古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:ドナルド・トランプ

 古村治彦です。

 

 ドナルド・トランプ大統領とアレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)はともにニューヨーカー、もちろんおお金持ち出身と庶民出身という違いはありますが、生き馬の目を抜く激しい環境のニューヨークで生まれ育ったからなのか、お互いにいい意味でも悪い意味でも言葉の使い方がうまく、その応酬はお笑いを見ているかのようです。

donaldtrump077

 

 トランプ大統領がグリーン・ニューディール法案を批判する際に、これは「若いバーテンダー」が作ったと揶揄し、それに対して、AOCが「最後に私を過小評価(見下した)人物は敗れ去った」と言い返しました。トランプ大統領は、AOCが議員になる前、家族の生活を支えるために、バーテンダーの仕事も掛け持ちして18時間働く日もあったということを知っていて、このような発言をしたのでしょう。「素晴らしい女性」という言葉を付け加えていますが、馬鹿にしているのは明らかです。しかし、彼女のことをよく知っている、注目している証拠ということが言えるでしょう。

alexandriaocasiocortez016

 

 アレクサンドリア・オカシオ=コルテス(AOC)はこれに対して、「私を舐めると痛い目に遭う」と反撃しました。切り返しのうまさは、頭の回転の速さを示していますが、言葉遣いのうまさと激しさで彼女は、新人議員でありながらアメリカ政界で注目される存在となっています。こうしたことはニューヨークでの生まれ育ちも関係あるのかもしれません。頭の回転の速さで言い返していかなければ生きていけない、ということがあったのかもしれません。




 AOCが連邦下院議員になるために戦ったのは、10期連続当選、次はいよいよ連邦下院議長だと言われていたジョセフ・クローリー連邦下院議員でした。誰も知らない無名の若い女性が予備選挙で出てきたところで、クローリーは歯牙にもかけなかったでしょう。しかし、その態度が「有権者も舐めている」と捉えられ、結局予備選挙で大敗を喫することになりました。

 

 こうした言葉の応酬は時にアメリカ政治を活性化させます。日本の政治家のレヴェルの低い発言や聞くに堪えないヤジを思うと、何とも羨ましい限りです。

 

(貼り付けはじめ)

 

オカシオ=コルテスが、トランプが彼女を「若いバーテンダー」と呼んだことに反撃:「最後に私に過小評価した人は敗れ去った」(Ocasio-Cortez responds to Trump calling her a 'young bartender': The 'last guy who underestimated me lost'

 

レイチェル・フラジン筆

2019年4月3日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/house/437259-ocasio-cortez-responds-to-trump-calling-her-a-young-bartender-the-last-guy-who?__twitter_impression=true

 

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)は水曜日、トランプ大統領の最新のコメント、その中で彼女を「若いバーテンダー」と表現したことについて反応した。

 

彼女は『ニューズウィーク』誌の取材に対して、「最後に私を過小評価した人物は敗れ去りました。この件について言えることはこれだけです」と述べた。

 

バーテンダーとして働いた経験を持つオカシオ=コルテスは、2018年のニューヨーク州選出連邦下院議員選挙民主党予備選挙で長年現職議員を務めたジョセフ・クロウリーを破った。そして、本選挙で共和党候補者のアントニー・パパスを降した。

 

トランプ大統領は火曜日全米共和党連邦議員委員会主催の資金集めを目的とした優勝会に出席し、オカシオ=コルテスが提案したグリーン・ニューディール法案について揶揄した。

 

トランプ大統領は「グリーン・ニューディールは若いバーテンダーが作ったものだ。29歳の」と述べた。

 

トランプ大統領は次のように述べた。「若いバーテンダーの素晴らしい女性だ。グリーン・ニューディール。私がこのことを最初に聞いた時、“これは最も狂った考えだ”と言った。皆さんご存知のように、連邦議会上院には長年にわたり議員を務めてきたプロたちがいる。彼らは彼女の後ろに立って揺さぶっている。」連邦上院議員たちは彼女の動きを止めてしまう」

 

トランプ大統領はこれまでオカシオ=コルテスの提案したグリーン・ニューディール法案について繰り返し批判してきた、彼はこれを選挙運動で民主党批判の柱にしたいと述べた。今年初め、オカシオ=コルテスとエド・マーキー連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)はグリーン・ニューディール法案を提出した。この法案は再生可能エネルギーを100%使用することで経済を再構成することを目的とするものだ。

 

連邦上院では、民主党側が審議を求めたが、先週、早々に否決された。

 

=====

 

トランプがグリーン・ニューディールを作ったのは「若いバーテンダー」オカシオ=コルテスと揶揄した(Trump mocks Green New Deal as done by 'young bartender' Ocasio-Cortez

 

ブレット・サミュエルズ筆

2019年4月2日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/administration/437074-trump-mocks-ocasio-cortez-green-new-deal-done-by-a-young-bartender

 

トランプ大統領は火曜日、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)をグリーン・ニューディールにかこつけて揶揄した。グリーン・ニューディールは気候変動を戦うために彼女が作った野心的な提案だ。

 

トランプは、全国共和党所属連邦議員委員会主催の夕食会に出席し、共和党所属の連邦下院議員たちを前にして、グリーン・ニューディールについてあまり批判したくない、それは彼が2020年の大統領選挙でグリーン・ニューディールをこき下ろしながら選挙運動をしたいからそれまで控え痛いのだ、と述べた。トランプ大統領はオカシオ=コルテスの名前を出さずに批判し続けた。

 

トランプ大統領は「グリーン・ニューディールは若いバーテンダーが作ったものだ。29歳の」と発言し、出席者たちの笑いを誘った。

 

トランプは続けて次のように語った。「若いバーテンダーの素晴らしい女性だ。グリーン・ニューディール。私がこのことを最初に聞いた時、“これは最も狂った考えだ”と言った。皆さんご存知のように、連邦議会上院には長年にわたり議員を務めてきたプロたちがいる。彼らは彼女の後ろに立って揺さぶっている。」連邦上院議員たちは彼女の動きを止めてしまう」。

 

トランプ大統領はその前にもグリーン・ニューディールを彼の再選運動のために、批判の柱としたいというコメントをしたこともあった。グリーン・ニューディールは、二酸化炭素の排出量を減らし、再生可能エネルギー使用を増やし、経済を活性化させることを目指すものだ。先週、この法案は審議されることなく、連邦上院多数党(共和党)院内総務ミッチ・マコーネル連邦上院議員(ケンタッキー州選出、共和党)がすぐに採決にかけて、否決してしまった。

 

オカシオ=コルテスは昨年、10期連続当選中だったジョセフ・クロウリー連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)を民主党予備選挙で破るという大番狂わせを起こし、民主党のライジングスターとして登場した。昨年11月の本選挙で当選し、連邦議会で史上最年少の女性議員となった。彼女は当選する前まで、ニューヨークでバーテンダーと政治オーガナイザーとして働いた。

 

アレクサンドリア・オカシオ=コルテスはトランプ政権を厳しく批判している。そして、グリーン・ニューディールと富裕層への増税といった進歩主義的な考えと政策を推進している。彼女は最近連邦下院民主党の資金集め組織を批判している。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジが大統領選挙に正式に出馬表明を行いました。2019年1月23日にワシントンDCでの記者会見で準備検討委員会発足を表明しましたが、誰の関心も引きませんでした。


petebuttigieg175

しかし、2019年4月14日の日曜日午後(日本時間では4月15日午前深夜)、サウスベンド市の廃工場で開催された集会には中に入り切れないほど人々が集まり、全米のメディアがその様子を伝えました。インターネットでの中継も行われました。

petebuttigieg177
 

 サウスベンド市に1963年まで本社を置いていたステュードベイカー社の廃工場を舞台にして、数百人が集会に参加しました。雨が降る中、ブティジェッジは40分にわたって演説を行いました。その詳しい模様は下の記事をご参照ください。




 ブティジェッジは世代交代と新しい政治指導者のタイプを登場させること、それが自分だと訴えています。ブティジエッジは「自由、安全、民主政治体制」を、選挙運動を進めるための諸原理としています。政策はリベラルなものですが、リベラル左派とは一線を画しています。

 

