古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:予備選挙

 古村治彦です。

 

 2020年の米大統領選挙民主党予備選挙に次々と立候補者が出ています。エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、前住宅・都市開発長官(オバマ政権)で元テキサス州サンアントニオ市長フリアン・カストロが正式に立候補を表明し、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)やキリステン・ギリブランド連邦上院議員(ニューヨーク州選出、民主党)も出馬発表間近と見られています。

 

 更に世論調査で人気トップ3のジョー・バイデン前副大統領、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)、ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)も出馬すると見られています。

 

 そうした中、ハワイ州選出の連邦下院議員トゥルシー・ギャバードも出馬を決心したと述べました。正式の発表は今週中になります。ハワイ出身というのはバラク・オバマ前大統領と同じです。

tulsigabbard001
トゥルシー・ギャバ―ド


 ギャバードは現在37歳(1981年生まれ)で、2020年に大統領選挙に当選となると史上最年少の大統領(39歳で大統領)ということになります。また、史上初のヒンズー教徒の大統領ということにもなります。

 

 ギャバードは21歳だった2002年にハワイ州下院議員に当選します。州議会レヴェルの議院としては史上最年少ということになります。その後、ハワイ州兵に入隊し、イラク派遣を志願し、実際にイラクで軍務に就きました。

tulsigabbard002

 その後、ダニエル・アカカ(Daniel Akaka、1924-2018年)連邦上院議員(中国系、在任:1990年―2013年)のスタッフと軍務を並行して務めました。予備士官学校を卒業し、クウェートに憲兵として派遣されました。2011年から2012年までホノルル市議会議員を務め、2013年からは連邦下院議員を務めています(4期目)。ギャバードの経歴はちょっと変わっていると言えると思います。軍籍としては予備役少佐となっています。


tulsigabbard003
 

 ギャバ―ドは、2015年当時、民主党全国委員会の副委員長でした。この時期は2016年米大統領選挙民主党予備選挙に向かう時期でした。当時のデビー・ワッサーマン=シュルツ委員長(民主党所属のフロリダ州選出連邦下院議員)は、ヒラリー・クリントンに肩入れをし、予備選挙期間中の討論会の数をこれまでよりもかなり減らしました。ギャバ―ドは、そのことに異を唱え、副委員長を辞任し、バーニー・サンダースを支持ました。こうして見ると、ギャバ―ドは民主党エスタブリッシュメントやウォール街民主党と対立していることになります。


tulsigabbard004


tulsigabbardberniesanders001


 
サンダースへの投票を求める広告に出演するギャバ―ド


 ギャバ―ドに関しては、ドナルド・トランプ大統領の側近だったスティーヴン・バノンが彼女のファンを公言し、トランプの当選直後、トランプタワーに招かれてトランプと会談を持ちました。歯に衣を着せない発言と行動力がトランプに評価されてのことでしょう。2人はシリア政策とタイテロリズム政策について話し合ったということです。

 

 下の記事にもあるように、ギャバ―ドは2017年にシリアを訪問し、バシャール・アル=アサド大統領と会談を持ちました。連邦下院倫理委員会の許可を得ての訪問でしたが、民主、共和両党から激しく批判されました。彼女はその後、「アサドが大統領である以上、平和を実現するには、彼と交渉をしなければならない」と発言し、また総スカンを食ってしまいました。彼女はシリア内線の裏にCIAやアメリカ政府機関が関わっているとも発言しています。2016年には、「CIAが直接的、間接的にアルカイーダとつながっている“穏健派”反体制勢力を支援し、シリア政府を転覆させようとしている」とツイッター上で書き、物議をかもしています。今週の正式の出馬宣言でも何か爆弾発言があるかもしれません。

tulsigabbard005

 

 ギャバ―ドはまだ37歳ですし、今回の大統領選挙は厳しい結果に終わるかもしれません。しかし、腐りきった民主党エスタブリッシュメントと偽善にまみれたヒラリー率いる人道的介入主義派に打撃を与えることになるでしょう。民主党予備選挙の討論会に参加し、自説を展開することで、2016年の時のバーニー・サンダースのように旋風を起こすことが出来るかもしれません。

 

 トゥルシー・ギャバ―ド、要注目です。

 

(貼り付けはじめ)

 

トゥルシー・ギャバードが大統領選挙出馬を明言(Tulsi Gabbard says she's running for president

 

クリス・ミルズ・ロドリゴ筆

2018年1月11日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/425010-tulsi-gabbard-announces-2020-white-house-bid  

 

トゥルシー・ギャバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は金曜日、2020年米大統領選挙民主党予備選挙に出馬する決心をしたと述べた。

 

ギャバードは、土曜日に放送されたCNNの番組で司会のヴァン・ジョーンズのインタヴューに答え、その中で「私は出馬を決心した。来週のうちに正式な発表を行う予定だ」と述べた。

 

ギャバードは「この決心に至ったのには多くの理由がある」と述べた。

 

ギャバードは、「アメリカ国民が直面している多くの問題がある。私はそれらに関心を持っており、解決のために手助けをしたい」と述べた。

 

ギャバードは医療、刑事司法制度改革、気候変動を重点問題として挙げた。

 

37歳になる連邦下院議員ギャバードは、連邦議会初のヒンズー教徒の議院であり、現在は連邦下院外交委員会に所属している。

 

CNNとのインタヴューの中でギャバードは次のように述べた。「多くの問題が存在するがその中で中心的に重要な問題が存在する。それは戦争と平和を巡る問題だ。この問題について関わることを私は希望しているし、正式に出馬発表をする際にはこの問題についてより深く語るつもりだ」。

 

ギャバードは多くの顔ぶれが出ると予想されている2020年米大統領選挙民主党予備選挙に参加することになった。エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)は2018年12月31日出馬表明を行い、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)をはじめとする多くの人々がすぐに出馬表明を行うものとみられている。

 

ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)とジョー・バイデン前副大統領もまた、出馬を考えていると見られている。

 

