古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:コスミック出版

 古村治彦です。

 

 副島隆彦先生の『思想劇画 属国日本史 幕末編』が復刊されます。

 

shisougekigazokkokunihonshi001
 
思想劇画 属国日本史 幕末編


shisougekigazokkokunihonshibakumatsuhencontent002

本書は早月堂書店から2004年に刊行された『思想劇画 属国日本史 幕末編』の復刊です。今回の復刊にあたり、加筆訂正と、新たに「QA」という形の解説が加えられています。是非手に取ってお読みください。よろしくお願いいたします。

 

(貼り付けはじめ)

 

思想劇画 属国日本史 幕末編 目次

 

プロローグ

 

第1章 文久2年の巨大な謎

 

1 おかしいじゃないか! 攘夷志士の海外渡航

2 怪しすぎるッ! 長崎グラバー商会

3 寺田屋事件で明らかになった「ケダモノ」薩摩

4 血みどろの「天誅」

5 なんかヘンだぞ、生麦事件

 

第2章 外国は、日本を支配しにやってきた!

 

1 不愉快きわまりない脅し外交

2 ペリー以来変わらぬアメリカの日本観

3 ヨーロッパの日本支配計画

4 アーネスト・サトウという日本管理用の戦略外交官

5 日本を操ったイギリスの戦略外交官

 

第3章 坂本龍馬と秘密のインナー・サークル

 

1 ジョン万次郎という男

2 イギリスの工作員としての「龍馬がいく」

3 薩長同盟を成立させたのは龍馬ではなく背後にいたイギリスだ!

4 大村益次郎と後藤象二郎

5 最後に切り捨てられた龍馬

 

第4章 幕末ゲバゲバ・尊皇攘夷事件クロニクル!

 

1 幕末尊皇攘夷思想の誕生

SEA OF BLOOD 幕末血みどろ事件簿

3 腐り果てる尊皇攘夷

4 幕末最強部隊・水戸天狗党

5 尊皇攘夷の悲劇

 

第5章 幕末に英雄はいない!

 

1 宿命のライバル 勝海舟と小栗忠順

2 吉田松陰の行動力こそ評価すべきだ

3 鍬を刀に持ちかえた新撰組

4 二人の男の死 小栗と勝の最期

5 伊藤らのイギリス再訪

 

付録 Q&A

 

幕末略年表

 

人物プロフィール

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は、2019年1月15日に発売になります『あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法』(副島隆彦著、知恵の実文庫[コスミック出版]、2019年1月)を皆様にご紹介いたします。

 

 以下に前書き、目次、後書きを貼り付けます。参考にしていただき、是非手に取ってお読みくださいませ。よろしくお願いいたします。

 

anatagakanemochisalarymanninaruhouhou001
 
あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法 (知恵の実文庫)

 

(貼り付けはじめ)

 

はじめに──あなたがめざすべき「金持ちサラリーマン」とは?

 

 本書を読むことで、あなたは「お金と人生」を直結させて考えるようになるだろう。

 

 お金と人生を、それぞれ別のものと分けて考えていると、お金が自分から遠のいていく。お金を儲けることと、自分の人生そのものを遠回りさせずにまっすぐに結び合わせて考えるようにすれば、あなたも金持ちになれるのだ。こんな厳しい時代にはもう、あれこれの一切の気取りは捨てるべきだ。お金とはいいものなのだ。金儲けを罪悪視してはならない。

 

 本書を読んでいただければわかるが、私は日本のサラリーマンがもっと金銭的に裕福になれる道を考えぬいた。「金持ちサラリーマン」とは、決して大[おお]金持ちになることはめざさないが、しかしお金に困らないほどの豊かな暮らしができ、十分な収入を得て、充実したサラリーマン生活を送れる人間のことだ。

 

 日本人に一番欠けているものは何か。それは「金銭思想」だと私は考える。

 

 10年前に、「リーマン・ショック」(2008年9月)があった。その前に「金融の自由化」が喧伝[けんでん]された。ところが、実際に起こったのは「金融の統制[とうせい]」であった。1998年には大[だい]銀行に軒並み公的資金が約1兆円ずつ投入されて、一時、国有銀行になってしまったことがある。このことに「おかしい」と声を発した専門家が果たして何人いたか。金融統制策は、アメリカの圧力だった。このことをテレビも新聞も一切書かなかった。

 

