古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:トゥルシー・ギャバード

 古村治彦です。

 アメリカ大統領選挙民主党予備選挙はジョー・バイデン、エリザベス・ウォーレン、バーニー・サンダース、ピート・ブティジェッジがトップ集団を形成し、カマラ・ハリス、エイミー・クロウブシャー、コーリー・ブッカー、フリアン・カストロがそれに続く展開となっている。そこに食い込んでいるのがIT実業家アンドリュー・ヤンとトゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)だ。2人は国政レヴェルではアウトサイダーだが、有名な上院議員や元閣僚をしのぐ勢いを見せている。
andrewyangtulsigabbard001
友に選挙運動を行うアンドリュー・ヤンとトゥルシー・ギャバード

 11月20日に民主党の討論会が開催される。11月13日までに参加条件をクリアしなければならなかった。参加条件は(1)政治献金者数16万5000人以上、20州以上から最低600名上の献金者を確保する、(2)9月13日から11月13日までの間に実施された世論調査のうち、民主党全国委員会が承認した世論調査の支持率の数字で、(a

)全国規模の世論調査で4回以上3%以上の支持率を記録するか、(b)予備選挙が早期に実施される各州(アイオワ州、ニューハンプシャー州、サウスカロライナ州、ネヴァダ州)の世論調査で2回以上5%以上を記録するというものだった。

 11月の討論会の参加条件をクリアしたのはバイデン、ウォーレン、サンダース、ブティジェッジ、ハリス、クロウブッシャー、ブッカー、大富豪のトム・ステイヤー、そしてヤンとギャバードだ。前閣僚のフリアン・カストロは政治献金者数の条件はクリアしたが、世論調査の数字に関する条件はクリアできなかったので参加できない。

 12月の討論会(12月19日)の参加条件は更に厳しくなり、献金者数は20万人以上、20州以上から800人以上、全国規模の世論調査で4回以上4%以上を記録するか、早期に予備選挙が実施される各州での世論調査で2回以上6%以上を記録しなければならない。期限は12月12日までだが、現在のところバイデン。ウォーレン、サンダース、ブティジェッジ、ハリス、クロウブシャーが条件をクリアしている。こうした人々に続くのがヤンとギャバードで、ブッカーとカストロは2人に置いていかれている。ヤンとギャバードは条件クリアまであと一息といったところだが、ブッカーとカストロは厳しい状況だ。

 ヤンとギャバードという非主流派と反主流派の候補者の人気が上がっているのはやはり民主党主流派に対する不満が人々の間に多くあることが理由だろう。2016年の大統領選挙で民主党全国委員会がヒラリー・クリントンを勝たせるために贔屓をしていたことが明らかになり、民主党に対する信頼は地に落ちた。その時の委員長だったワッサーマン=シュルツは今でもフロリダ州選出の連邦下院議員を続けられているというのは、民主党の腐敗体質を象徴するものだ。

 ヤンとギャバードが党の指名候補になることはないだろうが、これからどれだけ暴れることが出来るか注目だ。

(貼り付けはじめ)

名前が挙がらない非主流の候補者たちが有名な候補者たちを支持率で追い抜く(Outsider candidates outpoll insider candidates

ジョナサン・イーズリー筆

2019年11月12日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/470125-outsider-candidates-out-poll-insider-candidates

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)とIT実業家アンドリュー・ヤンはワシントンのインサイダーである有名政治家たちを支持率で追い抜くということが起きている。これは無名の非主流派、反主流派の候補者たちが国政の場で影響力を持って欲しいという人々の熱望を示すものである。

ニューハンプシャー州で実施された2回の世論調査でギャバードとヤンは、より知名度の高いカマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)、コーリー・ブッカー連邦上院議員(ニュージャージー州選出、民主党)、エイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)といった候補者たちに追いつく、もしくは追い抜いている。

民主党内部ではギャバードとヤンの台頭に気づき始め、2人がニューハンプシャー州でトップ集団を形成している候補者の中の一人を引きずり下ろす可能性があると噂し始めている。ギャバードとヤンの支持率を足すと10%に達している。

各種世論調査によると、ジョー・バイデン前副大統領、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)、インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジがトップ集団を形成し、アイオワ州とニューハンプシャー州で地歩を固めようと奮闘している。

民主党内部ではギャバードもしくはヤンがトップ集団に挑戦するにたるだけの支持率を獲得できるかについて疑念を持っている。それでも2人の候補者たちは人々を驚かせ続ける。

しかし、ニューハンプシャー州の予備選挙は独立心の強い有権者による大番狂わせが起きる可能性がある。ニューハンプシャー州では民主党予備選挙に支持する政党を表明していない有権者と共和党支持の有権者が参加可能だ。

ニューハンプシャー州は特に独立心の強い州として知られている。サンダースは無党派と若い有権者からの支持を固めようと躍起になっているが、こういった人々はヤンにも注目しており、ニューハンプシャー州の有権者の特性はサンダースにとって脅威となる。

ニューハンプシャー州の有権者の特性はまたバイデンの支持を減らす可能性もある。バイデンは民主党内部の中道穏健派と保守派からの支持を必要としているが、こうした人々の中にはギャバードを注目している人たちもいる。

匿名のニューハンプシャー州の民主党系ストラティジストは「ニューハンプシャー州の予備選挙はいつも予測不可能なのだ」と述べている。

CNNとニューハンプシャー大学がニューハンプシャー州で実施した最新の世論調査でヤンの支持率は5%を記録した。クロウブッシャーと同率、ハリスとブッカーを追い抜く結果となった。また、キュニピアック大学のニューハンプシャー州での世論調査でヤンは支持率4%を記録し、クロウブッシャー、ハリス、ブッカーを追い抜いた。

IT実業家であるヤンはニューハンプシャー州とは太いつながりを持っている。ヤンはニューハンプシャー州の名門フィリップ・エクスター・アカデミーを卒業した。また、ニューハンプシャー州民主党の幹部は若い人たちの間でヤンを支持する熱意が広がっていると語っている。

キュニピアック大学の世論調査では、ニューハンプシャー州に住む18歳から34歳までの若い有権者たちの12%から支持を集めている。若い有権者層はサンダース選対にとって重要なグループである。

ヤンに関してはインターネット上で拡散されており、国民全員へのベイシック・インカムをはじめとする政策提案に関心が集まっている。これに人々は驚いている。

ヤンは12月の討論会の資金集めの条件を既にクリアしている。2019年第三四半期だけで1000万ドルを集めた。ヤンは同期の資金集めで6位につけ、5位のハリスの1160万ドルに肉薄した。