 演説後の4時間で100万ドルの献金があったということで、ブティジエッジの勢いはしばらく止まらないようです。選挙後の月曜日からはニューヨークでの資金集めイヴェントへの出席、アイオワ州への訪問と忙しく飛び回るようです。


petebuttigieg176

 ブティジェッジの選対はシカゴにオフィスを設置するということです。サウスベンド空港は全米各地に行くのは不便であるということで、シカゴのオヘア空港を利用し、その前後に立ち寄り、仕事が出来るようにするとのことです。以前にもご紹介しましたが、サウスベンド市はシカゴに近い(と言っても100キロ以上離れているようです)ということもありますが、シカゴは民主党の金城湯池です。何と言っても、今でも民主党や民主党支持者に大きな影響を持つバラク・オバマ前大統領とミシェル・オバマ夫人の地盤です。

 

 シカゴにオフィスを設置することで、「シカゴの候補者」「オバマの後継者」というイメージを獲得することも可能です。こう考えると、ブティジェッジの選対はまだ小さく、素人臭いものですが、なかなかスマートな動きをしています。ブティジェッジの凄さはこういう細かいところに見られます。

 

(貼り付けはじめ)

 

ブティジェッジが選挙運動開始を発表し、「アメリカにおける新しい泉」の出現を訴える(Buttigieg calls for 'a new American spring' in campaign launch

 

マイケル・バーク筆

2019年4月14日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/438838-buttigieg-officially-launches-2020-presidential-campaign

 

インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジは日曜日、2020年アメリカ大統領選挙民主党予備選挙への正式な立候補を表明し、「アメリカにおける新しい泉(a new American spring)」を生み出すことを訴えた。

 

サウスベンド市で開催された集会で集まった多くの支持者を前に、ブティジェッジは次のように述べた。「皆さんと私はアメリカにおける新しい泉の出現を先触れする機会を得ました。私たちの心に希望を、私たちの体に炎を持ちながら、仕事を始め、歴史を作りましょう」。

 

37歳のブティジェッジは準備検討委員会発足を発表してから約3か月後に正式な出馬表明を行った。

 

ブティジェッジは次のように発言した。「私の名前はピート・ブティジェッジです。皆さんは私をピート市長と呼びます。私はインディアナ州サウスベンドしで生まれ育ったことを誇りに思います。そして、私はアメリカが州国大統領選挙に出馬します」。

 

ブティジェッジの登場の前に、アメリカ各地の市長が登壇し、彼について紹介した。テキサス州オースティンの巣ティーヴ・アドラーはブティジエッジを「市長らしい市長」「市長の中の市長」と形容した。

 

アドラーは次のように語った。「私は今日、他の市長たちとここに立っています。それは、私たちはこの国が知らなければならないことを知っているからです。そして、私たちは、そのことを知るための独自の立場に立っているのです。アメリカに住む多くの人々が持つ疑問に対する答えを私たちは持っています。そうです、アメリカ国民の皆さん、ピート市長は本当に特別な存在なのです、と答えましょう」。

 

アフガニスタンで軍務に就いた経験を持つブティジェッジはここ数カ月で世論調査での支持率を急伸させている。彼の選対は2019年の第一四半期で700万ドル以上の資金を集めた。大統領選挙民主党予備選挙の有力候補者となった。

 

2020年米大統領選挙民主党予備選挙が早期に実施されるアイオワ州とニューハンプシャー州での世論調査でブティジェッジはそれぞれ3位に入った。

 

ブティジエッジの好感度も2019年2月から急伸しており、最新の世論調査では、以前と比べて30ポイントも上昇していることが分かった。

 

ブティジェッジは、自身の選挙運動の中心に置く原理は「自由、安全、そして、民主政治体制(freedom, security and democracy)」だと述べた。

 

同性愛者であるブティジェッジは次のように語った。「もし国家の役人が、皆さんが結婚できるかどうかを決定するのなら、皆さんは全く自由ではないということになります。子供を産むかどうかを選択することに対して男性の政治家が指図をするようならば、皆さんは全く自由ではないということになります」。

 

ブティジェッジは安全について話をする際に、「太平洋からメキシコ湾まで壁を建設するよりも安全を守る方法はもっと多くある」と述べ、トランプ大統領を批判した。これは、アメリカ南部国境沿いに壁を建設するというトランプの政策に言及したものだ。ブティジェッジはまたアメリカは「子供たちを暴力の恐怖から解放する以上にすべきことは無い」と述べた。

 

ブティジェッジはトランプ大統領の名前に直接言及することなく、次のように述べた。「私が今日、この場に立っているのは“アメリカを再び偉大に(Make America Great Again)”とは全く異なるストーリーをお話しするためです。私はアメリカの偉大さを心の底から信じています。私はアメリカの価値観を信じています」。

 

ブティジェッジは「気候をめぐる安全」についても指摘し、気候変動は「人間の生死にかかわる重大な問題」だと述べた。また、「白人優越を主張するナショナリズムの勃興に直面する中で私たちの安全を守る」ことを訴えた。

 

民主政治体制について、ブティジェッジは、プエルトリコとワシントンDCを州に昇格させることを訴え、同時に有権者の投票行動を抑圧する行為と選挙人制度を批判した。

 

ブティジェッジは日曜日の集会で、「ミレニアル世代に属する中西部の田舎町の市長」が大統領選挙に出馬するのは「大それたこと」であると分かっているし、「大胆な行為以上のものだ」と述べた。

 

ブティジェッジは新しい世代の指導者を出すことを訴えながら、「しかし、私たちが生きる時代、それは私たちに行動することを促しています」と述べ、更に「我が国を変化させつつある力は地殻変動のようなものです。今回、選挙に勝つだけではありません、私たちは時代を勝ち取るのです(This time is not just about winning an election. It’s about winning an era)」と語った。

 

=====

 

ピート・ブティジェッジが大統領選挙への正式出馬を表明(Pete Buttigieg officially announces presidential campaign

 

ダン・メリカ(CNN)筆

2019年4月14日

CNN

https://edition.cnn.com/2019/04/14/politics/pete-buttigieg-presidential-campaign/index.html




インディアナ州サウスベンド市(CNN)。インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジは日曜日、米大統領選挙出馬を正式に発表した。2020年にドナルド・トランプ大統領と戦うため民主党予備選挙に立候補する人の数が増え続け、ひしめき合っている状況で、この中西部の民主党政治家が正式に出馬することになった。ほんの1か月前、彼のことを知っている人はほとんどいなかった。

 

ブティジェッジは自身の立候補をトランプ大統領の選挙運動に対する直接的な反論であると特徴づけた。トランプ大統領のスローガン「アメリカを再び偉大に(Make America Great Again)」にも反撃した。ブティジェッジは、トランプ大統領に率いられているアメリカには世代交代と全く別のタイプの政治家が必要だと訴えた。ブティジェッジは、同性愛者、退役軍人であるアメリカ中西部の田舎町の市長である自分はトランプ大統領とは全く違う形の政治家であると主張した。

 

歓声の中、ブティジェッジは次のように発言した。「私の名前はピート・ブティジェッジです。皆さん、ピート市長と呼びます。私はインディアナ州サウスベンド市で生まれ育ったことを誇りに思います。そして、私はアメリカが州国大統領選挙に出馬します」。

 

彼は次のように述べた。「ミレニアル世代に属する、中西部の田舎町の市長がこのようなことをするのは大それたことだということは分かっています。37歳でこの国の最高の政治職を目指すというのは無謀以上のことだと思います。しかし、私たちが生きているこの時代は、私たち一人一人に行動することを促しています」。

 

サウスベンド市長ブティジェッジは、多くの人が立候補している大統領選挙民主党予備選挙において、支持を急速に伸ばしている候補者だ。準備検討委員会段階に数か月とどまった後で正式に出馬表明を行った。最近の世論調査では、ブティジェッジは、カマラ・ハリス、エリザベス・ウォーレン、コーリー・ブッカーといった連邦上院議員たちと肩を並べるまでになっている。数か月前までブティジェッジの支持率は1%以下が続いていた。

 

ブティジェッジのスターとしてのパワーを見せつけたのは、出馬の正式発表後の献金の怒涛の流れだ。日曜日の演説の後、支持者たちから4時間で100万ドル以上の献金を受けた、とブティジェッジ選対の広報担当顧問リズ・スミスはツイッター上に投稿した。

 

ブティジェッジは演説の中で、自身の生まれ育った町を演説内容の柱とした。ブティジェッジは市長になっての8年間でサウスベンド市の中心部の再開発を主導してきたという事実を強調した。

 