 私には丸見えに見えていた。それは私の専門がアメリカ政治思想研究であり、また日米の政財官界に独自の情報源を持っているからだ。私は市場優先主義、経済法則優先主義に立ち、

 

「穏[おだ]やかな金銭思想」にもとづいた生き方をしてきたからである。

 

 新聞やテレビには今日も金融・経済のさまざまな数字が並ぶ。しかし、あれらの統計数字を客観的に判断し、分析し、自分の資産形成に生かすことのできる人は少ない。日本の経済を担っているサラリーマン層が、金融アナリスト、経済学者の語るまったくあてにならない知識や情報を鵜呑みにして騙されてきた。私たちは日本経済を立て直す眼を養うどころか、自分のわずかばかりの財産さえも失おうとしている。すべては日本人の「金銭思想」の忘却と欠如に原因がある。

 

 私がいう「金銭思想」とは、冷酷に金額で明示し、数字でものごとを考えることである。そこにはあいまいな表現は含まれない。夢や願望にすり変えない。すべてをお金についての数字で冷静に判断する人生態度が、「金銭(重視の)思想」である。あなたが金持ちになりたい、自分の人生を自分のために生き、やりたいことをやって生きたいと望むなら、まず「市場主義」と「金銭思想」を自分の頭にたたき込むことだ。それなしに、金持ちサラリーマンへの道はない。

 

 くり返すが、この本を読むことで、お金と人生を直結させて考えることがわかるだろう。

 

 今、日本のサラリーマンは、朝から晩まで滅私奉公[めっしほうこう]で会社と組織に縛られている。しかも、十分な報酬を得ているとはいいがたい。サラリーマンがどんなに頑張っても「金持ち」にはなれない。それどころか、ますます貧しくなる。しかし、あなたには自分の知恵と才覚で利益を上げ、その中から自分に見合った十分な報酬を受けとる権利がある。

 

 そのためには、世の中にあふれる情報を選別[せんべつ]し、的確にその正体を見破る。真実は何か判断できる目を養う。自分で考える力を身につける。政府やマスコミ(メディア)のいうことに騙されない。自分の豊かな暮らしに向かって行動する力を身につけることだ。

 

 十分な収入を得る手段は必ずある。それなりの十分な収入があれば、あなたは自分の思い通りの人生を切り拓[ひら]いていける。

                                副島隆彦

 

=====

 

あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法 目次

 

はじめに──あなたがめざすべき「金持ちサラリーマン」とは? 3

 

序章 今、この本を私が書く理由

   ──「金持ちサラリーマン」になりなさい!

 

「金持ちサラリーマン」になるための一つのルール 18

あなたは「自分の値段」を知っているだろうか? 20

たとえばプロ野球で「格付け」を考えてみると? 24

「人間は決して平等ではない」という事実 27

あなたがめざすべき場所はたった一つ! 30

本当に能力のあるサラリーマンとは? 33

 

第1章 金持ちサラリーマンへの3つのステップ

 

STEP1 遅くとも6時には会社をあとにする

会社を〝あなたのお金を生み出す場所〟に変える方法 38

夜6時以降の仕事はあなたの評価を下げる 40

こんな上司を探せ!──あなたの居場所はそこにある 42

「和をもって貴しとする」は、できない人のいい訳だ! 44

「必要悪」──なぜ会社はこんな人材を欲しがるのか? 48

 

STEP2 「自分の値段」を知る

友人の新品のヴィトンのバッグをあなたはいくらで買う? 52

他人の評価は「自分が思っている10分の1」 56

売れなければタダと同じ──「処分価格」が「本当の値段」である 59

 

第2章 お金が増えていく人、減っていく人の習慣

 

「その価値は?」と問われて、数字で答える人、言葉で答える人 88

金持ちサラリーマンが大切にすべき「価値」とは何なのか? 90

2つの good ──ここあいまいにして金持ちにはなれない! 93

「いい人」といわれて内心ほくそ笑む貧乏サラリーマン 98

10億円の資産を譲り受けた2人の息子の話 100

こんな馬鹿げた「ギブ・アンド・テイク」に乗ってはならない 105

 

Column 金持ちをめざす人生のバランスシートを作ってみる 110

 

第3章 ポジティブ・シンキングだけでは、人生笑って暮らせない!

