古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:ポピュリズム

 古村治彦です。

 アメリカが堅持してきた二大政党制が崩壊する可能性が高いと私は考えている。今回の大統領選挙をめぐるこれまでの動きの中で、共和党内に大きな亀裂が生まれている。民主党はエスタブリッシュメント対進歩主義派という対立構造があったが、「アメリカの敵・ドナルド・トランプとトランプ支持者たち(本当は民主党が助けなくてはいけない人たちのはずだが)」という共通の敵を作り上げて、今のところは一枚岩だ。

外国に敵を作って、皆でまとまろうという策謀と全く同じ構造だ。これで、「アメリカの融和」などと寝ぼけたことを言っているのは笑止千万だ。これに協力している、進歩主義派も結局、エスタブリッシュメント派の軍門に下り、ワシントンでの楽しい生活を謳歌している。私は大きく失望している。中世ヨーロッパの言葉に「都市の風は人間を自由にする」というものがあるが、それをもじって言えば、「ワシントンの風は人間を徹底的に堕落させる」ということなのだろう。進歩主義だ、貧しい人々のためだ、と意気揚々とワシントンに乗り込んでみたら、取り込まれて、堕落してしまう。その点で、ドナルド・トランプという人物は最後まで、ワシントンの「部外者(アウトサイダー)」だった。

 共和党に目を移せば、「エスタブリッシュメント派対トランプ・ポピュリズム」という対立構図になる。このブログでも紹介したが、共和党支持の有権者たちの間でのトランプ支持は根強い。この有権者たちにそっぽを向かれれば共和党の議員たちは落選して、ただの人となり、楽しいワシントンでの生活からオサラバしなければならない。

 2020年の選挙では連邦上院では共和党と民主党が50対50となり、連邦上院議長は副大統領が務めるので、民主党が過半数を握ることになった。連邦下院では民主党が過半数を維持したが、共和党が議席数を伸ばした。2022年の中間選挙では共和党が議席数を伸ばすことが見込まれている。

 共和党側は、民主党側に対して、「民主党は社会主義の方向に進んでいる」という宣伝戦略を展開している。2022年に向けてもこの戦略を採用しようとしている。これで消極的な民主党支持者たちを取り込もうとしている。民主党側では、進歩主義派の勢力が大きく、バイデン政権と連邦議会民主党執行部としても無視できない。そこで、「大きな政府」政策を実行すると、共和党側の宣伝戦略にはまってしまう。

 一方、共和党側でも「トランプ・ポピュリズム派」は、民主党側からの攻撃目標にされてしまうだろう。「あの連邦議事堂襲撃事件を起こしたトランプを支持する政治家たちを当選させてはいけない」という戦略で共和党攻撃を行うだろう。民主、共和両党はお互いの「急進派」を標的にして攻撃する戦略で2022年の中間選挙を戦うことになる。両党にとって、「急進派」は重要な存在である。そう簡単に切ることができない。このかじ取りが2022年の選挙の結果を左右することになるだろう。

(貼り付けはじめ)

共和党は2022年に連邦下院で過半数を獲得する道筋を見ている(GOP sees path to House majority in 2022

ジュリー・グレイス・ブラフケ筆

2020年11月18日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/house/526444-gop-sees-path-forward-to-house-majority

共和党は今週連邦議事堂に戻って来た。共和党は予想を裏切り、選挙投開票日に連邦下院での議席を増やして戻って来た。2022年の中間選挙で過半数を獲得する見通しを持っている。

共和党所属の連邦下院議員たちは木曜日、連邦下院少数党(共和党)院内総務ケヴィン・マッカーシー連邦下院議員(カリフォルニア州選出、共和党)をはじめとする連邦下院共和党指導部をそのまま再任することで、その功績に報いた。共和党は、分裂した投票行動を行った有権者たちから支持を受けた。この有権者たちはトランプ大統領をホワイトハウスから追い出しながら、連邦上院と連邦下院の選挙の共和党の候補者たちを支持した。

選挙結果はアメリカ国民が捻じれた政府(訳者註:ホワイトハウスは民主党、議会は共和党)を認めたということであり、共和党側は2年後の中間選挙において連邦下院で過半数を奪還することができるという手ごたえをつかんでいる。中間選挙はこれまで、ホワイトハウスを掌握している政党が連邦議会で議席を減らすということになっている。

まだ結果が出ていない複数の州で共和党の候補者たちが優勢であり、それらを入れて、共和党は20議席近く増やそうとしている。共和党は今回の選挙結果でも過半数まで17議席足りないままである。しかし、民主党側から見れば、第二次世界大戦以降、最も議席差が少ない連邦下院ということになっている。

連邦下院少数党(共和党)幹事ステイ―ヴ・スカリス連邦下院議員(ルイジアナ州選出、共和党)は全米を駆け回って再選を目指す現職たちのために応援演説をしていた。スカリスは本誌の取材に次のように答えた。「今回の選挙で私たちは接戦の選挙区において多くの議席を獲得したことで、多くの人々に衝撃を与えることができました。しかし、私たちはこれからもやらねばならないことがたくさんありますが」。

スカリスは続けて「私たちが接戦で敗れた選挙区においても素晴らしい候補者たちがいるということを既に伝えられています」と述べた。

共和党指導部は2022年の中間選挙について楽観的になることを戒めていると述べている。彼らは現在の状況について良くなっていると感じているが、連邦下院で過半数を奪還するためにはこれからも戦い続けねばならないだろうと述べている。