鉄製の屋根にあたる雨の雨音が激しい中、ブティジエッジは演壇に立ち雨が流れるのを眺めていた。ブティジエッジは次のように語った。「ここまでの道のりは私たちにとって長いものとなりました。サウスベンド市での生活は完璧からは遠いものです。しかし、私たちはこれまでの道筋を変更し、私たちの住む町のようなコミュニティにとって前に進むための道筋を示してきました。そうしたことを行い、私は今日ここに立っているのです。“アメリカを再び偉大に(Make America Great Again)”とは全く異なるストーリーをお話しするために、ここに立っています。「工業地帯や地方にある神話が売り込みされています。その神話は時計の針を止めて、時間を逆に戻すことが出来るとするものです」。

 

ブティジェッジは続けて次のように語った。「過去にこだわる政治からは離れる時は今です。そして全く異なる政治に向かうべき時です。今回、ただ選挙に勝つというだけではないのです。時代を勝ち取るということなのです」。

 

ブティジェッジの出馬宣言は、雨が降り込むステュードベイカー社(訳者註:自動車部品製造会社、後に買収される。1963年まで本社をサウスベンド市に置いていた)の廃工場の中で行われた。ステュードベイカー社は1963年にサウスベンド市を出て行き、工場は放置されたままになった。この廃工場はサウスベンド市の衰退の道のりを示す物理的な象徴であった。この建物はブティジエッジがアメリカ全体に届けたいメッセージのシンボルである。そのメッセージとは、ブティジエッジは錆びついた廃工場に立っているが、そのドアの向こうには、IT企業の起業を支援するためのインキュベーターが活動するフロアが広がっている、というものだ。

 

ブティジェッジは全く屋根のない外にも詰めかけている数百人の人々を前に演説を行った。

 

ブティジエッジは支持者たちに次のように語りかけた。「建物の中で立って下さっている皆さんを拝見して、私は深い感銘を受けています。そして、建物の外に立っておられる皆さんを見て、心の底から感動しています。何故ならそれは、この光景がまさにアメリカにおける新しい泉が湧き出ている様子そのものだからです」。

 

これまでの数週間、ブティジエッジは目まぐるしい忙しさの中にいた。ピート市長は3月上旬にCNNのタウンホールミーティング様式の番組に出演し、多くの視聴者を得てからの勢いをつかもうとアメリカ中を飛び回った。早期に予備選挙が開催される各州とサンフランシスコ、シカゴ、ニューヨークといった民主党の金城湯池での資金集めイヴェントを訪問した。

 

ブティジエッジが自身で述べたように、彼の経験は「わくわくするもの」であったが、今こそ正式な出馬表明をする時だと述べた。

 

ブティジェッジは金曜日、目まぐるしいカリフォルニア訪問、その中には有名番組「エレン」への出演とサンフランシスコでの大口献金者の資金集めイヴェントへの出席も含まれていたが、それらを終えてサウスベンドに戻る途中、私たちの取材に対して次のように述べた。「私たちが準備を進める中で見たものは美しいものでしたが、今こそ大統領選挙出馬を正式なものとし、決断について発表する時です」。

 

ブティジェッジは2019年1月にワシントンDCで記者会見を行い、準備検討委員会発足を発表した。2019年3月下旬にCNNの取材を受けた際に、ブティジェッジは「全ての指標」は正式な選挙運動を行うことを示しているが、「正式表明は一度しかできないので、私たちの準備が整うまで行うことはないです」と述べた。

 

ステュードベイカー社の廃工場の中で選挙運動を開始するという計画は選対にとって最善の選択肢ではなかった。ブティジェッジの選対は最初、サウスベンド市のダウンタウン地区の交通を止めて、ピート市長の指導の下で復活した市の中心部の野外で集会を開く予定を立てていた。雨と風ということを考えて、選対は複数の計画を変更し、廃工場での集会という計画を採用することになったが、ブティジエッジは、変更の中に希望の光があると述べた。

 

集会の前、ブティジェッジは次のように語った。「雨が降る状況は悪い状況のようで実はそうはならないと思います。なぜなら、廃工場で雨、というのはシンボルとなりますし、そこに過去、現在、未来を人々が見ることが出来るからです。私は時計の針を戻すこと、過去を埋め合わせることをいかにして見ないかということについて多くの時間を割いて話します。あの建物はそのようなこと全ての物理的なシンボルということになります」。

 

この建物は現在再利用されている。現在、サウスベンド市ルネサンス地区の拠点として、サウスベンド・コードスクールやアマゾン・ウェッブサーヴィス社といった複数のIT企業が利用している。この建物は、この8年間にピート市長の指導力がいかにしてサウスベンド市の各地区を再活性化することに貢献してきたかを示すシンボルとなっている。

 

ブティジェッジは演説で幅広い政策に関する諸問題を取り上げた。民主党が訴えている選挙制度と司法制度の改革を主張した。気候変動を「私たちの世代における人の生死にかかわる重要な問題」と呼び、アメリカ全国民がメディケアを利用できるようにしたいと述べた。

 

しかし、ブティジェッジの演説の中で最も受けたのは、トランプ大統領を批判した時と彼自身の人生について語った時、特にチャステン・ブティジェッジと結婚したことについての時であった。

 

ピート市長は演説の中で、若い時の自分に語り掛けたいことを述べた。若い時のピート市長は「学校の講堂で眺めている若い少年たちに自分が感じるこの感情はいったい何なのか」と戸惑っていた君は、将来受け入れてもらえるよ、と言いたいと述べた。

 

ブティジェッジは歓声の中で次のように語った。「あの時の彼に、将来40歳になる前のある4月の雨が降る日、目を覚ますと君がアメリカ大統領選挙で有力候補として存在感を急速に増しているという報道がされているようになっているよ、と言いたいです。そして、その日に君はアメリカ大統領選挙に立候補すると発表することになるんだ、そして、君はそれを夫と一緒にやることになるんだよ、と」。

 

彼はその前に次のように語った。「私たちの結婚はアメリカ連邦最高裁判所での一票差の評決の結果によって存在できているのです。9名の男性と女性が一つの部屋に座り、投票を行い、その結果、私の人生で最も重要な自由が与えられたのです」。

 

ブティジェッジはトランプ大統領を過去ばかり振り返る政治家と特徴づけ、人々の恐怖心を利用して権力を手にしていると述べた。

 

ブティジェッジは「ワシントンで上演されている恐怖に関するショウは人々を惹きつけ、夢中にさせています。しかし、今日私たちはチャンネルを変えましょう」と述べた。

 

ブティジェッジの登場の前、3名の市長が登壇し、彼を紹介した。その3名とは、オハイオ州デイトン市長ナン・ウェイリー、カリフォルニア州ウエストサクラメント市長クリストファー・カバルドン、テキサス州オースティン市長スティーヴ・アドラーである。3名の市長はそれぞれブティジェッジの実績と候補者としての特性を語った。

 

同性愛を公表しているカバルドン市長は「私たちは歴史を作っているということを感じています。アメリカLGBT市長会の会長として、数か月前にこんな瞬間が実現するなんて想像することすらできませんでした」と述べた。アドラーの支持演説は重要な意味を持った。それは、アドラーと同じテキサス州民であるビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)と前住宅・都市開発長官フリアン・カストロが既に大統領選挙出馬表明を行っているからだ。アドラーは今年初めにオロークの集会で登壇し、演説を行った。

 

"皆さんは多くの人々を支持することを考えていると思います。ビトーは本当に良い人です。フリアンも本当に良い人です。私たち3人は本当に良い友人なのです。しかし、ピートほどではないのです。私がこれまで見てきた人物の中で最も卓越しているのはピートなのです」。

 

ブティジェッジは日曜日に正式発表を行ったが、彼は選対から「準備検討」の言葉を外すことを連邦選挙管理委員会に届け出たのは先週金曜日であった。

 

ブティジェッジの選対はこれまでの数か月間、少ない資金で活動してきた。ブティジェッジの側近によると、選対には現在32名のスタッフがおり、今月末までに45名から50名に増やしたいということだ。

 

スタッフの数が少ないということは、ブティジェッジは2019年の第一四半期で集めた約700万ドルのうち少ししか使っていないということを意味する。側近は、政治資金報告書によると、ブティジェッジの陣営のバーンレートは10%以下となった、ということであった。この数字は他の候補者たちよりもかなり小さい。ウォーレンは2019年4月に政治資金報告書を提出し、その中で陣営のバーンレートは85%以上であった。

