古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:ボブ・コーカー

 古村治彦です

 

 トランプ政権の閣僚に誰がなるか、が現在の注目の的となっています。

 

 アメリカでは大統領府に属する閣僚級の幹部と、連邦政府を構成する各省のトップである長官(セクレタリー)が、政権最高幹部ということになります。江戸時代の例で考えると、将軍に直属する「御側」「御用取次」「側用人」が「奥の役人」、「三奉行(寺社・江戸町・勘定)」「大目付」「若年寄」「老中」が「表の役人」と呼ばれました。大統領府に属する政権幹部は奥の役人、行政府の閣僚は表の役人ということになるでしょうか。江戸時代は、奥の役人は政治に直接かかわることは、建前上は禁止されていましたが、現在のアメリカでは奥の役人は大統領に属し実際の政策立案に閣僚たちと共に関わり、閣僚たちは、官僚を指揮してその政策を実行するということになります。

 

 しかし、表遠くの役人同士で争いが起きるのは古今変わらないようです。五代将軍徳川綱吉の寵臣、柳沢吉保(元々は保明という名前だったが、綱吉からを賜り吉保と改名)は側用人でした。十代将軍徳川家治の側用人は、有名な田沼意次でした。側用人が権勢をふるうということはよくありました。私たちも日本史の授業で、「側用人政治」と言う言葉を習いました。

 

側用人とよく似て、大統領首席補佐官(Chief of Staff)が大統領執務室前に陣取って、大統領のスケジュールや面会の管理をするので、力を持つ場合があります。オバマ政権初期の大統領首席補佐官ラーム・エマニュエル(現シカゴ市長)はそうでした。

 

また、国家安全保障問題担当大統領補佐官(National Security Advisor)は大統領に直属し、毎日、国家安全保障と外交に関して助言を行うことをしており、大変重要なポジションです。国家安全保障会議という大変重要会議にも出席します。ジミー・カーター政権時代、イランでイスラム革命が起き、アメリカ大使館が学生たちに占拠され職員たちが多数人質にされるという事件が起きました。この時、人質救出の方法を巡って、ズビグニュー・ブレジンスキー国家安全保障問題担当大統領補佐官とサイラス・ヴァンス国防長官の間で対立が起きました。ブレジンスキーが軍のエリートによる突入、ヴァンスはそうした強硬策に反対しました。そして、ブレジンスキーが勝ち、ヴァンスは国防長官を辞任しました。

 

 また、沖縄返還に関しては、佐藤栄作首相の意向を受けて密使として交渉にあたった、若泉敬・京都産業大学教授(当時)の著書『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』には、交渉相手として、リチャード・ニクソン大統領国家安全保障問題担当補佐官として、若泉の友人であったウォルト・ロストウとロストウの後任のヘンリー・キッシンジャーが出てきます。

 

 以下の記事2本では、これまでトランプを支えてきた人物たちの名前が出てきています。選対本部にいて選挙を取り仕切った人たちはスタッフとして大統領府に入ることが予想されていますが、どのような配置になるか、こちらもまだ決まっていません。

 

 以下の記事では出てきませんでしたが、国家安全保障問題担当大統領補佐官には軍人出身のマイケル・フリンの名前が挙がっています。また、国防長官の名前として、ジョージ・W・ブッシュ大統領の国家安全保障問題担当大統領補佐官スティーヴン・ハドリーの名前が挙がっています。

 

 記事を読むと、今回の人事に関する考え方として、「ワシントンの連邦政府(行政府)を変えるために連邦議会(立法府)からその分野に精通した人物を登用する(ジェフ・セッションズやボブ・コーカー)」というものと、「これまでの共和党政権(主に前回のジョージ・W・ブッシュ政権)での経験を持っている人を登用する(ジョン・ボルトンやスティーヴン・ハドリー)」というものの2つがあるようです。

 

 日本関係で重要なのは、国務長官や国防長官とその下の副長官、次官、次官補、国家安全保障問題担当大統領補佐官、国家安全保障会議アジア部長、国務省日本部長、国務省政策企画局長といったポジションです。こういったポジションにどういう人たちが就任するのか、更に言うと、トランプに反対していた、マイケル・グリーンさんがどういう地位に就かれるのかが注目です。

 

(貼り付けはじめ)

 

準備段階での名簿がトランプ政権の閣僚候補者たちの名前を示す(Preliminary list shows potential Trump Cabinet picks

 

ニキータ・ヴラディミロフ筆

2016年11月9日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/305354-buzzfeed-obtains-preliminary-list-of-trump-cabinet-picks

 