共和党はギャバ―ドの発表に即座に反応した。金曜日、声明を発表し、ギャバードの民主党内での支持に関して揶揄した。

 

共和党全国委員会の広報担当マイケル・アーレンズは声明の中で次のように述べた。「トゥルシー・ギャバードは経験不足以上の大きな問題を抱えている。それは党内に支持基盤を持たないということだ。ギャバードについてリベラル派は保守的過ぎると考え、保守派はリベラル過ぎると考える。全ての人々が彼女とバシャール・アル=アサドとのなれ合いについて不安を感じている」。

 

ギャバードは2017年1月に試合の指導者アサド大統領と会談を持った。これに関しては多くの人々から、そして彼女が所属する民主党内からも批判が出た。ギャバードとアサド大統領との会談から数か月後、シリア政府は自国民に対して化学兵器を使用したとして非難されることになった。

 

共和党全国委員会は金曜日、声明を発表した後にギャバードを理解するための「虎の巻」を発表した。この虎の巻はギャバ―ドの2020年の米大統領選挙勝利に影響を与える諸問題を抜粋したもので、そのトップにはアサド大統領との会談を掲載している。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 このブログでも何度も取り上げました、フリアン・カストロが2020年米大統領選挙出馬を表明しました。フリアン・カストロは弁護士出身で2009年から2014年までテキサス州サンアントニオ市の市長を務めました。そして、2014年からはバラク・オバマ大統領の下、住宅・都市開発長官を務めました。30代の若さでの閣僚就任は大きな話題となりました。2016年の米大統領選挙では、民主党の候補者となったヒラリー・クリントンの副大統領候補として名前が挙がりましたが、実際には選ばれませんでした。


 

 双子の兄弟ホアキン・カストロは連邦下院議員で、ジャパン・コーカス、米日議連の会長として来日し、安倍晋三首相と会談を持ったこともあります。

joaquincastroabeshinzo001
ホアキン・カストロと安倍晋三


 フリアン・カストロは、自分が市長を務めたサンアントニオ市で演説を行いました。その中で、「私の祖母は約100年前にこの国に来た。彼女は二世代後にが、孫の1人がアメリカ連邦議会の議員となっていること、そして、もう1人の孫が、今日皆さん方の前に立ち、“私はアメリカ合衆国大統領選挙候補者だ”と言うことなど全く想像することすらできなかったことでしょう」と述べました。

joaquincastrojuliancastro005

ホアキン・カスロト(左)とフリアン・カストロ 

 フリアン・カストロは双子の兄弟ホアキンと共に民主党の若手有望株として早くから注目されてきました。40代半ばということで、まだまだ若いということもあり、今回は小手調べで次に備えるということもあるのではないかと思います。

 

 カストロ兄弟が注目されているのは、アメリカ国内政治で存在感を増しているヒスパック系ということもあると思います。ちなみに、下に紹介する記事には、ラティーノ(Latino)という言葉とヒスパニック(Hispanic)という言葉が使われています。ラティーノ(女性はラティーナ)はラテンアメリア出身者やその子孫たちを意味する言葉です。ヒスパニックはラティーノに含まれます。ラテンアメリカでもスペイン語を話さない国、例えばブラジル(ポルトガル語)もありますから、こうした国々出身者はヒスパニックとは言いません。

 

 下の記事によると、ホアキン・カストロはヒスパニック系の連邦議員たちの議員連盟である連邦議会ヒスパニック系議員連盟(Congressional Hispanic Caucus)の会長を務めているということです。双子の兄弟フリアンの支援を取り付けやすい立場にあります。

 

 共和党からの反応はなかなか興味深いものです。フリアン・カストロを「軽量級」と評し、誰かの副大統領候補になるための出馬だろうと皮肉を言っています。彼の年齢を考えると、早過ぎるということはありませんが、次や次の次くらいまで狙える人物ですから、そのように考えると、共和党の皮肉もあながち的外れということはありません。

 

 人気の高いビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)とはテキサス州を地盤とする者同士の戦いということになります。早くからの注目度ということになると、カストロということになりますが、オロークの人気の急上昇ぶりには勝てないかもしれません。


juliancastrobarackobama001
フリアン・カストロとバラク・オバマ

 フリアン・カストロはバラク・オバマ政権関係者からは初めての立候補者ということになりますので、オバマ前大統領、ミシェル夫人を中心とするグループからどのような支援を得るのかということが鍵になると思います。

 

 

(貼り付けはじめ)

 

フリアン・カストロが2020年米大統領選挙出馬を宣言し、トランプを激しく批判(Julián Castro announces 2020 White House bid, swipes at Trump

 

ラファエル・バーなる筆

2019年1月12日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/425039-julian-castro-announces-2020-plans

 

前住宅・都市開発長官フリアン・カストロ(オバマ政権、民主党所属)は土曜日、2020年米大統領選挙民主党予備選挙に出馬すると発表した。

 

カストロは自身が2014年まで市長を務めた生まれ育った町サンアントニオ市で演説を行い、その中で、「私はアメリカ合衆国大統領候補者だ」と述べた。

 

44歳になるカストロは、2018年のテキサス州知事選挙と連邦上院議員選挙へ出馬せず、そのことで、大統領選挙に出馬するのではないかという噂が出ていた。

 

オバマ政権時代の住宅政策のトップであったカストロは、先月、2020年米大統領選挙出馬に向けた準備委員会を構築中だと発言した。大統領選挙に当選となると、アメリカ史上初のヒスパニック系大統領ということになる。

 

カストロは土曜日に行った演説の中で、彼自身を健康保険や気候変動などの問題を重視する進歩派の候補者だと規定した。そして、トランプ大統領の移民政策と国境を巡る動きを激しく批判した。

 

カストロは次のように述べた。「現在、確かに危機は存在する。それは、指導者を巡る危機だ。ドナルド・トランプは、私たちの偉大な国の価値観を共有していない」。

 

