古村治彦の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。よろしくお願いします。

タグ:副島隆彦


 今月末に、「第13回 副島隆彦の“予言者”金融セミナー」が開催されます。

 以下にセミナーの情報を掲載します。セミナーに関するお問い合わせは下記連絡先にお願い致します。

IMG_20161215_0001
IMG_20161215_0003

第13回 副島隆彦の“予言者”金融セミナー

開催日:2017年3月26日(日)
開演:11時(開場・受付:10時)・途中休憩あり
終了:17時
受講料:15,000円(税込)/全指定席
会場:ヤクルトホール
   東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル
アクセス:新橋駅(JR、東京メトロ銀座線)
企画・運営:ブレイントラスト企画
主催:(有)アールシステム

yakulthallmap005
ヤクルトホールの地図

【お問い合わせ】

(有)アールシステム ブレイントラスト企画
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-1 サンライトビル401
電話:03-6261-5465(平日10~18時、土・日・祝は休み)
ファックス:050-3153-2488
Eメール:bt-soejima@nifty.com

※以下のアドレスからお申込みできます↓
http://kokucheese.com/event/index/456484/

宜しくお願い致します。

Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は、2017年3月7日に発売になります『税金恐怖政治が資産家層を追い詰める』(副島隆彦著、幻冬舎、2017年3月)をご紹介します。本書は、2017年初めての副島先生の単著になります。

taxterrorismgashisankasouwooitsumeru001
 

税金恐怖政治が資産家層を追い詰める

 

 この時期、確定申告で大変な思いをされている方々も多くいらっしゃると思います。この時期ほど、税金についてとても切実に感じられることはありません。

 

 驚くべき内容の本になっています。是非手に取ってお読みください。

 

 宜しくお願い致します。

 

(貼り付けはじめ)

 

まえがき

 

 税金恐怖政治(タックス・テロリズム)の始まりである。

 

 国税庁はついに、「(いわゆる)富裕層(ふゆうそう)への課税強化宣言」(国税庁HPにあり)を昨年11月初めに行った。後述する。

 

 併(あわ)せて、中小企業のオーナー経営者で、給与(だけ)を受け取っているものたちへの税務調査を「わざと」行うようになった。そして「おみやげ」(修正申告)を徴収しないでにやりと笑って税務調査を終わらせる。「国(くに)は、あなたの相続税時()の資産をしっかり把握(はあく)した。もう逃げられないよ」という脅(おど)しの調査である。「(いわゆる)富裕層」(金持ち)に対する〝萎縮効果〟を狙ったものだ。

 

もうどうにもならない。

 

ついに、こういうところにまで日本の資産家、小金持ちたちは追い詰められた。何が何でも「ひとり(最低)1億円ずつは相続税で取ってやる」という構えだ。これは税金(タックス)テロリズムの始まりだ。課税強化と増税は悪であり、悪政なのだ、という自覚を税金(取り)官僚たちが無くしつつある。自分たちが悪人なのだ、という自意識を喪失しつつある。愚劣なことに、「税金徴収は正義(ジャスティス)である」と巨大な勘違いをしている。

 

私は、前作『税金官僚から 逃がせ隠せ個人資産』(2013年10月 幻冬舎刊)で、日本の小金持ちや小資産家たちを守る努力をしてきた。それでも金融庁と国税庁がここまで激しい攻撃を仕掛けてくると、もう手の打ちようがない。それぐらいまで激しい動きになっている。皆さんも気づいているだろう。日経新聞のど真ん中に、「富裕層への課税の強化」という言葉が去年から毎週のように出るようになった。金融庁と国税庁がヒステリー状態で、日本の小資産家、小金持ち層を痛めつけようとしている。

 

痛めつけるとは、たった一言、「税金を徴収する」ということだ。とくに外国(避難)財産課税がものすごい勢いで強化された。法律をどんどん新たに作っている。「立法者(ラー・メイカーズ)(国会議員たち。国民の代表)をそっちのけでバカ扱いして勝手にどんどん法案を通してしまう。

 