トム・エマー連邦下院議員(ミネソタ州選出、共和党)は連邦下院共和党の選対委員長を務めたが、共和党は今回の選挙で予想を超える結果を得たが、連邦下院で過半数を奪還できなかったことについては「失望している」と述べた。

共和党全国選挙対策委員会(The National Republican Campaign CommitteeNRCC)委員長エマーは、議席増を当然のこととは考えておらず、過半数奪回に目を向ける必要があると述べている。また、2018年の中間選挙で民主党側の攻勢によって民主党が基盤を築いた選挙区での議席獲得のための道筋はあるとも述べている。

共和党はマイアミで複数の議席を獲得し、失うと予想されていたテキサス州での複数の議席を維持した。しかし、エマーはアリゾナ州、ミシガン州、ニューハンプシャー州、ペンシルヴァニア州の各州で逆転できる可能性があったと述べている。

エマーは本紙の取材に対して次のように述べた。「今回の選挙で私たちがいささか成功したが、これは偶然の産物ではないということを共和党全体が理解しなければなりません。私たちは努力を続けたので、成功するだろうと言われていました。これからも挑戦は変わりません。より努力をしなければなりません」。

エマーは「人々がどんなことを言っても、簡単なことではないのです。世論調査の専門家や予言者の言うことなど聞きません。選挙の結果は全て候補者たち次第なのです。幸運は自分の力で引き寄せねばならないのです」と述べた。

エマーは、共和党が強力な、そして多様性のある候補者たちを登用したことと、民主党内の分裂によって、共和党が民主党の有名議員たちを落選させることができたと述べている。今回の選挙で民主党側は中道派の議員たちが多く落選した。エマーは、共和党全国選挙対策委員会の戦略として、民主党側の進歩主義的な政策を際立たせながら、接戦の選挙区に照準を定めるという戦略を採用するとしている。

エマーは「穏健派・中道派は残っていません。話は変わりますが、民主党がナンシー・ペロシを議長にとどめるならば、それは私たち共和党にとっては悪いことではありません」と述べた。

連邦下院民主党は水曜日、連邦下院議長ナンシー・ペロシ連邦下院議員(カリフォルニア州選出、民主党)をこれからの任期2年間、民主党のトップに据え続けることに決定した。ペロシは1月の全連邦下院議員からの投票で、過半数の支持を必要としている。2019年の連邦下院議長選挙で、民主党所属の連邦下院議員15名が反対票を投じたが、来年の議会に戻ってくるのはそのうちの10名だ。民主党は議員の数を減らしている。それでも、ペロシの再選にとっては高いハードルにはならない。

民主党側で議席を失うことになる5から15議席の議員たちの中には、長年議員を務めたヴェテランや注目を集めつつあったスター議員たちが含まれている。それらの中には、マイアミ・デード郡の選挙区から出ており、クリントン政権で保健福祉長官を務めたドナ・シャレイラ連邦下院議員(フロリダ州選出)、スタテン島の一部が選挙区になっているマックス・ローズ連邦下院議員(ニューヨーク州選出)、共和党が優勢な選挙区で15期にわたって議員を務め、連邦下院農業委員会委員長を務めたコリン・ピーターソン連邦下院議員(ミネソタ州選出)が含まれている。

歴史的に見て、ホワイトハウスを握っていない側の政党は中間選挙で過半数を獲得している。民主党所属の連邦議員の中には、2022年中間選挙に向けて戦略を再検討する必要があると述べている。

ある民主党連邦議員は、共和党側の民主党と社会主義を結び付けるメッセージ戦略について、民主党はこれに対して戦わねばならず、ペロシ議長は、こうした攻撃のために劣勢に立つであろう民主党の議員たちの敗北に責任を持つことになる。

この議員は次のように述べた。「私が言いたいのは、2022年の中間選挙において私たちは良い立場にはいないということです。私たちは劣勢に立っているんですよ。ペロシ議長が議長職にとどまるというのは全くもって不公正なことです。彼女はこれから2年間議長職にとどまりますが、その後の2022年、私たちは大惨敗を喫する可能性が高いのです」。

「私たちが10から15議席を失うだけでなく、連邦下院民主党は過半数を失うことにもなるでしょう。2020年の中間選挙は、民主党側では共和党から議席を獲得し、過半数の議席数を拡大する機会にもなるはずでした。しかし、私たちはこの機会を無駄にしました。私たちは2022年に議席数の減少を阻止するための堤防を築くために、2020年の選挙がどれほど重要なのかはわかっていました」。

流れは共和党に有利な方向に流れているようではあるが、共和党は今回の選挙での躍進を当然のことだと思ってはならず、連邦下院での過半数奪回のためにはこれからいくつもの高いハードルを越えていくことになるだろうと気を引き締めている。

連邦下院共和党筆頭副幹事長ドリュー・ファーガソン(ジョージア州選出、共和党)は次のように語っている。「もし現在の流れについて考えるならば、私たちは歴史的な勝利を収めたと言えるでしょう。私たちは民主党の本性を明らかにしました。民主党はこの国を社会主義の方向に進めようとしているのです。しかし、私たちはいささか押し戻すことができました。人々は考えを変え、戦うために外に出ました。そして、僅差で多数となっている人々が、人々をまとめる方法を主張しています」。