カスロトは、トランプ大統領のメディア攻撃を激しく非難した。そして、自身の演説会の取材に来ていた記者団に謝意を述べ、メディアは、アメリカにおける「真実を伝える友人たち」だと呼んだ。

 

オバマ政権の閣僚だったフリアン・カストロは、彼が大統領に当選して最初に行うこととして、「アメリカのパリ協定への復帰」を挙げた。パリ協定は2015年に成立したが、トランプ大統領はアメリカの脱退を決めた。

 

フリアン・カストロは、政府が医療費を全額負担する「メディケア・フォ・オール」と普遍的な幼児教育をはじめとする進歩主義的な考えを支持するという公約を掲げた。

 

ホアキン・カストロ連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)は、土曜日の演説会で彼の双子の兄弟であるフリアンを紹介する際に、フリアンは、多士済々の民主党予備選挙に出馬することになるが、彼こそが最善の候補だと訴えた。

 

ホアキン・カストロは「皆さんの助けと支持を受けて、私たちは最善の考えと最大のハートを持つ最善の候補者を持つことが出来ることを私は知っている」と述べた。

 

共和党は即座に民主党予備選挙候補者となったフリアンにジャブを浴びせた。共和党は声明を発表し、その中でフリアン・カストロを「軽量級」と評した。

 

共和党全国委員会報道担当マイケル・アーレンズは次のように述べた。「フリアン・カストロはこれまでにないほどの軽量級の人物がアメリカ大統領選挙に出馬するということで歴史に名前を残した。市長時代は弱腰で、住宅・都市開発長官時代は自分の官庁をうまくまとめることも出来なかった。カストロの出馬は、誰かの副大統領候補になるための絶望的な試みということでしかない」。

 

フリアン・カストロの出馬表明は、ラティーノ系政治において重要な2つの総会が開催されるタイミングで行われた。

 

活動が活発な2つの政治行動委員会(PAC)、連邦議会ヒスパニック系議員連盟(CHC)の選挙活動部門とラティーノ・ヴィクトリー・ファンドは今週末にプエルトリコで総会を行う予定だ。ホアキン・カストロはCHCの会長を務めている。

 

民主党予備選挙におけるラティーノ系有権者の存在は2020年の大統領選挙において大きいものとなっている。予備選挙の日時が変更になっているのも、増加しているラティーノ系有権者にとって有利に働く。

 

ラティーノ系の有権者たちは、来年の早い段階で行われるネヴァダ州の党員集会で重要や役割を果たすことになる。また、アメリカ国内で最も多いラティーノ系の人口を持つテキサス州とカリフォルニア州でも同様だ。

 

カストロは多くの顔ぶれが出馬するであろう民主党予備選挙に参加することになる。

 

トゥルシー・ギャッバード連邦下院議員(ハワイ州選出、民主党)は金曜日、2020年の大統領選挙への出馬を決めた。エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)は既に準備委員会発足を発表した。カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)をはじめとする人々もまもなく出馬を宣言すると見られている。

 

フリアン・カストロは自身の地元の州出身者同士の競争に直面することになるだろう。2018年11月の中間選挙でテッド・クルーズ連邦上院議員(共和党)に僅差で敗れたビトー・オローク連邦下院議員(民主党)も大統領選挙に出馬すると見られている。

 

ジョン・ボウデンはこの記事作成に協力した。

 

=====

 

カスロトは、2020年米大統領選挙出馬を発表した後にニューハンプシャー州で開催されるフォーラムに出席する(Castro to headline forum in New Hampshire after announcing 2020 decision

 

マックス・グリーンウッド筆

2019年1月7日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/424178-castro-to-headline-forum-in-new-hampshire-after-announcing-2020-decision

 

ジュリアン・カストロ(Julián Castro)前住宅都市開発長官は来週、ニューハンプシャー州を訪問することになった。その前にカストロは2020年米大統領選挙出馬を発表すると見られている。

 

カストロは、2019年1月16日にニューハンプシャー州マンチェスターで、ニューハンプシャー政治研究所主催の「ポリティックス・アンド・エッグス」フォーラムに出席することになっている。このイヴェントの過去の講演者にはエリック・ホルダー元司法長官、ジェフ・フレイク元連邦上院議員(アリゾナ州選出、共和党)、マーティン・オマリー元メリーランド州知事がいる。

 

このフォーラムは、東海岸のビジネス組織ニューイングランド・カウンシルが共催者となっている。

 

カストロがニューハンプシャー州で講演を行うことは、カストロが2020年の米大統領選挙出馬を計画していることを示している。

 

カストロは先月、大統領選挙出馬を模索する検討委員会を発足させた。今週土曜日には彼の地元サンアントニオ市で出馬を発表する予定となっている。カスロトは2009年から2014年までサンアントニオ市長を務めた。

 

ニューハンプシャー州は大統領選挙候補者にとって大統領選挙の初期段階で重要な州となっている。その理由は、ニューハンプシャー州は大統領選挙予備選挙が最初に行われる州であるからだ。

 

カスロトは多くの人々がひしめく2020年米大統領選挙に出馬することになる。民主党では30名以上の名前が挙がっている状況だ。その中にジョー・バイデン前副大統領のような大物も含まれている。

エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)は先週大統領選挙民主党予備選挙への出馬を発表した。大物政治家としては初めての発表となった。彼女は検討委員会発足を連邦選挙管理委員会に届け出た。ウォーレンは発表後にアイオワ州を訪問し、5か所で集会を開いた。

 

これからの数週間で5名程度の民主党の政治家が出馬発表を行う可能性があると見られている。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は、その勢いでアメリカ政治を揺るがしているドナルド・トランプ(Donald Trump、1946年―)の選対の幹部スタッフを皆様にご紹介したいと思います。


donaldtrump001
トランプ
 

 幹部スタッフを見ると、東部の一流大学、アイヴィーリーグ出身者はいません。そして、草の根保守市民運動団体アメリカンズ・フォ・プロスペリティの活動家をしていた人たちが多いです。一方で、各種選挙で手腕を発揮したヴェテランの選挙のプロも選対の要所要所に配置されています。