タックス・テロリストは、アメリカやヨーロッパで使われている言葉である。

 

副島隆彦

 

=====

 

税金恐怖政治(タックス・テロリズム)が資産家層を追い詰める/目次

 

 

まえがき

 

1 ヒステリー状態の税金官僚たち

・いま狙われているのは小金持ち層

・国内で身動きがとれない資産5億円以下の人たち

・税金テロリズムとは

・徴税は悪政である

 

2 税金官僚たちの動きを知る

・「パナマ文書」から発覚したセコム創業者・飯田亮氏の対応

・たくさん相続税を納める人たちに、この国はなぜ社会的名誉を与えないのか

・相続税の基準が、1億円から5千万円まで下がった

・公務員たちはなぜ金持ちが嫌いなのか

・世界中の税金官僚が、自国の金持ちを追い回している

 

3 パナマ文書問題とは何だったのか

・パナマ文書流出の引き金となった事件 アメリカVSイギリスの争い

・アメリカの狙いは、外国の金持ちや大企業のお金

・アメリカに狙われる日本企業

・衰退国家アメリカの、なりふり構わぬ恐ろしさ

・結託する世界の税金官僚たち

・税理士も、親戚も旦那も妻も子供も信用してはいけない

 

4 マイナンバーと申告書類

・マイナンバー制で税金が取られやすくなった

FinTech(フィンテック)の阻止に使われるマイナンバー

・政治家を利用してマイナンバー制を導入した税金官僚

・マイナンバーは、国に一元管理されるIDになる

・消費税法はインボイス(適格請求書)制度に変わる

・国外財産調書をどうするか

・財産債務明細書にどこまで書くか

・不良少年の「関係ねえ」に私は感動した

 

5 不動産をどうするか問題

・田舎の土地は生きているうちに売る

・路線価のどうしようもないひどさ

・タワーマンション節税やアパート経営などやめる

・借り手がつかない駅前商業ビル、アパート、マンション

・フリー・レントとマイナス金利はよく似ている

・不動産鑑定士というひどい商売

 

6 現金をどうするか

・日本のデフレは続く。現金が大事だ

・財務官僚たちにとって重要なのは〝国民〟より〝国〟

・お札を刷り散らかした副作用がこれから出る

・「引き出し制限」と「新札切り替え」が迫っている

・現金を消せ、という世界の動き

 

7 どう逃がすか、と金(きん)の扱い

・今からでも外国に移住して、住民票を捨てることを考える

・海外に逃がす時は、体に貼付けていくのが大原則

・シンガポールの保税倉庫を使う手もある

・タンス預金は、国にこうして狙われる

・現金は金(きん)に変えるのが基本

・金の卸価格は4300円が攻防戦

・泥棒がますます増える。気をつけてください

 

8 私は1600万円を泥棒された

・副島隆彦、泥棒にやられる

・自己防衛がこれからますます大事になる

・防犯態勢を今更ながら整えた

・タンス預金をしているといつの間にかなくなる

・警察は動かない

・保険会社は意地でも払わないとわかった

 

9 海外で暮らす富裕層に話を聞いた

・日本を棄てた経営者たちのその後

・マイナンバー制度で海外資産はどうなる

・移住したら日本の健康保険は捨てる

・海外の不動産投資の実情

・国際免許証が使える

・マレーシアのビザの取り方

 

10 税金官僚は企業を洗脳する

・国税通則法の改正が意味すること

・官僚のスパイを養成するための「コーポレート・ガバナンス」

・官僚は、投資家も使って経営陣を痛めつける

・企業の税金裁判が増えている

・「コンプライアンス」という密告制度

・外国企業への締め付けは厳しくなっている

 

=====

 

 あとがき

 

 この本の書名『税金恐怖政治(タックス・テロリズム)が資産家層を追い詰める』の元になった tax terrorism 「タックス・テロリズム」という言葉は本当にある。欧米の先進諸国にある。私の勝手な造語ではない。

 