ファーガソンは続けて次のようにも述べた。「従って、私たちはより一生懸命に努力しなければなりませんし、資金集め、良い政策作り、メッセージの発信など全てのことに注力し、これまでの2倍努力しなければなりません。私たちはそれができると確信しています。しかし、それはドアを通って歩いていけば自然に手に入るものではなく、私たちは勝ち取りに行かねばならないのです」。

(貼り付け終わり)

(終わり)

amerikaseijinohimitsu019
アメリカ政治の秘密
harvarddaigakunohimitsu001
ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 ホワイトハウスを去ったドナルド・トランプが新党を結成するかもしれない、というニュースがしばらく前に出た。その後、続報を聞いていなかったが、世論調査で凄い事実が明らかになった。サンプル数や方法に問題があり、信頼性がそこまで高くないとは言え、『ザ・ヒル』誌が実施した世論調査で、「トランプ新党」の支持率が高いことが分かったのだ。

 「トランプが新党を作ったら」という質問に、共和党支持者の64%がそちらを支持する、そのうちの半分32%はぜひとも支持すると答えた。支持政党なしは28%、民主党支持で15%がトランプ新党を支持すると答えた。そして、有権者全体にすると、37%がトランプ新党を支持すると答えたのだ。

 アメリカの有権者の3分の1以上がトランプ新党を支持するというのは、民主、共和両党にとって衝撃だ。共和党は党内にエスタブリッシュメント派対トランプ・ポピュリズム派の分裂を抱えているが、トランプ支持の有権者たちが離れてしまえば、共和党は選挙で勝てないどころか、第三党に転落してしまう。二大政党制(Two-Party System)の一方の雄、と威張っていたのに、そこから追い落とされる。そうなれば末路は哀れ、消滅してしまう可能性もある。

 トランプは「いつでも新政党をつくるぞ」という姿勢を見せながら、駆け引きができる。エスタブリッシュメント派はトランプにそっぽを向かれたら選挙に負けるということになる。トランプの影響力は大きいままで維持される。

 民主党側は高みの見物を決め込めるかというとそうでもない。民主党内部もエスタブリッシュメント派対進歩主義派の対立を抱えている共通の敵、トランプをとりあえずホワイトハウスから追い出すことができて良かったね、ということで今は対立は激しくないが、進歩主義派の要求にエスタブリッシュメント派は応えたくないということもでてくる。

また、2016年の大統領選挙民主党予備選挙でのヒラリーを勝たせるための民主党全国委員会の不正問題もある。トランプが影響力を行使する、もしくは新党を作るという行動に出た場合、進歩主義派も同様の手段でエスタブリッシュメント派を揺さぶるということも考えられる。

 トランプ新党の具体的な計画はまだ出ていない。しかし、その名前だけでもこれだけの有権者が期待を寄せている。せっかく協力してトランプをホワイトハウスから追い出すことに成功した、民主、共和の既成の二大政党にとっては深刻な問題は続く。

(貼り付けはじめ)

世論調査:共和党支持の有権者の64%がトランプ率いる新党に参加したいと答えた(Poll: 64 percent of GOP voters say they would join a Trump-led new party

ガブリエル・シュルト筆

2021年2月5日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/hilltv/what-americas-thinking/537442-poll-64-percent-of-gop-voters-likely-to-join-a-trump-led-3rd

最新のヒル・ハリスXの共同世論調査の結果によると、共和党支持の有権者の多数が、もしトランプ前大統領が新しい政党を立ち上げたら、それに参加したいと答えた。

1月28日から29日にかけて実施された世論調査で、有権者登録済の共和党支持の有権者たちのうち64%がトランプ前大統領が新政党を立ち上げるならばそれに参加したいと答えた。そのうちの32%はぜひとも参加したいと答えた。

対照的に、共和党支持の調査対象者の36%が「全く」「それほど」支持しないと答えた。

支持政党なしの28%、民主党支持の15%がトランプ率いる第三党支持に回るだろうと答えた。

調査対象者全体の37%が、もしトランプが新政党を立ち上げたら、支持するだろうと答えた。

先月、トランプ派新しい政党をスタートさせるというアイディアについて話したという報道がなされた。しかし、トランプ率いる第三党に関する具体的な計画は浮上していない。

ハリスXCEO兼主席世論調査分析者のドリタン・ネショーは本誌に対して次のように語った。「議事堂進入という事件はあったが、トランプは政治的な力を維持し、それは真剣に興梠しなければならない程のものだということをこれらの数字は示している。彼は多様な支持基盤から支持を集め、有権者全体の3分の1の支持を集めている。これらの有権者は多くの問題に関して、トランプに魅力を感じている人たちである。これらの問題は民主党と共和党のエリートたちは適切に認識ておらず、対処もしていない」。

ネショーは続けて「トランプが共和党から離れて自分自身の政党を創設したとします。世論調査の結果から見ると、彼はアメリカで第2位の政党を創設するということになります。共和党は第3位に転落します」と語った。

最新のヒル・ハリスXの共同世論調査はオンラインで945名の有権者登録済の人々に対して実施された。その内の340名が共和党支持者であると申告した。今回の世論調査の誤差は3ポイントだ。

(貼り付け終わり)

