大都市イスタンブールで軍同士の衝突が起きた件で、トルコ当局は、米軍がシリアやイラクでの対ISIS作戦の拠点とし、米兵約1500人を駐留させている南部のインジルリク空軍基地を閉鎖した。これを受け、米軍は空爆作戦を停止している。基地への電力供給が止められたとの情報もあるが、米軍施設は自家発電で対応しているという。

 

また、ギリシャ政府の報道官によると、クーデター勢力とみられる兵士8人がヘリコプターで同国へ逃れ、政治亡命を求めている。

 

トルコ外務省は兵士らの身柄引き渡しを求めているが、ギリシャ外相は16日、国内の規定と国際法に基づいて亡命申請を精査すると表明し、すぐには引き渡しに応じない姿勢を示した。

 

トルコで15日夜(日本時間16日未明)、軍の一部がクーデターを企てた件では、180人以上の死者が出ている。大統領府の情報筋によれば、軍の将官少なくとも2839人が拘束された。

 

エルドアン大統領は、クーデター勢力が米在住のギュレン師が率いる「ギュレン運動」とつながっていたとして、米国に対し、同師を拘束するか、またはトルコ側へ引き渡すよう強く求めている。

 

(記事貼りつけ終わり)

 

 

=====

 

エルドアンの支持者たちは、ワシントンの有名なシンクタンクがクーデターを計画したと非難している(Erdogan Allies Accuse Leading Washington Think Tank of Orchestrating Coup

 

ジョン・ハドソン筆

2016年8月8日

『フォーリン・ポリシー』誌

http://foreignpolicy.com/2016/08/08/erdogan-allies-accuse-leading-washington-think-tank-of-orchestrating-coup/

 

トルコ政府は、先月のクーデター未遂事件の後、数千名の兵士、警官、学者、ジャーナリストを逮捕したり、拘束したりしている。トルコのレセプ・エルドアン大統領の支持者の中には、新たな攻撃目標を設定している人たちがいる。その目標とは、ワシントンにある有名なシンクタンクだ。

 

ウッドロウ・ウィルソン・センターは1968年に創設された超党派のシンクタンクだ。ウィルソン・センターは、先月のクーデター未遂事件で、証明されてはいないが重要な役割を果たしたという激しい批判に晒されている。クーデター未遂事件では200名以上が死亡し、1000名以上が負傷した。エルドアンは権力を回復し、それ以降の数週間、トルコ社会全体のあらゆる機構や機関で追放を行っている。

 

 ウィルソン・センターに対する非難は、エルドアンとつながりがあるトルコの新聞各紙に掲載されている。このため、シンクタンクにとっては異例なことだが、研究者や学者たちに対する「報復」が行わる可能性について懸念を表明する声明を発表した。学者たちは、7月にウィルソン・センターが主催した会議に出席するためにトルコにいた。7月15日から17日まで学術会議が開催されていたのだが、これがクーデター未遂事件と重なったために、シンクタンクに対する権力者共同謀議説(陰謀論)が唱えられることになった。

 

先週金曜日に発表された無署名の声明の中で、ウィルソン・センターは次のように書いている。「イスタンブールのブユカダ島で開催された会議は、クーデター未遂事件の中心現場から遠く離れた場所で開催されており、事件とは何のつながりもない。会議では、経験豊かな外交政策専門家たちがイランについて、またイランと近隣諸国との関係について、公開の場で意見を交換した」。

 

しかし、ウィルソン・センターが声明を発表した後も、トルコ国内でウィルソン・センターの中東プログラムの責任者ヘンリー・バーケイとクーデター未遂事件との関係についての批判が弱まることはなかった。トルコの政府系の新聞アスカムは先週の土曜日、一面に7月の会議に出席したバーケイとその他の学者たちの写真を掲載した。そして、「彼らはCIAのエージェントであり、クーデターの計画と実行の手助けを行った」と非難した。

 

外交評議会のトルコ専門家であるスティーヴン・クックは本誌の取材に対して次のように語った。「ヘンリー・バーケイは親エルドアン派のマスコミに執念深く追い掛け回されている。トルコ政府関係者は権力者共同謀議説(陰謀論)を覆すために努力しなければならない。しかし、彼らは何もやらないだろう。トルコ政府がこうした主張を行い、それを覆すことはない。そんなことをしても彼らには何の得もないからだ」。

 

本誌はワシントンにあるトルコの駐米大使館にコメントを求めたが、返事はなかった。ウィルソン・センターにもコメントを求めたが返答はなかった。バーケイはコメントを拒否した。

 

学術会議の出席者たちは、トルコのマスコミと当局によるしつこい調査を受けていると言われている。ウィルソン・センターと一緒に会議を主催したグローバル・ポリティカル・トレンズ・センターの部長メンスール・アクガンは最近、トルコ当局によって取り調べを受けた。会議に出席した女性の学者アクガンは教授としての地位は保全されていると会議の出席者の一人は述べている。

 

トルコのマスコミでは、今回のクーデター未遂に関して、スコット・ピーターソンの写真を掲載した。ピーターソンは学術会議に招待され出席したジャーナリストで、クリスチャン・サイエンス・モニター紙に所属している。しかし、トルコのマスコミでは、ピーターソン本人の写真を掲載する代わりに、同姓同名の別人の写真を掲載してしまった。こちらのピーターソンは、2002年に妊娠中の妻レーシー・ピーターソン殺害犯人であって、彼は懲役20年の判決を受け、現在はカリフォルニア州の刑務所に服役している。

 

アトランティック・センターに所属するトルコ学者のアーロン・スタインは「今回の事件における唯一の喜劇的な要素は、スコット・ピーターソンを取り違えた部分で、彼らは、クリスチャン・サイエンス・モニター紙の記者であるスコット・ピーターソンとレーシー・ピーターソン殺害犯を取り違えたのだ」と述べた。

 

トルコ政府は公式には、クーデター未遂事件の首謀者としてフェトフェラー・ギュレンの名前を挙げて非難している。ギュレンはイスラム今日の聖職者で、現在はトルコから離れて事実上の亡命生活を送っており、現在はフィラデルフィア郊外に居住している。しかし、2016年7月15日に発生したクーデター未遂事件以降、トルコのマスコミでは、多くのアメリカ人が権力者共同謀議説(陰謀論)の対象になっている。政府系のイェニ・サファク紙は、CIAと元NATO司令官のジョン・キャンベル大将がエルドアンを追い落とそうとしたのだと非難の論陣を張っている。

 

金曜日に発表した声明の中で、ウィルソン・センターは、シンクタンクに所属する学者たちに対する非難が続くならば、トルコの国際的な評価が傷つけられることになると書いている。

 

声明は続けて次のように述べている。「トルコは学術会議にとって長年にわたって魅力的な場所であり続けてきた。トルコの学術社会と市民社会の質や規模が適していること、自然の美しさと便利な場所が理由である。今回のことで、トルコの国際的な評判に傷がつくこともある。また、世界規模の民主的な市民社会への貢献をトルコの素晴らしい学者たちが価値のある意見交換に参加することで行うことで、トルコ国内で排除されることになりかねないのは憂慮すべきことだ」。

 

(終わり)










このページのトップヘ