 なぜ、税金を取る税務署員(タックスマン)たちが、テロリストなのか、と不思議に思うだろう。だが本当にそうなのだ。ここまでヒドい税金取り立てをすると、国民が怒りだす。徴税(ちょうぜい)テロが起きているのだ。

 

 アメリカで1980年の選挙で、ロナルド・レーガンがなぜ大統領になったのか。それは、アメリカの共和党(リパブリカン)を支える金持ちや経営者たちの間に、税務署員に対する大きな怨嗟(えんさ)の声が上がっていたからだ。P.13に載せたIRS(米国税庁)に飛行機で突っ込んだ経営者がいるとおりだ。

 

「レーガンよー。お願いだから、あのIRS(アイアールエス)(内国歳入庁(ないこくさいにゅうちょう)。日本でいう国税庁)の職員たちを何とかしてくれ。あいつらのやることはあんまりだ。金持ちの家に襲いかかって、税金逃れをした、と言って、暴力を振るって、私たち金持ちに辱めを加える。なんとかしてくれー」という呻(うめ)き声がアメリカで起きていたのだ。資産家の家に税務署員が急襲(スクワッド)して、逆らったと言って撃ち殺された人たちが本当にたくさんいる。レーガンはその時、カリフォルニア州の州知事をして、同州で起きていた「税金の取り立てがひどい」という反(アンタイ)税金(タックス)裁判の原告たちを支援した。IRSの職員たちは、税の取り立て競争で、報奨金を20万ドル(2千万円)とか貰って、キューバのハバナで優雅にバカンスを楽しむ者たちまでいた。だからアメリカ国民のあの頃の怒りに圧()されて、レーガンが当選したのだ。今も同じだ。

 

 今度のトランプ当選も全く同じ感じで、「トランプはレーガンの再来」と言われている。トランプの選挙対策本部の主要なメンバーは、80年代のレーガン主義者である。超エリート大学(東部のアイビー・リーガーズ、名門8大学)を出ている者はひとりもいない。

 

 トランプに対して米国民が「あの、ワシントンで威張り腐っている官僚とロビイスト(政治利権屋)たちを、トランプよ、叩(たた)きのめしてくれー」と、動いたのである。こういう世界で流通している大きな真実を、日本国民に隠しているから、私がたくさんの本を書いてきた。

 

 幻冬舎の相馬裕子氏にひとかたならぬ苦労をおかけして、ようやくのことで本書は成った。記して感謝します。私にとっての厳しい苦しい2年間であった。

 

 日本では私が唯(ただ)ひとり、「トランプが当選する」と予言(プレディクト)の本を書いて出版して、そして事実となった。私には何の名誉も与えられなかった。ただ、多くの国民の間に、ザワザワと噂が立って広がった。これだけでも有り難いことだと思わなければいけないのだろう。

 

 私の、真実の暴(あば)きの言論の苦闘の人生は、このあとも続く。分かってくださる人たちの無言の支援が私を支えている。

 

2017年1月      副島隆彦

 

(貼り付け終わり)

 

Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。  

 『ザ・フナイ』2017年4月号が発売になりました。『ザ・フナイ』は、日本の経営コンサルタントの草分けである故船井幸雄先生が創設した船井本社が発行する月刊誌です。4月号、5月号で、副島隆彦先生、船井勝仁氏との鼎談を掲載していただきました。

thefunai201704001
ザ・フナイ 2017年04月号 (メディアパルムック)

thefunai201704goucapture001

宜しくお願い申し上げます。

(終わり)







アメリカの真の支配者 コーク一族
ダニエル・シュルマン
講談社
2016-01-22

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。  

 今回は、2017年3月3日に発売されます、『ザ・フナイ』2017年4月号をご紹介いたします。『ザ・フナイ』は、日本の経営コンサルタントの草分けである故船井幸雄先生が創設した船井本社が発行する月刊誌です。今回は、船井本社の社長である船井勝仁氏、副島隆彦先生、そして私で鼎談を行いました。鼎談のタイトルは、「トランプ勝利予測の真実を語る」です。

 thefunai201704001
ザ・フナイ 2017年04月号 (メディアパルムック)
 