 

第一の鉄則──「騙されない人」になれ! 118

つねに「自分の意見とは逆のこと」を考えるくらいでちょうどいい 121

人生の大きな知恵──そんなに簡単に決断してはならない! 123

第二の鉄則──「負ける戦い」はしてはならない! 127

嫌な役員をこそ尊敬する──そんな側面も必要である 132

「この世に平等などありえない」という事実を受け入れろ 135

金持ちがますます金持ちになっていく世の中の仕組み 139

これまでも、これからも絶対平等主義などありえない 141

しかし、「金持ち」になる権利だけは平等である 143

 

Column 「浮き世」の人生を歩んでいくためのキーワード 146

 

第4章 金持ちサラリーマンのお金哲学

    ──なぜ日本人はお金を使うのが下手なのか?

 

あなたの今の生活水準はどのあたり? 150

小銭稼ぎをやるのではなく、もっと大きく考える習慣を! 153

金持ちほど、つねに「最悪の事態」を考えて行動する 156

貧乏サラリーマンに共通する「金銭思想」の欠如 159

貧乏サラリーマンvs新聞・マスコミ──信じるべきこと、疑うべきこと 164

 

Column 奥さんには給料を直接現金で手渡せ 169

Column 金持ちサラリーマンの〝ポジティブ・シンキング〟とは? 173

 

第5章 人生最大の目的は、金持ちサラリーマンになることである!

    「金持ちサラリーマン」になる法則って、ある? 178

 

尊敬すべき理科系エンジニア、反省すべき文科系人間 181

金持ちサラリーマンになるための必要条件 186

教訓! 父親と同じことをやっていたら成功は見えてこない! 189

しずく垂れ理論──利益をもっとも多く得る人、やっとのことでわずかな利益にありつく人 196

組織の中でトップに近づくための掟──『ゴッドファーザー』の組織論 199

金持ちサラリーマンの生き方──組織で出世する人間に共通する特徴 202

人物評価に「△」はない! ──他人に甘い人間は自分にも甘くなる 206

あなた自身の「米びつ」を探し出し、掌握する方法 209

リスクをとれる人間だけがお金を稼げる 215

勝ち組のものの見方、考え方「コンヴァージョン・セオリー(収斂理論)」 217

サラリーマンにおける収益還元法とは? 222

 

Column マーフィーの法則について 229

Column 人生とは、おいしい食事をして、いい女(男)と寝るためにある 233

 

おわりに 236

 

=====

 

あとがき

 

 私は、自分の読者層をもっと広げたいと強く思っていた。これまで私は、難しい政治評論集や、アメリカ政治思想研究、金融・経済もの、英語学習ものなどの、やや専門的な本ばかりを書いてきた。

 

 だから、もっとじかに自分のサラリーマン生活のあり方や方向性で悩んでいる人たちに、何かアドバイスできるような人生論が書ければいいと思っていた。そこで私は「金持ちサラリーマンになるには」という書名[タイトル]を考えついた。

 

 この、聞いたことがあるようで聞いたことのない、定義のはっきりしないこの「金持ちサラリーマン」という書名で、内容を組み立てるのに、私はかなり思い悩んだ。

 

「金持ちサラリーマンという人々がいるとしたら、それはどういう人のことか」

「金持ちサラリーマンと貧乏サラリーマンはどこが違うのか」

「それなら、どうすれば金持ちサラリーマンになれるのか」

「そもそも、大金持ちと金持ちサラリーマンはどこが違うのか」

 

 私は書き進めていくうちに、ひとつの確信を持つに至った。

 

《そうか、金持ちサラリーマンというのは、決して金持ちではない。しかし、自分の時間や肉体や頭脳を、会社の中である程度自由に使うことが許され、楽しく仕事ができ、それが会社に利益を生み、そのことで十分な収入を保証される人間のことだ》

 

 私自身は、30歳のときにサラリーマン生活に見切りをつけて、言論人、評論家への道を選んだ人間である。現在はサラリーマンではない私が、サラリーマンに対して偉そうに人生論を諭[さと]す資格があるのか。

 

 だが、今の私の生活を振り返ってみると、私は自分の頭脳と文章力を駆使して文章を書き、自分の研究の成果として本を出版している。それが読者に支持され、本の売り上げでそれなりの収入になっている。こう考えると、私自身がこの金持ちサラリーマンの定義に限りなく近い生き方をしていることに気づいた。

 