ドナルド・トランプの政権移行ティームは、彼が率いる次期政権の閣僚になる可能性がある人々の名簿を用意している。

 

ウェブサイト「バスフィード・ニュース」が入手した名簿には、ベン・カーソン、ニュージャージー州知事クリス・クリスティ、マイク・ハッカビー、ニュート・ギングリッジなどの名前が挙げられ、その中には一人の人物が複数のポジションの候補者になっている人もいる。

 

名簿には全部で41名の人物の名前と14の行政を構成する各省が記載されている。名簿を提供した人物は、バズフィードの取材に対して、この名簿は最終版ではなく、変更される可能性が高いと語った。

 

司法長官の候補者として、クリス・クリスティ、ジェフ・セッションズ、そしてルディ・ジュリアーニの名前が挙げられている。

 

国務長官の候補者として、ニュート・ギングリッジ、ジョン・ボルトン、ボブ・コーカーの名前が出ている。

 

大統領首席補佐官(首席スタッフ)の候補者には共和党全国委員会委員長レインス・プリーバスの名前しか挙げられていない。大統領府に属する行政管理予算局長として、セッションズの名前が出ている。

 

商務長官候補には、クリスティとハッカビー、教育長官にはベン・カーソンの名前が挙げられている。

 

国土安全保障長官としてクリスティの名前が、保健福祉長官としてカーソン、ギングリッジ、フロリダ州知事リック・スコットの名前が挙がっている。

 

サラ・ペイリンの名前が名簿に出ているのはサプライズであった。ペイリンは、内務長官の候補者の一人として名前が挙がっている。

 

=====

 

トランプは複数の共和党所属の連邦議員たちを閣僚に起用している(Report: Trump eyeing GOP lawmakers for Cabinet posts

 

ハーパー・ニーディグ筆

2016年11月9日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/305348-report-trump-eyeing-gop-lawmakers-for-cabinet-posts

 

水曜日、『ブルームバーグ・ポリティックス』誌は、マイケル・マコール連邦下院議員(テキサス州選出、共和党)、ボブ・コーカー連邦上院議員(テネシー州選出、共和党)、ジェフ・セッションズ連邦上院議員(アラバマ州選出、共和党)が次期ドナルド・トランプ政権の閣僚の候補者となっていると報じた。

 

トランプの考えをよく分かっている人に取材をし、ブルームバーグ誌は、連邦下院国土安全保障委員会委員長マコールは、国土安全保障長官に最有力候補だと報じた。

 

連邦上院外交委員会委員長のコーカーと、ジョージ・W・ブッシュ政権で国連大使を務めたジョン・ボルトンは、国務長官候補として名前が挙がっている。

 

セッションズは国防長官になるだろうと言われている。トランプはこれまで繰り返し、アラバマ州選出の上院議員であるセッションズを閣僚に起用するだろうと述べている。

 

ブルームバーグ誌によると、元ニューヨーク市長ルディ・ジュリアーニは司法長官の最有力候補だと報じている。

 

これまでに名前が挙がっている人々は全てトランプ支持者である。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)







 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 アメリカの外交専門誌『フォーリン・ポリシー』誌に2016年5月27日付で’All King Trump’s Men’(モーリー・オトゥール筆)というタイトルの記事が掲載されました。これは、映画『オール・キングス・メン(All King’s Men)』をもじったものです。この映画は、連邦上院議員とルイジアナ州知事を務め、当時のフランクリン・D・ルーズヴェルト大統領が最も恐れたヒューイ・ロングをモデルとしたものです。このタイトルは、共和党の大統領選挙候補者ドナルド・トランプをロングになぞらえたものです。ヒューイ・ロングの著書には"Every Men a King"(皆が王様)というタイトルのものがあります。「オール・キングス・メン」(皆が王様の家来)はこれとは反対の意味を指す言葉です。



 記事の内容は、トランプがこれまでに会談を持った人物たちの中で、トランプが政権を獲得した場合に、政権入りするのではないかと思われる人々の紹介です。そして、彼らはトランプと完全に考えが一致してはいないと著者のモーリー・オトゥールは書いています。今回はこの記事の内容をご紹介します。

 

具体的には、元連邦下院議長ニュート・ギングリッジ、連邦上院議員で連邦上院外交委員会委員長ボブ・コーカー(テネシー州選出)、連邦上院議員トム・コットン(アーカンソー州選出)と言った人々です。既に支持を表明しているニュージャージー州知事クリス・クリスティについて、トランプは当選した暁には政権移行ティーム(Transition Team)の委員長にしたいと述べました。政権移行ティームの委員長は、首席補佐官や閣僚のポストに選ばれることが確実なポストです。トランプは、クリスティについて、素晴らしい司法長官になるだろうとも述べています。