 今回の鼎談は、副島先生がメインとなって、アメリカ政治、特に『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち (講談社+α文庫) 』(講談社、1999年)第4章で日本に紹介した、アメリカの政治思想の潮流について再び分かりやすく説明し、トランプ勝利となって表面に現れたアメリカ政治の底流の動きについて語っています。

 
 今回の鼎談は、『』2017年4月に前半部が、2017年5月号に後半部が掲載されます。前半部は副島先生によるアメリカ政治思想の潮流のお話が多く、勉強になります。私も何とか後半部で発言をしておりますが、力不足を痛感しております。  興味のある方はぜひ手にとってご覧くださいませ。  

 宜しくお願い致します。

 (終わり)







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回は、2017年2月16日に発売となる『天皇とは北極星のことである』(斎川眞・副島隆彦著、PHP研究所、2017年)をご紹介します。


tennoutohahokkyokuseinokotodearu001
tennoutohahokkyokuseinokotodearu002
天皇とは北極星のことである


 この本は、『天皇がわかれば日本がわかる』(斎川眞著、ちくま新書、1999年)に新たな内容を加えた内容になっています。著者の斎川眞先生は副島隆彦先生と早稲田大学法学部の先輩・後輩として古くからのお付き合いのある方で、副島先生とお酒を飲みながらの、談論風発の中で、この本の構想は出来上がっていたということです。

 

 斎川眞先生は日本法制史という、日本の法や政府形態の歴史の研究者です。

 

 今上天皇が生前退位(譲位、abdication)の希望を表明したというニュースを受けて、私たちは、私たちが生きる現代と天皇という地位や職責について考えなくてはならなくなりました。そうした中で、「天皇とは何か」「そもそも日本とは何か」ということを考えねばならなくなりました。

 

 この本は、天皇について、私たちが知るべき知識を数多く与えてくれ、私たちが考えるにあたっての材料を与えてくれます。

 

 以下に目次と副島先生によるあとがきを掲載します。

 

『天皇とは北極星のことである』、ぜひお読みください。

 

(貼りつけはじめ)

 

天皇とは北極星のことである 目次

 

 

序文││副島隆彦  1

 

日本の建国  5

 

天皇号の秘密  15

 

第一部 ● 天皇という称号

 

第一章  「天皇」とは、「北極星」のことである  32

 

「天皇」という言葉の意味  32

 

第二章 「王、皇帝」の称号は、臣下が献上したものである  38

 

君主の称号  38

 

新羅の君主号 48

 

第三章 日本の天皇号はいつから使われたか、『日本書紀』には書いていない  54

  

日本の天皇号  54

 

天皇号の献上は史料にない  57

 

『日本書紀』が主張するものは何か  60

 

「天皇」号は、いつ使われ始めたか  62

 

「天皇」とは北極星のことである  66

 

「天皇」号は、六世紀終わりから七世紀初めにかけて献上された  68

 

第四章  天皇について「歴史学」として確実に言えること  88

 

倭の五王 88

 

第五章 天皇の地位を保証する「天壌無窮の神勅」  101

 

天皇統治の正当性  101

 

天壤無窮の神勅  103

 

第六章 天皇にはなぜ「姓」がないのか  111

 

なぜ天皇には姓がないのか  111

 

第二部 ● 中国と日本

 

第一章 冊封体制」とは何か  122

 

皇帝が統治する国が帝国である  122

 

「冊封体制」という言葉は昭和三十七年に生まれた  124

 

冊封体制というシステムについて  126

 

なぜ冊封体制というシステムが存在するのか 130

 

第二章 冊封体制とは、中華帝国の世界秩序のことである  140

 

中華帝国は東アジアの宗主国である  140 

 

中華帝国の政治の論理  143

 

第三章 天命思想とは、王朝交替の思想である  155

 

王朝交替の思想  155

 

第四章 日本は、中華帝国に朝貢して、世界史に登場した  159

 

世界史への登場  159

 

倭の女王卑弥呼は外臣である  165

 

