古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:サウスカロライナ州

 古村治彦です。

 アメリカ大統領選挙民主党予備選挙の情勢について改めてお伝えする。アメリカのテレビ局CBSの世論調査の結果などから見て、予備選挙は大接戦であるが、バーニー・サンダース連邦上院議員の動向次第でトップがジョー・バイデン前大統領になるか、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員になるかという情勢だ。民主党予備選挙はバイデン、ウォーレン、サンダース、そしてインディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジの4名がトップ集団を形成し、他の候補者たちは大きく置いていかれている。CBSは世論調査の結果などを反映させて、民主党予備選挙を次のように計算している。

CBSpollsdelegatesestimates201911001

 トップはバイデンであるが、僅差でウォーレンが続き、サンダースが3位につけている。サンダースがウォーレンを応援するとなると単純計算ではバイデンを上回り、過半数を獲得する。しかし、事はそう単純ではない。サンダースの支持者たちはウォーレンを民主党主流派寄りだと見ており、もしサンダースが選挙戦から撤退し、ウォーレンを応援するとなっても全員が素直に応援するとはならない。ウォーレンはサンダースの公約のかなりの部分を引き継ぐと約束しなければならないが、そうなると、ウォーレン支持者の一部が脱落することになる。だが、ウォーレンとサンダースが共闘するとなるとバイデンにとっては大きな脅威となる。下に掲載する通り、有権者はサンダースとウォーレンは「リベラル過ぎてトランプを倒せない」と考えている。そうなるとやはりバイデンという流れにもなる。現在、ピート・ブティジェッジが勢いを取り戻しているのは中道派にすべきという流れに乗っているからであろう。しかし、ブティジェッジがここからトップまで駆け上がることは難しい。来年のスーパーチューズデーまで選挙戦で粘りを見せて、その後は撤退して、州知事か連邦上院議員選挙を目指すということになるだろう。ブティジェッジはユーモアがあり気取っていないし、現実的な人物という評価が定まってきており、これからの転進にはプラスだ。

cbspollstooliberaltobeattrump201911001

 早期に予備選挙が実施指される各州にはそれぞれ特徴があり、アイオワ州は全米で最初に予備選挙(党員集会)が実施されるということで、各候補が力を入れる。中西部に位置しており、東部に比べて保守的だ。ニューハンプシャー州は独立の気概が強く、東部のリベラルな気風もあり、判官贔屓という特徴もある。サウスカロライナ州は南部各州の特徴でもあるが、有権者に占めるアフリカ系アメリカ人の割合が高く、民主党主流派の金城湯池だ。ネヴァダ州はアメリカ西部に属し、過激なリベラルな面もあるが、総じて民主党主流派が強い。

cbspollsiniowa201911001
 cbspollsinnewhampshire201911001
cbspollsinsouthcarolina201911001
cbspollsinnevada201911001

 CBSの世論調査の結果では、アイオワ州は大接戦だが中西部出身のブティジエッジが支持を伸ばしている、ニューハンプシャー州ではウォーレンやサンダース(ともに東部が地盤でリベラル左派)が強く、サウスカロライナ州ではバイデンが圧倒的な支持を集めており、特徴の通りの結果が出ている。ネヴァダ州も同様だ。

 選挙情勢はバイデン有利ではあるが、優位ではない。サンダースの動き次第でウォーレン勝利の可能性がぐっと高まる。これから目を離せない展開になりそうだ。

(貼り付けはじめ)

世論調査:バイデンはサウスカロライナ州で20ポイントのリード(Poll: Biden holds 20-point lead in South Carolina

ジョン・バウデン筆

2019年11月18日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/470990-poll-biden-holds-20-point-lead-in-south-carolina

サウスカロライナ州での世論調査の最新結果が発表され、ジョー・バイデン前副大統領は彼と接戦を演じているエリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)とバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)に対して大量リードしている。
democraticprimarysouthcarolinapoll20191118001

月曜日に発表されたキュニピアック大学の世論調査の結果で、バイデンの支持率は33%となり、ウォーレンは20ポイント差をつけられて13%、サンダースは11%となった。

上位3名以外に二桁の支持率を獲得した候補者はおらず、インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジは第4位につけたが支持率は6%だった。