12月の討論会に参加するためには4つの世論調査の数字で条件をクリアしなければならないのだが、ヤンは2つの世論調査で条件をクリアしている。

ヤン選対責任者のザック・グラウマンは次のように述べている。「アンドリュー・ヤンは来る12月の討論会に参加することになる。アンドリューの“ヒューマニティー・ファースト・エコノミー”というメッセージがより多くの有権者に届いており、ヤンの支持率は各種世論調査で支持率を上げている」。

ギャバードはニューハンプシャー州の高速道路の近くに多くのサインボードが出ており、それ以外にも各地のビルボードが出ており、専門家たちの関心を集めている。

カリフォルニア州出身の民党全国委員会幹部のボブ・マルホランドは「私は9月上旬にニューハンプシャーを訪れたのだが、私が車を運転する道路全てにギャバ―ドの看板が出ているように感じた」と述べた。

ハワイ州出身のギャバードは民主党主流派に属する人々にとっては唾棄すべき人物となっている。2016年の大統領選挙民主党候補者ヒラリー・クリントンはギャバードを「ロシアのお気に入り」と呼び、第三党の候補者として大統領選挙に出馬して、トランプ大統領を勝たせるという秘密の計画があるのだと非難した。

ギャバードは連邦下院議員選挙での再選を目指さず、また無所属や第三党の候補者として大統領選挙に出馬することもないと明言している。

ヒラリー・クリントンがギャバードを非難したことは裏目に出た。ギャバードに対する関心が高まり、ニューハンプシャー州でキュニピアック大学の最新の世論調査では支持率6%にまで引き上げた。この数字はこれまでの世論調査の中で最も高い数字だ。

ギャバード選対の上級顧問マーク・バーグマンは次のように述べている。「民主党内部でどのような結果を引き起こすとしても彼女は正しいと確信することをこれからもやっていくニューハンプシャー州の有権者の皆さんが彼女のこのような姿勢に反応している。ニューハンプシャー州は独立心が強い場所であって、権力者に対して真実を語る候補者を評価しているのだ」。

キュニピアック大学の世論調査では、有権者登録をしている無党派の有権者たちの10%がギャバードを支持しているという結果が出た。これはサンダースにとって問題となる。2016年の大統領選挙民主党予備選挙でサンダースはニューハンプシャー州で楽勝であったが、立候補者が乱立している今回の予備選挙では苦戦している。

民主党系のストラティジストであるジョン・レイニッシュは次のように語っている。「ヤンとギャバードを支持する人たちはバーニーも支持している人たちだ。もし私がバーニーだったら、ニューハンプシャー州での2人の躍進についてきちんと分析するだろう」。

退役軍人であるギャバードは保守的もしくは中道穏健派だと自認している民主党員の9%の支持を得ている。潜在的にバイデンとブティジェッジの支持率を下げる可能性を持つ。両者は予備選挙で中道派からの支持を争っている。

もちろん民主党員たちは、2020年2月11日のニューハンプシャー州での予備選挙で実際の投票が実施される際に有権者たちがまだヤンとギャバードを支持するかどうか分からないが、2人はニューハンプシャー州のえっかに大きな影響を与えるだろうということを認めている。

2020年2月3日のアイオワ州の党員集会の結果で上位に食い込んだ候補者たちにギャバードとヤンの支持が流れる可能性はある。

それでも非主流の候補者たちはニューハンプシャー州の予備選挙で爪痕を残しているが、これは主流派への異議申し立てのエネルギーが民主党内で渦巻いていることを意味している。このエネルギーは2016年にサンダースのヒラリー・クリントンに対する挑戦と善戦以来はっきりとしている。

先月オハイオ州で開催された候補者討論会で、ヤンは人々の関心を集めた。ヤンは労働現場における自動化の影響に関してウォーレンと一対一でやりやった。他の候補者たちは、ヤンの「自由の配分」提案を革新的な提案だと指摘した。

民主党内では、デトロイトで開催された2回目の討論会においてギャバードがハリスを直接批判したことが、ハリスの支持率の低下を招いた可能性があると考えている。ハリスはそれまで上昇局面を迎えていたが、ギャバードがハリスはカリフォルニア州検事総長の権力を濫用したと批判して以降、選挙戦の勢いが衰えた。

当時、ハリスは、「トップ集団を形成する候補者」として、支持率の数字がゼロか1%しかない候補者からの攻撃に関して懸念を持っていないと述べていた。現在、ギャバードはいくつかの世論調査でハリスに追いつく、もしくは追い抜いている状況だ。

前述のレイニッシュは次のように述べている。「反主流派もしくは非主流派の候補者を求める有権者の欲望は確かに存在する。この点でニューハンプシャー州は特に際立っており、半主流派気質が強い場所だ。サンダースとウォーレンはこの反主流派気質にうまく取り入っているが、ハリス、クロウブッシャー、ブッカーといった候補者たちには厳しいものとなる」。

=====

11月の討論会の参加条件クリアしたのは誰だ(Who qualified for the November Democratic debate

―11月20日の討論会はMSNBCと『ワシントン・ポスト』紙が共同開催し、ジョージア州で開かれる

ケヴィン・シャウル筆

2019年11月14日

『ワシントン・ポスト』紙

https://www.washingtonpost.com/politics/2019/10/14/who-has-qualified-november-democratic-debate/?arc404=true

10月の討論会に12名が参会したことに驚いた人たちも多いと思うが、恐れることはない。木曜日、民主党全国委員会は11月の討論会には10名が参加できると発表した。

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)が最後の条件クリアの候補者となった。締め切りの1週間前に参加条件をクリアした。フリアン・カストロ前住宅・都市開発長官とビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)はこれまで全ての討論会に参加している。しかし、今回の討論会にはカストロは参加条件をクリアできず、オロークは11月1日に選挙戦からの撤退を表明した。

・それぞれの討論会で誰が条件をクリアしたか?

democraticpresidentialdebatesoutcome001

新しいルールでは、候補者は民主党が承認した、9月13日から11月13日までに実施される世論調査のうち、4つの世論調査で支持率3%以上を記録するか、早期に予備選挙が実施される各州(アイオワ州、ニューハンプシャー州、サウスカロライナ州、ネヴァダ州)の世論調査の中で2つの世論調査で支持率5%以上を記録しなければならない。候補者はまた少なくとも16万5000名の献金者、少なくとも20州で各600名以上を獲得しなければならない。