 

 トランプ陣営の幹部たちの配置を見ていると、「非エリート」たちが「素人くささ」と「過激さ」を演出しつつ、裏で選挙のプロたちが実務を仕切っているという姿が見えてきます。こうしてトランプは、エリートやエスタブリッシュメントに対して反感を持っている、怒れる白人たちを惹きつけることに成功したということが分かります。

 

 外交政策に関しては過激な言動ばかりが取り上げられるトランプ陣営ですが、まだきちんとした外交政策の専門家たちを集めてのティーム作りはできていないようです。ただ、ティームのトップに現職の連邦上院議員ジェス・セッションズ(Jeff Sessions、1946年―)が就任しました。彼はワシントンでも5本の指に入る保守派議員であり、いくつかの舌禍事件を起こしたことでも知られています。

 

※トランプ陣営の幹部スタッフはこちらのアドレスで紹介されています

http://www.p2016.org/trump/trumporg.html

 

=====

 

●選挙対策本部長:コーリー・R・ルワンドウスキー(Corey Lewandowski、1973年―)


coreyrlewandowski001
ルワンドウスキー

ルワンドウスキーは、トランプの選挙対策本部を仕切っている人物です。ルワンドウスキーと政治のかかわりは古く、マサチューセッツ大学ローウェル校在学中にマサチューセッツ州上院議員選挙に立候補し敗れました。その後も様々な選挙に関わりました。1997年にアメリカン大学修士課程修了(政治学修士)した後、コーク兄弟が資金提供を行っている団体シティズンズ・フォ・サウンド・エコノミーのスタッフとなりましたが、数カ月後には、オハイオ州選出の連邦下院議員のアシスタントとなりました。2001年には共和党全国委員会の北東部地域立法部政治部長となり、そこからニューハンプシャー州選出の連邦上院議員ボブ・スミスの選挙対策本部長に就任しました。しかし、2003年の選挙でボブ・スミスは共和党の予備選挙で、ジョン・スヌヌに敗れてしまいました。そこから業界団体や広告代理店を経て、2008年から2014年まで、コーク兄弟がスポンサーの保守系草の根市民団体アメリカンズ・フォ・プロスペリティの幹部スタッフとして活動しました。トランプ陣営の激しい言葉遣いや過激なスタイルはこのルワンドウスキーのスタイルが反映されていると言われています。

 

●選挙対策本部副本部長:マイケル・グラスナー(Michael Glassner

michaelglassner001
グラスナー 

 

 グラスナーは、1985年にカンザス大学卒業(政治学士)しました。1986年から2001年まで大物連邦上院議員だったボブ・ドールのスタッフ、側近を務めました。ボブ・ドールの連邦上院議員選挙や大統領選挙出馬で手腕を発揮しました。また、選挙コンサルティングとして、2008年の米大統領選挙では共和党側のジョン・マケイン、サラ・ペイリンのために働いています。2014年からは全米最大のユダヤ系アメリカ人団体AIPAC(American Israel Public Affairs Committee、アメリカ・イスラエル公共問題委員会)の南西地域担当政治部長を務めました。AIPACは、私も翻訳に関わりました『イスラエル・ロビーⅠ、Ⅱ』(ジョン・ミアシャイマー・スティーヴン・ウォルト著、副島隆彦訳、講談社、2007年)でも書かれている通り、全米最強のロビー団体であり、親イスラエル(政府)系として、アメリカ政府のイスラエル政策に大きな影響を与えています。ボブ・ドールとのつながり、選挙での経験と全米最大のロビー団体での活動から、グラスナーは、トランプ陣営の中で選挙のプロとして実務を取り仕切っていると考えられます。

 

●全国活動部長:スチュアート・ジョリー(Stuart Jolly


stuartjolly001
ジョリー

 サウスカロライナ州にあるシタデル(サウスカロライナ軍事大学)を卒業し(政治学士)、イースト・カロライナ大学で国際関係論と経営学で修士号を取得しました。アメリカ陸軍に入隊し、第一次湾岸戦争に従軍、中佐にまで昇進しました。その後は、セントラル・オクラホマ大学の軍事学の教授を務めました。2006年からは、アメリカンズ・フォ・プロスペリティのオクラホマ州支部を立ち上げ、責任者を務めましたが、2013年からは、エデュケイション・フリーダム・アライアンスの上級部長を務めました。

 

●全国スポークウーマン:カトリーナ・ピアソン(Katrina Pierson

katrinapiersonbullet001
ピアソン
 

 ピアソンは、父親が黒人、母親が白人ですが、両親が早くに離婚し、シングルマザーの母親の下、貧しい生活を経験しました。彼女自身も若くして結婚し、子供にも恵まれましたが、すぐにシングルマザーとなりました。20歳の頃には万引きで逮捕もされています。ピアソンは、テキサス大学ダラス校を卒業しました(生物学士)。テキサス州ガーランドでティーパーティー運動グループを立ち上げ、2014年からはティーパーティー・リーダシップ・ファンドのスポークスウーマンを務めました。更には2014年の米連邦下院議員選挙でテキサス州第32区の共和党予備選挙に立候補しましたが、落選しました。現在は自身の会社ピアソン・コンサルティング・グループのオーナーも務めています。ピアソンは叩き上げの人物で、テレビのニュース番組に出演した時、銃弾で作ったネックレスを身に着けており、注目と非難を浴びました。トランプ陣営の過激な性格を体現している女性であると思われます。

 

●ソーシャル・メディア担当部長:ダニエル・スカヴィーノ・ジュニア(Daniel Scavino Jr.