 

ブティジェッジの選対責任者マイケル・シュームールは次のように述べた。「ピートはこれまでにいなかったタイプの候補者であり、私たちはこれまでにはなかった選挙運動組織を作りたいと考えています。トップダウンの組織にはしたくないですね。コンサルタント主導の選挙運動にもしたくありません。スタートそのままの形にできればと思います。賢く、堅実な方法で進めていきたいです」。

 

シュームールは、現在の時点で、世論調査専門家やコンサルタントは選対にいないと述べた。将来どうするかは分からないが、選挙運動は「私たちがこれまで進めてきたように即座に動ける」形にしたいと述べた。

 

ブティジェッジ選対は選対本部をサウスベンド市に設置している。ジェファーソン・センタービルの2つの小さい部屋に置かれている。選対はシカゴに小さなオフィスを開く予定だ。シカゴのオフィスには数名のスタッフが常駐することになる。サウスベンド空港は小さく全米を回るには不便なので、全米各地をブティジェッジとスタッフが回る前に、シカゴのオフィスで仕事をすることになる。

 

ブティジェッジは台頭し、民主党への大口献金者たちに自分が受け入れられていることを認識している。大口献金者の多くは立候補者が増え続ける中で複数の候補者たちに献金を行おうとしている。

 

数日前にブティジェッジ支持を表明した元民主党全国委員会委員長のスティーヴ・グロスマンは次のように述べた。「私は彼に、君が必要とすることは何でもするつもりだ、と言いました。資金集めが必要ならば、資金集めもする、とね。メディアの人への照会が必要ならば、私は進んで協力する」。

 

スージー・トンプキンズ・ブーエルも献金者の一人だ。ブーエルはハリスを支持しているが、木曜日にサンフランシスコでブティジェッジの資金集めイヴェントを開催し、150名以上が出席した。

 

ブーエルは次のように語った。「彼は出席した人すべてに大きな印象を残したと思います。彼は本物で、そうした人物を人々は求めているのです。彼が現在の大統領と共有していることが一つだけあります。それは、自分が望むものを手にするということです。もっともその内容は全く反対のものですけれどね」。

 

ピート市長だけが評判の高まりを経験している「ブティジェッジ」ではない。チャステン・ブティジェッジはピート市長の夫であり、教師でもある。ツイッター上で彼の評判が上がり、市長の側近たちによれば、最近ではチャステン・ブティジェッジが一人で、LGBTQや教育関連のグループで演説を行うようになっているということだ。

 

ブティジェッジは発表の後、ニューヨークを訪問する。月曜日にはブルックリン地区で低額の資金集めのイヴェントを開催する。その後、火曜日と水曜日はアイオワ州を訪問する。

 

=====

 

※正式発表後にブティジェッジから支持者宛に出されたEメールの文面

 

皆さん、こんにちは。

 

私の名前はピート・ブティジェッジです。私はインディアナ州サウスベンド市で生まれ育ったことに誇りを持っています。今日の午後、私は地元サウスベンド市で、アメリカ合衆国大統領選挙への正式な立候補を表明しました。

 

皆さんがアメリカは楽観主義、私たちの勇気、私たちの希望をかけるに足る存在である信じるならば、本日5ドルの寄付をしてくださることをご検討いただけるようお願いする次第です。

 

ミレニアル世代の中西部の田舎町の市長として大統領選挙に出馬することなど大それた行為であると分かっています。37歳の人間がこの国で最高位の政治職を目指すことは大胆なこと以上の試みであると言わざるを得ません。

 

しかし、現在私たちの国を変化させている力は地殻変動のようなものです。現在の大統領を生み出すことが可能になったのはこの地殻変動の力と言えるでしょう。ですから、今回、私たちは選挙に勝つだけではなく、時代を勝ち取らねばならないということになるのです。

 

我が国の歴史の中で、時代の中で重要な瞬間が起きているのは稀有なことです。変化は否応なくやってきます。このような時必要なのは、サウスベンドのようなコミュニティからの希望に満ちた、大胆な声なのです。そして、新世代の指導者が求められているのです。

 

私の選挙運動を導くことになる諸原理はシンプルで、車のバンパーに貼るステッカーに収まるものです。それらは、自由、安全、そして民主政治体制(freedom, security, and democracy)、です。

 

自由:医療と健康保険は自由をもたらすものです、消費者保護は自由をもたらすものです。人種についての正義は自由をもたらすものです。教師の立場を強くすることは自由をもたらすものです。女性の平等も自由をもたらすものです。労働組合も自由を生み出します。チャステンと私の経験から、国家の役人が自分たちの政治的信条から誰がどのように結婚すべきかを指図するというのでは、まったくもって自由とは言えません。

 

安全:安全と愛国主義が一つの政党に属するとする考えは終わりにしなければなりません。

 

私はここで明確に申し上げたいと思います。世界で最も偉大な国アメリカにとって、子供たちを暴力の恐怖から解放すること以上のことはありません。更に重要なことは、子供たちを恐怖から解放することは世界で最も偉大な国アメリカを恐怖から解放することなのです。

 

私たちはしっかりと顔を上げて私たちが生きている現在の安全にかかわる重大問題を見据えねばなりません。それは、気候変動と崩壊です。

 

民主政治体制:私たちの民主政治体制がより良い形にならなければ、銃規制、移民、気候、教育、育児有給休暇といった諸問題に対処することなどできません。「シティズンズ・ユナイテッド」という言葉が人々の意志ではなく、お金を意味するようでは、民主政治タイなどとは言えません。

 

選挙人制度がアメリカ国民の意思を覆したことが私たちの生きている間に2度もありました。このようなことが起きて、これが民主政治体制だと胸を張って言うことはできません。

 

私はアメリカの偉大さを心の底から信じています。私はアメリカの価値観を信じています。皆さんもそうであるならば今日私たちの選対への献金を是非ご検討いただけるようお願いいたします。

 

http://secure.actblue.com/donate/pete-buttigieg-announcement-day?refcode=PB

 

私たちは前途を悲観しなかった女性と男性が作ってくれた基礎の上に立っています。我が国の女性と男性は楽観的であるということは知識の欠如ではなく、勇気の源泉であるということを知っていました。

 

過去から一歩を踏み出して前に進むには勇気が必要です。

 

皆さんと私がこの時に共に立ち上がるならば、後世の人々が歴史を書くにあたり、ただの選挙運動についてではなく、またただ一人の大統領についてではなく、今日ここから始まる時代のことを書くことになるでしょう。

 

私たちの心に希望を、体に炎を持ちながら、仕事を始めましょう!

 

感謝を込めて。

 

ピート

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 2019年4月11日、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジがイギリスの警察に逮捕されました。アメリカの要請によって、イギリスの警察が代理で逮捕しました。

julianassange100

 

 アサンジは2012年からロンドンのエクアドル大使館に滞在する形になっていますが、政治的な亡命者ということでエクアドルが受け入れたのですが、エクアドルの大統領が代わり、アメリカとの関係改善(資金援助)を望む現大統領はアサンジの亡命者の資格を剥奪していました。大使館に警察が入るということは、その大使館からの要請がなければできないので、エクアドルがアメリカに引き渡したということになります。


 

 ウィキリークスは機密情報の暴露という素晴らしい仕事で、人類に大きく貢献しました。犯罪者たちと同列に語るべきものではありません。アサンジ逮捕を喜ぶ人たちは、アメリカ政府に近い人間や、民主党エスタブリッシュメント派の支持者、そしてヒラリー・クリントンの支持者たちが多いということになります。この人たちからすれば、「私たちが応援するヒラリーから大統領の座を盗んだ」ということになって、ヒラリーとこうした人々は、アサンジを八つ裂きにしても飽き足らぬ奴と憎しみを駆り立てていました。

 

 イギリスがアメリカの犬であるということを今更驚くべきことでもありませんが、ここまで尻尾を振らねばならないのかと思うと悲しくなりますが、「日本人には言われたくないよ」と向こうからは思われているでしょう。

 

 私が注目・応援している、大統領選挙民主党予備選挙候補者であるトゥルシー・ギャバ―ド連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)はアサンジ逮捕を非難しました。さすがです。2016年にヒラリーに露骨に肩入れする民主党全国委員会執行部の副委員長だったのですが、それに反対し、辞任してバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、民主党)を応援するという気概の持ち主です。


tulsigabbard051

 アサンジとウィキリークスがやっていることは、ジャーナリストのリーク情報を報道することと同じです。これに対して逮捕して裁判を受けさせて、おそらく長期に懲役を科す、数百年の懲役ということにして実質的に終身刑にしてしまうというのは報道の自由や知る権利を侵害する重大な人権侵害です。

