古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:文化芸術懇話会

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-09-09



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12



 

 古村治彦です。

 

 先日、安倍晋三首相・自民党総裁をひたすら賛美し・支持する自民党内の議員たち(安倍ユーゲント議員)の媚を売るための勉強会「文化芸術懇話会」の席上で、「マスコミを懲らしめる」と発言したのは、東京16区選出の大西英男代議士(当選2回)には、発言内容が確定したことで、自由民主党の谷垣禎一幹事長から厳重注意処分が下されました。

oonishihideo015
大西英男 

tanigakisadakazu015
谷垣禎一幹事長

 

 下の記事によると、大西氏には女性議員に対するセクシャルハラスメント発言も以前にはあり、舌禍事件を引き起こしやすい人物であるようです。しかし、今回の所属する自由民主党からの正式な処分を受けて、さすがに「反省している」と自身のSNSの中で書いていたようです。

 

 しかし、同時に支持者からは「言うべきことは言って欲しい」という声があったことも紹介しており、「発言は反省するが、これからも“言うべき”ことは言っていく」という姿勢を取りました。

 

 そして、本日午後、大西議員は先日と同じ発言をしました。今回は記者団の質問に答えてのものだそうで、

 

“安全保障関連法案に批判的な報道機関について「懲らしめなければいけないんじゃないか」と述べた”

 

ということです。「懲らしめる」という言葉には、「ある主体が悪いことをしたから、強制的な手段を用いてもそれを矯正する」という意味が含まれます。この文で言えば、「悪いこと」は「安全保障関連法難に批判的」なこととなります。それが「懲らしめ(膺懲)」の対象になります。安全保障関連法案に批判的であり、反対することは「膺懲」の対象になる「悪いこと」だと大西議員は述べている訳です。

 

 これをもっと敷衍して言えば、「安全保障関連法案に批判的な」存在は「悪いこと」をしていることになります。それは様々な主体が含まれるでしょうが、個人も含まれるでしょう。この大西議員の発想は、「政府に批判的な存在は全て悪」という全体主義的な発想です。彼は本当に「自由」「民主」党所属の国会議員なのでしょうか?

 

大西議員は文化芸術懇話会の席上で、「政治家には言えないことで、安倍晋三首相も言えないと思うが」と述べてからマスコミ膺懲発言をしています。これは「普通の政治家には言う勇気はないだろうが、自分のような国士型の政治ははっきり言う」という意味だと思いますが、その内容は批判を浴び、自民党から公式に処分をされています。これはただの「蛮勇」「乱暴」だった訳です。

 

 大西議員は党から正規な処分を受けた後、反省していると言いながら、その直後にまた同じ内容の発言を行いました。彼が心の底から反省していないことは、「反省している」と書きながら、「言うべきことは言って欲しいと指示から激励された」と書いていることは明確でした。「自分は本当のことを言った被害者だ」とすら思っていることでしょう。

 

 彼を自身の発言の「殉教者」にしたのは、マスコミと党です。マスコミからその事実を暴かれ、党から処分を受けた訳です。しかし、党からの処分は彼からすれば、「自分は正しいことをしているのに、間違った処分である。しかし、安倍首相のために自分は甘んじてこれを受ける(わー、侍な自分、カッコいいぜ)」ということになるんでしょう。「背で泣いてる唐獅子牡丹」てな感じでしょうか。

 

 大西議員からすれば党の処分など何ということはないのでしょう。しかし、本日午後の発言は、自由民主党が正式に下した処分に公然と反旗を翻すような行為です。それだけ、自民党内のタガが緩んでいることもあるでしょうし、党の規律などよりも安倍首相と菅官房長官が大事、彼ら以外の存在など怖くない、舐められているということなのでしょう。自民党全体が増長していますが、安倍ユーゲントや細田派(実質安倍派)・清和会の増上慢は戦後政党政治で初めての醜悪な姿です。

 しかし、安倍晋三氏にしてみれば、無能な味方に後ろから撃たれてしまっている感じでしょう。贔屓の引き倒し、まさにこのことでしょう。 

 

(新聞記事転載貼り付けはじめ)

 

●「「報道機関を懲らしめる」=広告自粛を-自民・大西議員」

 

時事ドットコム 2015年6月30日

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2015063000604

 

 自民党の大西英男衆院議員は30日午後、安全保障関連法案に批判的な報道機関について「懲らしめなければいけないんじゃないか」と述べた。また、「誤った報道をするようなマスコミに対して広告は自粛すべきじゃないか」とも語った。国会内で記者団の質問に答えた。 (2015/06/30-14:46

 

●「「マスコミ懲らしめる」発言の自民・大西英男議員、フェイスブックで「心より反省」」

 

弁護士ドットコム 629()1217分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00003313-bengocom-soci

 

「マスコミを懲らしめるには、広告料収入をなくせばいい」という発言が現職の国会議員から飛び出したとして物議をかもしている自民党の若手議員勉強会「文化芸術懇話会」。複数の新聞報道によると、「マスコミを懲らしめる」発言をしたのは大西英男衆院議員(東京16区)とされている。その大西議員は628日夜、フェイスブックで「心より反省」していると述べ、次のようにコメントした。

 