ブティジエッジに肉薄したのは大富豪のトム・ステイヤーで支持率は5%だった。ステイヤーは遅れて出馬したのだが、著名な政治家たち、コーリー・ブッカー連邦上院議員(ニュージャージー州選出、民主党)とカマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)よりも高い支持率を記録した。

サウスカロライナ州の予備選挙ではバイデンは強力な支持を得ている。しかし、アイオワ州、ニューハンプシャー州、カリフォルニア州といった早期で予備選挙が実施される州や代議員数が多い州ではサンダースやウォーレンの後塵を拝している。

今回のキュニピアック大学の世論調査はサウスカロライナ州在住の民主党予備選挙参加予定者768名を対象に2019年11月13日から17日まで実施された。誤差は4.8ポイントだ。

=====

新しい世論調査の結果ではアイオワ州ではトップ4名が接戦を展開(New poll shows four top-tier 2020 candidates in Iowa

レベッカ・クレア筆

2019年11月17日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/470838-new-poll-shows-four-candidates-as-defined-top-tier-in-iowa

アイオワ州の有権者たちはアメリカ大統領選挙予備選挙で分裂している。最新の世論調査の結果では、トップ4名の候補者が誤差の範囲内の差でトップをめぐって大接戦を展開している。

CBSYouGov共同世論調査の最新の結果が日曜日に出て、ジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)は予備選挙(党員集会)が全米で最初の実施されるアイオワ州で支持率22%を獲得し、トップタイとなった。

インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジは僅差で追い21%、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)は18%の支持率を獲得した。それぞれの差は世論調査の誤差4.1ポイント以内になっており、上位4名がアイオワ州でのトップをめぐって大接戦を演じていることを示している。

上位4名以外に二桁の支持率を獲得した候補者はいなかった。カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)とエイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)は5%の支持率でタイだった。

CBSYouGovの共同世論調査での支持委率の推移を見ると、ブティジエッジは15ポイントも支持率を伸ばしたことが分かる。9月の調査の時の彼の支持率は6%だった。

サンダースの支持率は9月に比べて3ポイント上昇となり、ウォーレンの支持率は10ポイとの下落となった。バイデンの支持率は3ポイントの減少となった。

ブティジェッジの台頭は土曜日に発表されたCNNの世論調査の結果からも分かる。ブティジェッジの支持率は25%で、サンダースとバイデンに対して10ポイント、ウォーレンには9ポイントの差をつけて第1位となった。

今回のCBSYouGovの共同世論調査は有権者登録済の民主党支持有権者856名を対象に2019年11月6日から13日にかけて実施された。

(貼り付け終わり)

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジの台頭も頭打ちという状況になってきました。ジョー・バイデン前副大統領の正式立候補表明以降、数字が下降気味になっています。ジョー・バイデンが2位のバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)に大差をつけて独走状態になっています。

 

 ブティジェッジの弱点は知名度の低さと非白人、特にアフリカ系アメリカ人層の支持が壊滅的に低いことです。全国レヴェルの政治で活躍するためには、この部分を改善しなければなりません。そのためにアル・シャープトン師を訪問し、辞を低くして教えを乞うというパフォーマンスを行いましたが、一朝一夕にはうまくいかないでしょう。


petebuttigiegalsharpton005
 

 ブティジェッジはアフリカ系アメリカ人の組織「ブラック・ライヴス・マター」にかけて、「オール・ライヴス・マター」という言葉を使いました。「全ての生命が重要なんだ」という意味ですが、この言葉はドナルド・トランプ大統領が使ったことで、評判が良くありません。それを使ってしまったことで、ブティジェッジのアフリカ系アメリカの間での評判は芳しくないものとなりました。

 

 また、ブティジェッジが市長を務めるサウスベンド市で史上初めて任命されたアフリカ系アメリカ人の警察本部長の解任も問題になっています。この本部長が警察署内に盗聴器を仕掛け、白人などの警察官たちがこの本部長に対する人種差別的な発言を録音しました。この件について、ブティジェッジはこの警察本部長を連邦盗聴法違反で解任しました。そして、録音データの公開を拒否しました。

 

 ブティジェッジの言い分は、警察本部長が法的な手続きを踏まずに録音をしたことは連邦盗聴法に違反する行為であり、その録音データは違法に録音されたもので公開はできないというものです。彼の決定に対しては反対派が裁判を起こし、現在も継続中です。