これまでの討論会と同様、候補者たちは献金に関する条件よりも世論調査の数字に関する条件をクリアすることに四苦八苦している。献金に関する条件をクリアした各候補者は支持率の参加条件をクリアできていないでいる。カストロは献金に関する条件をクリアしたが、世論調査に関する条件を全くクリアできていない。
juliancastronovemberdebate001

これまでの数か月、世論調査の結果はほぼ2日に1回発表された。指定の期間に32の世論調査の結果が発表された。

討論会の参加条件を厳しくしても、民主党が想定しているよりも討論会に参加できる候補者の数を絞ることができていないようだ。オロークとティム・ライアン連邦下院議員(オハイオ州選出、民主党)は11月の討論会参加条件対象期間中に選挙戦から撤退した。しかし、元マサチューセッツ州知事ディヴァル・パトリックは2019年11月14日に予備選挙に出馬を表明し、元ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグも出馬を検討している。

・訂正(10月15日);このレポートの前のヴァージョンでは、民主党が承認した14の世論調査のうち3%以上の支持率を記録していなかったと書いていた。この14の世論調査には入っていないが10月10日のフォックスニュースの世論調査では3%の支持率を記録した。

・今回のレポートについて:今回の分析は民主党全国委員会が設定した規則に基づいている。個人献金者数については各選対が発表した数字を使っている。世論調査の数字に関しては『ポリティコ』誌が掲載している数字を使っている。

(貼り付け終わり)

(終わり)
bakabusubinbou001

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は民主党の中で「鬼っ子」「異端児」となっている。歯に衣着せぬ発言と大胆な行動で民主党主流派や正統派を苛立たせている。民主党指導部からの受けも悪い。地元ハワイ州の民主党指導部(日系人が多い)にも平気で喧嘩を売る。ハワイ州軍の少佐であり、イラクに2度派遣された従軍経験を持つ帰還軍人だ。この点に関しては彼女を批判する人々も頭を下げる。

 ギャバードはアメリカが外国に介入することに反対し、政権転覆のための戦争(regime change wars)をするべきではないと主張している。この点ではドナルド・トランプ大統領と考えは共通している。選挙戦直後の2016年11月21日にトランプはギャバード議員と会談を持った、ギャバード議員はトランプに対してシリアに対する関与の度合いを強めることに反対するという話をしたということだ。トランプはこの時にギャバードの政権入りを考えていたが実現しなかった。

 2016年の大統領選挙の時、ギャバードは民主党全国委員会の副委員長を務めていたが、民主党全国委員会の委員長デビー・ワッサーマン=シュルツをはじめ幹部たちがヒラリー・クリントンに有利になるように討論会などを設定することに抗議し副委員長を辞任し、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)支持を表明した。

 こうしたギャバードの行動は民主党主流派、そしてヒラリー・クリントンを激怒させた。そして、最近になってヒラリー・クリントンは報復として、「ギャバードがロシアからの支援を受けている、それはトランプ大統領をさせるためだ」という根拠のない攻撃を行った。これに対して、ギャバードは鮮やかに切り返し、ヒラリーを「民主党を悪くしている腐敗の権化(personification of the rot that has sickened the Democratic Party)」「戦争屋たちの女王(queen of warmongers)」と呼んで、人々の関心を集めることに成功した。

 ギャバードのヒラリー評は本質をズバリとついた素晴らしいものだ。そして、ヒラリーの攻撃を利用して、人々の関心を集めることに成功しているのも大きい。ヒラリーの発言については民主党主流派や主流メディアも対応に苦慮している。そもそもが根拠のない話であってそれをそのまま使う訳にはいかないので、メディアでは同じ内容をヒラリーの支援者が語っている形にして引用してギャバード攻撃を仕掛けているが、うまくいかない。また、「放っておけば自滅する候補者にスポットライトが浴びるようにしやがって、ヒラリーのバカが」という批判も出ているようだ。

 今回の騒動は民主党内部の腐敗や分断がこれからも進んでいくことを象徴している。これで大統領選挙には勝てないということになり、結果としてトランプ再選を望む外国を利することになる。こうした点に思いが至らずに、自分の復讐心だけで現在も余計な動きをしているヒラリーにはそもそも大統領になる資質はなかったということになる。

(貼り付けはじめ)

クリントンのギャバード攻撃は大統領選挙において深刻な火種になる(Clinton attacks on Gabbard become flashpoint in presidential race

ジョナサン・イーズリー筆

2019年10月21日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/466785-clinton-attacks-on-gabbard-become-flashpoint-in-presidential-race

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)の選挙運動が民主党予備選挙において火種となっている。ヒラリー・クリントン元国務長官は、ロシア政府がギャバードに対して2020年の本選挙でトランプを再選させるために第三党で出馬するように勧誘していると発言した。この発言の後、ギャバードが民主党にとっての火種となっている。

ギャバードは第三党の候補者として立候補することはないと明言した後、ヒラリー・クリントンに反撃をし、ヒラリーを「民主党を悪くしている腐敗の権化personification of the rot that has sickened the Democratic Party)」と呼んだ。

トランプ大統領は右派と左派の多くと一緒になってギャバードを擁護している。支持率が低い候補者であるギャバードに対して新しいアピールをする機会を与えることになり、このアピールは苦しい選挙運動を続けているギャバードにとって有効なものとなるだろう。

民主党員の中にはヒラリーの発言に苛立っている人がいる。こういった人々は、ギャバードはロシア政府のお気に入り、財産であることを示す証拠はないと主張している。また、自分たちはギャバードのことが気に入らないのに、2016年の大統領選挙民主党候補者ヒラリーが、そのままにしていれば消えていくはずのギャバードに人々の関心を集めさせていると非難している。

ギャバードは38歳の帰還軍人である。ギャバードはこれまでも民主党指導部を攻撃し、シリア大統領バシャール・アサドと会談を持ったこともあった。こうした行動で、民主党主流派と対立している。アサド大統領率いるシリア政府はロシア軍によって支えられている。

しかし、ギャバードに関心が集まるようにしてしまったことで、ヒラリー・クリントンは民主党内のエスタブリッシュメントと反主流派との間の亀裂を再び深めることになった。前回の大統領選挙民主党予備選挙で反主流派はバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出。無所属)をヒラリー・クリントンに負けない候補者にまで押し上げた。