第五章 遣隋使・遣唐使は、中華帝国の官職・爵号はいらないと伝えた  171

 

冊封秩序からの離脱  171

 

第六章 日本という国名は、律令体制に伴ってあらわれる  184

「日本」の国名はいつから使われたのか  184

 

「日本」の国名は方位によってつけられた  185

 

第三部 ● 「中華帝国」のようになりたくて律令を作った

 

第一章 日本は、中華帝国のような国家になりたかった  192

 

設計図と技術者  192

 

先進国の法制度の導入――法の継受  194

 

第二章 遣隋使や遣唐使の本当の目的  204

 

律令の法典編纂  204

 

第三章 なぜ律令体制を作りたかったか  212

 

「天皇」は日本の王  212

 

第四章 律令国家は、行政指導・官僚統制型の国家である  224

 

行政指導・官僚統制型国家  224

 

第五章 結論 そして、国家の枠だけが残った  231

 

名分論は天皇と律令体制に行き着く  231

 

江戸時代まで存続する官位と称号  236

 

おわりに――斎川眞  243

 

あとがき――副島隆彦  255 

 

=====

 

あとがき

今からもう二十年前の一九九七年のことである。私は、大学の先輩で日本法制史(ほうせいし)学者である、斎川眞(さいかわまこと)氏に、この本を書くように強く勧めた。そして二人で酒を酌み交わしながらこの本を書き進めた。斎川氏は、本来なら、早稲田大学法学部の日本法制史の教授になるべき人だった。

 

この本は、日本法制史学というマイナー(少数派)の学会からの画期的な業績である。振り返って、思い起こせば、私はこの本の書名を『天皇とは北極星のことである』にすべきだとちくま書房の編集部に、執拗(しつよう)に求めた。初めからそのように考え、そのように再三強く要望した。ところが、編集部が、どうしても『天皇がわかれば日本がわかる』にすると言って聞かなかった。「それならそれで仕方がない。しかし、後々きっとこの本の重要性が認められる時代がきます。そのときは『天皇とは北極星のことである』という書名に戻して出版し直します。いいですね」「わかりました。それでいいですよ」と編集部から言質(げんち)を取っている。この件は斎川眞氏も了解している。

 

この「天皇=中国からもらって来た王(おう)の呼称」のことについて、私、副島隆彦の体験談を以下に少し書く。

 

私は、一九九八年に中国を旅行した。この時に、北京で以下の体験をした。それは、北京城(紫禁城[しきんじょう]。天安門広場の北側)に行った時のことだ。そこに大きな、「太和(たいわ)殿」という正面の大門があって、ここに「太和」という言葉が使われている。「太和(たいわ)」は「始まり(初原)の平和」という意味だが、「大和」と同じだ。

 

この時、そうか、「大和」というのは、「大きな平和」という意味だろう。英語で言えばgrand peace「グランド・ピース」だ。この「大きな平和、秩序即ち大和を喜ぶ」という東アジアの歴代の支配者(皇帝)たちの支配観をここで理解した。そして、それを日本に持ってきて、奈良の「やまと」という地名にかぶせた。「大和」を「やまと」とむりやり読むことにしたのだと分かった。どこをどう解釈しても、「大和」は、語源学(etymology エティモロジー)からは「やまと」とはならない。「やまと」は「山門」である。長門(ながと)と同じ素朴な日本製漢字である。奈良盆地に山門国(やまとこく)があったのである。

 

ベルナルド・ベルトルッチ監督の映画『ラスト・エンペラー』(一九八七年作)の中に、清(しん)朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀溥儀(アイシンカクラフギ)(プーイー)が、宦官(かんがん)(ユーナック)たちまとめて二〇〇〇人ぐらいを一斉に退職させるシーンがあった。溥儀が免職される宦官たちを眼下に集めて、故宮の城郭から眺め下ろす場面だった。ここで使われた、実際の北京城の中の城塞の中の前の広場に私が立った時、通訳の中国人(なかなかの知識人だった)が、石で敷かれた地面を指さしながら「こちらの溝は、武官=将軍たちが、皇帝から死を賜(たまわ)る時(首を斬られる時)に流れた血を流す溝です。それと平行して走るこちらの溝は、文官(ぶんかん)=マンダリンたちが死を賜る時に血を流す溝です」と言って、敷石の上の地面の細い溝を指し示して