 私は、人生の一番苦しかった人生の20代に、金融の世界(銀行員)で、冷酷な数字の処理と分析力がものをいう現場で、いろいろ壁にぶち当たった経験から、多くのことを学んだ。だから、今は金融・経済ものとビジネス書も書いている。この本は、金持ちサラリーマンをめざす人々にとっての大きな指針となるはずである。

 

  2018年12月                      副島隆彦

 

(貼り付け終わり)

 

anatagakanemochisalarymanninaruhouhou001
 
あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法 (知恵の実文庫)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は『真実の西郷隆盛』(副島隆彦著、コスミック出版[電波社]、2018年5月19日)をご紹介いたします。


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛

 

 本書は副島隆彦先生の西郷隆盛研究の本です。今年2018年は明治維新150周年で、NHK大河ドラマは西郷隆盛を主人公とする「西郷(せご)どん」です。視聴率はあまりよくないようですが(私はテレビを所有していないので視聴していません)、話を聞いていると、結構ディテールにこだわった作りになっているようです。

 

 本書では、これまで光を当てられてこなかった西郷隆盛の持つ意外な一面に光が当てられています。それは「西郷隆盛はキリシタンであった」「西郷隆盛は情報将校であった」ということです。詳しくは是非本を手に取ってお読みいただきたいと思います。

 

 以下にまえがき、目次、あとがきを掲載します。

 

 よろしくお願い申し上げます。

 

(貼り付けはじめ)

 

はじめに

 

西郷隆盛[さいごうたかもり] (1828〜1877)は 50 歳で死んだ。

 

西郷の年齢の表記は諸本によってバラバラになっている。 49 歳という場合もあるし、 51 歳と表示している本もある。この本では年齢は数え年で表記する。また出来事のくわしい日時は旧暦で表示した。西郷の死んだ時の年齢は、満年齢で 49 歳、数え年で 50 歳だ。

 

このように表記がバラバラなのは、西郷が生まれた旧暦の文政 10 12 月7日は、西暦では1828年1月 23 日だからだ。文政 10 年は西暦では1827年であり、1カ月くらいずれる。このずれの狭 はざ 間 ま に西郷隆盛が生まれた。従って、西郷が1877年9月 24 日に鹿児島の城山で死ぬまでの日数を計算したら、満年齢で 49 歳、数え年で 50 歳である。細かいことだが年齢を正確に把握することは重要なことだ。

 

西郷とこの時代の代表的な人物たちとの年齢との兼ね合いを見ると、盟友の大久保利通[おおくぼとしみち] (1830〜1878)より2歳年上である。長州の木戸孝允[きどたかよし](桂小五郎 1833〜1877)より5歳年上。高杉晋作(1839〜1867)より 11 歳上。土佐の坂本龍馬[さかもとりょうま](1836〜1867)より8歳年上。後藤象二郎[ごとうしょうじろう](1838〜1897)より 10 歳年上である。従って、西郷隆盛は年齢で明治維新を成し遂げた維新の元勲たちの中では先輩格ということになる。

 

一方、西郷が仕えた第 11 代薩摩藩主・島津斉彬[しまづなりあきら](1809〜1858)は 19 歳も年上だ。西郷が嫌った斉彬の弟島津久光[しまづひさみる](1817〜1877)も 11 歳年上だ。

 

西郷隆盛の人生は、島津斉彬が嘉永4(1851)年に藩主となって、すぐに登用されるまでの前半生( 27 歳まで)と、それ以降の後半生に分けられる。私たちが普通知っているのは、後半生の時代だ。西郷は安政元(1854)年に斉彬の参勤交代の供 とも 揃 ぞろ えに抜擢され初めて薩摩から江戸に出た。ここから西郷の政治活動が始まった。NHKの大河ドラマ『西郷(せご)どん』で描かれているとおりである。

 

西郷は後半生で2度、島流しにあった。1度目は「安政の大獄」から逃れるために、藩が彼を奄美大島に潜伏させた時だ。奄美大島での生活は安政6(1859)年1月から文久2(1862)年1月までの3年間(、、、)に及んだ。2回目は、斉彬没後に薩摩藩の最高実力者となった斉彬の弟島津久光の逆鱗に触れ、徳之島、続けて沖永良部島に遠島処分なった時だ。この時の遠島処分は文久2(1862)年6月から元治元(1864)年2月の約2年間(、、、)続いた。

 