民主党に政治献金を行っているある人物は次のように述べている。「ヒラリー・クリントンが2020年の大統領選挙に関してギャバードの名前を出すたびに私たちは恐怖感を持ってしまう。民主党員がお互いに戦い、今回の論争が古い傷を再び開けてしまえば、トランプ大統領を利するだけだ」。

ヒラリーの発言内容は民主党全国委員会を苦しい立場に追い込んでいる。民主党全国委員会は外国政府からの介入への懸念と予備選挙での中立性の維持との間でバランスを取ろうとしている。

ギャバードは民主党全国委員会が資金集めと世論調査の支持率の数字に関する参加条件を「不正に操作している(rigging)」と非難している。参加条件を意図的に厳しくすることで、彼女やその他の候補者たちが討論会に参加することを困難にさせていると主張している。

ギャバードは11月の討論会の参加条件をクリアしていない。それでも月曜日、ギャバードは11月の討論会の参加条件となっている4回の支持率に関して最初の1つをクリアしたと発表した。

民主党全国委員会は今回の論争についてのコメントを拒否している。しかし、討論会の参加条件を設定している。そして、多くの候補者が立候補している予備選挙をうまく管理しながら条件の透明性を確保していると主張している。

民主党全国委員会のある幹部は、民主党全国委員会はインターネットのネットワークの補強と民主党の候補者たちに関する偽情報を監視することに多額の資金を投入していると述べた。

しかし、ヒラリーの「ギャバードは意図していないだろうがロシアにとっての財産になっている」という当て擦り発言は、民主党幹部たちが私的な会話の中で話していたことを表に出すものとなった。

2016年の大統領選挙に関して民主党幹部たちが嫌な思いを今でも持っているのは、緑の党の候補者ジル・ステインが重要な各州でヒラリーに向かうはずの投票を奪った可能性が高いというものだ。

民主党の一部には、ギャバードは不穏な考えを持つ泡沫候補で全く見込みのない無謀な選挙戦を展開しているが、こうした彼女の行動は、親トランプ派のコメンテイターのマイク・サーモヴィッチや「クークラックスクラン」の元指導者デイヴィッド・デュークのような右派の物議をかもす人物たちからの支持を集めている、と考えている。

ギャバードはデュークから支援を受けているという指摘を否定している。しかし、彼女はフォックスニュースチャンネルに複数回出演し、タッカー・カールソンのインタヴューを受けており、こうした行動が民主党指導部を苛立たせている。

月曜日、トランプ大統領はギャバードを擁護した。

大統領は「(ヒラリーは)誰でもロシアのエージェントだと非難している。こうした人々は病気なのだ。何か悪いことがこうした人々の中で起こっている」と述べた。

ギャバードの支援者や協力者たちは、彼女の選挙運動が右派に向けてアピールするものではないと述べている。しかし、エスタブリッシュメントに対する攻撃と民主党正統派の考えからの逸脱は、トランプ支持者の一部を含むすべての場所の反主流派の共鳴を呼んでいる。

ギャバードの支援者たちはヒラリー・クリントンが組織化しているギャバードへの攻撃に怒っている。また、『ニューヨーク・タイムズ』紙は、ギャバードは右派からの支援を受けているとかロシア政府は積極的に彼女の選挙戦を支援していると当てこするヒラリー・クリントンの支援者や協力者の発言内容を引用することでギャバードに対する攻撃を支援する形になっている。

今週末に公表したヴィデオ映像の中で、ギャバードは「2016年の大統領選挙で私はバーニー・サンダースを推薦した。多くの人々がそんなことをしたらあなたの政治キャリアは終わることになると言った」と述べた。

「人々は次のように私に言った。“ヒラリーはこのことを決して忘れない。だから、彼女と彼女の富裕で力を持つ友人や協力者たちがあなたを破滅させることは間違いない。彼女の友人たちは政界やメディアに多くいる”と。選挙戦に出馬した初日から数えきれない程の、私に対する汚い言葉に満ちた攻撃が始まった。こうした攻撃をしている人たちは私の評価と私のこれまでの公務に傷をつけ破壊しようとしている。何故なら私がこうした人々の考えや行動に立ちはだかっているからだ」。

カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)の協力者たちはギャバードに対する攻撃に参加している。ハリスの検察官時代の仕事内容についてのギャバードの攻撃を増幅しているインターネット上での疑わしい行動が存在していると協力者たちは主張している。

ギャバード選対がロシアと協力していることを示す証拠は存在しない。また専門家たちは、インターネット上のロシアのボットを使った活動は、アメリカ国内の多くの組織や団体をより分断させることを目的にしていると指摘している。

ギャバードの擁護者たちは、ハリスからの攻撃は討論会での衝突から出たものだと見ているが、ヒラリー・クリントンからの攻撃は2016年にギャバードがサンダースの取り扱いに抗議して民主党の副委員長を辞任したことに対する報復だと主張している。

サンダースを支持している進歩主義派のストラティジストであるジョナサン・タシニは次のように述べている。「ヒラリー・クリントンからの攻撃は、赤狩りのマッカーシー時代の中傷と同じだ。ゴールドマンサックスにいる彼女の親友であり欺瞞のプロたちとシャルドネワインを飲みながら何の証拠もないところから中傷をあっという間に生み出す」。

タシニは続けて次のように述べている。「より皮肉なことは、もしある人物が外国政府から資金を受け取って財産のような存在になっているというならば、ヒラリー・クリントンこそがその人だということだ。ヒラリーの財産はサウジアラビアから数百万ドルを受け取っている。サウジアラビアの独裁者たちは女性を抑圧し、イエメンで一般市民たちに対して虐殺に近い戦争を実行している。こうしたことは彼女を困らせてはいないようだ」。

予備選挙候補者のうち、実業家アンドリュー・ヤン、ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)、インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジはギャバードに対する攻撃には根拠がないとし、彼女を擁護している。

専門家や主流メディアに出ているニュースキャスターはヒラリーの発言内容について、敵意とより深い疑義をもって扱っている。

しかし、ヒラリーの協力者たちはある種の賭けに出ている。こうした人々は、ギャバードに対しての発言はギャバードが第三党の候補者として立候補することや別の候補者が当選した際に閣僚などになることを阻止するための試みなのだと主張している。