(終わり)

amerikaseijinohimitsu019
アメリカ政治の秘密
harvarddaigakunohimitsu001
ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 ドナルド・トランプ大統領の保護主義的貿易政策に対して、チャールズ・コーク、デイヴィッド・コークのコーク兄弟は反対を表明しています。政府が経済活動に介入することに反対し、全てを市場に委ねるリバータリアニズムの信奉者であるコーク兄弟としては当然の反応です。これに対して、トランプ大統領はツイッター上でコーク兄弟を非難しています。その言葉が「グローバリスト(globalist)」です。

 

 グローバリストという言葉は副島隆彦先生によって日本に紹介されましたが、世界を一つの価値観でまとめ上げる、具体的にはアメリカの価値観でまとめ上げることを目的に動く勢力のことを指します。そのために外国に積極的に介入します。介入主義者(インターヴェンショニスト、interventionist)とも言います。

 

 リバータリアニズムを信奉するコーク兄弟は、アメリカが外国に介入することに反対します。ですから、チャールズ・コークは古くからヴェトナム戦争に反対し、ジョージ・W・ブッシュ政権下でネオコンが主導したイラク戦争にも強く反対しました。

 

 コーク兄弟は、共和党を支持していますが、これは「民主党は全くもって問題外だが、共和党はまだまし」ということです。共和党内でリバータリアニズムに基づいた政策を支持する政治家を増やそう、それでリバータリアニズムに基づいた政策を実施させようということになります。ネオコンや妥協的な政治家たちを支援しないということで、コーク兄弟は反主流派ともなっています。

 

 現在のトランプ大統領もまた共和党主流派、体制派ではなく、人々の怒りを集めて大統領になったこともあって反主流派ということになります。トランプ政権で閣僚になった人たちの多くがコーク兄弟と関係が深いということは以前本ブログでもご紹介しました。トランプの減税政策はコーク兄弟の利益にも合致するものです。しかし、コーク兄弟は、「大企業優遇の減税は経済システムを歪めるものだ」「一般の人々のためのものではない」と批判しています。

 

 コーク兄弟に関して、トランプ大統領の「グローバリスト」という批判は当てはまりません。コーク兄弟が信奉するリバータリアニズムとトランプ大統領が代表するポピュリズムはともに海外へのアメリカの介入には批判的です。ここでの問題は経済活動に対して政府が介入すべきかどうかということであり、トランプ大統領の関税政策は経済の邪魔になる、市場によってコントロールされている経済を人為的に歪めるというのがコーク兄弟の主張です。この点で両者は対立しています。トランプ大統領としては雇用を生み出すということを公約にして当選している以上、貿易戦争にまで突っ走ってしまうのは当然ということになります。

 

(貼り付けはじめ)

 

●「トランプ、反保護主義掲げるコーク兄弟と対立 共和党支持組織を罵倒」

2018年7月31日 ロイター

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/08/post-10707.php

 

米共和党の強力な支持組織として知られるコーク・ネットワークが、トランプ米大統領の貿易政策に批判的な姿勢を示し、大統領が組織を公然と批判する騒ぎに発展している。

 

トランプ氏は31日のツイッター投稿で、大富豪のチャールズとデービッドのコーク兄弟が創設したこの組織について「本物の共和党サークルではまったくの冗談と化したグローバリストのコーク兄弟が、強固な国境、強力な貿易に反対している。私は彼らのカネやひどいアイデアを必要としていないので、一度も彼らの支援を求めたことがない」と罵倒し、ネットワークは「過大評価されている」と続けた。

 

これはコーク・ネットワークの一部幹部が、大統領の貿易政策が景気後退を招くとの懸念を示し、共和党候補への支持を取り下げたい意向だと報じられたのを受けた投稿。

 

コーク側は概ね批判を受け流しており、広報担当者は「われわれはすべての人の生活を向上させる政策を支持する」との声明を出した。

 

コーク財閥は未公開の企業としては全米2位の大きさで、企業寄りの政策やリバタリアン(自由至上主義)思想で知られている。減税、規制緩和、自由貿易を強く主張し、主義主張の近い共和党候補にこれまで数百万ドルを献金してきた。

 

コーク財団とその他自由貿易を支持する団体は、トランプ大統領の進める保護主義的な政策を敬遠しており、11月の議会中間選挙を控え、トランプ氏に同調する共和党候補への支持を見送る可能性が出ている。

 

2016年の大統領選では、コーク兄弟はトランプ氏のイスラム教徒に関する発言などを理由に同氏と距離を置いていたが、トランプ氏の大統領就任後は税制改革法案の成立を支持するなど、和解したように見えていた。

 

しかしその後、コーク・ネットワークはトランプ氏の関税政策に反対する数百万ドル規模のキャンペーンを開始した。

 

=====

 

サンダースは、コーク兄弟が「全ての人々のためのメディケア」に賛成する主張をしてしまったことに感謝(Sanders thanks Koch brothers for accidentally making argument for 'Medicare for all'

 

ブルック・シーペル筆

2018年7月31日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/healthcare/399625-sanders-thanks-koch-brothers-for-accidentally-making-argument-for-medicare

 

バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)が火曜日、保守派の大口献金者であるチャールズ・コークとデイヴィッド・コークに対して、「全ての人々のためのメディケアに間違って賛成してしまった」ことに感謝を示した。コーク兄弟が資金を出した研究では単一支払者制度(single-payer health-care plan、訳者註:政府が保険料を徴収し、医療費の全てを支出する制度)のコストについて分析を行っている。

 