 

 ヒラリーは祝杯を挙げているのかもしれません。しかし、その場所はホワイトハウスではありませんし、民主党に彼女のいるべき場所もありません。ウィキリークスが報復で、何か機密情報を公表するか、アサンジの生命を守るために動きを控えるのか、注目されます。

 

(貼り付けはじめ)

 

ヒラリー・クリントンは、アサンジの逮捕後に、彼は「何をして来たのかを答えねばならない」と発言(Hillary Clinton says Assange must 'answer for what he has done' after arrest

 

レイチェル・フラジン筆

2019年4月11日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/438568-hillary-clinton-says-assange-must-answer-for-what-he-has-done

 

ヒラリー・クリントン元国務長官は木曜日に出席したイヴェントの会場で、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジは「彼がしてきたことについて答え」ねばらないと述べた。

 

AP通信によると、ヒラリー・クリントンは、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジについて、「重要なことは、彼は自分がしてきたこと、少なくとも彼が逮捕された容疑について、してきたことを答えねばならない」と述べたということだ。

 

ヒラリーは皮肉を込めて次のように語った。「皮肉なことは、アサンジはトランプ政権がアメリカ合衆国に歓迎する唯一の外国人であろうということだと思う」。

 

アサンジは木曜日午前、アメリカの代理としてロンドンの当局が逮捕した。

 

アメリカ司法省は木曜日、アサンジに対する訴追が行われると発表した。アサンジは、アメリカ陸軍二等兵で情報分析官であったチェルシー・マニングから機密の政府通信をウィキリークスが公表した件に関連して、複数のコンピュータをハッキングした共同謀議のために告発されている。

 

2016年、アサンジはヒラリー・クリントン選対と民主党全国委員会から盗み出したハッキングしたEメールを公表した。アサンジは彼の行為を自己弁護し、ジャーナリストとして公共の利益にかなう文書のリークを行っただけだと述べた。

 

トランプ大統領は選挙期間中、自分はウィキリークスが好きだと述べたが、アサンジの逮捕後にはウィキリークスから距離を取ろうとした。

 

トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対して、「私はウィキリークスについて何も知らない。私は何のかかわりもない」と述べた。

 

=====

 

ギャバード:アサンジの逮捕はジャーナリストたちに対する脅威である(Gabbard: Assange arrest is a threat to journalists

 

レイチェル・フラジン筆

2019年4月11日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/438542-gabbard-assange-arrest-is-a-threat-to-journalists

 

大統領選挙民主党予備選挙の候補者であるトゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は木曜日、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジの逮捕を非難し、この逮捕をジャーナリストたちに対する脅威であると述べた。

 

ギャバ―ドはツイッターに次のように投稿した。「ジュリアン・アサンジの逮捕は全てのアメリカ国民とジャーナリストたちに対するメッセージを意味している。それは、“声を上げるな、静かに行動せよ、規則に従え”、もしそれを破れば代償を払うことになるぞ、というものだ」。

 

ロンドン警察がアサンジを逮捕して数時間後、民主党はコメントを発表し、アサンジはアメリカで逮捕容疑に関して裁判を受けることになると述べた。

 

アサンジは、アメリカ陸軍二等兵で情報分析官であったチェルシー・マニングから機密の政府通信をウィキリークスが公表した件に関連して、複数のコンピュータをハッキングした共同謀議のために告発されている。

 

正式な起訴は昨年、ヴァージニア州で行われている。木曜日に逮捕が執行された起訴内容は、アサンジは、マニングが国防省の一大のコンピュータのパスワードを盗むことに協力したというものだ。このコンピュータは機密情報が収められていた政府のシステムにつながっていた。

 

アメリカの情報機関関係者と連邦議員たちはこれまで2016年の米大統領選挙期間中のウィキリークスの様々な行動について懸念を表明してきた。ウィキリークスは、民主党全国委員会と2016年のヒラリー・クリントンの選対からハッキングされて盗まれた大量のEメールを公表した。

 

アメリカは、Eメールのハッキングの裏にはロシアのハッカーたちがいると主張している。しかし、アサンジは彼の行動をめぐる批判の内容を否定し、Assange has dismissed criticisms surrounding his actions, arguing he acted like other journalists would have by seeking to leak classified documents viewed as in the public interest.

 

ギャバ―ドは2020年米大統領選挙民主党予備選挙に出馬している10名上の候補者の中の一人で、トランプ大統領と戦う機会を得ようとしている。

 

2016年の米台と両選挙期間中、トランプはウィキリークスを評価していると述べたが、木曜日にアサンジが逮捕された後は、ウィキリークスから距離を取ろうとした。

 

トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対して、「私はウィキリークスについて何も知らない。私は何のかかわりもない」と述べた。

 

アサンジはロンドンにあるエクアドル大使館に2012年から滞在していた。しかし、エクアドル政府は先週、アサンジの外交上の亡命者の資格を剥奪し、イギリス警察による逮捕を主導した。

 

=====

 

アサンジ容疑者持て余す=ルール無視や奇行、高額費用も-エクアドル

 

20190412日 時事通信

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041200460&g=int

 

 【サンパウロ時事】エクアドル政府は11日、在ロンドン大使館で7年にわたってかくまいながら、亡命資格を剥奪して英当局に身柄を引き渡した内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者アサンジ容疑者について、持て余していたことを明らかにした。

 

 バレンシア外相は11日の国会で、亡命を取り消した理由を説明。エクアドル側の再三の制止を聞かずに他国への内政干渉を続け、長い籠城生活で心身の健康状態が悪化していた点と並び、「無礼な行動」を挙げた。

 

 バレンシア氏は「大使の報告によると、館内をキックスケーターでうろついて物を壊したり、サッカーをしたりした。制止を無視して未明に大声を上げることもあった」と暴露。「大使館での態度は批判すべきものだった」と強調した。

 

 また、アサンジ容疑者の滞在中に大使館側が負担した費用は650万ドル(約7億2600万円)以上に達したという。

 

=====

 

●エクアドル大統領モレノ は「裏切り者」=アサンジ容疑者逮捕にコレア氏 

 

20190411日  時事通信

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041101191&g=int

 

 エクアドル政府の迫害を逃れベルギーに滞在中とされるコレア前大統領は11日、内部告発サイト「ウィキリークス」創始者アサンジ容疑者逮捕を受けてツイッターに投稿し「モレノ大統領が英警察を大使館に入れて逮捕させた。エクアドルだけでなく南米史上に残る最悪の裏切り者だ」と非難した。

 

 コレア氏はモレノ大統領を「腐った男」と批判。「モレノ大統領が行ったことは犯罪だ」と訴えた。

 

=====

 

●米司法省、アサンジ容疑者の起訴発表=身柄引き渡し手続き入りへ 」

 

2019年4/11 時事通信

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041101093&g=int

 

 【ワシントン時事】米司法省は11日、内部告発サイト「ウィキリークス」創始者で英警察に同日逮捕されたジュリアン・アサンジ容疑者の起訴を発表した。

 

 米国はアサンジ容疑者の身柄引き渡しを要請しており、逮捕を受け、本格的な引き渡し手続きに入るとみられる。

 

 司法省によると、アサンジ容疑者はマニング元米軍情報分析官と共謀し、2010年に機密情報を扱う米政府のコンピューターに違法な侵入を試みた罪で昨年3月に起訴された。有罪が確定すれば最高で5年の禁錮刑に処せられる。

 

 マニング元分析官は、軍事情報や公電など計70万点以上を不正入手してウィキリークスに提供し、13年に禁錮35年の刑を言い渡された。減刑され17年に釈放されたが、CNNテレビによれば、証言を拒否したとして今年3月に再び収監されている。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 2019年3月末に、ジョー・バイデン前副大統領に対して、不適切な接触をされて不快感を持った女性が告発をしました。この女性が選挙の候補者として、壇上に立っている時に、バイデン副大統領が後ろから近づき、肩を抱き、後頭部にキスをした、と述べています。それ以降、複数の女性たちが同様の訴えを行っています。

joebiden150

 