民主党系ストラティジストであるアダム・パークホーメンコは次のように述べている。「民主党全国委員会が何をしようがしまいが、トゥルシーと彼女のボットは不正に操作されているとか共同謀議だと叫び続けるのだ。シリアのアサド大統領を擁護する人々と同じ考え方なのだ。私が大変失望しているのはロシアの介入を否定する機会を与えられた候補者たちがそれに惨めに失敗していることだ」。

=====

ギャバードはクリントンに対して「戦争屋たちの女王」と反撃(Gabbard hits back at 'queen of warmongers' Clinton

マーティー・ジョンソン筆

2019年10月18日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/466524-gabbard-hits-back-at-queen-of-warmongers-clinton

アメリカ大統領選挙民主党予備選挙候補者トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は金曜日、2016年大統領選挙民主党指名候補ヒラリー・クリントンが「ギャバードは2020年の大統領選挙でロシアのお気に入り」という示唆をしたことに対して反論し、ヒラリーのことを「民主党を悪くしている腐敗の権化(personification of the rot that has sickened the Democratic Party)」と呼んだ。

ヒラリー・クリントンはポッドキャスト番組「キャンペーンHQ」に出演し、司会のデイヴィッド・プロウフに対して「彼女はロシア人のお気に入りだ。これまでロシア人たちは多くのサイトとSNS上のボットを作り、彼女を支援している」と述べた。プロウフは2008年の大統領選挙でバラク・オバマ陣営の選対責任者を務めた人物だ。

元ファーストレイディーにしてニューヨーク州選出の連邦上ン議員でもあったヒラリーはギャバードの名前を出さなかったが、彼女の発言がギャバードを指していたのは明白だ。ギャバードはこれまでにもロシアにとっての財産であるとか手駒であるという非難を繰り返し否定してきた。

一連のツイートの中で、ギャバードはヒラリー・クリントンを攻撃し、ヒラリーを民主党エスタブリッシュメントの「腐敗の具現化」と呼んだ。

ギャバードは「私が大統領選挙に立候補表明した初日から、私の評判を貶めるための組織だった運動が展開されてきた」と述べた。

ギャバードはヒラリーに対して「私の評判を落とす運動の裏に誰がいるのか、そして何故そのようなことをするのかということが不思議で仕方がなかった。今はっきりと分かった。常にあなたがいたのだ」と述べた。
tulsigabbardtweet20191019001
ギャバードは更に「私と攻撃したいなら大統領選挙に参加してからする」ようにと発言した。

tulsigabbardtweet20191019002

ギャバードはハワイ州軍の一員であり、イラクに従軍した帰還軍人である。正解事情に精通している人々は、ギャバードの選挙運動はロシアが作成したSNS上のボットやインターネット上の「荒らし」行為によって支援されていることに懸念を持っている。

ギャバードは反エスタブリッシュメント的な外交政策の立場を堅持し発言を行い、人々を驚かせている。特に政権転覆戦争へのアメリカへの関与に対する非難と2017年にシリア大統領バシャール・アサドとの会談は人々を大いに驚かせている。

ギャバ―ドのツイッター上でのヒラリー・クリントンへの攻撃は他の候補者であるコーリー・ブッカー連邦上院議員(ニュージャージー州選出、民主党)の言葉を失わせる程のものであった。


「リアルクリアポリティックス」の世論調査の平均支持率によると、ギャバードは全国規模では1.2%を記録している。今週のオハイオ州での討論会では支持率下位の候補者であった。

(貼り付け終わり)

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。 

 アメリカ大統領選挙民主党予備選挙に立候補しているトゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)が10月15日に開催される候補者討論会への参加をボイコットする可能性について言及した。9月の討論会には参加条件をクリアできずに登壇できなかったギャバードだが、10月は条件をクリアし登壇できることになっている。討論会に参加できない、しないということは、有権者へのアピールという面から大きな痛手となる。
tulsigabbard108

 現在、アメリカ政治の中で大きな話題になっているのはウクライナ疑惑であり、マスコミもそちらを中心に報道している。そうなると、民主党予備選挙に使われる時間と労力は少なくなり、有力候補の動向が報道されるだけで、その他の候補者のことはまず報道されない。

 ギャバードとしては、討論会の参加条件がどんどん厳しくなっていく中で、そのような条件設定をするのはおかしいと攻撃するのは当然だ。また、このようにして民主党全国委員会に噛みつくことで、民主党支持者の中で反主流派を応援したいと考える支持者へのアピールということも考えているだろう。民主党予備選挙についての報道が減る中で、このような捨て身の行動をすることで、報道されることになり、存在感を示すこともできる。

 民主党全国委員会はどうしても主流派の組織となり、反主流派からは公平とは言えない運営をすると見られている。2016年の予備選挙ではヒラリー・クリントン元国務長官に有利になるように動いていた。当時、副委員長を務めていたギャバードは抗議のために辞任し、ヒラリーの対抗馬となったバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)を応援した。

 このような実態を良く知っているギャバードが討論会参加条件について疑義を呈するのは当然だ。また、彼女にしてみれば選挙戦を続けられるかどうかの重要な要素ということもあり、必死に動いているということでもある。

 とかく日本では、規則だからルールだから諦めろ、従え、規則やルールを疑うな、批判するなという事なかれ主義と自分を主流派においての上から目線での発言が多く出る。しかし、「ジタバタして最後まで粘る、戦う」という姿勢がなければ、このような権威盲従的な姿勢では、ハッと気づいた時には、最終的には自分たちが追い込まれてどうしようもない状況に陥ってしまう。日本人の過剰な権威盲従的姿勢からすれば、ギャバードの姿勢はとても受け入れられず、和を乱す不埒な存在ということになるだろう。しかし、これくらいの「突んがった姿勢」でなければ、2年おきの下院議員選挙で4回も勝てはしない。

 また、こうした姿勢を容認するスペースがあるという点で、アメリカは日本よりも優れているということになる。

(貼り付けはじめ)

ギャバードの討論会ボイコット:「我が国の民主政治体制に対する深刻な脅威だ」(Gabbard on possible debate boycott: 'There is a very serious threat to our Democracy'

テス・ボン筆

2019年10月12日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/hilltv/rising/465397-gabbard-on-possible-boycott-of-october-debate-there-is-a-very-serious-threat-to

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は金曜日、来週の米大統領民主党予備選挙候補者討論会をボイコットするという脅しを続けている。ギャバードは、民主党全国委員会が設定した討論会参加条件は、「我が国の民主政治体制に対する深刻な脅威」だと述べている。

