古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:副大統領

 古村治彦です。

 アイオワ州とニューハンプシャー州での予備選挙の結果は他の州にも影響を与えている。全国規模の世論調査の結果で、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)が支持を伸ばし、支持率を下げたジョー・バイデン前副大統領との差は拡大している。更に、ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグの支持率も上がっている。
democraticparimarypollsmorningconsult20200212001

ニューハンプシャー州での予備選挙が終わった時点で、代議員を獲得している候補者を有力候補者だと考えることができるが、インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジ、サンダース、エイミー・クロウブシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、ジョー・バイデンということになる。これに3月3日以降はマイケル・ブルームバーグも加わると混戦状態に拍車がかかる。混戦状態から誰が脱落していくかが注目される。
democraticprimarypollsmorningconsult20200212002

 世論調査の支持率が低いということが報道されると、人々の投票行動にも影響を与える、また、選挙運動へのヴォランティアの参加や選挙運動資金の献金も少なくなる、そうなると世論調査の支持率が更に下がるという悪循環に陥る。そこにはまりつつあるのがバイデンとウォーレンだ。両者とも全国規模で見ればクロウブシャーとブティジェッジに比べれば支持率も知名度も高い。まだまだこれから巻き返してくるとなると混戦のまま進むことになる。

 エマーソン・カレッジは2020年2月16日から18日にかけて世論調査を行った。その中で、副大統領についても質問している。その結果は大変興味深いものとなった。
2020presidentialelectionvicepresidentpoll202002001

 1位はカマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)で20%、2位は実業家アンドリュー・ヤンで18%、3位がヒラリー・クリントン元国務長官で16%、ステイシー・エイブラムス前ジョージア州下院議員・2018年中間選挙ジョージア州知事選挙民主党候補で8%、5位がビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)で6%となった。ヒラリー・クリントンを支持する人が多いのは、やはり民主党内の融和を求めているということであろう。しかし、ヒラリーがここで表舞台に復活するのは民主党にとって良いことだとは言えない。

※エマーソン・カレッジの世論調査の結果は以下にあります↓

https://emersonpolling.reportablenews.com/pr/february-national-poll-sanders-takes-the-lead-for-democratic-nomination-bloomberg-on-the-rise

 エマーソン・カレッジの世論調査によると、サンダース支持者の31%がヤン、13%がハリス、13%がヒラリーと答えている。バイデン支持者の24%がヒラリー、23%がハリス、13%がヤンと答えている。ブルームバーグ支持者の22%がヒラリー、19%がハリス、8%がヤンと答えている。ウォーレン支持者の27%がハリス、14%がヤン、14%がエイムラムス、9%がヒラリーと答えている。

 以前、バイデンはエイブラムスの名前を挙げたことがあるが、この時はまだカマラ・ハリスは大統領選挙民主党予備選挙からの撤退前だった。バイデンとハリスは、アムトラックでの通勤で顔を合わせる仲として知られていた。ヒラリーを支持する人たちが多いようだが、もしバイデンが大統領選挙の候補者指名を受けて、ヒラリーを副大統領候補に選ぶようならば、民主党の分裂は不可避となる。

 左派のサンダースの副大統領候補にヤンを推す人たちが多いのは、やはりヤンがベイシック・インカム(18歳以上の全国民に毎月1000ドルを支払う)を提唱したからであろう。ヤンはベイシック・インカムを提唱しながら、メディケア・フォ・オールも主張していたこともあり、サンダース支持者たちから好感を持たれているようだ。サンダース支持者の13%がヒラリーを副大統領にと答えているのが興味深い。

 ヒラリーを副大統領候補に選んでしまうようなセンス欠如の人間が、もし大統領候補になってもまず勝利は望めないだろう。そして民主党は分裂してしまうだろう。

(貼り付けはじめ)

世論調査:全国規模の世論調査でサンダースは2桁のリードを記録(Sanders builds double-digit national lead: poll

ジョナサン・イーズリー筆

2020年2月13日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/482969-sanders-builds-double-digit-national-lead-poll

ヴァ-モント州選出のバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァ-モント州選出、無所属)は最新の全国規模の世論調査の結果で、2位の候補者に2桁のリードをつけている。

モーニング・コンサルト社の最新の世論調査の結果、サンダースの支持率は29%、続くジョー・バイデン前副大統領の支持率は19%、そして、ニューヨーク市元市長マイケル・ブルームバーグの支持率は18%となった。今週のニューハンプシャー州の予備選挙での勝利の後、サンダースは支持率を3ポイント上げてきた。バイデンはニューハンプシャー州の予備選挙で5位という惨敗に終わり、世論調査での支持率は3ポイント下げた。