サンダースはツイッター上に掲載したヴィデオの中でコメントを発表した。サンダースは、ジョージメイソン大学メルカトスセンターのチャールズ・ブロハウスが発表した研究成果についてコメントをした。ジョージメイソン大学メルカトスセンターにはコーク兄弟が資金提供を行っている。

 

サンダースは次のように語った。「私はコーク兄弟、また、今回の研究に資金を出してくれた全ての方々に感謝したい。今回の研究では、全ての人々のためのメディケアは10年で2兆ドルものお金を浮かせることが出来るということであった」

 

ブロハウスは研究の中で、サンダースの主張する単一支払者制度では、2022年から2031年の期間、32兆6000億ドルもかかってしまうという結果を発表した。しかし、研究の中で、他の経済学者たちは同じ期間に2兆ドルのお金を浮かせることが出来るだろうという研究結果を発表している。

 

ヴィデオの中で、サンダースは、コーク兄弟が彼の主張している単一支払者制度でお金を浮かせることが出来ることを証明したことに謝意を示した。

 

全ての人々のためのメディケアはサンダースが2016年の大統領選挙で主要政策として主張したことで知られるようになった。全ての人々のためのメディケアは、自己負担や控除なしに全てのアメリカ国民の医療費を支払うことが出来るというものだ。

 

サンダースの提案は左派の人々から支持されている。しかし、その他の人々からは批判の対象になっている。批判者の中にはトランプ大統領も含まれている。トランプ大統領はかつて、単一支払者制度を「アメリカにとって呪い」となると批判した。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)


アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 今回は南米を代表する作家マリオ・ヴァルガス・リョサに関する記事をご紹介します。リョサは、ガルシア・マルケスと並んでラテンアメリカ文学を代表する作家です。ノーベル文学賞を受賞しています。

 

 私はリョサの作品を恥ずかしいことにほぼ読んだことがなくて、The Storytellerという作品だけ読んだことがあります。日本語では『密林の語り部』という題で翻訳も出ているそうです。ペルーに住むユダヤ人がある部族の神話の語り部になるという話で、不思議な内容だったことは覚えています。幻想的でもあり、現実的でもあり、現代的だなぁという印象です。

 

 さて、リョサは現在、スペインで暮らしています。南米の知識人としては珍しくというと語弊がありますが、彼は自由主義を信奉しているそうです。しかし、リョサの考える自由主義は市場至上主義に還元されるものではありません。共産主義や実存主義に傾倒した若い時代を経て、リョサはイギリスの伝統的な自由主義を現在は信奉しているようです。記事の中では、「経済、政治、文化の自由である。この自由は分割不可能であるとリョサは考えている。また、不同意に対する寛容さと機会の平等、教育の重要性をリョサは支持している」と書かれています。もちろん、市場も重要な要素であることは認めています。

 

 自由と平等は、両立が難しいものです。しかし、どちらかにあまりにも偏ってしまう社会は生きづらいものとなるでしょう。人類の歴史はどちらかに偏って、それを是正するための動きが生まれ、その動きが行き過ぎて、どちらかもう一方に偏ってしまうということの繰り返しであったということが言えるでしょう。

 

 この2つのバランスを絶妙に取ることが出来る思想や制度が生まれてくるまでは、飽き飽きしても、この2つの間を行ったり来たりしなければなりません。そして、できるだけバランスを取るということを考えねばなりません。これは非常に困難なことで、短気で飽き性の日本人には最も向かない作業と言えるでしょう。

 

(貼り付けはじめ)

 

マリオ・ヴァルガス・リョサがなぜ彼の政治観は変化したのかを説明した(Mario Vargas Llosa explains why his politics changed

―ある南米の自由主義者の告白

 

『エコノミスト』誌

2018年4月26日

https://www.economist.com/news/americas/21741201-latin-american-liberals-testament-mario-vargas-llosa-explains-why-his-politics-changed?fsrc=scn/fb/te/bl/ed/mariovargasllosaexplainswhyhispoliticschangedbello

 

小説家の全てが政治哲学の一連の著作を書く訳ではない。しかし、マリオ・ヴァルガス・リョサは小説的動物であると同時に政治的動物である。リョサは82歳になる時、『部族の叫び(The Call of the Tribe)』を出版した。リョサは『部族の叫び』を自身の知的な遍歴の描写だと述べた。若い時の共産主義と実存主義への浮気、キューバ革命に対しての熱情と幻滅、そして、イギリス的な意味での自由主義への転向、といった経験をした。 このような姿勢は南米の知識人の中でも特異なものだ。南米の知識人の多くはいまだに反帝国主義と社会主義に魅了されたままだ。

 

この本は7名の自由主義を信奉する哲学者たちの生涯と思想を説明したものとなっている。アダム・スミスの他に、カール・ポパーとアイザイア・バーリンがこの本では紹介されている。リョサは1970年代にロンドンで生活している時にこの2人に会っている。リョサはまた、マーガレット・サッチャーにも会っており、鮮烈な印象を受けた。その他に、フランスのレイモンド・アロンとスペインのホセ・オルテガ・イ・ガセットも含まれている。読者の中には、ジョン・スチュアート・ミルやジョン・ロールズが含まれていないことに疑問を持つ人たちがいるかもしれない。リョサは、マドリッドの自宅で応じたインタヴューの中で、この本は「自由主義の歴史」の本ではなく、「私に最大の印象を与えた思想家たちの個人的な説明」の本だと述べている。