 

 またアフリカ系アメリカ人共同体には同性愛嫌悪が強く(このことはアル・シャープトン師もブティジェッジとの会見の中で認めています)、そのことがアフリカ系アメリカ人の間でブティジェッジ支持が拡大しない一つの理由となっています。

 

 早期に予備選挙が実施される州の中で、サウスカロライナ州はアメリカ南部に属し、アフリカ系アメリカ人の有権者が過半数を占める州です。予備選挙を戦い続ける上で、初期段階での手痛い敗退は致命傷ともなりかねません。ですから、ブティジェッジとしてはサウスカロライナ州で勝てないにしても無様な結果にならないようにしなければならないということになります。

 

 ブティジェッジには将来もありますが、この致命的な弱点を克服しなければならないでしょう。そのためには、アフリカ系アメリカ人からは絶大な支持を受けているバラク・オバマ前大統領とジョー・バイデン前副大統領の後継者であるというイメージ作りが必要ではないかと思います。今回の選挙ではバイデンと戦っている訳ですが、本気でやり合うのではなく、次を見越しておくということが必要だと思います。

petebuttigiegbarackobama005

 

(貼り付けはじめ)

 

世論調査:サウスカロライナ州のアフリカ系アメリカ人有権者の間でブティジェッジの支持率はゼロ%(Poll: Buttigieg has 0 percent support among South Carolina black voters

 

ザック・バドリック筆

2019年5月13日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/443435-poll-buttigieg-has-zero-percent-support-among-south-carolina-black-voters

 

サウスカロライナ州の最新の世論調査の結果、インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジ(民主党)は予備選挙に参加予定のアフリカ系アメリカ人有権者の支持率がゼロ%だったことが分かった。早期に予備選挙が実施されるサウスカロライナ州において、アフリカ系アメリカ人有権者は民主党にとって重要なグループである。


 presidentialelectioncandidates20190512001


『ワシントン・ポスト』紙と『クーリエ』誌の共同世論調査では、ジョー・バイデン前副大統領はアフリカ系アメリカ人有権者の間で、58%の支持を集め圧倒的なリードを保っている。バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属は)15%、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は12%の支持率であった。前回のジョージア州知事選挙に出馬したステイシー・エイブラムスはアフリカ系アメリカ人有権者の間で2%の支持率を獲得し、ブティジェッジを上回った。エイブラムスは大統領選挙に出馬していない。アフリカ系アメリカ人有権者はサウスカロライナ州全体の民主党支持の有権者の61%を構成する。


presidentialelectioncandidates20190512002

 

ブティジェッジは多くが立候補している民主党予備選挙で急速に支持率を上げている。しかし、最近になって、サウスベンド市警察本部のアフリカ系アメリカ人の本部長解任や「オール・ライヴス・マター」という言葉を使ったことが掘り返されている。活動家たちは、ブティジェッジの使った言葉はアフリカ系アメリカ人たちが直面してきた困難を最小化するものだと批判している。

 

ブティジェッジはサウスカロライナ州の白人有権者の間では一定の支持率を獲得している。白人有権者の間ではブティジェッジの支持率は18%でバイデンの支持率は38%となっている。有権者全体での支持率では、ブティジェッジは8%で第4位となっている。バイデンはサウスカロライナ州で大差をつけてリードしている。バイデンの支持率は46%、サンダースの支持率は15%、ハリスの支持率は10%となっている。バイデンは多くの世論調査でトップの支持率を獲得してきているが、2019年4月25日の正式な出馬表明以降、支持率を上昇させている。ワシントン・ポスト紙によると、世論調査専門家たちは、正式出馬表明を行って以降の支持率の伸び率ではサウスカロライナ州が最も大きいと指摘している、ということだ。

 

ワシントン・ポスト紙とクーリエ誌の取材に対して、サウスカロライナ州オレンジバーグ郡民主党委員長ケネス・グローヴァーは、「バイデンはサウスカロライナ州では常に人気が高く、人々との関係も良好だ。従って、彼が正式に出馬表明をしたことで、人々は喜んでいる」と述べた。

 

今回の世論調査は2019年5月6日から9日にかけて民主党予備選挙参加予定の595名を対象に実施された。誤差は4ポイントだ。

 