 バイデンの行為について民主党側からは擁護が相次ぎ、敵対党派から送り込まれたというような内容の発言まであったことですが、ここで微妙に、バイデンの行為はセクシャルハラスメントではないというような流れに持ってきているように感じます。



 

 バイデンは公の場で、人々の目の前で、候補者となった女性を激励する意図で、肩を抱き、頭にキスをした、これはパーソナルスペースについての認識が時代を経るにつれて変化しているということを認識していなかったからだ、ということが言われています。

 

 セクシャルハラスメントは男女問わず受け手が不快に感じたらそうなのだという子だと思っていましたので、こういった主張はおかしいと思われます。また、受け手側がバイデンの副大統領としての立場、応援しに来てもらっているという恩義、その場(選挙集会)を和やかに進めたいということで拒絶できなかったのですから、セクシャルハラスメントではなかったと言い切ることは難しいと思います。

 

本人を含め、側近や周囲のスタッフ(男女問わず)も認識しなかったというのも問題で、若い人たちもいたのですから、そこで何らかの意見具申があるべきではなかったかと思います。

 

 この告発を受けて、少しふざけた対応を見せたのがドナルド・トランプ大統領です。今回の件で、バイデンはツイッター上にヴィデオ映像を投稿し、その中で、自身のパーソナルスペースの認識が古かったこと、誰にでもそのような方法で接していたこと、今後はより注意することを約束することを述べましたが、謝罪はありませんでした。


 

 このヴィデオ映像が面白おかしく加工され、話しているバイデンの映像にバイデンの写真が近づき肩を抱き、後頭部にくっつくという映像を作った人がいました。トランプ大統領はこのヴィデオ映像を自身のツイッター上に投稿し、「お帰りなさい、ジョー」という言葉を書きました。これに対して、バイデンは「いつも通りの反応」だと反撃しました。


 

 今回の経緯をまとめると次のようになります。「ルーシー・フロレスからの告発→バイデンの広報担当からの反応→バイデンがヴィデオ映像で釈明→このヴィデオが揶揄される形で編集されたパロディがツイッター上に投稿される→トランプ大統領がこのヴィデオをツイッター上に投稿→バイデンが反撃」です。

 

 今回の件でバイデンの人気は低下するでしょうが、彼以外にはサンダースくらいしか有力候補がおらず、サンダースになればただでさえ分裂気味の民主党はまとまらないとなると、何とかバイデンを押し立てて進んでいくしかないということになります。

 

(貼り付けはじめ)

 

バイデンはトランプに対して反撃:「大統領らしい、いつも通り」(Biden hits back at Trump: 'Presidential, as always'

 

レイチェル・フラジン筆

2019年4月4日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/437477-biden-hits-back-at-trump-presidential-as-always

 

ジョー・バイデンは木曜日、トランプ大統領に反撃した。トランプ大統領は、前副大統領に対する不適切な接触という告発を揶揄する編集されたヴィデオをツイッター上に掲載した。

 

バイデンは「大統領のいつも通りのふるまいを見ている」とツイッター上で書いた。

 

バイデンのツイートは、トランプ大統領が編集したヴィデオを投稿した後に、出されたものだ。トランプ大統領はヴィデオを掲載し、その投稿にバイデンが告発に対して行った声明からの文言を付け加えた。

 

トランプ大統領が投稿した、編集されたヴィデオ映像は15秒間だ。バイデンが話している間に、発言内容が文字として掲載され、同時に、バイデンの写真が話しているバイデンの肩を抱き、彼の後頭部に顔をくっつけるように編集されている。

 

バイデンはヴィデオ映像の中で次のように述べている。「私は握手をし、ハグをし、男性女性問わず肩を抱き、“あなたなら出来ますよ”と言う。女性、男性、若い人、高齢者関係なく、私はそのように行動してきた。私はこのような方法で、皆さんに関心を持ち、話を聞いていることを示そうとしてきた」。

 

ここ数日、複数の女性たちがバイデンに接触され不快に感じたと告発している。バイデンは大統領選挙出馬宣言を行うものと見られている。

 

バイデンは水曜日、ヴィデオをツイッターに投稿し、その中で、パーソナルスペースに「より注意」そ、彼の行動を変えると約束したが、告発者たちに対して直接謝罪をしなかった。

 

バイデンはヴィデオの中で次のように述べている。「社会規範は変化し始めていた。それらは変わっている。パーソナルスペースの範囲は新しくなっている。私は理解した。私は女性たちの発言を聞いた。私は理解した。わたしはこれからより注意する。それは私の責任で、私は責任を果たす」。

 

水曜日、バイデンは謝罪すべきかと記者団に問われ、それはバイデンが決めることだとトランプ大統領は答えた。

 

トランプ大統領は、「彼は自分自身で決断を下すだろう。彼は決断をする力を持っていると思う」と述べた。

 

トランプ大統領は「彼の幸運を祈る。心から幸運を祈る」と述べた。

 

トランプ大統領自身も10名以上の女性から性的に間違った行動で告発され、その内容を否定した。

 

=====

 

トランプ大統領がバイデンのヴィデオ映像のパロディ映像を投稿:「お帰りなさい、ジョー」(Trump shares parody Biden video: 'Welcome back Joe'

 

ジョーダン・ファビアン、ブレット・サミュエルズ筆

2019年4月4日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/administration/437416-trump-shares-parody-biden-video-welcome-back-joe

 

木曜日、トランプ大統領は、ジョー・バイデン前副大統領に対する不適切な接触という告発を揶揄するために編集されたヴィデオ映像をツイッター上で共有した。

 

トランプ大統領はこのヴィデオ映像をツイッター上に投稿した。このヴィデオ映像には、その前日にバイデンが告発について出した声明からの文言を抜き出して付けられていた。トランプ大統領は投稿に次のメッセージをつけた。「お帰りなさい、ジョー!("WELCOME BACK JOE!")」 。

 

15秒のヴィデオ映像は、バイデンが話している間に、発言内容が文字として掲載され、同時に、バイデンの写真が話しているバイデンの肩を抱き、彼の後頭部に顔をくっつけるように編集されている。

 

2020年の大統領選挙への出馬が見込まれているバイデンはヴィデオ映像の中で、「私は握手をし、ハグをし、男性女性問わず肩を抱き、“あなたならできる”と言ってきた。女性、男性、若い人、高齢者、関係なく私は常にそのようにしてきた。これは私が皆さんに関心を持ち、話を聞いていますということを示そうとしてのことだった」と語った。

 

このヴィデオはトランプ大統領に対する最新の攻撃材料になった。ジョー・バイデンは、複数の女性たちから不適切に接触されたという告発を受け、論争の中心となっている。

 

カープ・ドンクトンというツイッターアカウントに、編集されたヴィデオ映像が最高に投稿された。そして、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニアによってリツイートされた。

 

トランプ大統領は、火曜日の全米共和党連邦議員委員会主催の夕食会での演説で2度にわたり、バイデンを告発に絡めて揶揄した。トランプ大統領はバイデン副大統領に対して、「この世界にようこそ」と言いたい気分だと述べた。また、聴衆に対して、イスラム国との戦いで朗報をもたらされたことで、米軍の指導者にキスをさせてくれと頼んだ時に、「ジョー・バイデンのような気分になった」と語った。

 

 

水曜日、トランプ大統領はバイデンが謝罪すべきかどうか質問され、より抑制的な態度を取った。大統領は閣議室で記者団に対して、バイデン前副大統領は「自分自身で決断することになるだろう」と述べた。

 

2016年の選挙期間中に10名以上の女性がトランプ大統領を性的に不適切な行為を告発した。大統領はこれらの告発内容を否定した。

 

2016年の大統領選挙期間中、2005年に「アクセス・ハリウッド」に出演した際に、これまで女性たちに同意なしでハグしキスをしてきたと発言したことに注目が集まり、トランプは広範な批判に晒された。彼は後に自身の発言を「ロッカールームでの軽口」だったと述べた。

 

ここ数日、複数の女性がバイデンによる不適切な接触について公の場で発言をしている。女性たちはバイデンが不適切な接触をし、不快に感じる行動をしたと述べている。

 

バイデンは水曜日にツイッターに投稿したヴィデオで女性たちの告発について言及した。彼は告発者たちに直接謝罪しなかった。しかし、時代は変化しており、彼自身の行動を時代に合わせると述べた。

 

バイデンは次のように述べた。「社会規範は変化し始めていた。これらは変化している。パーソナルスペースの範囲は新たに決まっている。私はそれを理解した。私は女性たちの告発を聞き、理解した。私はこれからもっと注意する。それが私の責任であり、それを果たす」。