 

読者にとって、『部族の叫び』は大学への喜ばしい帰還のような感じを受けることだろう。リョサは彼が英雄視している思想家たちの著作をほぼすべて読んでいる。リョサは思想家たちの思想を説明しているが、この説明は簡潔でかつバランスがとれたものだ。リョサは、思想家たちは間違いを犯していることもあると考えていると述べている。フリードリッヒ・フォン・ハイエクはチリの独裁者アウグスト・ピノチェトを称賛し、ポパーの文章は分かりにくく、オルテガは文化についてエリート主義的な見方をしている。リョサの本のタイトル『部族の叫び』はポパーにちなんでいる。ポパーは、個人の責任から自由になる集合的な世界が続く「部族の魂」をナショナリズムと狂信的な宗教の源と見なしていた。

 

リョサの考える自由主義は内部にいくつかの緊張をはらむものだ。リョサが新聞に掲載したコラムの中には、反国家的なリバータリアニズムについてのものや社会民主体制に関するものがある。著書『部族の叫び』の中で、リョサは自由主義の中核となる考えを強調している。それは、経済、政治、文化の自由である。この自由は分割不可能であるとリョサは考えている。また、不同意に対する寛容さと機会の平等、教育の重要性をリョサは支持している。リョサは、自由主義を自由市場に還元して単純化する人々に対して批判的だ。しかし、自由市場は自由主義にとって重要な要素である。リョサは、自由主義は反動的な保守主義と同一視されることで、罵倒され、捻じ曲げられていると主張している。自由主義は「最も進んだ、進歩的な民主政治体制の形態」である。

 

この自由主義に対する「無知」が起きるのは、南米で自由主義的な伝統が弱いことが理由である、とリョサは主張している。リョサはペルー出身である。その他の理由として、南米の深刻な格差、19世紀の自由主義者たちが「自由市場の存在を信じていなかった」という事実、ピノチェト支配のような独裁体制によって自由主義という言葉が誤用されていたことが挙げられる。

 

リョサは自由主義が南米で支持を集める「大きな機会」があると考えている。その理由は、軍事独裁からキューバやヴェネズエラの社会主義まで、自由主義と対抗している様々なイデオロギーが現実世界で完全に失敗しているからだとしている。リョサは「自由主義はユートピア的、社会主義的、集産主義的モデル」を破壊していると述べている。リョサは続けて次のように語る。「自分の国をヴェネズエラみたいにしたいと望む人はいるだろうか?正常な判断力を持つ人なら誰も望まない」。リョサは、ブラジルの建設会社オデブレヒトの汚職スキャンダルは、それが発覚することで「大きな貢献」をし、南米の汚職まみれの民主政治体制を浄化するのに役立つと考えている。

 

『部族の叫び』は思想が重要だということを訴えている。リョサは彼の信念を具体化しようとしている。1990年、リョサはペルーの大統領選挙に出馬した。これは非現実的な冒険で、アルベルト・フジモリの前に敗退した。フジモリは独裁的な支配を10年続けた。リョサはフジモリを心底嫌っている。しかし、リョサは次のように書いている。「私の今回の本でも取り上げられている、私たちが擁護している思想の多くは、現在のペリーの政治課題にとって重要である」。リョサは、バルセロナでのカタルーニャの分離独立主義に反対する集会で演説を行った。リョサはなぜ演説を行ったのかについて、「私たちが生きる現代にとっての最大の危険はナショナリズムだ」と語っている。ファシズムと共産主義が時代遅れになっているが、ナショナリズムは今でも活発で、「危機の時代に煽動家たちに利用されてしまう」ものとなっている。

 

自分のことを自由主義者と呼ぶ南米の人々の多くは実際には保守主義者か、リバータリアンだ。彼らは現状維持を尊び、代々伝えられている不正義や不正義を是正するための国家の行動に反対する。南米のその他の人々はポピュリズムや古い形の社会主義を今でも信奉している。リョサの本が重要である理由はこれである。リョサの本で紹介されている様々な思想家たちの自由主義に関する様々な考えを南米の大衆に魅力を感じさせることが本にとって重要なことになる。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)


imanokyodaichuugokuwanihonjingatsukutta001

今の巨大中国は日本が作った


shinjitsunosaigoutakamori001
真実の西郷隆盛
 

semarikurudaibourakutosensoushigekikeizai001

迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 保守派の著名評論家であるチャールズ・クラウトハマーはかなり早い時期からトランプを支持してきました。クラウトハマーは火曜日にテレビに出演し、「トランプは共和党の事実上の指導者となる」と語り、共和党内部のエスタブリッシュメントとの間で、激しい争いが起きると予言しました。

 

 共和党のエスタブリッシュメントのリーダーは、ポール・ライアン連邦下院議長です。彼は反トランプの急先鋒でしたが、これからどうするのでしょう。

 

 クラウトハマーの予言では共和党が変質ということです。民主党(労働組合)が強いラスト・ベストでトランプが全勝したということは、これまでの常識が覆されたということです。ですから、共和党だけでなく、民主党、更にはアメリカ政治が変質していくでしょう。共和党が変質いくうえで、エスタブリッシュメント系と反エスタブリッシュメント系との間で激しい争いが起きるでしょう。

 