民主党予備選挙に立候補しているギャバードは、民主党全国委員会が設定した「信頼性の低い世論調査」と「恣意的な必要条件」を攻撃し、「予備選挙が開始される前に、自分たちで自分たちの気に入った形になる予備選挙を行おう」としていると非難した。

ギャバ―ドは有力候補たちの後塵を拝している。彼女は火曜日に開催予定の討論会を欠席することを考えている、その理由は参加条件などの規則が有権者から力を奪うものになっていると考えるからだと発言した。

ギャバードは「民主党全国委員会と委員会と密接な関係になる大企業メディアは、有権者が持っている責務としての選挙プロセスを有権者から奪おうとしている」と述べた。

民主党全国委員会は「ヒルTV」からのコメント要請に対して即座に対応しなかった。

ギャバードは木曜日、オハイオ州で開催される討論会に欠席する可能性に初めて言及した。 彼女はこれから数日で決断すると述べた。

民主党全国委員会は討論会に関する手続きなどについて擁護している。民主党全国委員会は、9月と10月の討論会の参加条件を発表したのは今年の5月であり、候補者たちには条件クリアのための時間を十分に与えたと述べている。民主党全国委員会のある幹部は、ギャバードの討論会に対するこれまでの様々な批判に対して、有力候補者たちに討論会参加条件クリアと準備のために十分な時間を与えないことは、党全体に「有害」なことになるだろうと述べた。

ギャバードは9月の討論会に参加できなかったが、10月の討論会の参加条件はクリアしている。候補者たちは火曜日に開催される討論会に参加するために、13万名以上の献金者を集め、全国規模の世論調査で支持率2%以上を4回以上記録しなければならない。ギャバードを含む12名の候補者たちが参加条件をクリアしている。

11月の討論会の参加条件は16万5000名以上の献金者を集め、全国規模の世論調査で3%以上の支持率を4回以上記録しなければならないというものだ。現在のところ、この参加条件をクリアしているのは8名だけだ。

ギャバ―ドは「ヒルTV」に出演し、インタヴューを受けた。彼女は火曜日の討論会をボイコットするかどうかについての決断は「注意深く」行うと述べた。彼女はボイコットの可能性について民主党全国委員会から直接何も言われていないとも述べた。

ギャバードは次のように語った。「私は支持者の方々から寄せられる意見を聞き続けている。そして、ボイコットいう決断をした場合の様々な影響について考え続けている。私が考えているのは、どのようにしたら変化をもたらすために影響を与えるにはどうしたらよいかというものだ」。

ギャバードは民主党全国委員会が設定した討論会参加条件についてこれまで批判してきた。ギャバードは透明性と公平性について民主党全国委員会に疑義を呈している。

(貼り付け終わり)

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

  大統領選挙民主党予備選挙の候補者であるトゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は現在候補者の中で下位グループに入っている。9月に開催された3回目の討論会には参加条件をクリアできずに登壇できなかった。9月の討論会から参加条件が厳しくなったことはこのブログでも既に紹介した。9月の討論会の参加できたのは10名だった。この10名は5名ずつで上位・中位グループに分類できる。それ以外の9名(10名以上いたが複数選挙戦から撤退した)は下位グループということになる。
tulsigabbard110

 ギャバードは政治献金者数の条件はクリアしていたが、世論調査の支持率の数字の条件をクリアできなかった。民主党全国委員会が承認した世論調査で4回2%以上を記録することという条件(8月28日までにという期限付き)で、2回まではクリアしたが残り2回がクリアできなかった。

 民主党全国委員会のこの条件設定にギャバードは噛みついた。民主党全国委員会が承認していない世論調査で支持率2%を獲得しているものが複数あり、これを入れないのは不公平だと主張した。トゥルシー・ギャバードは2016年の米大統領選挙民主党予備選挙で、当時民主党全国委員会副委員長を務めていたが、ヒラリー派がヒラリーに有利になるように予備選挙を操作しようとしていることに抗議し、自分はバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、民主党)を応援するとして、記者会見を開いてさっさと辞任した気骨ある人物だ。彼女の発言はメディアにも取り上げられることが多く、民主党全国委員会にとっては、煙たい人物となる。

 10月15日開催の4回目の討論会参加に向けて、トゥルシー・ギャバードはアクセルを踏み込み、メディアやSNSで激しい発言を行って注目を集めた。先日のサウジアラビアの石油生産施設に対するドローン攻撃を受けて、ドナルド・トランプはイランを非難し、米軍の臨戦態勢を示唆する発言を行ったが、これを批判し、激しい言葉遣いで「米軍はあなたが自由に働かせることが出来る売春婦ではない」と述べた。 

 ギャバードはイラクへの2度の従軍経験があり、そこから、「アメリカは海外のもめ事や争いに介入すべきではない」という信念を得て、それを基にして介入主義的な外交政策を批判する立場を取り、支持や共感を得ている。トランプ大統領もアイソレーショニズムを主張して当選しているのだから、アメリカ国民の多くが介入主義には反対、懐疑的なのだ。

 4回目の討論会の参加条件クリアの期限は10月1日だが、その前にギャバードは民主党全国委員会が承認するニューハンプシャー州の世論調査で支持率2%を獲得し、参加条件をクリアし、10月15日の討論会に登壇できることになった。彼女が12人目の条件をクリアした候補者となった。これで15日の討論会も参加者を2つのグループに分けて2晩討論会が行われる可能性も出てきた。

 5回目の討論会の参加条件は既に発表されており、これまでよりもさらに厳しい条件となっている。上位5名は楽にクリアできるだろうが、中位5名の中からクリアが出来ない候補者が出てくる可能性もある。下位グループにとっては絶望的な条件で、撤退者が出てくる。4回目の討論会で人々に印象を残せば逆転ということもあるが、これまでの討論会でもそうだったが、司会者は有力候補により多くの時間を割いて話させようとする。

 このようにしてサヴァイヴァルレースとなって、生きるか死ぬかという過程での戦いが続いていく。

(貼り付けはじめ)

ギャバードは4回目の大統領選挙候補者討論会の参加条件をクリアした(Gabbard qualifies for fourth presidential debate

マックス・グリーンウッド筆

2019年9月24日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/462789-gabbard-qualifies-for-fourth-presidential-debate

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は火曜日、ニューハンプシャー州での世論調査の結果で支持率2%を獲得し、10月の民主党予備選挙候補者討論会に登壇できることになった。彼女は12番目の登壇条件クリアとなった。