最新の世論調査の結果では、サンダースは民主党予備選挙におけるトップ走者の地位を固めたということになる。ニューハンプシャー州での勝利に加え、アイオワ州での党員集会での一般投票数で最も多いものである。しかし、アイオワ州での代議員数獲得数では、インディアナ州サウスベンド市前市長ピート・ブティジェッジがサンダースを僅差で上回った。

ブティジェッジはニューハンプシャー州の予備選挙において僅差で2位をつけた。モーニング・コンサルト社の世論調査では支持率11%を堅持している。エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)はニューハンプシャーで上位3位の候補者に遠く置かれての4位に終わったが、モーニング・コンサルト社の世論調査の支持率は10%だった。

エイミー・クロウブッシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)はニューハンプシャー州の世論調査で驚きの3位に入った。クロウブシャーは有力候補者の仲間入りとなった。世論調査での支持率は5%で、前回の世論調査に比べて2ポイント上がった。

有権者たちの最大の関心事は当選可能性だ。そして、サンダースは現在のところ、トランプ大統領を倒せる最良の立場にいると見られている。世論調査の対象者の29%がサンダースが最も当選可能性が高いと答えた。ブルームバーグと答えたのは25%だった。

バイデンの当選可能性に関する主張は、アイオワ州で4位、ニューハンプシャー州で5位に終わったことで、重大な影響を受けることになった。今月初めの世論調査での支持率は29%だったが、最新の世論調査では17%にまで下がった。

バイデンは、自身の支持基盤であるアフリカ系アメリカ人の有権者が、ネヴァダ州とサウスカロライナ州といった人種的により多様な州で予備選挙が実施されるまで、自分を支持してくれるだろうという希望を持っている。

しかし、モーニング・コンサルト社の世論調査によると、「バイデンがトランプ大統領を倒すためには最良の候補者だ」という主張に賛同するアフリカ系アメリカ人有権者は前回に比べて10ポイント下落したということである。アフリカ系アメリカ人有権者の32%が、サンダースにはトランプを倒すチャンスがあると答え、バイデンとブルームバーグと答えたのはそれぞれ21%だった。

バイデンのニューハンプシャー州での結果を受けて、民主党の予備選挙参加者の46%がこれからバイデンに投票しないだろうと答えている。

モーニング・コンサルト社の世論調査は2020年2月12日の2639名の登録済の民主党支持の有権者を対象に実施された。誤差は2ポイントだ。

(貼り付け終わり)

(終わり)

amerikaseijinohimitsu019
アメリカ政治の秘密
harvarddaigakunohimitsu001
ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 トランプ政権内部の勢力争いが報じられています。そうした中で、そうした争いに関与せずに、自分の責務をこなしているのが、マイク・ペンス副大統領です。

 

 今月中旬からアジア各国を歴訪しています。日本では安倍晋三首相、麻生太郎財務相健副総理と会談を持ちました。麻生大臣とは「経済対話」、economic dialogueという枠組みで、日米間の経済連携を進めるための話し合いをこれからも行っていくと確認しました。ペンス副大統領の訪日には、ウィルバー・ロス商務長官も同行しました。ウィルバー・ロスは、アメリカがシリアに対してミサイル攻撃を行った際に、シチュエーションルームで、トランプの右隣に座っていました。左隣はレックス・ティラーソン国務長官でした。ロスもまた重要な人物です。

 

 ペンス副大統領の堅実さは、トランプ政権にとっての財産である、下に紹介している記事では述べています。ホワイトハウスのレインス・プリーバス大統領首席補佐官と共に連邦議会対策に力を発揮しています。その成果は出ていませんが、連邦議会とのパイプを持っている人物が少ないトランプ政権では大変重要な役割を担っています。

 

 ペンスが次の大党選挙で有力な候補者となる可能性は大変高いと言えます。

 

(貼りつけはじめ)

 

トランプ大統領のホワイトハウスの中でペン副大統領の力が増大している(Vice President Pence’s power grows in Trump’s White House

 

ナイオール・スタネイジ筆

2017年2月16日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/homenews/administration/319801-vice-president-pences-power-grows-in-trumps-white-house

 

大統領国家安全保障問題担当補佐官マイケル・フリンが今週、職を辞した。これは、トランプ政権内におけるペンス副大統領の力が増大していることを背景としている。

 

政権関係者は、ペンスの影響力はメディアではあまり取り上げられていないと述べる。メディアは、個性が強いトランプのアドヴァイザーたちに注目している。

 