 トランプの政治思想は保守思想ではなく、ポピュリズムです。ポピュリズムには、ワシントン(やニューヨーク)の汚れきったエリートたちへの人々の抵抗が基盤にあります。反エリート(反エスタブリッシュメント)です。19世紀に南部の農民たちを中心にしたポピュリスト党(ポピュリスト・パーティー、人民党)が結成され、それが民主党に合同していきました。ポピュリスト党は鉄道国有化など、アメリカ基準では社会主義的な政策を主張した政党でした。また、フランクリン・D・ルーズヴェルトが最も恐れた男、最後は凶弾に倒れたポピュリズムの悲運のリーダー、ヒューイ・ロングのスローガンは、「シェア・アウワ・ウェルス(Share Our Wealth)」でした。

 

 トランプが選挙期間中に語ったことを実際に政策として実行すると、現在の予算規模よりもおおきくなります。国債依存度、国債発行額のGDP比は大きくなります。これは、戦後の共和党が原則としてきた「均衡財政(国債を発行しないで、税収だけで予算を組む)」とは相いれないものとなります。しかし、共和党は、原則はそうですが、実際には、国債発行額を減らすことを主張していますが、実際には国債発行額を増やす方向に進み、協力してきました。また、共和党はウォール街などの財界人の政党でもありましたが、トランプは富裕層に対する課税を強化するでしょう。それは彼を押し上げてくれた人々の願いでもあるからです。トランプは税金支払いの格闘で税制には誰よりも詳しくなっているでしょうから、富裕層を痛めつけない程度で、彼らからの税収を上昇させることになるでしょう。

 

 ですから、下に掲載した記事のように、サンダースのような、民主党(彼は正式には民主党所属ではありませんが)内部の進歩派は、国内政策でトランプと協力することができると主張している訳です。プログレッシヴィズム(進歩主義)とポピュリズムは掲げるようになる政策には共通点が多くありますが、共通する最大の特徴は、既存の政党の穏健派やエスタブリッシュメントにとって目障りな、そしてもっと言うと危険な存在であるということです。

 

 簡単に言うと、今回、アメリカ政治において起きているのは、「民主党エリート+共和党エリート対民主党反エリート+共和党反エリート」、ということであり、民主党が人民党を吸収して以降掲げてきた、進歩的な政策を共和党の反エリート勢力(ポピュリズム)が乗っ取ったということです。

 

ですから、民主党内でサンダースを支持した人々や2008年、2012年の選挙でオバマを支持したが、オバマのTPP推進(エリート主義的)に失望した人々は、ヒラリー支援に積極的に動かず、極端な場合にはトランプに投票したことも考えられます。もちろん、トランプの過激な言動が嫌だという人たちも多かったと思いますが、彼のそうした表面的な行為の裏、下にある考えを知った人々は、一概に彼を嫌うということはできなかったのではないかと思います。

 

 アメリカ政治の変質がこれからの4年間で起きるでしょう。トランプも自分の持ち時間は4年間だと決めているでしょう。欲もなく、再選なども考えないで一期目を務める大統領は初めて出現したと言えるでしょう。ポピュリズムのリーダーが大統領としてワシントンに乗り込んできます。しかし、同時にトランプは経営者として、全てがうまくいくことはないし、外交交渉を含むすべての場面で、自分の望み通りにはいかないということも分かっていますから、無理はしないでしょう。ポピュリズムに殉じるということもないでしょうから、この点でもまた捉えどころがなく、批判する対象としては、攻撃しにくい人物です。せいぜい、彼の過激な発言をつかまえて批判するくらいのものでしょうが、トランプは自分の役割に徹することができる人でしょうから、それもまた難しいでしょう。

 

 トランプの過激な発言は主にツイッターでなされたものですが、大統領になれば、ツイッターで遊んでいる暇もないでしょう。

 

(貼り付けはじめ)

 

クラウトハマー:共和党の「内戦」は水曜日から始まる(Krauthammer: GOP ‘civil war’ starts Wednesday

 

ジョナサン・スワン筆

2016年11月8日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/304980-krauthammer-gop-civil-war-starts-Wednesday

 

保守派のコメンテイターであるチャールズ・クラウトハマーは、選挙の結果に関係なく、共和党の「内戦」のゴングが水曜日の朝(選挙の翌日)には鳴り響くと警告を発した。

 

クラウトハマーは火曜日、火曜日夜に共和党大統領選挙候補者ドナルド・トランプが敗れても、トランプはポール・ライアン連邦下院議長(ウィスコンシン州選出、共和党)が進めてきた改革志向のプログラムにことごとく反対の諸原理に沿って共和党を革命的に変化させる立場に立つだろうと語った。

 

クラウトハマーは火曜日、フォックス・ニュースに出演し、「トランプは、共和党がこれからどこに向かうのか、将来を決定する人物となるでしょう」と語った。

 

クラウトハマーはトランプについて、続けて次のように語った。「彼は敗北して、そのまま退場するようなことはありません。彼は今、自分が何かを作り出していると感じているはずです。彼の直観は正しいと思います。彼は今回の選挙で大きな役割を果たしたポピュリスト的な大きな動きを生み出しました。共和党は保守主義からポピュリズムに立場を移動させることで、共和党自体が変化するでしょう」。

 

トランプが選挙に勝った場合、最初に彼がやることは、「共和党をこれまでとは全く別の形に作り変えること」だとクラウトハマーは語った。

 