10月の討論会の参加条件は、13万人以上の政治献金者を集めること、そして民主党全国委員会が承認した世論調査で4回以上支持率2%以上を記録することだ。ギャバードは早々に政治献金者の条件はクリアしていたが、支持率に関する条件を満たすにはあと1つ足りなかった。

この状況が変化したのは火曜日だった。マンモス大学の発表した最新の世論調査でギャバードはニューハンプシャー州の民主党に登録している有権者と無党派の有権者の間で2%の支持を獲得した。ニューハンプシャー州は2019年2月11日に予備選挙が行われ、全国規模で重要な意味を持つ。

本誌はギャバードの報道担当に支持率に関する条件クリアについてコメントを求めたが回答はなかった。

ギャバードは10月開催の4回目の討論会への参加条件をクリアした12人目の候補者となった。討論会は10月15日にオハイオ州ウェスタ―ヴィルで開催される予定だ。参加条件の締め切り期限は10月1日だ。

他の候補者たちの中で、4回目の討論会参加条件クリアに最も近いのはベストセラー作家マリアンヌ・ウィリアムソンだ。彼女は13万人という政治献金者の数の条件は既にクリアしているが、2%の支持率を後3回記録しなければならない。

10月の討論会を1晩で行うか、6月と7月の1回目と2回目の討論会のように2晩に分けて行うか、はっきりしていない。

民主党全国委員会は10月1日の期限の後に決定を行うと発表している。

10月の討論会の後、それ以降の討論会参加条件はより厳しくなる。

民主党全国委員会は月曜日、11月の討論会の参加条件は、16万5000人以上の政治献金者と委員会が承認した全国規模の予備選挙で4回3%以上の支持率、もしくは早期に予備選挙が実施される各州での世論調査で2回5%以上の支持率を獲得すること、と発表した。

ここまで、少なくとも11名の候補者が上記の政治献金者に関する条件をクリアしている。しかし、予備選挙での支持率に関する条件はより厳しいものとなっている。現在のところ、支持率に関する条件をクリアしているのは5名の候補者に過ぎない。

=====

10月の討論会の参加条件をクリアするためにギャバードはメディアの注目を集めようとしている(Gabbard drives coverage in push to qualify for October debate

レベッカ・クレア筆

2019年9月17日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/461802-gabbard-drives-coverage-to-get-into-october-debate

 米大統領選挙民主党予備選挙候補者トゥルシー・ギャバード連邦上院議員(ハワイ州選出、民主党)はケーブルテレビの番組出演での発言とSNSでの辛らつな書き込みで勢いをつけ、多くの候補者がひしめき合っている予備選挙で存在感を出し、10月の討論会の壇上に立とうとしている。

ギャバード選対は10月の討論会参加条件クリアまであと1つ世論調査支持率2%を超えるだけになったと発表した。10月の討論会には11名が条件をクリアし参加できるようになっている。ジョー・バイデン前副大統領、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)といった人々が早く参加を決め、最近になって富豪のトム・ステイヤーが条件をクリアした。

ギャバードは先週開催された世論調査のステージに立つことはできなかった。

4期目の連邦下院議員で、ハワイ州軍の一員でイラクでの従軍経験のあるギャバードは今週メディアの注目を浴びた。トランプ大統領はサウジアラビアがイランに対して軍事行動を起こすかどうかを決める前に連絡が来ることを待っていると発言した。ギャバードはツイッター上でこの発言を批判し、アメリカ軍を「売春婦にする」ような行為だと述べた。

火曜日にギャバードはツイッター上でシェアしたヴィデオの中で「私の同僚である軍人たちと私、私たちはあなたの売春婦(prostitutes)ではないし、あなたはポン引き(pimp)ではない」と言い放った。

月曜日、ギャバードは別のツイートで、2016年の大統領選挙でトランプが使ったスローガンを使って、「私たちの国をサウジアラビアの尻軽女(bitch)のように行動させることは、“アメリカ・ファースト”とは言えない」と書いた。

これら2つのツイートは週末にサウジアラビアの石油生産施設に対するドローン攻撃が行われた後に投稿されたものだ。この攻撃についてトランプ政権はイランを非難している。

ギャバ―ドが投稿したヴィデオには火曜日の午後だけで2万8000の「ライク(like)」がついた。月曜日の投稿には5万8000以上の「ライク」がついた。

ギャバードはケーブルテレビやその他のメディアに登場した。「ヒルTV」とのインタヴューとの中で、彼女はトランプ大統領とサウジアラビアに対する攻撃を激化させた。

予備選挙の候補者たちは10月の討論会の参加条件締め切りが10月1日に迫っている。その中でギャバードはメディアでの出現を増やしている。10月の討論会は10月15日にCNNと『ニューヨーク・タイムズ』紙が主催する。もし更に候補者が参加条件をクリアするようならば、討論会が2晩になる可能性がある。

ギャバードは既に条件の1つはクリアしている。彼女は13万人以上の政治献金者を集めている。

ギャバード選対は、3回の支持率2%以上を記録しているが、2つ目の条件をクリアするにはあと1回にまで迫っていると発表した。しかしながら、民主党全国委員会がどの世論調査が条件を満たしているかどうかの最終決定を行う。

民主党系ストラティジストであるブラッド・バノンは、ギャバードはメディアなどで印象を残そうとしているのは、来月の討論会のステージに座席を確保するためだと述べている。

バノンは「ギャバードはメディアに出て強い印象を残しており、これは成果を上げる可能性が高い」と述べた。

バノンは民主党予備選挙の状況は流動的であり、世論調査で支持率2%を獲得するのは、主に知名度による、と語っている。

バノンは「世論調査の数字を見れば、民主党予備選挙に参加予定の有権者たちはトゥルシー・ギャバードの人となりを知らないということが分かる。トゥルシーをテレビやSNSで見る機会が4回、いや3回あればそれで十分なのだが」と語っている。

討論会参加のために努力している他の候補者たちと同様、ギャバードもまたインターネット上での広告に資金を投入している。

フェイスブックの広告記録によると、これまでの7日間で、ギャバードはフェイスブックでの政治広告に2万5845ドルを支出した。この金額は他の候補者たちに比べれば少ないが、ギャバードが2018年5月以降にフェイスブックスの広告に支出した総額の20%を占めている。