しかし、フリンの更迭は、フリンがペンスに対して、駐米ロシア大使との電話会談の内容について事実ではない報告をしたことで起きた。この出来事によって、前インディアナ州知事ペンスの影響力は大きいのだということを人々に印象付けることになった。

 

ある政権関係者は匿名を条件に次のように赤裸々に語った。「フリンの更迭によってペンスはその力を見せつけました。副大統領、そして、マイク・ペンスに嘘をつくことはできない、もし、嘘をついたら政権内で生き残ることはできないのだ、ということをはっきり示しました」。

 

フリンはペンスに対して、アメリカの対ロ経済制裁についてセルゲイ・キスリヤクと議論したことはないと明確に否定した。これは真実ではなかった。報道では、この件についてペンスは激怒したということだ。

 

ペンスは嘘をつかれていた。それに加えて、司法省がフリンのロシア側との会見についてトランプ大統領に報告してから数週間も経ってから、ペンスはこのことを聞かされたと報道されている。

 

ペンスに何も知らされていなかったことで、ペンスはトランプ政権内でどれくらいの力を持っているのかという疑問が生じた。

 

しかし、ペンス副大統領をよく知っている人々は、彼とトランプ大統領とのつながりは切れていないと述べている。ペンスはトランプが大塔選挙で苦境に陥った時も忠誠心を持ち続けた。そのために2人の関係は強固なのだ、ということだ。

 

両者はトランプがペンスを副大統領候補に指名するまでお互いのことをよく知らなかった。

 

ペンスは敬虔なキリスト教徒だ。トランプが女性を侮辱する発言が録音されたテープが公開されたときに、大きなショックを受けたと報道された。しかし、公の場で、ペンスは穏やかな姿勢を崩さなかった。しかし、この問題の中でも、そしてその他の様々な問題に直面しても、トランプを熱烈に支持し続けた。

 

ホワイトハウスに入らなかったトランプの支持者のひとりは、ペンスについて、「まったくぐらつかない」と評価した。

 

現在のホワイトハウスはリーク合戦に苦しみ、エゴとエゴのぶつかり合いのために揺れている。ペンスはこうしたことから距離を置いている。

 

ペンス副大統領と、トランプ大統領の首席ストラティジストであるスティーヴン・バノンや、メディアに頻繁に登場するケリアン・コンウェイとの間は、表立って悪化していない。また、大統領首席補佐官レインス・プリーバスとホワイトハウス報道官シーン・スパイサーに対しては政権内部からも細かい批判がなされていているが、ペンスはそうした批判を受けていない。それだけ責務をうまくこなしているのだ。

 

前述のトランプの支持者は、ペンス副大統領が「大きな影響力」を持っている理由として、「ペンスが周囲から認められたいと思っていない」からだと述べている。ペンスは人々の噂話の対象になろうとしてはいないのだ。

 

ホワイトハウス関係者も同じように語っている。

 

この関係者は次のように語る。「大統領執務室にいる人間は全て、スティーヴ・バノン、ケリアン・コンウェイ、ジャレッド・クシュナー(トランプの義理の息子、大統領上級顧問)が何をしているかばかりを気にしている。しかし、ペンスは何も言わずに副大統領としての仕事に取り組み、連邦議会との関係を構築し、ホワイトハンス内部の確固とした基盤となろうとしている」。

 

ニュースマック社CEOでトランプの友人でもあるクリス・ラディは、「トランプの演説や発言から読み取れるのは、トランプが副大統領を大変に尊敬し、政権にとって重要な人物だと考えているということだ」と述べた。

 

ラディは続けて、「もちろん、トランプはそんなことを表立って言わない」と語った。

 

ペンスの副大統領の仕事で重要なものは、連邦議会内で、トランプの政策を進めることだ。ペンスは月曜日に連邦下院の共和党側控室に入り、保守的なハウス・フリーダム・コーカス(連邦下院自由議連)と会談を持った。翌日にはより中道的なチューズデー・グループと会談を持った。

 

一方、長年にわたりペンスの側近を務めたマーク・ショートは、トランプ政権の立法問題部長に就任している。

 

トランプと議会共和党との間では表面上は緊張関係が高まっている。こうした中で、ペンスの役割は両者の間を円滑にすることである。

 

共和党政策委員会委員長ルーク・メッサー連邦下院議員(インディアナ州選出、共和党)は、ペンス副大統領が出馬していた選挙区から連邦下院議員となっている。メッサーはペンス副大統領について、「正直な仲介者だと考えられており、これまでに連邦議会との間で良好な関係を築いている。その人物がどういう人物かを知ることは、長期的に見て、信頼の醸成に役立つ」と述べている。