 

=====

 

バイデンに対する告発に対するブティジェッジの発言:全ての人々が「より高い基準」を持つことは「悪いことではない」(Buttigieg on Biden allegations: 'Not a bad thing' everyone is being held to 'very high standard'

 

クリス・ミルズ・ロドリゴ筆

2019年4月3日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/437296-buttigieg-on-biden-allegations-not-a-bad-thing-were-all-being-held-to-very

 

インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジ(民主党)は水曜日、ジョー・バイデン前副大統領に対する不適切な接触の告発について質問され、「人々が大変高い基準を持つことは悪いことではない」と答えた。

 

ブティジェッジは告発に対する前副大統領の対応について「私はヴィデオ映像を全て見ていないので、副大統領が述べたいことを述べることに任せたい。私が言えることは、現代に生きる我々はより高い基準を持つべきで、それは悪いことではない」と述べた。

 

ブティジェッジは2020年米大統領選挙民主党予備選挙候補者であり、バイデンが告発に応えるためにヴィデオ映像を発表してすぐにコメントを行った。ヴィデオ映像の中で、バイデンはこれから女性のパーソナルスペースにより注意を払うと約束した。

 

バイデンは次のように述べた。「社会規範は変化し始めていた。それらは変化し、パーソナルスペースの範囲はリセットされており、私はそれを理解した。私は女性たちの発言を聞き、理解した。私はこれからより注意する。これが私の責任であり、それを果たす」。

ヴィデオ映像の中で、バイデンは告発した女性たちに対して直接謝罪をしなかった。そして、彼の行為は悪意を含んだものではなかったと主張し、男性女性問わず、同じように行動していたと述べている。

 

ここ数日、4名の女性が新たにバイデン前副大統領の公の場での接触によって不快を感じたということを発言している。

 

76歳になるバイデンはもうすぐ、2020年米大統領選挙へ出馬宣言すると見られている。

 

米大統領選挙立候補者のうち、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、エイミー・クロウブッシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は、バイデンへの告発者たちの告発内容を信じると述べた。

 

=====

 

民主党の政治家だった人物がバイデンの「不適切な接触」について接触(Former Dem politician accuses Biden of 'inappropriate' contact

 

タル・アクセルロッド筆

2019年3月29日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/436517-nevada-politician-accuses-biden-of-inappropriate-contact?fbclid=IwAR1-4oRY7QiHRw_iK_IrzBOeXnI0VIe2smXnnXooSXkhik8i461QYEoDcxs

 

ネヴァダ州副知事選挙に立候補した経験を持つルーシー・フロレスは金曜日、2014年の選挙集会でジョー・バイデン前副大統領(当時は現職の副大統領)と同席した際に、不適切な接触を受けたと告発した。

 

フロレスは『ザ・カット』誌に文章を発表した。その内容は、選挙集会の壇上で彼女がバイデンの隣に立っていた時、バイデンは彼女の肩に手を置き、彼女の髪の毛の匂いを嗅ぎ、彼女の頭にキスをした、というものだ。

 

フロレスは次のように続けている。「私は深呼吸をして、聴衆の前で演説を使用とした時、私の肩に2つの手が置かれることを感じた。私は凍り付いた。“どうしてアメリカ副大統領が私に触っているのか?”彼が私の背後から私に近づいていることを感じた。彼は更に近づき、紙の匂いを嗅いだ。私は屈辱を感じた」。

 

フロレスは続けて次のように書いている。「彼は私の後頭部にキスをした。私の脳は何が起きているかを理解することが出来なかった。私は屈辱を感じた。衝撃を受け、混乱した」。

 

フロレスは、「私はそれまでこのように極めて不適切で配慮に欠けたことをされた経験がなかった」と述べた。

 

フロレスは続けて次のように書いている。「バイデンはネヴァダ州まで来て、私の指導力と副知事にふさわしい能力を持つことを話すことになっていた。彼はこれが重要な仕事であることを分かっていた。しかし、彼が私に接触した時、彼は自分の同僚に対するのと同じ対応を私にすることを止めたのだ。彼の行為が暴力的でなく、性的なものではないにしても、品位と敬意を欠いたものだ。私は彼の生徒もしくは友人として登壇したのではない。私は副知事にふさわしい人物として登壇したのだ」。

 

バイデンの広報担当者は金曜日、本誌の取材に対して、フロレスが述べた出来事について、副大統領もスタッフも記憶していないが、バイデンは彼女が自身の考えを人々と共有する権利を持つと考えていると答えた。

 

バイデンの広報担当ビル・ルッソはEメールでの声明について次のように述べた。「バイデン副大統領は2014年のルーシー・フロレスのネヴァダ州副知事選挙運動を喜んで支援し、大群衆の前で彼女に対する応援演説を行った」。

 

ルッソは続けて次のように述べた。「その時だけでなく、それ以降の年月も、バイデンもしくはバイデンに近い人々はフロレス氏が不快に思っていたことを認識していなかったし、彼女の語る出来事の内容を記憶していなかった。しかし、バイデン副大統領は、フロレス氏が回想と考えを人々と共有する権利を持っていると考えている。私たちの社会をより良くするために、彼女がそのように機会を持つべきだと考えている。バイデン副大統領はフロレス氏を政治において強く、独立した発言者として尊敬し、彼女が最善を尽くせるように祈っている」。

 

フロレスは選挙集会の後に出来事について彼女のスタッフの数人に話した。しかし、「自分の人生と仕事」を前に進めるという最終決定を下した。

 

バイデンがその後も「女性や若い女の子たちに不愉快なくらいに近づいている」写真を見るたびに、彼女の「怒り」と「後悔」は大きくなり、告発しようと決心するに至った。

 

「バイデンは法律も破っていないが、社会が道徳的に些細な罪(もしくは道徳的には罪ではない)を犯している。これは受け手にいつも大きなストレスを与えている。権力と注意との間にバランスが保たれていないことがポイントであり、問題だ」。

 

フロレスは2014年の副知事選挙で敗れた。現在は、ラティーノ運動グループ「ラズ・コレクティヴ」の代表を務めている。

 

バイデンはこれから数週間以内に大統領選挙出馬を表明すると見られている。民主党の一部にはバイデンが2020年米大統領選挙の民主党候補者となるのに十分に進歩主義的であるかどうかを精査されている。

 

ジョー・バイデン前副大統領に対しては、1990年代の連邦上院でのアニタ・ヒルの公聴会に対する取り扱いについて批判を受けている。この当時、ヒルは当時の連邦最高裁判事の候補者クラレンス・トーマスをセクシャルハラスメントで告発していた。

 

バイデンは当時連邦上院司法委員会の委員長を務めた。

 

今週、バイデンは連邦上院議員時代にヒルに対してもっと何かすることが出来たのではないかという後悔を示した。

 

バイデンは火曜日の集会で次のように述べた。「勇敢な法律家、素晴らしい情勢であるアニタ・ヒル教授は、クラレンス・トーマスにハラスメントされたという経験について語ることで大いなる勇気を示した。しかし、彼女は大きな代償を支払うことになった。彼女は連邦上院での公聴会で酷い扱いを受けた。彼女は利用された。彼女の名声は攻撃を受けた。私はあの時に何かできたのではないかと後悔している」。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回はアメリカ大統領選挙に関する各種世論調査の結果について記事をご紹介します。

 

 民主党の米大統領選挙予備選挙については、どの世論調査でも、ジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)が1位と2位となる結果となっています。最近、バイデンに関してはセクシャルハラスメントを行ったという訴えが出ており、民主党側では火消しに躍起になっています。しかし、これまでの写真を見ていると、確かに女性に触れすぎというか、馴れ馴れしい感じがします。サンダースに関しても、サンダース自身に対してではなく、選対幹部のセクシャルハラスメントやモラルハラスメントの告発があり、謝罪するということもありました。

joebidenberniesandersbetoorourke001

左からオローク、バイデン、サンダース

人気3位にはビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)が入ってきますが、どちらも支持率の数字は上位2人と比べてグンと落ちます。エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)が5番手というところですが、こちらも支持率拡大に苦労しているようです。

kamalaharris010

カマラ・ハリス 

elizabethwarren002
エリザベス・ウォーレン

 予備選挙には十数人も立候補していますが、トップ5は不動です。それ以降はドングリの背比べです。メディアが集中しているニューヨーク州選出のカーステン・ギリブランド連邦上院議員(民主党)、ニューヨーク州のお隣のニュージャージー州選出でSNSを駆使しているコーリー・ブッカー連邦上院議員(民主党)が伸び悩みは意外でした。しかし、どちらもウォール街の金融業界との関係が深いことや民主党エスタブリッシュメント(ヒラリー派)に近いという点で、反エスタブリッシュメント、反ウォール街で左に寄っている民主党支持者には受けが悪いということなのでしょう。

kirstengillibrand010
カーステン・ギリブランド

corybooker001
コーリー・ブッカー

 