くれた。このことが今も思い出される。

 

次の日に、私は北京市の南五キロぐらいの小高い丘に行った。ここが中国で初めての世界文化遺産に登録(一九八〇年)された「天壇(てんだん)公園」である。「天壇」は国宝級の施設である。観光名所として今も有名な場所だ。私が行った時はまだ、草ぼうぼうの平たい台形地だった。その真ん中(中心)に、大理石で敷き詰めた広い円形の舞台があった。直径で二〇メートルぐらいはある真円形の壇である。そして「この台の上には、皇帝しか上がれませんでした。ここの中心で、中国の歴代の皇帝たちは、天文(てんもん)を実行しました。星占い(占星[せんせい])をしたのです。そこでまつりごと(政)を行った。中国の歴代の皇帝には宗教はありません。皇帝たちはここで当時の天文学に従って、その年の運勢、吉凶を占う占星を行いました」。このように中国人通訳ははっきりと説明した。今、日本人が、ここに行けば、聞く方に知性と教養があれば私と全く同じことを学ぶだろう。

 

それが、この本の斎川氏の文章の中に出てくる「円丘(えんきゅう)」のことである。本書三三ページに「昊天上帝(こうてんじょうてい)とは、冬至(とうじ)に圜丘(えんきゅう)(円形の丘[おか]のこと。王が冬至に天[てん]を祭る丘)に於(お)いて祀(まつ)る所の天皇大帝(てんこうたいてい)なり」とある。この円丘がまさしく私が行った天壇公園である。

 

ここで、「中国の歴代皇帝には、宗教はない。天文学で政治を行った」という一行は、大変重要である。日本人は、大きな意味での中国という国を分かっていないのだ。

 

日本最古の寺である四天王寺(してんのうじ)(大阪)と、法隆寺( 斑鳩寺[いかるがでら]。奈良)の両方に残っている、今も古式の儀式の舞(まい)で使う衣装は、「中国の皇帝から拝領した」と公言されていて完全に中国の古式の宮廷舞踊である。その衣装の背中の部分には、龍(りゅう)の絵柄(中国皇帝の象徴)と大きな七つの点で北斗七星(ほくとしちせい)( 北辰[ほくしん]ともいう。より正確には、八つ目の星が重なって存在する)が描かれている。

 

あれやこれや大きく関連させて推理すると、こういうことが分かってくる。四天王寺と法隆寺は兄弟寺であり、どちらも蘇我(そが)

氏(中国華僑系)の一族の生活拠点である。聖徳太子とは誰か?聖徳太子は蘇我入鹿(いるか)だ。入鹿その人である。入鹿大王(おおきみ)である。当時の最高権力者だった蘇我馬子大王(おおきみ)の子である。

 

本書は、日本における「天皇」という称号の成立について、歴史文献(史料)「にのみ」基づいて論じたものである。これが、本書の特徴である。

 

斎川氏は日本法制史の学者である。日本法制史という分野の学問は、法学部に属し法学の基礎研究の一分野であり、日本の過去の法律を研究対象にする、法についての歴史学である。

 

ふつう法律学というのは、現在の法律を研究するので、法制史などという古くさい学問があることを、知らない人が多い。法制史学者というのは、日本全国に僅かに一〇〇人くらいであり、筆者もその一人である。

 

法制史は、学問としては厳格なものであるが、この学者の数から想像できるとおり、法学部のなかでは、ほとんど人気のない傍流の学問である。「天皇」とは、もともとは、「王(おう)」や「皇帝(こうてい)」と同じ、中国の君主の称号である。称号というよりは、位(

くらい)と言ったほうが、わかりやすいであろう。

 