danielscavinojr001
スカヴィーノ

 ダニエル・スカヴィーノがドナルド・トランプに近づくことが出来たきっかけはゴルフでした。ピッツバーグ州立大学在学中に、ニューヨークにあったゴルフ場のキャデイをしていて、そこでトランプとコカ・コーラ社の会長と知り合いました。大学卒業後の1998年、スカヴィーノはコカ・コーラの地域マネージャーとして入社しました。2003年にはトランプがスカヴィーノと知り合ったゴルフ場を買収し、「トランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブ」と改名し、スカヴィーノは副支配人となりました。その後、トランプ・オーガナイゼ―ションのゴルフ部門の責任者となりました。スカヴィーノはトランプの腹心の1人となりました。スカヴィーノはトランプ陣営のソーシャル・メディア担当となりましたが、主な仕事はツイッターにメッセージや写真、動画を掲載することで、討論会などでは他の候補者たちの発言に対して、日本風に言えば、突っ込みを入れるというようなことをやっています。

 

●全国委員会共同委員長兼政策顧問:サム・クローヴィス(Sam Clovis、1949年―)


samclovis001
クローヴィス

クローヴィスは、1971年空軍士官学校を卒業しました(政治学士)。そして、25年間、アメリカ空軍に勤務し、大佐で退役しました。そして、ゴールデン・ゲイト大学で経営学修士号、アラバマ大学で公共政策博士号をそれぞれ取得しました。その後は、ラジオショーの司会者、大学教授などをしていました。政治とのかかわりは、アイオワ州財務長官選挙、アイオワ州選出の連邦上院議員の共和党予備選挙に挑戦し、それぞれ敗れていることです。また、2012年の米大統領選挙ではリック・サントラム支持で動いたことも挙げられます。今回の大統領選挙では、リック・ペリーの選対本部のアイオワ州責任者をしていましたが、トランプの政策顧問へと転身しました。保守的な立場で、トランプの「イスラム教徒の入国禁止」発言を擁護しました。

 

●上席顧問:サラ・ハッカビー・サンダース(Sarah Huckabee Sanders


sarahhuckabeesanders001
サンダース
 

 サラ・サンダースは名前で分かるのですが、元アーカンソー州知事で、共和党の大統領選挙予備選にも出馬したマイク・ハッカビーの娘です。クアチタ・バプティスト大学を卒業した後の2002年、父親マイク・ハッカビーの知事選挙再選のために働き始めました。2年ほど、教育省に勤務し、2008年の米大統領選挙の共和党予備選挙に出馬した父ハッカビーの選対幹部を務めました。2010年の連邦上院議員選挙では、アーカンソー州のジョン・ブーズマンの選対本部長を務め、ブーズマンは当選しました。2011年には、大統領選挙予備選に出馬を表明したティム・ポーレンティー選対の上級政治顧問を務めました。更には、2014年にはアーカンソー州の連邦上院議員選挙でトム・コットン陣営の上席顧問を務め、新人のコットンを勝利に導きました。夫のブライアン・サンダースは、ハッカビーの大統領選挙では政策部長を務め、現在は共和党専門の選挙コンサルティング会社ザ・ウィッカーズ・グループのリトルロック(アーカンソー州)事務所長を務めています。選挙のプロであり、父親を通じて幅広い人脈を形成していることは疑いの余地がありません。また、父親のハッカビーは、トランプを応援し、共和党の政治家たちを批判するコメントを出しています。

 

(終わり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は、トランプが共和党予備選挙で勝利することを阻止するために、リベラル派は、共和党の予備選挙に参加してマルコ・ルビオに投票すべきだという記事を紹介します。著者は、ピーター・ベイナードです。

 

 スーパーチューズデー(多くの州で予備選挙が行われ、選挙戦の流れが決まることが多い)が近づいています。各種世論調査では、トランプはテキサス以外で一位を獲得する勢いで、トランプが共和党の大統領選挙候補者に指名される可能性がどんどん大きくなっています。これについて、「トランプ旋風はいよいよ危険だ」という考えがメディアに出てくるようになりました。

 

 私はトランプ人気と日本の安倍晋三政権や橋下徹氏の人気が落ちないことには共通点があるように思います。彼らの言っていることは驚くほどによく似ています。トランプに熱狂しているアメリカ人の姿を見ていると、「ああ、あれは日本の有権者の姿でもあるのだな」と思います。閉塞感と怒りから発したポピュリズム(この言葉にはいくつかの意味があります)が、知恵のある政治家たちに利用されると暴走してしまい、革命と同じことが起きて、破壊しかもたらさないということがあります。

 

 この記事が訴えるようにリベラル派が共和党の予備選挙に参加することはないですが、ある種の危機感がアメリカにあるということは分かる記事です。

 

=====

 

リベラル派がマルコ・ルビオに投票すべき理由とは(Why Liberals Should Vote for Marco Rubio

―民主党員、民主党支持者はドナルド・トランプの共和党大統領選挙候補者指名を阻止するためにできることは全てやらねばならない。その中には、トランプを倒す可能性を持つ一人の人物を支持することも含まれる

 

ピーター・ベイナート筆

2016年2月28日

『ジ・アトランティック』誌

http://www.theatlantic.com/politics/archive/2016/02/why-liberals-should-vote-for-marco-rubio/471444/

 

 マルコ・ルビオはダメな大統領になることだろう。彼の税制に関する考えを知れば、ジョージ・W・ブッシュ前大統領は分別のある財政運営をしていたということになる。経済制裁、戦争、もしくは戦争を起こすという脅しを使うことは911事件以降、失敗続きであることはよく知られている。それでもルビオはこうしたやり方を使ってアメリカの敵たちを屈服させようとするだろう。移民問題に関して彼は誠実ではないし、臆病である。ルビオの生まれ故郷は定期的に洪水に見舞われているのに、彼自身は気候変動の影響を否定している。

 

 もし私が、共和党員ではなくても参加できる共和党予備選挙が実施される、スーパーチューズデーに含まれる9つの州の住民であったなら、民主党の予備選挙に参加して、ヒラリー・クリントンかバーニー・サンダースに投票する機会を失ってでも、共和党の予備選挙に参加して、ルビオに投票するだろう。私以外のリベラル派の人々はルビオに投票すべきだ。彼に政治献金をできる人はそうすべきだ。ドナルド・トランプの共和党大党選挙候補者指名を阻止するためなら何でもしなくてはならない。