 私が注目しているトゥルシー・ギャバ―ド連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は泡沫候補扱いですが、これから歯に衣着せぬ発言で民主党エスタブリッシュメントに喧嘩を売り続けて欲しいです。インディアナ州サウスベンド市の市長ピート・ブティジェッジ(民主党)は上り調子で、知名度と人気を上げています。まだ人気トップ5には水をあけられていますが、アイオワ州の調査では3位に入ったり、ペンシルヴァニア州の調査では4位に入ったりと1月の時点では0%表示だったことを考えると、かなりの躍進をしています。


tulsigabbard001
トゥルシー・ギャバ―ド

petebuttigieg001
ピート・ブティジェッジ

 今年の6月からは月1回のペースで大統領選挙民主党予備選挙(民主党全国委員会主催、各テレビ局が独占番組制作・中継)の立候補者たちによる討論会も始まります。それまでにどのような構図になっているか注目していきたいと思います。

 

(貼り付けはじめ)

 

世論調査:ペンシルヴァニア州でバイデンとサンダースがトランプに対して2桁の差をつけてリード(Poll: Biden, Sanders hold double-digit lead on Trump in Pennsylvania

 

ジョン・バウデン筆

2019年3月29日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/436428-poll-biden-sanders-lead-trump-in-pennsylvania-by-10-points?fbclid=IwAR0GqQQmmg3-N3F7MXNRu8Bb7cxLNvSggf5UDJ0wamu_5h8g-nghu2MZ-og

 

ペンシルヴァニア州で実施された世論調査で、ジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)が2020年の大統領選挙でトランプ大統領と一対一の戦いになったらという質問で共に二桁のリードという結果が出た。

 

エマーソン大学の世論調査の結果が金曜日に発表され、現職のトランプ大統領との一対一の本選挙が今日行われたらどちらを支持するかという質問で、バイデンとサンダースはそれぞれ55%の支持を集めた。その他の候補者たちも一桁台ではあるがトランプ大統領に対してリードしているという結果が出た。

 

世論調査対象者の間で、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)はトランプ大統領に対して4ポイントの差をつけた。

 
emersonpollingpenn010

 

世論調査ではカマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)もトランプ大統領に対して若干のリードをしている。一対一の場合、ハリスの支持率51%に対してトランプ大統領の支持率は48%だった。ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)も若干のリードという結果が出た。オロークの支持率51%に対してトランプ大統領の支持率は49%だった。

 

トランプ大統領にとって問題になりそうなのは、トランプ大統領の仕事に対する評価で、現在は水面下にある状況だ。調査対象者のうち41%がトランプ大統領の仕事を評価した。


emersonpollingpenn009

ペンシルヴァニア州の有権者のうち55%が2020年の大統領選挙でトランプ大統領には「投票しないつもりだ」と答え、45%が「投票するつもりだ」と答えた。

 

エマーソン大学の世論調査はペンシルヴァニア州に住む登録済み有権者808名を対象に2019年3月26日から28日にかけて実施された。誤差は3.4ポイントだ。

 

=====

 

世論調査:バイデンが2020年米大統領選挙民主党予備選挙の候補者たちをリードし、サンダースとオロークが続く(Poll: Biden leads 2020 Dem field by double digits followed by Sanders, O'Rourke

 

ジョン・バウデン筆

2019年3月28日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/436215-poll-biden-leads-2020-dem-field-by-double-digits-followed-by-sanders-and?fbclid=IwAR1OAbPzj4CNMWrZCD2-1xw4wZGl2LCVJObn_bPQRhnwrbhNuHLng5mJJIY

 

木曜日に発表された最新の世論調査によると、ジョー・バイデン前副大統領が他の2020年米大統領選挙民主党予備選挙の候補者たちに二桁の差をつけてリードしている。

 

キュニピアック大学の世論調査では、有権者登録している民主党支持者と左派に寄っているとする有権者たちの中で、バイデンは29%の支持を集めた。一方、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)が19%の支持を集め、第2位につけた。

 

ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)は2018年11月の中間選挙でテッド・クルーズ連邦上院議員(テキサス州選出、共和党)に敗れたが、今月になって大統領選挙出馬を表明した、オロークは支持率12%で第3位につけた。カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は支持率8%で第4位につけた。

 

quinnipiacunivpolling005
 

インディアナ州サウスベンド市市長ピート・ブティジェーグ(民主党)は準備検討委員会発足を発表して以降、順位を上昇させている。今回の世論調査では、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)とタイで第5位につけた。ブティジェーグとウォーレンはそれぞれ4%の支持を集めた。

 

今回の世論調査の結果は民主党側に楽観的となるデータを提供するものとなった。それは調査対象となった人々の53%が、民主党の候補者指名を受けるのが誰になっても、2020年の米大統領選挙でトランプ大統領を支持しないと答えた、というものだ。

 

プレスリリースの中で、世論調査部門の副部長ティム・マロイは次のように述べた。「民主党支持者と民主党寄りの有権者たちはドナルド・トランプ大統領に対抗できる候補者を熱望している。彼らは3人の“B”、バイデン(Biden)、バーニー(Bernie[・サンダース]、ビトー(Beto[・オローク]をトップ3に据えている。有権者は、選挙戦では選挙での当選可能性と共有される考えを年齢、人種、性別よりも重視している」。

 

キュニピアック大学の世論調査は1358名を対象に実施され、誤差は3.3ポイントだ。民主党支持者と民主党よりの有権者のサンプルの誤差は5.1ポイントだ。

 

=====

 

世論調査:早い段階で予備選挙が開催される各州でバイデンがサンダースを2桁リード(Biden opens up double-digit lead over Sanders in early primary states: poll

 

ザック・バドリック筆

2019年3月26日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign-polls/435809-biden-opens-up-double-digit-lead-over-sanders-in-early-primary-states?fbclid=IwAR1gbAsVDb5a4BxXEefxBVofn2EVR86vHcdehpfzjs_QuRzl1yibMpIQZg4

 

最新の世論調査の結果、ジョー・バイデン前副大統領は早い段階で予備選挙と党員集会が開催される各州の支持率でバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)を11ポイントリードしていることが分かった。

 

モーニング・コンサルト社の世論調査で、バイデンは民主党の大統領選挙予備選挙に出馬表明を行った候補者の中で38%の支持を集めトップに立った。続いてサンダースが27%、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)が8%、ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)とエリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)が7%ずつで、第4位につけた。

 

morningconsultpolling002

早めに予備選挙が行われる州での支持率

 

まだ出馬表明をしていないバイデンとサンダースとの間の全国規模での支持率の差は少し縮まる。

 

全国規模のバイデンの支持率が35%、続くサンダースが25%、ハリスとオロークが8%ずつで同率の第3位となり、ウォーレンが支持率7%で第5位となった。

 

コーリー・ブッカー連邦上院議員(ニュージャージー州選出、民主党)の支持率は4%、エイミー・クロウブッシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)とインディアナ州サウスベンド市市長ピート・ブティジェッジ(民主党)がそれぞれ2%であった。カーステン・ギリブランド連邦上院議員(ニューヨーク州選出、民主党)の支持率は1%だった。

 

morningconsultpolling001
全州での支持率


世論調査で、バイデンの支持者たちの間で、次に支持する人物はサンダースということになり、サンダースの支持者の間ではバイデンになるという結果が出た。バイデンの支持者のうち33%がサンダースを2番目の選択肢だと答え、サンダースの支持者の35%がバイデンを2番目の選択肢だと答えた。

 

今回の世論調査は全国の登録済み有権者13725名を対象に2019年3月18日から24日にかけて実施された。誤差は1%だ。アイオワ州、ニューハンプシャー州、サウスカロライナ州、ネヴァダ州に住む調査対象者だけの調査の場合の誤差は4%となる。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