紀元五七年に中国の後漢(ごかん)王朝の光武帝(こうぶてい)から「漢委奴国王(かんわぬこくおう)」という金印をもらった倭(わ

)の奴(ぬ)国や、三世紀に魏(ぎ)王朝から「親魏倭王(しんぎわおう)」という称号をもらった邪馬台国(やばたいこく)の卑弥呼(ひめこ)(ヒメミコだ)や、五世紀(西暦四〇〇年代)の魏(ぎ)晋(しん)南北朝の南朝国である宋王朝から「倭国王」に任命された「倭の五王」のことは、よく知られている。

 

ここからわかるように、日本の政治支配者(君主)の称号(位)は、「王」であった。しかも、この「王」とは、中国が日本に与えた称号であった。

 

「天皇(てんおう)」という称号(位)は、この「王」という称号(位)に取って代わったものである。王から天皇に変更されたのは、七世紀初め(西暦六一〇年頃)推古(すいこ)天皇(女帝)のときであった。

 

この「天皇」という称号(位)は、中国王朝から与えられたものではなく、自分たちで勝手につかったものである。七世紀初めに推古朝の役人たちが、「天皇という、この立派な称号をどうかおつかい下さい」と、王に献上したものである。

 

斎川氏が本書(三八ページ)で書いている如く、この「天皇」という称号は、前述したとおり、「王」という称号に代わる称号である。このときからずっと、日本の君主の称号は「天皇」である。当然のことだが、この称号は現在も生きつづけている。

 

「天皇」は、「皇帝」と同格の君主の称号であるが、日本の天皇は、実際は、皇帝ではなかった。十六世紀のおわりに来日した、イエズス会のロドリゲスという人物は、『日本語小文典(下)』(池上岑夫訳、岩波文庫、一五九ページ)のなかで、つぎのように言っている。

 

 

「日本の国王は、皇帝に相当する名をいくつも使っているが、中国人は、これを嗤(わら)っている。その理由は、中国の国王は、中国内外に、王の称号を持つ者を何人も従えているから、まさしく皇帝であるが、日本の国王は、そのような王を従えていないか

ら、ただの国王であって、皇帝ではないからである」(『日本語小文典』、読みやすくするため、訳文をすこしかえた)

 

 

このとおり、外側から見れば、比較によってすぐに真実が明らかになる。このロドリゲスの理解が、世界から見た冷徹な日本理解である。だから、日本は、ずっと王制の国なのである。日本が、六世紀に、この日本列島に立て籠もって、中国風の律令国家を作り上げると決めたときからずっと、日本は、「天皇」を君主とする王制の国である。当然、現在もそうである。日本国憲法の第一章(第一条│第八条)は「天皇」である(『天皇がわかれば日本がわかる』「あとがき」)。

 

以上のとおりです。本を読む喜びを知っている人は賢明な人だ。大きな真実を知ることで、人間は真に賢くなる。

 

なお、北極星という星は果たして存在するのか、という問題がある。厳密に天文学(アストロノミー)の分野では、北極星(The Polar Star[ザ・ポーラー・スター])という特定の恒星(こうせい)は存在しない。現在の北極星は、こぐま座α星のポラリス Polarisである。古代からずっとあの星が北極星だ、ということになっている星は変わる。そして別の星(スター)になる。地球の地軸の歳差(さいさ)運動(首ふり運動)によって約二万六千年の周期で別の星が北極星となる。現在の天文学では、北極星はPole Star(ポールスター)(北極の方向にある星)と書く。古代の人々は、かすかにこのことに気づいていた。現在の私たちで、あの星が北極星だと見分けられる人は、空気の澄んだところで天体望遠鏡で星の観察をしている人たちだけだろう。

 

最後に、この本が完成するまでに、PHP研究所の大久保龍也氏の真摯なお誘いと指導をいただいた。著者二人の感謝の気持ちを表明します。

 

二〇一七年一月

副島隆彦

 

(貼りつけ終わり)
 


(終わり)







アメリカの真の支配者 コーク一族
ダニエル・シュルマン
講談社
2016-01-22

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