 

 私の提案に対して3つの反論が存在する。

 

1.反論の第一は、リベラル派の観点からすれば、共和党内でルビオはなく、ジョン・ケーシックが最適の選択肢になる、というものだ。それはその通りだ。しかし、トランプを止めるという点では、ケーシックは無力だ。ケーシックは選挙資金を持っておらず、陣営の体制も整っていない。彼は自分の出身州でだけ上位に顔を出しているに過ぎない。現時点で、トランプを倒すために必要なエリートと大衆両方から羅の支持を受けられる候補者は1人だけだ。そして、その候補者こそがルビオだ。

 

2.反論の2つ目は、ルビオはトランプに比べてかなり良いという訳ではない、というものだ。実際、いくつかの争点では、ルビオはトランプよりも悪い考えを持っている。ルビオは、トランプとは違い、イラク戦争を導いた論理に挑戦してはいない。また、アメリカの選挙資金システムの腐敗について注意を喚起することもないだろう。

 

 しかし、これらの問題は確かに重要であるが、2人の候補者の間には根本的に大きな違いが存在する。ルビオはアメリカ合衆国憲法、そして特に人権宣言を尊重している。トランプは違う。トランプはアメリカの民主政治体制を脅かしている訳ではない。彼は、アメリカ国民が自分たちの指導者を選ぶ権利を否定しようとしてはいない。しかし、トランプは、アメリカの自由主義的な民主政治体制に脅威を与えている。自由主義的な民主政治体制は、たとえ民主的な選挙で形成された多数派であっても奪うことが出来ない根本的な諸権利が存在するという考えを基礎にする。トランプは世論を軽視してはいない。彼はその最も基本的な側面を利用し、煽動している。人々の憎悪と劣情に訴えればアピールできるとは分かっていても、政治家のほとんどは法的な規範と個人の権利を尊重してそうした動きを自制するものだ。しかし、トランプはこうした制限を「政治的正しさの押しつけ」と呼び、彼の侮蔑的な態度を誇らしげに見せびらかしている。

 

 トランプは、テロリストの家族を殺害することを求め、拷問に対して100%の支持を表明している。911事件の後、このような過激な言辞を使って、アメリカ国民の過半数、いや少なくとも共和党員の過半数を熱狂させることが出来るのだということを認識する、大統領候補者はこれまでにもいたと私は考える。しかし、トランプ以外の人々はさすがにそういうことはできないと踏みとどまった。トランプ以外の候補者たちもイスラム教徒を悪者扱いしているが、誰も、全てのイスラム教徒のアメリカ入国禁止など主張しない。トランプ以外の共和党の候補者たちは、オバマ大統領のアメリカ市民権に関する疑惑を問題にすることはほとんどない。トランプは、オバマ大統領がアメリカで生まれたこと自体を否定した。

 

 こうした違いが存在すること自体が恥だ。トランプ以外の候補者たちが、「イスラム教徒は911事件の発生時に大喜びした」という流言飛語を垂れ流す姿など想像することはできない。しかし、トランプだけはこうした流言飛語を利用しているのだ。実際にはそうした事実はなかったことは証明されている。トランプ以外の候補者たちは、主流派メディアに対して右派の立場から怒りを表明してはいる。しかし、トランプだけが名誉棄損に関する法律を変更し、ジャーナリストが彼に対して批判的な記事を書くことを難しくしてやると主張している。そして、トランプだけが、彼を阻止するために政治資金を出している人たちを公開の場で脅しているのだ。

 

 トランプがウラジミール・プーティンを称揚しているのは全くの偶然ではない。トランプがプーティンがやったこと全てを称揚してそれをやろうという訳ではないだろうが、トランプが大統領になったら、アメリカは、ファリード・ザカリアが「非自由主義的民主政治制度」と呼ぶ方向に進んでいくだろう。非自由主義的民主政治制度の下では、アメリカ国民は大統領を選挙で選ぶことはできる。しかし、選挙で選ばれた大統領は彼の権力の行使について今よりも制限が少なくなり、より自由に攻撃対象とするグループの諸権利を奪うことが出来るようになるだろう。これらの制限の多くは社会の慣習、しきたりの問題だと言える。私たちは、誰かが攻撃するまでアメリカの民主政治体制が如何に自由主義体であったかということに気付かないでいた。ルビオではなく、トランプはまさにその点を攻撃しているのだ。

 

3.リベラルはルビオを支持すべきという考えに対する反論の3つ目は、トランプが共和党を破壊することがアメリカの利益になる、というものだ。共和党が分裂、もしくはこの秋の選挙で大敗すれば、穏健派が再び影響力を取り戻し、共和党、もしくはそれに代わる何かは、気候変動を否定すること、判事を決定することを拒絶していること、アメリカの財政破綻とデフォルトの淵に追い込むことを止めるかもしれないと彼らは言う。トランプが勝利すれば、共和党は「頭を冷やす」かもしれないと彼らは考えている。

 

私はこの主張が魅力的なものであることは理解するが、馬鹿げていると断じる。トランプが本選挙で負ける可能性は高いが、100%負けるという保証はない。ヒラリー・クリントンが起訴されることがあるかもしれない。テロリストが投票日の2日前に攻撃をするかもしれない。こうしたことが起きないにしても、誰もこれから半年何が起きるかは断言できない中で、大統領選挙の流れは健全で穏やかなものにすべきだ。

 

 しかし、私たちは、次のことをはっきりと認識しなければならない。 トランプが共和党の大統領選挙候補者に指名されること、それはアメリカが大事な一線を超えてしまうということを意味する。

 