 

 トランプがワシントンを訪れて、ジェイムズ・ベイカー元国務長官と会ったということは既にこのブログでお伝えしました。その時に、トランプは共和党の政治家たちとも会談を持っています。その中にトム・コットンとボブ・コーカーが含まれていました。その翌週にトランプは、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官の自宅を訪問したということも既にお伝えしました。

 

 ニュート・ギングリッジは1990年代に連邦下院議長を務めた人物で、半世紀ぶりに共和党が連邦下院で過半数を取ることに貢献した人物です。1994年に「アメリカとの契約」という保守的な綱領を携えてワシントン政治に登場しました。ギングリッジはNAFTAを支持し、イラク戦争やリビアへの介入を支持したのですが、現在は、全く反対の立場のトランプを支持しています。「現在のアメリカの国家安全保障システムと外交政策システムは現実離れしている」「トランプが政権に入れる人の70%はワシントンの外から連れてくるべきだ」と発言しています。

 

 ボブ・コーカーについては、トランプの副大統領候補になるのではないかという憶測も流れていましたが、コーカーは今のところ否定しています。コーカーは、オバマ政権に対して批判的ですが、同時に、ホワイトハウスと連携して移民制度改革を行った人物で、「超党派(bipartisan)」という評価を受けている人物です。また、トランプについては、「大衆煽動者を勝利させてはならない」「イスラム教徒の一括入国禁止は我らが偉大な国の価値観と諸原理に反対するものだ」と発言していました。しかし、現在では、トランプが「より現実的な」外交政策の方向へ「進化している」と考えていると発言しています。そして、経験豊かなアドヴァイザーを迎え入れることでトランプはより大きな利益を得るだろうとも述べています。

 

 トム・コットンはアーカンソー州選出の連邦上院議員です。ハーヴァード大学法科大学院卒業のエリートで弁護士として働き始めたばかりの時に、2001年9月11日の同時多発テロに衝撃を受けて、アメリカ陸軍に入隊し、イラクやアフガニスタンに派遣されました。彼は軍在籍中にニューヨーク・タイムズ紙の記事に対して反論の文章を書き、それが注目され、ネオコンのウィリアム・クリストルに見出されました。そして、2014年の連邦上院議員選挙に当選しました。

 

 トム・コットンはトランプの発言に対して批判をしてきましたが、「ヒラリーよりもより多くの点で考えが一致する」とも述べています。また、「全世界に対する制限のない関与」の見直し、「軍の建て直し」という点では一致しているとも述べています。

 

 共和党の政治家たちは、不承不承トランプを支持するということになっています。もしくははっきりと「民主党、ヒラリーを勝たせたくないので、トランプに投票はするが支持はしない」ということを述べている人たちもいます。トランプは過激な発言をしていることはもうすでに知れ渡っているのですが、彼らは、その中のいくつかで自分と考えが合うものを選び出して、トランプのこうした考え(発言)は自分と同じだし、彼もだんだん現実的になっているから支持するという表現をしています。

 

 この記事の中で、トランプの時に矛盾する発言内容はアメリカの有権者たちの抱える矛盾を象徴するものだとしています。ピュー・リサーチ・センターの最新の世論調査によると、有権者の60%が「アメリカは自国の問題に対処して、他国の問題は他国に任せるべきだ」と考えているが、同時に、ここ10年で、より多くのアメリカ人、特に共和党支持者たちは「軍事支出は削減すべきではなく、増加させるべきだ」とも考えているということです。

 

 トランプの外交政策は、「アイソレーショニズム(Isolationism、国内問題解決優先主義)」であり、「アメリカ・ファースト(アメリカの抱える国内問題をまず第一に解決しよう)」ということです。

 

 トランプの選対では、トランプは外交政策について、「専門性と現実性を高める(professionalizing)」最中にあるとしています。このprofessionalizingの過程は、同時に、「手なづける(tamig)」ものでもあって、トランプは少しずつ、取り込まれていっているように思われます。エスタブリッシュメントの人々はバカではないのでエスタブリッシュメントをやっていられる訳で、トランプを取り込もうとすることは当然です。また、トランプも本気で大統領になろうというのなら、「より現実的に」ならねばなりません。

 

ただ、トランプの出現はアメリカの大きな地殻変動(もしくは帝国の衰退)の象徴ではあると私は考えています。そして、外交関係でいえば、ヒラリーよりはずっとまし、ということになります。最悪よりはまし、ということになります。

 

(終わり)







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