古村治彦です。

thewizardoflies001

 

 私が翻訳しました『バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容』(アダム・レボー著、副島隆彦翻訳、古村治彦翻訳、成甲書房、2010年)の主人公で、被害額史上最大650億ドル(約7兆1500億円)のねずみ講事件を引き起こしたバーナード・マドフの事件がテレビ映画化され、2017年5月20日に放送されました。タイトルは、「The Wizard of Lies」で、「嘘の魔法使い」という意味です。マドフ事件を扱った別の著作The Wizard of Liesが土台になっています。

bernardmadoffjiken002
バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容

 

アメリカのテレビ局HBOが製作し、バーナード・マドフをロバート・デニーロ、妻ルースをミッシェル・ファイファーという豪華な役者たちが演じています。監督は、「レインマン」でアカデミー監督賞を受賞したバリー・レヴィンソンです。テレビ映画にしてはかなりの豪華版です。


 

 マドフ事件についてですが、大きく見れば簡単なねずみ講事件です。高利のリターンを約束し、新しい顧客を獲得し、彼らの払うお金を利払いに回すということで成り立っていました。顧客には映画監督のスティーヴン・スピルバーグや俳優のケヴィン・ベーコンをはじめ、各界のセレブリティが名前を連ね、また日本を含む世界各国の大手金融機関も顧客になっていました。

 

 マドフはバーナード・マドフ証券投資会社を設立し、そこを舞台にしてねずみ講を行っていました。マドフはナスダック市場開設に辣腕をふるい、そうした活躍から、マドフはニューヨーク金融界の大立者となっていきました。

 

 マドフは新しい顧客を迎えることを嫌がる、ニューヨークやフロリダの閉鎖的なクラブやカントリークラブの顧客同士の紹介しか受け付けないし、それも嫌々ながら、という姿勢を見せました。これによって、富豪たちはかえって、マドフに資金を預けようと躍起になるという形になりました。マドフは監査を強引にかつ狡猾にすり抜けていたようです。また、証券取引監視委員会(SEC)は、マドフが怪しいという情報を多く受け取りながら、行動を起こしませんでした。

 

 しかし、2008年に起きたリーマン・ショックで投資家たちが一斉に資金を引き揚げようとして、ねずみ講が発覚しました。そして、2008年12月にマドフは逮捕されました。そして、2009年6月、マドフは150年の禁固刑の判決を受け、ノースカロライナ州の刑務所に収監されています。

 

 息子のマーク・マドフはバーナード・マドフ証券投資会社の幹部社員でしたが、2010年12月に自殺しました。また、妻ルースについては、ねずみ講について知らなかったということで訴追されませんでした。現在は彼女名義になっている財産を持ち、ひっそりと暮らしているようです。

 

 テレビ映画は日本でもそのうち放送されるであろうと思われます。是非ご覧いただき、併せて『バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容』もお読みいただけますよう、お願い致します。

 

(終わり)