 憲法が設定している制限を尊重せず、弱い立場のマイノリティを更に攻撃する人物が我が国の2大政党のうちの1つを率いようとしているのだ。その結果は、程度を測ることは難しいが、大変深刻なものとなるであろう。数日前、アイオワ州の高校のバスケットボールの試合で、一方のティームのファンが、ラティーノ、アフリカ系、先住民系の選手たちで構成されていた相手ティームに対して、「トランプ」「トランプ」と大合唱して威嚇するという出来事が起きた。彼らは、人種差別を行う大統領となるであろう人物の名前を叫んだのだ。トランプの選挙戦で、彼を批判する人々は暴力を振るわれている。昨年、ボストンでは、2人の男が「トランプは正しい」と叫びながら鉄パイプでヒスパニックの男性を殴打するという事件が起きた。もしトランプが共和党の大統領選挙候補者に指名されてしまったら、そして神の気まぐれで大統領になってしまったらどんなことが起きるか、想像してみて欲しい。あらゆる点で、アメリカはより醜く、恐ろしい場所になってしまうだろう。

 

 対照的に、ルビオが勝利すれば、共和党は安定するだろう。民主、共和両党の間で行われる議論で飛び交う言葉は同じものとなって、議論はかみ合うことだろう。ルビオが共和党内の急進派や「既存勢力」からどんなに好かれていても、まだましだという期待はできる。

 

 トランプが共和党の予備選で勝利することでこれらを全てひっくり返されることになる。アメリカ政治が根本から変化することになる。しかし、常々保守派の人々がリベラル派の人々に行っているように、変化は進歩ではあるとは言えない。ある場合には変化の後に起きることよりも、道徳的に腐敗した現状維持の方がより良い場合もある。トランプが勝利することは政治的にこれまで経験したことのない恐ろしい状況が生まれるということを意味するのだ。

 

 リベラル派はこのような状況を食い止めるために、マルコ・ルビオを支持すべきだ。そして、私たちがこれに失敗したならば、今度は、保守派の人々に、トランプを阻止するためにヒラリー・クリントンを支持するように訴えるべきだ。アメリカ政治における党派対立は激しくなっている。しかし、穏健なリベラル派と穏健は保守派の間には共通の規範が存在する。そして、それを壊されるのを視たくないとこれらの人々は考えている。今こそイデオロギー上の違いを乗り越えて、団結すべき時だ。

 

(終わり)

野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-11-25



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12




 古村治彦です。

 

 2015年10月13日夜にネヴァダ州ラスヴェガスでCNNFacebookが共同で主催した米民主党大統領選挙予備選挙立候補者たちによる討論会が開催されました。5名の候補者たちが出席しましたが、注目は支持率が1位と2位のヒラリー・クリントン前国務長官とバーニー・サンダース米連邦上院議員でした。

democraticdebate2015001
民主党討論会(左から2人目がサンダース、真ん中がヒラリー)

 

 今回の討論会について、私が尊敬する政治ジャーナリストであるピーター・ベイナートが感想と分析を『ジ・アトランティック』誌に発表しました。

 

 ヒラリーとサンダースの違いを改革志向と革命志向に分けて、ヒラリーの改革志向がサンダースの革命志向を抑えて、有権者たちにアピールしたという分析をしています。ただ、アメリカ社会全体に「更に大きな変革」を求める雰囲気があるのも事実だと思いますので、バーニー・サンダースの勝利はないとしても、彼はこれからも健闘するでしょう。この分析記事の内容は正しいと思いますが、外交政策に関しての言及がなされていないのは今回の記事の足りない部分です。

 私は、ジョー・バイデン副大統領がどこで出馬宣言をするか、をじっと待っています。バイデン副大統領が出てくると、サンダース支持でヒラリーは推せないとする民主党リベラル派とサンダースは過激すぎて推せないという民主党漸進的改革志向の人々の支持を集めて、ヒラリーを追い抜くのではないかと考えています。その際に重要な争点となるのが、外交政策であると思います。

 (※この記事を書いたのは2015年10月15日でした。この日辺りから、各マスコミが急激にバイデン待望論がバイデン待ちくたびれた・出馬不可能論に転換しました。ヒラリーが討論会[シャンシャン株主総会みたいだった]で勝ったから、ヒラリーで行け、という論調になってきました。バイデンの周囲はもうすぐ決断をする、というようなことを言っているが、蕎麦屋の出前でもあるまいし、これ以上はもう待てないということになって、追い込まれて
仕方なく出馬するという形になって、2位になって終わりという感じになりつつあります。)

 

==========

 

バーニーとヒラリーが一致しない点(Where Bernie and Hillary Really Disagree

―民主党の有力大統領候補2人は政策では違いはない。しかし、アメリカには少しずつの改革、もしくは革命的な変化、どちらが必要かで意見が異なる

 

ピーター・ベイナート筆

2015年10月14日

『ジ・アトランティック』誌

http://www.theatlantic.com/politics/archive/2015/10/bernie-sanders-hillary-clinton-debate/410449/

 

 昨晩の民主党大統領選挙候補者たちによる討論会における最大の見せ場は終わり近くにやって来た。CNNの討論司会者アンダーソン・クーパーが各候補者たちに「皆さんが大統領に選ばれた場合に、それぞれ第三次オバマ政権と呼ばれないための方策、方向性を一つ教えてください」と尋ねた。バーニー・サンダースは、「私はオバマ大統領と違って、アメリカを、政治革命を通じて、変革する」と答えた。ヒラリー・クリントンは「オバマ大統領と違って、私は女性だ」と答えた。

 

 2人の答えを聞いて、私はクリス・ヘイズの名著『エリートたちの落日(Twilight of the Elites)』を思い出した。ヘイズはこの本の中で、エリートを既存の機構の機能を改善することを望む「既存機構重視者(institutionalists)」と、既存の機構を打ちこわし、新たに再スタートさせることを望む「反乱志向者(insurrectionists)」に区別した。

 

 サンダースは反乱志向者である。この半世紀で最も変革をもたらしたリベラル派の大統領の後を受けて大統領に選ばれることについて尋ねられた時、彼は「アメリカは正しい方向に向かっていないが、それを乗り越えて正しい方向に進まねばならない」と答えた。サンダースはアメリカには「政治革命」が必要だと述べた。彼はまた「アメリカの選挙資金制度は堕落している」とも述べた。

