古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:ホアキン・カストロ

 古村治彦です。

 

 民主党の大統領選挙候補者について何人かご紹介しましたが、今回は、ジュリアン・カストロが出馬に関心を持っているという発言を行いました。ニューハンプシャー州で開催される民主党系団体主催のイヴェントで演説を行う予定になっていて、そのイヴェントへの関心が高まっているそうです。会場をいつもよりも大きな場所にし、入場料も高騰しているそうです。カストロに対する期待の表れと言えるでしょう。しかし、入場料が2500ドルというのはいくらなんでもひどいです。普通の有権者が入れない、そうするとエリート、エスタブリッシュメント派よりだとして攻撃されてしまいます。

joaquincastrojuliancastro005

左がホアキン・カストロ連邦下院議員、右がジュリアン・カストロ 

ジュリアン・カストロは民主党若手有望株です。1974年生まれですから今年で43歳になります。双子の兄弟がホアキン・カストロ連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)です。ホアキンは米日友好議連の民主党側委員長として何度も来日しています。二人ともスタンフォード大学に進学し、卒業後は、ハーヴァード大学法科大学院に進み弁護士資格を取得しています。エリート兄弟ということになります。

joaquincastroabeshinzo005

ホアキン・カストロ議員と安倍晋三首相
 

 ジュリアンはテキサス州サンアントニオ市の市長を務め、その後、オバマ政権の第2期目では39歳で住宅都市開発省長官に抜擢されました。2016年のアメリカ大統領選挙ではヒラリー・クリントンの副大統領候補として名前が挙がりましたが、実際には選ばれませんでした。カストロ兄弟は民主党若手有望株として期待されています。

 

 カストロ兄弟はアメリカで人口増加が著しいヒスパニック系であり、大統領選挙ではいつも激戦となり、大統領選挙の勝敗の影響を与えるテキサス州を地盤にしているということもあって、民主党にとっては有力な持ち駒ということになります。まだ40代ですから、これからチャンスは3回、もしくは4回あります。

 

 民主党に関しては、党内分裂も激しいですが、有力政治家の高齢化も問題になっています。2020年の大統領選挙の候補者として、ジョー・バイデン前副大統領(デラウェア州が地盤)、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出)、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出)、ジョン・ケリー前国務長官(マサチューセッツ州が地盤)といった70歳を超えているような人たちの名前が出ているようでは厳しいです。

 

 若手と言えば、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出)、カーステン・ギリブランド連邦上院議員(ニューヨーク州選出)、ティム・ライアン連邦下院議員(オハイオ州選出)ジュリアン・カストロ(テキサス州が地盤)、ホアキン・カストロ連邦下院議員(テキサス州選出)が40代、ジョセフ・ケネディ連邦下院議員(マサチューセッツ州選出)が30代となっています。これらの民主党若手有望株についてはこのブログでも既にご紹介しています。下のタグ「民主党」を押していただけると、アメリカの民主党に関連した記事が出てきますので、その中にあります。

 

 2020年の大統領選挙には民主党の予備選挙で若手有望株も出てくるでしょうから、2016年の時のような、ヒラリー一択という一種の閉塞感はないだろうと思います。

 

(貼り付けはじめ)

 

ジュリアン・カストロ:「2020年の大統領選挙出馬について大いに関心を持っている」(Julián Castro: 'I have every interest in running' for president in 2020

 

ルイズ・サンチェス筆

2018年2月6日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/homenews/campaign/372523-julian-castro-i-have-every-interest-in-running-for-president-in-2020

 

元サンアントニオ市長でオバマ政権では住宅都市開発省長官を務めたジュリアン・カステロが「2020年の大統領選挙への出馬について大いに関心を持っている」と発言した。

 

カストロは来週金曜日に「ニューハンプシャー州ヤング・デモクラッツ・グラナイト・スレイト・アワード」で冒頭の演説を行う予定になっている。この演説が2020年の大統領選挙に向けた最初の動きとなる。ニューハンプシャー州はアメリカ国内で最初に大統領選挙予備選挙が行われる州で、大統領選挙出馬を考えている候補者たちにとっては重要なテストの場所となっている。

 

カストロはNBCニュースの取材に対して次のように語った。「私は大統領選挙出馬について大いに関心を持っている。私が出馬するかどうかを決断する過程の一部として、仲間や友人たちの意見を聞き、有権者の熱意を感じるということがある」。

 

「ヤング・デモクラッツ」主催のイヴェントにはいつも100名ほどが出席する。しかし、今年は関心が高まり、開催場所も広い会場に変更になっている。チケット代は30ドルから2500ドルに急騰した。

 

カストロは2016年のアメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントンの副大統領候補となる可能性もあった人物だ、彼は自身の政治的な野心を隠そうとしたことはこれまでない。

 

カストロが初めて政治の世界に足を踏み入れたのは2001年のことだった。26歳の時にテキサス州サンアントニオ市の市議会議員に当選したのだ。昨年、カストロは自身の政治活動委員会(PAC、政治資金管理団体)を設立し、大統領選挙への出馬があるのではないかと人々の関心をひいてきた。

 

オバマ政権での閣僚期間終了後、カストロは住宅都市開発省長官に就任した際に中断した自伝の執筆を再開した。自伝は2018年中に出版される予定だ。カストロは現在、テキサス大学リンドン・B・ジョンソン記念公共問題大学院で教鞭を執っている。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は2018年の中間選挙で注目の選挙となるテキサス州の連邦上院議員選挙についての記事をご紹介します。現職のテッド・クルズ(共和党)が圧倒的に強いと予想されていますが、民主党の連邦下院議員たちが挑戦するという構図になりそうです。民主党側では、ホアキン・カストロ連邦下院議員、ベト・オローク連邦下院議員が挑戦するのではないかと予想されています。