ギャバードの広告のほとんどは彼女の軍務歴に言及している。少なくとも1つは911テロ攻撃後にイラクで軍務に就いたことを中心にしている。

彼女の軍歴は他の候補者たちから彼女を際立たせるものだ、とバノンは述べている。

バノンは「私の考えではギャバードは世論調査で支持率2%を獲得すると思う。彼女はそれに向けて努力している」と述べた。

バノンは続けて「討論会参加に向けて彼女はギリギリのところを進んでいる。もし討論会に参加できなければ、彼女は選挙運動を続けられないだろう」とも語った。

ギャバード選対の報道担当は本誌からのコメント要請に応じなかった。

9月の討論会に参加できなかったことでギャバードは民主党全国委員会の条件設定を批判した。その後、10月の討論会に参加できるようにするために努力を続けた。

先月に行われた保守系のフォックスニュースのキャスターであるタッカー・カールソンとのインタヴューの中で、ギャバードは民主党全国委員会について非公平なプロセスを採用していると非難した。彼女は民主党全国委員会が承認していない複数の世論調査で支持率2%以上を記録していると訴えた。

民主党全国委員会は参加条件について擁護している。

先週、ギャバードは、『ワシントン・ポスト』紙とABCの共同世論調査の最新結果で、支持率2%を記録したので、10月の討論会の参加条件である支持率2%を4回記録するに関し、3つ目の支持率2%となったと発表した。

民主党全国委員会の報道担当はワシントン・ポスト紙とABCの共同世論調査が参加条件を満たすための対象となっているのかという問い合わせに対応できなかった。民主党全国委員会は「ファイヴサーティーエイト」の取材に対して、民主党全国委員会は別の複数の世論調査を注視しており、今回の世論調査は対象外になるだろうと答えた。 

討論会に参加できるかどうかはギャバードの選挙運動にとって重大な要素だ。モンタナ州知事スティーヴ・ブロック、マイケル・ベネット連邦上院議員(コロラド州選出、民主党)、ニューヨーク市長ビル・デブラシオは10月の討論会参加の可能性はかなり低くなっている。

(貼り付け終わり)

(終わり)

ketteibanzokkokunihonron001
決定版 属国 日本論
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 このブログで何度もご紹介したトゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は歯に衣着せぬ発言で、民主党主流派や指導部、左派からも批判されることがあります。今回は、「ドナルド・トランプ大統領弾劾はすべきではない、アメリカの分裂を深めてしまう」と発言したそうです。


tulsigabbard108

 現在、連邦下院民主党の議員たちがトランプ大統領弾劾手続きを取るように求めています。弾劾手続きは連邦下院の過半数の賛成で訴追が決定され、連邦上院が弾劾裁判所の役割を果たします。連邦最高裁判所長官が裁判長となり裁判が行われ、連邦上位の3分の2(67名)以上の賛成で弾劾が成立し、大統領は罷免となります。これまで弾劾裁判にかけられたのはアンドリュー・ジャクソン(第17代)とビル・クリントン(第42代)の2人ですが、どちらも罷免までには至りませんでした。

 

 トランプ大統領には大統領選挙当選のためにロシアの選挙介入を依頼したのではないかというロシア疑惑があり、ロバート・ムラー特別検察官の捜査でも灰色の結果であったために、トランプ大統領の弾劾論が今でも残っています。


donaldtrump108

 

 連邦下院は民主党が過半数を握っていますから、訴追の決定はできるでしょうが、連邦上院は共和党が過半数を握っていますし、3分の2の賛成というハードルは高いので、トランプ大統領の弾劾が現実的なものとはならないでしょう。また、連邦下院民主党指導部は弾劾に消極的であり、これが民主党内部の対立を招いています。連邦下院民主党指導部は大統領選挙まで弾劾に関する調査を引き延ばす考えのようです。

 

 トゥルシー・ギャバードは、弾劾はアメリカ国民の中にある分裂をさらに深めるとして、大統領選挙でトランプ大統領を落選させることが重要だと述べています。これまでも歴史を見ても、弾劾が成立することはかなり難しいと言えます。トランプ大統領が何か重大な犯罪をしていてそれが隠されていたのに大統領期間中に証拠付きで発覚するというくらいのことならば弾劾は成立するでしょうが、現実的ではありません。

 

 大統領選挙のサイクルが始まっていますから、こちらに注力して、トランプ大統領を選挙で落選させる、ということの方が現実的でかつ、国民にとって民主的な手続きで指導者を交代させたということが重要なのだと思います。弾劾手続きは憲法に規定があるのですからもちろん民主的ですが、今のところは現実的ではないとなると、大統領選挙こそが重要になってきます。

 

(貼り付けはじめ)

 

ギャバード:弾劾はアメリカを分裂させるだけだろう(Gabbard: Impeachment would only tear US apart

 

ジョン・バウデン筆

2019年9月7日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/460398-gabbard-impeachment-would-only-tear-us-apart

 

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は最新のインタヴューの中で、民主党所属の連邦下院議員たちが行っているドナルド・トランプ大統領弾劾のための調査について、「大統領の弾劾はアメリカを更に分裂させるだけだ」と反対した。

 

ギャバードは「フルコート・プレス・ウィズ・グレタ・ヴァン・サスターン」に出演し、弾劾に対して断固とした態度を取ることを表明した。ギャバードは、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)やエリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)のような他の大統領選挙民主党予備選挙の候補者たちとは弾劾について考えを異にしている。

 

ギャバードは次のように語った。「私は弾劾を支持しません。私たちにとって何が我が国とアメリカ国民の利益のために最善のものは何かを考えることが重要なのです。弾劾を求め続けることは、我が国を更に分裂させることになると私は考えます」。

 

ギャバードは更に次のように述べた。「隠し立てせずにはっきり言います。私たちはドナルド・トランプを倒さねばなりません。しかし、私たちの国と私たちの未来のためには、この国の有権者たちが選挙を通じてトランプ大統領を倒すことが重要であり、私たちは大統領を倒すことになるだろうと私は確信しています」。

 

民主党所属の連邦下院議員132名は弾劾手続きの開始を求めているが、民主党エスタブリッシュメントに属する指導者たちは手続きを支持していない。その代表はナンシー・ペロシ連邦下院議長であり、彼女は大統領に対する調査を継続することを求めている。

 

2019年8月のマンモス大学の世論調査では、57%のアメリカ人がトランプ大統領は別の大統領に交代して欲しいと答えた。しかし、同時に弾劾手続きの開始を支持するのは3分の1だった。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