 

 ヒラリーはそのようなことは何も言わなかった。彼女は問題があることは認めながらも、アメリカの中核を形成する経済と政治、それぞれの機構についてはほとんど言及しなかった。金融規制についての2人の答えを比較検討してみよう。サンダースは、「ウォール街では詐欺がビジネスモデルとしてまかり通っている。ウォール街はアメリカ経済とアメリカ国民大多数の生活の破壊に手を貸している。従って、私たちは代金号の解体をしなければならない」と答えた。対照的に、ヒラリーは「ドッド=フランク法は良いスタートとなる。私たちはこの法律をきちんと施行しなければならない。私たちは消費者金融保護局の存在を守らねばならない」と答えた。まとめると、サンダースはシステムを攻撃し、一方、ヒラリーはどのようにシステムを改善するかを説明した、ということになる。

 

 人種と犯罪に関する諸問題についても同じことが言える。サンダースはアメリカの刑法システムは「壊れて」おり、「機構的な人種差別」によって運用が恣意的になっていると述べた。ヒラリーは、「オバマ大統領が警察に関して任命したコミッショナーによる提言を採用する。そして、私たちはこれらの問題にこれからも関心を持ちつづけなければならない」と述べた。

 

 ヒラリーは連邦上院議員時代に愛国者法に賛成票を投じたことについて尋ねられ、この法律は価値のある「プロセス」を生み出したが、ブッシュ政権はこうした「プロセス」を逸脱し始めたのだ、と答えた。そして、「市民の自由、プライバシー、そして安全のバランスが回復される必要がある」と述べた。サンダースは競合する価値観のバランスを取るとか、プロセスを正しい方向に戻すなどとは発言しなかった。アンダーソン・クーパーに「大統領になった場合、アメリカ国家安全保障局による調査プログラムを閉鎖しますか?」と質問され、サンダースは「もちろん、当然のことだ」と答えた。

 

 討論会はこうした調子で進んでいった。サンダースは資本主義に代わって民主的社会主義を採用することを主張した。ヒラリーは「資本主義が暴れ狂わないように、資本主義の行き過ぎを抑える」べきだと主張した。サンダースは、たとえアメリカの経済関係の官庁の最高幹部たちが銀行の救済をしなければ「完全なメルトダウン」に陥ると警告する場合でも、自分が大統領になったら銀行の救済策は実行しないと述べた。ヒラリーは基本的に自身に貼られた「インサイダー」というレッテルを受け入れ、「私はそうした場合にどのように対処すべきかを知っている」と力強く述べた。

 

 ヘイズのエリートの分類が討論会での候補者たちの発言を比較する検討することだけに有効な手段だという訳ではない。彼の分類はそれぞれの長所と短所を比較する場合に有効だ。サンダースの反乱志向は彼の政治的アピールにとって極めて重要だ。進歩主義者たちは、彼の政策がヒラリーの政策よりも左翼的であることだけで彼を支持しているのではない。進歩主義者たちは、サンダースがアメリカの政治的、経済的システムが堕落しているとはっきりと主張していること、そしてこの堕落したシステムのルールで戦うことを拒否していることで彼を支持しているのだ。例えば、サンダースはスーパーPACによる資金集めを拒否している。そうしたことから、「社会主義者」であることは、リベラル派の間で評判を落とすことにつながっていないのだ。多くの人々にとって、「社会主義」が意味するところは、既存の秩序を壊し、それよりもより良いものを建設するということなのだ。

 

 しかし、サンダースの反乱志向が彼の成功のカギとなる場合、それが彼の成功を押しとどめてしまう可能性もある。リベラル派の多くは経済的不平等に怒りを持っているが、民主党自体のムードは、共和党に比べて、反乱志向が少ない。共和党の候補者たちは定期的にジョン・ベイナー米連邦下院議長を非難し、それが大きな喝采を受けている。民主党の候補者たちの中でナンシー・ペロシ前米連邦下院議長を攻撃する人物がいたら、リベラル派はその人物をバカだと思うだろう。そして、民主党員たちや支持者たちは今でもバラク・オバマを心の底から支持しているのだ。

 

 だから、討論会の間、ヒラリーはオバマを賞賛した。民主党員や支持者たちは、「アメリカはいくつかの大きな問題を抱えている。それらは根本的に間違っている。それらの問題に対して民主党の政治家たちは物事がより良くなるように努力している」と考えている。この事実を踏まえてヒラリーは討論会でオバマを賞賛したのだ。民主党員と支持者たちは、オバマ政権下、物事はより良い方向に進んでいると確信している。2008年の大統領選挙でヒラリーがオバマに勝てなかった理由の1つは、ジョージ・W・ブッシュの後、彼女は大きな変革をもたらすことが出来ると有権者たちを納得させられなかったことだ。しかし現在のところ、彼女は民主党員の多くの支持を受けて大統領の座に最も近い位置にいる。それは、彼女がシステムの内側にいる人物であり、既存の機構を変革することを主張していて、それが有権者たちにアピールしているからなのだ。

 

 バーニー・サンダースが民主党の大統領選挙候補者に選ばれるとすれば、それは民主党の予備選挙に参加する候補者たちの過半数がアメリカと民主党を大きく変革することを望む場合だ。これは共和党側のドナルド・トランプにも言えることだ。昨晩のパフォーマンスを見ていると、ヒラリー・クリントンは、民主党員と支持者たちに革命的な変革は必要ではないということを納得させることが出来たと言える。共和党側ではジェブ・ブッシュがそれを目指しているが、いまだに果たせていない。

 

※ピーター・ベイナート:『ジ・アトランティック』誌と『ナショナル・ジャーナル』誌の客員編集員。ニューヨーク市立大学ジャーナリズム・政治学専攻の准教授、ニュー・アメリカ・ファウンデーション上級研究員を務める。

 

(終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