西郷はこのように後半生 25 年間のうち5年もの間、政治の表舞台から追放された。2度目の遠島(えんとう)処分は、西郷をそのまま殺しても構わないという過酷な処分であった。しかし西郷は生きて戻った。失脚と粛清を生き延びた。沖永良部島から帰還した時、西郷は 37 歳になっていた。そして、慶應3(1867)年から慶応4/明治元(1868)年にかけて、王政復古と明治新政府樹立、江戸幕府打倒を成し遂げた。これらは現在、書店に並んでいる西郷隆盛本に出てくる。

 

西郷はキリシタン(キリスト教徒)であった。そして同時に情報将校(インテリジェンス・オフィサー)として鍛え上げられた人物であった。私はこの事実を証拠付きでこの本で明らかにする。このことは一般的な歴史書では書かれていない。歴史学者たちは口をつぐんで言わない。しかし、西郷の地元鹿児島では人々の間で密かに伝えられてきた。最近、公然と語られるようになった。

 

鹿児島は、その約300年前の1543年に、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル ( Francisco de Xavier   1506〜1552)が上陸した土地だ。最近、藩主島津氏の居城で あった鶴丸城(鹿児島城)の本丸跡から、「花 はなじゅうじもん 十字紋」の入った瓦が発見された(『南日本新聞』2018年2月 17 日付)。2009年に二の丸跡からも同様の十字がついた瓦が出土した。花十字紋は、キリスト教の十字架を表現しているもので、キリシタンの墓に使われたり、花十字紋瓦は教会跡から出土したりしている。島津氏もキリスト教の影響を強く受けていたのである。

 

西郷は、「中国化したキリスト教」である陽明学を学び、「敬天愛人(けいてんあいじん)」という思想に行き着いた。西郷は陽明学者佐藤一斎[さとういっさい](1772〜1859)の『言志四録(げんししろく)』を死ぬまで手元から離さなかった。この本を一所懸命に勉強した。そこから生み出された西郷の思想「敬天愛人」に使われている「天(てん )」こそは、キリスト教(天主教)の「神」のことである。西郷は中国で出版された漢訳の聖書を読んでいたという証言が残っている。西郷はどんな人間に対しても礼儀正しく接した、不正を非常に憎んだ、という逸話が残っている。これは西郷隆盛が陽明学、すなわち中国化したキリスト教に忠実だったからだ。

 

西郷隆盛は巨体(日本人の平均身長が150センチ台の時に178センチもあった)で茫洋

とした、細かいことにはこだわらない大人物としてのイメージができ上がっている。しかし、実際にはきめ細かい配慮ができ、数学の計算力のある、頭の回転の速い人物であった。鹿児島は日本本土の最南端に位置し、昔から海外からの情報が真っ先に入ってくる場所であった。薩摩藩は琉球を実効支配し、海外情報を入手しやすい場所にあった。この環境の中で育った西郷は、藩主島津斉彬の下で働いた5年間で、「情報将校」として鍛えられた。2度の島流しの間にも、薩摩藩の情報ネットワークの中におり、それに守られていた。また冷酷な謀略も行える人物であった。

 

西郷隆盛についてはいくつもの大 フォールス 嘘がまかり通っているので、それを「糺(ただす)す」ために私はこの 本を書いた。私は歴史を見る時に、いつも大きな真実とは何か(、、、、、、、、、)を考える。私は西郷隆盛について、これが大きな真実であろうということをこの本で書いた。読者は厳しい真贋(しんがん)判断をしてください。

 

=====

 

『真実の西郷隆盛』

 

目次

  

はじめに

 

第1章 西郷隆盛と陽明学・キリスト教

    

西郷=キリシタン説   

陽明学はキリスト教   

西郷隆盛と陽明学

「敬天愛人」とキリスト教

 西郷はキリスト教の聖書を読んでいた

 キリスト教に寛大だった西郷隆盛

 陽明学の深い学習=キリスト教への信奉

 

第2章 幕末:西郷隆盛をはじめとする情報将校たちの時代

    

情報収集、分析の専門家として育成された西郷

情報将校・西郷の前半5年間:島津斉彬による抜擢・教育

情報将校・西郷の後半5年間:明治維新に向けた動き

アジアとのつながりが深く人、物資、情報が集まってきた薩摩

2度の離島生活で出会った知識人・重野安繹と川口雪篷は情報将校だった

薩摩藩対外情報将校であった寺島宗則と五代友厚    

西郷隆盛とイギリスの情報将校アーネスト・サトウとのかかわり

「情報将校」が活躍した幕末という時代

 