クラウトハマーは、「共和党は全く新しい党になるでしょう。ポピュリストの政党となるでしょう。アメリカには、レーガン流の保守政党はなくなることになります」と述べた。

 

クラウトハマーは、トランプが敗北した場合に、ヒラリーとの差を小さく、2012年のミット・ロムニーとオバマ大東朗との差くらいに収めることが出来れば、水曜日の朝には、トランプは、「共和党の事実上の指導者」になると予言した。

 

クラウトハマーは次のように語った。「トランプは退場し、より若い人物が出てくるまで、運動が後退することにもなるでしょう。しかし、トランプは退場しないでしょう。彼はキングメイカーになるでしょう」。

 

ライアンは、福祉制度改革と赤字削減に意欲を燃やしている。クラウトハマーは、ライアンは「古いレーガン流のコンセンサス」を代表していると分析している。一方、トランプは、保護貿易政策と移民政策を柱に選挙戦を展開し、福祉政策の改革よりも保護を約束している。

 

クラウトハマーは「いいですか、内戦が水曜日から始まりますよ」と予言した。

 

=====

 

反トランプの共和党所属連邦下院議員:「恐らく」私はトランプの敵リストに載っている(Anti-Trump GOP rep: 'Maybe' I'm on Trump enemies list

 

レベッカ・サヴランスキー筆

2016年11月9日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/305317-anti-trump-gop-rep-maybe-im-on-trump-enemies-list

 

アダム・キンジンガー連邦下院議員(イリノイ州選出、共和党)は水曜日、ドナルド・トランプが保有している「敵リスト」に自分が載っているだろうと語った。

 

キンジンガーはCNNに出演し、「恐らくそうでしょう。私は多くの人々の敵リストに掲載されているでしょうね。アメリカ国内中のね」と語った。キンジンガーは大統領選挙期間中に、トランプ次期大統領への支持を拒否した。

 

キンジンガーは「それでも、私は興奮しています」と語った。

 

キンジンガーは、選挙後、様々な「感情」が襲ってきたと語った。

 

「人々は怒っています。私に対して怒りを持っていたトランプ支持者たちから色々と言われます。理解できます」とキンジンガーは述べた。

 

「私はそうした中で毎日を過ごさねばなりません。人々は怒っています。人々の怒りは結実しました。しかし、翌朝になって、私が現在感じているのは、今回のことは我が国が団結する機会になるということです」。

 

トランプを強力に支持したオマローザ・マニゴールドは火曜日、トランプは、大統領選挙で彼に投票しなかった共和党幹部たちのリストを覚え続けているだろうと述べた。

 

 

テレビ番組「アプレンティス」の出演者だったマニゴールドは、『インディペンデント・ジャーナル・レヴュー』誌に対して次のように語った。「私たちがホワイトハウスに入るにあたり、誰が敵を明確にすることができたのは素晴らしいことです。私たちの立場は明確になりました」。

 

マニゴールトは、リンゼイ・グラハム連邦上院議員(サウスカロライナ州選出、共和党)が火曜日、彼は大統領選挙で無所属のエヴァン・マクミランに投票したとツイートしたことについて言及した。

 

マニゴールドは、「グラハム議員がその候補者を選ぶことが自分のためになると考えていたのなら、これ以上何も言いません。神様の祝福があることを祈ります」と語った。

 

ゴールドは、「私は自分の権利と、彼が選びたい人を選ぶという自由を行使したことについて判断することはしません。しかし、良いですか、トランプ氏はずっと覚えておられるでしょうし、私たちは反対した人々のリストを持ち続けるでしょう」と語った。

 

=====

 

サンダースはトランプと協力することを示唆(Sanders signals willingness to work with Trump

 

レベッカ・サヴランスキー筆

2016年11月9日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/305337-sanders-signals-willingness-to-work-with-trump

 

バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)は、いくつかの分野でドナルド・トランプと協力する用意があると示唆した。

 

ヴァーモント州選出の連邦上院議員で民主党大統領選挙予備選に立候補したサンダースは水曜日に声明を発表し、「トランプ氏がこの国の労働者の家族の生活を改善するための政策を実行することに真剣であり続けるなら、私や他の進歩主義者たちは、彼と協力する用意がある」と述べた。

 

サンダースは声明の中で続けて、「彼が人種差別、性差別、外国嫌悪、反環境保護主義的政策を実行するならば、私たちは強力に彼に反対するだろう」と述べた。

 

サンダースは今年の初めに予備選挙から撤退し、ヒラリー・クリントンを支持した。サンダースは、トランプに対して、「彼は大統領にふさわしくない」として攻撃した。

 

サンダースは選挙期間中にヒラリー・クリントンのために選挙運動を展開し、ヒラリー・クリントンを大統領に当選させるべき理由を語り続けた。

 

 

水曜日に発表した声明の中で、サンダースは次のように語った。「トランプ氏は、エスタブリッシュメントのための経済、エスタブリッシュメントのための政治、エスタブリッシュメントのメディアに倦み、怒りを持っている没落しつつある中流階級の怒りを把握し、当選した」。

 

サンダースは声明の中で次のように述べた。「人々はより低い賃金でより長時間働き、きちんとした仕事が中国や賃金が低い国々に奪われているのを目撃し、大富豪が連邦所得税を支払わず、子供たちを大学に行かせられない、ということに倦み疲れている」。

 

サンダースは「富裕層がより富裕になる状況だ」と述べた。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