 

メッサーは更に、「築き上げてきた信頼によって影響力が生まれる」と述べている。

 

大統領選挙でトランプを支持した連邦下院議員リチャード・ハドソン(ノースカロライナ州選出、共和党)もメッサーの主張に同意している。

 

ハドソンは次のように語る。「私たちは彼が影響力を発揮してくれることを希望しています。当然のことですが、最終決定は大統領がします。しかし、私はトランプ大統領がペンス副大統領に助言を求めるようであってほしいと願っています。それは、ペンス大統領がいつも公平だからです。彼は嵐の中でも冷静さを保つ人物です。また、連邦議会ではどのような過程で物事が進められるのかを理解しています。ペンス副大統領はトランプ大統領に、彼の政策を進めるためのより良い助言を与え続けることができます」。

 

オバマケアの代替計画の同意を取り付けるという共和党の立法上の問題をペンスひとりで解決することはできない。トランプの短気さと行き当りばったりは政権と議会を周章狼狽させることになるだろう。

 

しかし、副大統領が安定して堅実に仕事をこなしているという認識を持たれることは、ホワイトハウス内と外において、重要な利点となっている。

 

ペンスはトランプ政権の中で変わっている人物である。彼にはホワイトハウス内ではっきりした敵対者を持たない。これが特異な点だ。取材に答えた人々は、トランプ自身はペンス副大統領の仕事に満足しているようだと異口同音に答えている。また、インディアナ州前知事ペンスは、トランプとショート以外にも、ホワイトハウス法律顧問ドン・マガーンといった政権内の重要な人物たちと深い関係を持っている。

 

ペンスはトランプを上司としているがこれもまた利点なのだ、とあるホワイトハウス関係者は語る。

 

この人物は次のように語っている。「ペンスは副大統領らしい副大統領だ。トランプの世界では、これだけで素晴らしいことだ」。

 

(貼りつけ終わり)

 

(終わり)





アメリカの真の支配者 コーク一族
ダニエル・シュルマン
講談社
2016-01-22

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

古村治彦です。

 

 今回は昨日からのアメリカ民主党内の動きについて、特にウォーレンが副大統領候補になるのかどうかについての記事を3本ご紹介いたします。

  ヒラリーの副大統領候補として、これまでオバマ政権の住宅都市開発長官で、ヒスパック系のフリアン・カストロ(しかしスペイン語はそこまで話せないそうです)の名前がずっと挙げられてきました。しかし、ここにきて、ウォーレンの名前が出てきています。

 ヒラリーとしては、トランプがヒスパニック系の判事に関する失言で、大きな批判を浴びている現状で、わざわざヒスパニック系の人物を副大統領にしなくても、ヒスパニック系の有権者の投票を得られるという判断もあると思われます。また、党内事情においても、リベラル系で、反エスタブリッシュメントの支持者たちからもウォーレンの副大統領候補でヒラリーへの消極的な支持がえられるという計算も成り立つようです。


===========

 

ウォーレンを副大統領候補にするのかという質問を受けてのヒラリーの答え:「このお茶を試してみたら?」(Asked about Warren for VP, Clinton replies: Try my tea

 

ポウリナ・フィローツィ(Paulina Firozi)筆

『ザ・ヒル』誌

2016年6月10日

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/283066-clinton-acts-startled-when-reporters-ask-about-warren-as

 

 ヒラリー・クリントンは、記者団から連邦上院議員エリザベス・ウォーレン(民主党、マサチューセッツ州選出)と副大統領候補について話したのかと質問され、非常に驚いた表情をし、話題を変えようとした。

 

 事実上の民主党大統領選挙候補者ヒラリー・クリントンは、金曜日、ワシントンのショー地区にあるアップライジング・マフィン・カンパニーで冷たいお茶を買った時に、記者団と会話を交わした。

 

CBSの記者ハンナ・チャンポンは、ツイッターにこの時の動画を掲載した。ある記者が「ウォーレン上院議員と彼女が副大統領候補になる可能性について話をしましたか?」と質問した。

 

この質問を複数の記者から受けた時、事実上の民主党大都量選挙候補者ヒラリーは大げさに頭を上下に動かし、目を大きく見開き、声をあげて笑った。


  ヒラリーはお茶のカップを掲げながら、「このコールド・チャイを試してみるべきよ」と述べた。

 

 金曜日の朝、ウォーレンはヒラリー・クリントンと私的に会談を持った。この会談によって、ヒラリーがウォーレンを副大統領候補にするのではないかという憶測が高まった。

 