第3章 西郷隆盛の誕生から世に出るまで

    

薩摩藩の青年武士たちのリーダーとして

西郷家の生活

江戸後期の島津家と薩摩藩

青年期の西郷隆盛

島津斉彬と西郷隆盛

西郷隆盛、江戸へ

将軍継嗣における一橋派と南紀派の対立

暗転:斉彬の死、安政の大獄から僧月照との錦江湾入水、そして生還

西郷隆盛、奄美大島へ

 

第4章 遠島処分から政治の表舞台へ、倒幕に向かう

    

島津久光の実像と倒幕、維新への功績

薩摩藩の実力の源泉となった資金力の3本柱

「精忠組」誕生と大久保利通の久光接近

桜田門外の変から公武合体路線へ

久光による率兵上京、西郷隆盛召還と「地ゴロ」発言

西郷、流罪で徳之島、さらに沖永良部島へ

文久の改革から公武合体路線、尊王攘夷

再び召還され、政治の表舞台へ

薩長同盟から王政復古の大号令へ

 

第5章 西郷隆盛と明治維新

 

徳川慶喜容認か、倒幕か

鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争へ

鹿児島への帰還と藩政改革

新政府への出仕と留守政府の筆頭参議

遣韓論争と下野(明治六年の政変)

鹿児島帰還と西南戦争、終焉

  

おわりに

 

=====

 

おわりに

 

今年、2018年は明治維新から150年目の年だ。NHKの大河ドラマは西郷隆盛が主人公の『西郷(せご)どん』で、西郷隆盛に注目が集まっている。大河ドラマ『西郷どん』に便乗して多くの西郷関連本が出ている。しかし、こうした便乗本では西郷の真の姿はわからない。

 

西郷隆盛について大事なことは、西郷隆盛は誰に対しても威張らず、丁寧に接する人物だった、ということだ。これは、西郷隆盛が「中国化したキリスト教」である陽明学を本気になって一生懸命に勉強し、人間を身分別にわけて徹底的に虐(いじ)めるという江戸時代の制度に反感を持っていた、ということを示している。西郷は、このような誰に対しても威張らない人だったということで、人格者として尊敬され、大人物とされた。

 

「西郷はキリシタン(キリスト教徒)だった」という西郷の出身地鹿児島に今でも伝わる話は荒唐無稽なつくり話などではない。真実は庶民の間でヒソヒソと語られ後世に伝えられていく。

 

また、西郷隆盛が「情報将校」であることも今回くわしく書いた。西郷隆盛は薩摩藩主島津

斉彬によって見 みい 出 だ され、斉彬直属の「情報将校」として鍛え上げられ、政治活動を行った。斉彬が死去するまで江戸藩邸の御庭方(御庭番)として斉彬から直接指示を受け、行動していた。各藩の「情報将校たち」とも行き来をし、人脈を形成した。幕末期はまさに江戸幕府や雄藩の情報将校たちが江戸や京都、時には海外を舞台にして活躍した時代であった。

 

西郷はそうした時代を生き抜いた。西郷自身は権謀術数や裏切りなどを最も嫌った人物だ。


しかし、西郷の持つ論理的思考力、的確な判断力、押し出しのよさによって、斉彬に見出され、斉彬直属の情報将校として活躍することができた。

 

生真面目で、誠実な西郷隆盛というイメージは西郷の真実の姿の半分を示しているだけだ。そこに情報将校としての側面を加えることで、西郷隆盛の真実の姿に近づくことができる。逆説的ではあるが、西郷が人格者であったればこそ、情報将校として活躍することができた。人格に歪(ゆが)みがあれば的確な判断は下せない。

 

今回、私の「真実の西郷隆盛論」を書き上げた。これまで無視されてきた西郷の側面を描き出した。西郷隆盛の真の姿に近づけたものと自負している。

 

この本の完成には、私の弟子で鹿児島市出身の古村治彦(ふるむらはるひこ)君の協力があった。電波社の岩谷健一編集長にもお世話になった。記して感謝します。

 

(貼り付け終わり)

※2018年6月17日(日)に副島隆彦の学問道場定例会(講演会)が開催されます。定例会出席のお申し込みは以下のアドレスでお願いいたします↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛

(終わり)

imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001
今の巨大中国は日本が作った


semarikurudaibourakutosensoushigekikeizai001
迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