 

 世論調査で、クルズ対カストロ、クルズ対オロークという組み合わせで調査が行われ、カストロがクルズを上回り、オロークとクルズが並んでいるという結果が出ました。クルズは昨年の大統領選挙では共和党予備選挙でトランプに敗れましたが、2位になり、次回の大統領選挙の有力候補です。しかし、2018年の連邦上院議員選挙で敗れてしまうと大統領への道が閉ざされてしまいます。

 

 日本で人気も知名度もある政治家が選挙に敗れてしまうことは考えにくいですが、アメリカでは常に自分の政党の予備選挙があって本選挙を戦うことになりますので、現職有利なのは変わりませんが、クルズほどの政治家でも落選の可能性があり、常に緊張感を持つようになります。ここが日本とは全く違うところです。日本では政治家の緊張感が欠けてしまっている現状があり、私たち有権者が甘やかしてしまっていると言えると思います。

 

 民主党は何十年も連邦上院議員の椅子を獲れずに来ていますが、ホアキン・カストロ(1974年生まれ)という若い政治家が出てきて、期待が持てる状況になっています。ホアキン・カストロは民主党の若い世代の代表とも言うべき政治家です。双子の兄弟ジュリアン・カストロは、サンアントニオ市長を経て、30代の若さでオバマ政権の都市住宅開発長官を務めました。ジュリアンは昨年の大統領選挙ではヒラリーの副大統領候補になるのではないかと言われていましたが、最終的にはそうなりませんでしたが、これが彼にとっては良い結果になりました。ヒラリーと一緒に沈むことがなくて助かりました。

 

 ホアキン・カストロは、連邦下院内の超党派議員連盟であるジャパン・コーカス、米日友好議員連盟の民主党側の会長を務めています。私は、米日友好議連は日本からの企業進出や投資を誘致しようというグループだと思います。この議連は知日派、日本に関心を持つ連邦下院議員たちが集まって結成したもので、ホアキンは2015年に議連会長の資格で訪日し、安倍晋三首相と会談をしたこともあります。この時に経団連アメリカ委員会とも会談を持ちました。日本の政財界での人脈作りも進めているようです。

 

 ホアキン・カストロはテキサス州、特に自分の地元であるサンアントニオ市への日本企業の進出を推進したいと考えていると思います。テキサス州ではヒューストンとダラス、サンアントニオの大都市で「テキサス・トライアングル」と呼ばれる人口集中地帯を形成していますが、ヒューストンとダラスは経済成長が著しいのですが、サンアントニオは後れを取っています。連邦下院議員は2年に1回の選挙を勝ち抜かねばならず、地元への利益誘導を通じて地盤の強化を図らねばなりません。また、ワシントンDCでは、連邦上院議員(100名)の方が連邦下院議員(435名)よりも格上として扱われます。たとえばワシントンの有名レストランではウェイターは連邦上院議員の顔と名前は覚えますが、連邦下院議員は人数が多く、入れ替えも激しいので顔と名前は覚えていないという話があります。

 

 クルズもうかうかとはしていられません。クルズほどの有名な議員であっても、ぼやっとしていたら落選してしまうという緊張感を持たせるということで、アメリカの有権者の方が日本の有権者よりも民主政治を理解している、その使い方をよく知っていると言えると思います。

 

(貼り付けはじめ)

 

世論調査で、民主党のカストロがクルズをリード(Poll shows Texas Dem Castro leading Cruz

 

レベッカ・サヴランスキー筆

2017年4月19日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/business-a-lobbying/329445-poll-shows-cruz-losing-to-texas-dem-castro

 

最新の世論調査の結果によると、2018年の連邦上院議員選挙の予想で、連邦下院議員ホアキン・カストロ(テキサス州選出、民主党)が現職の連邦上院議員テッド・クルズ(テキサス州選出、共和党)に対して僅差で勝利するという結果が出た。

 

「テキサス・ライセウム」が水曜日に発表したテキサス州全体での世論調査の結果を発表した。有権者に対して、上院議員選挙でカストロとクルズが戦った場合にどちらに投票するかという調査を行った結果、カストロの支持率は35%、クルズの支持率は31%という結果が出た。

 

クルズと連邦下院議員ベト・オローク(テキサス州選出、民主党)との場合には、30%ずつとなり、同率で並んだ。

 

テキサス州ではこれまでの29年間、民主党が上院議員の座を勝ち取ったことがない。クルズは昨年の大統領選挙の共和党予備選挙でトランプに次いで2位になった。これまで、クルズはテキサスでの支持率が高く、不敗だろうと考えられてきた。

 

今回の世論調査では、トランプ大統領の支持率が下降していることが明らかになった。支持率が42%、不支持率が54%となっている。

 

調査対象者の52%が、アメリカは間違った方向に向かっていると答えた。2016年の調査では63%が間違った方向に向かっていると答えたので、数字は下がっている。

 

テキサス州民は、政党支持の違いで質問に対する答えが正反対になっている。民主党支持者の84%がアメリカは間違った方向に進んでいると答え、一方、共和党支持者の73%がアメリカは正しい方向に進んでいると答えた。

 

今回の世論調査は1000名を対象に、4月3日から9日にかけて実施された。誤差は3.1%だ。

 

先月、オロークは2018年の連邦上院議員選挙で現職クルズに町産するために出馬すると公式に発表した。オロークは民主党側で最初にクルズに挑戦することを表明した人物となった。2018年の連邦上院議員選挙は、共和党有利のテキサス州において、民主、共和両党が激しくぶつかる選挙となると予想されている。カスロトは現在、出馬するか検討中だ。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