「昨日、先日の文化芸術懇話会での私の発言について、谷垣禎一幹事長より厳重注意処分を受けた。平和安全法制の国会審議が山場を迎える中で、私の発言で混乱を呼んだことを心より反省し、処分を謹んでお受けした」

 

一方で、支援者から「言うべきことは言ってほしい」という励ましも受けたとしている。

 

「地元を回る中で、多くの方々にお目にかかり、お声をかけていただく。中には、『一部マスコミの慰安婦虚偽報道など国を貶めるような報道の在り方は考えていかなくてはいけない』というご意見をいただいた。『これに負けず、言うべきことは言ってほしい』という励ましも受けた。様々なお声を受け止め、明日からの活動にしっかりと取り組んでいきたい」

 

1年前に「セクハラヤジ」で謝罪していた

 

この勉強会には、代表の木原稔衆院議員(自民党青年局長)ら37人の国会議員が出席したが、大西議員は「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、(文化人の方は)経団連などに働きかけしてほしい」と語ったとされる。

 

自民党の谷垣禎一幹事長は、このような発言を問題視。木原議員を1年間の役職停止にしたほか、問題発言をした大西議員らを厳重注意処分とした。

 

この大西議員は昨年、衆院総務委員会で、日本維新の会の所属だった上西小百合衆院議員が少子化問題を質問していた際に「子供を産まないとダメだぞ」というセクハラヤジをとばし、謝罪に追い込まれた人物でもある。

 

いまから約1年前の7月上旬、大西議員がブログ「ヒデちゃんの携帯日記」で発表した謝罪メッセージには、次のような言葉が記されていた。

 

「私は、今後、自らの発言について十分に注意をしていかなくてはならないと肝に銘じている」

 

弁護士ドットコムニュース編集部

 

(新聞記事転載貼り付け終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-09-09



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12




 

 2015年6月26日に開催された、自民党の文化芸術懇話会の初会合において、長尾敬代議士(比例近畿、大阪14区、元民主党所属代議士)が以下の新聞記事にある発言を行ったと認めました。会合に講演者として招かれていたベストセラー作家・放送作家の百田尚樹氏が「沖縄の2つの新聞は潰さねば」と発言したのは、この長尾代議士が「沖縄のメディアについてどう思うか」という質問に対して応えたものです。

nagaotakashi001
長尾敬代議士

 さて、長尾代議士が認めた発言内容は、

 

“沖縄の特殊なメディア構造をつくってしまったのは戦後保守の堕落だった。左翼勢力に完全に乗っ取られている”

 

 であり、その発言で言いたかったこと(趣旨)は、

 

“反社会的な行動をする人がいる実態がある。報道すべきことを報道してほしいということだ”

 

 ということです。

 

 長尾代議士が言いたかったことは、「反社会的な行動をする左翼勢力が沖縄のメディアを完全に乗っ取っている。これは戦後保守の失敗であった」ということになるようです。

 

 ここで問題になるのは、反社会的なという言葉です。普通、反社会的という言葉で思い出すのは、暴力団(所謂やくざ)や、テロ行為や暴力行為を行う左翼、右翼の過激派です。しかし、長尾代議士は今回の場合、暴力団や過激派集団を指して使ってはいないようです。

 

 長尾代議士は左翼勢力=反社会的として使っています。左翼は反社会的だと言っています。そして、そうした左翼勢力が乗っ取っている(これには不当に占拠しているという意味合いがあります)メディアが「報道すべきことを報道していない」としています。

 

 ここで長尾議員が言う「報道すべきこと」とは何でしょうか?安倍政権の政策に完全に賛成するような内容の記事、自民党の素晴らしさを称揚するテレビ番組なのでしょう。沖縄の基地負担(例えば米兵による凶悪な犯罪、夜間離着陸の実態、騒音、普天間基地の危険性など)についての報道は、長尾代議士が考える報道「すべき」ことに入っているでしょうか?

 

 このようなことを報道する「反日的」な、「日本を貶める」ことに加担しているメディアは「潰さねばならない」というのが、百田尚樹氏と長尾敬議員との間の出来の悪い「漫才」的やり取りで言いたかったことでしょう。

 

 この程度の人物が国会議員となる国、何とも不幸なことですが、こんな人物たちを国会議員にしてしまった私たちもよくよく考えねばならない、反省しなければならないと思います。

 

(新聞記事転載貼り付けはじめ)

 

●「自民長尾氏、発言認める 「沖縄メディアは特殊」」

 

沖縄タイムス 2015627 13:36

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121742&f=t

 

 自民党若手国会議員らの会合で報道機関に圧力をかけて言論を封じようとする議論が出た問題で、出席していた自民党の長尾敬衆院議員(比例近畿)は27日、会合での発言の一部を自身のものと認めた。

 

 認めたのは「沖縄の特殊なメディア構造をつくってしまったのは戦後保守の堕落だった。左翼勢力に完全に乗っ取られている」との発言。

 

 大阪市内で地元市議らとの会合後、共同通信の取材に答えた。

 

 長尾氏は発言の趣旨について「反社会的な行動をする人がいる実態がある。報道すべきことを報道してほしいということだ」と説明した。(共同通信)

 

(新聞記事転載貼り付け終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23






 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