 二人の会談は、ウォーレンが正式にヒラリー・クリントンを支持すると表明した翌日に行われた。

  

(終わり)

 

=====

 

副大統領候補に関する憶測が高まる中、ウォーレンがヒラリー・クリントンと会談した(Warren meets with Clinton amid VP speculation

 

エリオット・スミローウィッツ(Elliot Smilowitz)筆

2016年6月10日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/282998-warren-to-meet-with-clinton-amid-vp-speculation

 

 連邦上院議員エリザベス・ウォーレン(民主党、マサチューセッツ州選出)は、金曜日、事実上の民主党大統領選挙候補者ヒラリー・クリントンと会談した。「ヒラリー・クリントンはウォーレンを副大統領候補に選ぼうと考えているのではないか」という憶測がさらに高まることになった。

 

 CNNは、2人の会談を詳しく報道した。ウォーレンが連邦上院の議事堂を出発し、ワシントンにあるヒラリー・クリントンの邸宅に到着し、それから1時間後に邸宅を出るところまで、CNNは、ニュース番組で速報を出し続けた。

 

 この会談は、ウォーレンがヒラリー・クリントンに対しての正式な支持表明の翌日に行われた。

 

 『ワシントン・ポスト』紙によると、ここ数週間、ウォーレンとヒラリーは数回会話を交わし、一度は30分にも及んだ。

 

 ウォーレンは事実上の共和党大統領選挙候補者ドナルド・トランプに対して、演説やSNSで批判してきた。

 

 木曜日、ウォーレンはトランプを「短気で人種差別的なガキ大将」「誰かのために何かを犠牲にしたこともない、自分以外には奉仕をしたことがない詐欺師」と呼んだ。

 

 木曜日、ウォーレンは、「頼まれればヒラリー・クリントンの副大統領候補になることはやぶさかではないが、女性2人が大統領候補・副大統領候補となることは良い考えなのかどうかといった心配をしている」と報じられた。

 

(終わり)

 

======

 

報告:ウォーレンはヒラリーの副大統領候補になることに関して懸念を持っている(Warren has concerns about being Clinton's VP: report

 

レベッカ・サヴランスキー(Rebecca Savransky)筆

2016年6月9日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/282850-warren-has-concerns-about-being-clintons-vp-report

 

 連邦上院議員エリザベス・ウォーレン(民主党、マサチューセッツ州選出)は、ヒラリー・クリントンの副大統領広報になることについていくつかの懸念を抱いていると報じられた。

 

 ウォーレンは事実上の民主党大統領選挙候補ヒラリー・クリントンを支持すると考えられている。ロイター通信によると、自分が副大統領候補になること、つまり女性二人が候補者になることに関して懸念を持っていると報じた。

 

 あるマスコミによると、マサチューセッツ州選出の連邦上院議員ウォーレンは、自分が副大統領候補になることが、事実上の共和党大統領選挙候補ドナルド・トランプを打ち破るための最善の機会となるのかどうか疑問を持っているということだ。

 

ここ数週間、ウォーレンのアドヴァイザーたちはクリントン陣営と連絡を取り合ってきた。しかし、マサチューセッツ州選出の連邦上院議員ウォーレン自身は、ヒラリーと選挙陣営の幹部たちと副大統領候補になることについて話してはいないということだ。

 

 ウォーレンは、所得の格差を減少させることといった優先政策を進めたいと考えている。彼女の優先政策はクリントンの政策よりも「進歩的」だとウォーレンは語っている。ウォーレンは、副大統領になることが優先政策を進めるための最良の方法かどうか、革新が持てないと語っている。

 

 ウォーレンは、ヒラリーの副大統領候補になる可能性に興味を持っているという姿勢を示している。

  

 これまで、ウォーレンは、トランプに対して激しい批判を加えてきた。ツイッター上で、「トランプは憎悪と不安を混合させた毒入りシチューを作っている。そんな人物をホワイトハウスの主にしてはいけない」と批判した。

 

 トランプはウォーレンを攻撃した。トランプは、ウォーレンが自分の先祖にネイティヴ・アメリカンがいると誤った情報を流したことを蒸し返し、選挙戦中に、ウォーレンのことを「ポカホンタス」と呼んだ。

 

 ウォーレンに近いある人物によると、ウォーレンのヒラリー支持の理由は、トランプを大統領にしたくないという熱意である。

 

 ウォーレンは、予備選挙の期間中、誰も支持しない態度を堅持した。彼女がヒラリーを支持するだろうと考えられている。彼女がヒラリーを支持することで、本選挙に向けて民主党の団結が図られるだろう。

 

(終わり)





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