=====

 

世論調査:2020年大統領選挙民主党予備選挙においてサウスカロライナ州でバイデンが31ポイントの差をつけてリード(Poll: Biden leads 2020 Democratic field by 31 points in South Carolina

 

ジャスティン・ワイズ筆

2019年5月12日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign-polls/443290-biden-leads-2020-democratic-field-by-31-points-in-south-carolina

 

『ワシントン・ポスト』紙・『クーリエ』誌・チェンジ研究所の共同世論調査によると、ジョー・バイデン前副大統領は、予備選挙において重要な州において他の候補者たちに対して大きなリードをつけている。

 

日曜日に発表された世論調査の結果では、サウスカロライナ州の民主党支持の有権者の46%がバイデンを支持すると答えた。サウスカロライナ州は全米で3番目に早く予備選挙が実施される。バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァ-モント州選出、無所属)は引き離されており、15%の支持率で会った。

 

サウスカロライナ州の予備選挙への参加予定の有権者の10%はカマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)を支持すると答えた。

 

ワシントン・ポスト紙・クーリエ誌共同世論調査では、2月以降、サウスカロライナ州においてハリスとサンダースの支持率は一定している。一方、バイデンは4月末に正式な出馬表明を行って以降、支持率を急上昇させている。

 

ワシントン・ポスト紙とクーリエ誌の取材に対して、サウスカロライナ州オレンジバーグ郡民主党委員長ケネス・グローヴァーは、「バイデンはサウスカロライナ州では常に人気が高く、人々との関係も良好だ。従って、彼が正式に出馬表明をしたことで、人々は喜んでいる」と述べた。

 

インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジとエリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)はそれぞれ8%の支持率を得た。コーリー・ブッカー連邦上院議員(ニュージャージー州選出、民主党)の支持率は4%、ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)の支持率は2%だった。

 

ワシントン・ポスト紙は、オロークへの支持率が先月に比べて7ポイント下落していると報じた。

 

各種世論調査は、2020年米大統領選挙民主党予備選挙に出馬している候補者たちの中で、バイデンとサンダースが支持を集めている。そして、最近の各種世論調査の結果では、バイデンがサンダースを大差でリードしている。

 

先週発表されたモーニング・コンサルト社の世論調査の結果では、バイデンは全国規模で21ポイントの差をつけてサンダースをリードしている。

 

ワシントン・ポスト紙・クーリエ誌・チェンジ研究所の共同世論調査は2019年5月6日から9日にかけて、サウスカロライナ州在住の民主党予備選挙参加予定の有権者595名を対象に実施された。誤差は4ポイントだ。

 

=====

 

世論調査:地元州でブティジェッジが3位につける(Poll: Buttigieg in third place in his home state

 

オウェン・ドアティ筆

2019年5月9日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign-polls/442941-poll-buttigieg-in-third-place-in-his-home-state

 

最新の世論調査の結果、インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジ(民主党)は自身の地元州で他の2人の大統領選挙民主党予備選挙候補者を激しく追っていることが明らかになった。


presidentialelectioncandidates20190509001

「ウィ・アスク・アメリカ」がインターネットを通じてインディアナ州の民主党支持の有権者を対象に実施した世論調査の結果によると、ジョー・バイデン前副大統領が支持率33%でトップとなった。バイデンに続くのがバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァ-モント州選出、無所属)で支持率23%、ブティジェッジは支持率20%となった。


presidentialelectioncandidates20190509002

 

その他の候補者たちはかなり離されており、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)の支持率は3%だった。

presidentialelectioncandidates20190509003

 

最近になって国政レヴェルに出現したスター、ブティジェッジの好感度は調査対象の有権者の中では35%で、40%は何の意見もないと答えた。

presidentialelectioncandidates20190509004

 

37歳の同性愛を公表しているブティジェッジは最近の全国レヴェルと各州での各種世論調査で支持率を上げてきている。『タイム』誌の表紙を配偶者のチャステン・ブティジェッジと共に飾った。

 

ウィ・アスク・アメリカのインターネット世論調査は2019年4月29日から5月5日にかけてインディアナ州在住の登録済有権者800名を対象に実施された。誤差は3.5ポイントだ。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