古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、以下のアドレスをご覧ください。http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/goaisatsu.html 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:民主党

 古村治彦です。

 

 ドナルド・トランプ大統領とアレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)はともにニューヨーカー、もちろんおお金持ち出身と庶民出身という違いはありますが、生き馬の目を抜く激しい環境のニューヨークで生まれ育ったからなのか、お互いにいい意味でも悪い意味でも言葉の使い方がうまく、その応酬はお笑いを見ているかのようです。

donaldtrump077

 

 トランプ大統領がグリーン・ニューディール法案を批判する際に、これは「若いバーテンダー」が作ったと揶揄し、それに対して、AOCが「最後に私を過小評価(見下した)人物は敗れ去った」と言い返しました。トランプ大統領は、AOCが議員になる前、家族の生活を支えるために、バーテンダーの仕事も掛け持ちして18時間働く日もあったということを知っていて、このような発言をしたのでしょう。「素晴らしい女性」という言葉を付け加えていますが、馬鹿にしているのは明らかです。しかし、彼女のことをよく知っている、注目している証拠ということが言えるでしょう。

alexandriaocasiocortez016

 

 アレクサンドリア・オカシオ=コルテス(AOC)はこれに対して、「私を舐めると痛い目に遭う」と反撃しました。切り返しのうまさは、頭の回転の速さを示していますが、言葉遣いのうまさと激しさで彼女は、新人議員でありながらアメリカ政界で注目される存在となっています。こうしたことはニューヨークでの生まれ育ちも関係あるのかもしれません。頭の回転の速さで言い返していかなければ生きていけない、ということがあったのかもしれません。




 AOCが連邦下院議員になるために戦ったのは、10期連続当選、次はいよいよ連邦下院議長だと言われていたジョセフ・クローリー連邦下院議員でした。誰も知らない無名の若い女性が予備選挙で出てきたところで、クローリーは歯牙にもかけなかったでしょう。しかし、その態度が「有権者も舐めている」と捉えられ、結局予備選挙で大敗を喫することになりました。

 

 こうした言葉の応酬は時にアメリカ政治を活性化させます。日本の政治家のレヴェルの低い発言や聞くに堪えないヤジを思うと、何とも羨ましい限りです。

 

(貼り付けはじめ)

 

オカシオ=コルテスが、トランプが彼女を「若いバーテンダー」と呼んだことに反撃:「最後に私に過小評価した人は敗れ去った」(Ocasio-Cortez responds to Trump calling her a 'young bartender': The 'last guy who underestimated me lost'

 

レイチェル・フラジン筆

2019年4月3日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/house/437259-ocasio-cortez-responds-to-trump-calling-her-a-young-bartender-the-last-guy-who?__twitter_impression=true

 

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)は水曜日、トランプ大統領の最新のコメント、その中で彼女を「若いバーテンダー」と表現したことについて反応した。

 

彼女は『ニューズウィーク』誌の取材に対して、「最後に私を過小評価した人物は敗れ去りました。この件について言えることはこれだけです」と述べた。

 

バーテンダーとして働いた経験を持つオカシオ=コルテスは、2018年のニューヨーク州選出連邦下院議員選挙民主党予備選挙で長年現職議員を務めたジョセフ・クロウリーを破った。そして、本選挙で共和党候補者のアントニー・パパスを降した。

 

トランプ大統領は火曜日全米共和党連邦議員委員会主催の資金集めを目的とした優勝会に出席し、オカシオ=コルテスが提案したグリーン・ニューディール法案について揶揄した。

 

トランプ大統領は「グリーン・ニューディールは若いバーテンダーが作ったものだ。29歳の」と述べた。

 

トランプ大統領は次のように述べた。「若いバーテンダーの素晴らしい女性だ。グリーン・ニューディール。私がこのことを最初に聞いた時、“これは最も狂った考えだ”と言った。皆さんご存知のように、連邦議会上院には長年にわたり議員を務めてきたプロたちがいる。彼らは彼女の後ろに立って揺さぶっている。」連邦上院議員たちは彼女の動きを止めてしまう」

 

トランプ大統領はこれまでオカシオ=コルテスの提案したグリーン・ニューディール法案について繰り返し批判してきた、彼はこれを選挙運動で民主党批判の柱にしたいと述べた。今年初め、オカシオ=コルテスとエド・マーキー連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)はグリーン・ニューディール法案を提出した。この法案は再生可能エネルギーを100%使用することで経済を再構成することを目的とするものだ。

 

連邦上院では、民主党側が審議を求めたが、先週、早々に否決された。

 

=====

 

トランプがグリーン・ニューディールを作ったのは「若いバーテンダー」オカシオ=コルテスと揶揄した(Trump mocks Green New Deal as done by 'young bartender' Ocasio-Cortez

 

ブレット・サミュエルズ筆

2019年4月2日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/administration/437074-trump-mocks-ocasio-cortez-green-new-deal-done-by-a-young-bartender

 

トランプ大統領は火曜日、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)をグリーン・ニューディールにかこつけて揶揄した。グリーン・ニューディールは気候変動を戦うために彼女が作った野心的な提案だ。

 

トランプは、全国共和党所属連邦議員委員会主催の夕食会に出席し、共和党所属の連邦下院議員たちを前にして、グリーン・ニューディールについてあまり批判したくない、それは彼が2020年の大統領選挙でグリーン・ニューディールをこき下ろしながら選挙運動をしたいからそれまで控え痛いのだ、と述べた。トランプ大統領はオカシオ=コルテスの名前を出さずに批判し続けた。

 

トランプ大統領は「グリーン・ニューディールは若いバーテンダーが作ったものだ。29歳の」と発言し、出席者たちの笑いを誘った。

 

トランプは続けて次のように語った。「若いバーテンダーの素晴らしい女性だ。グリーン・ニューディール。私がこのことを最初に聞いた時、“これは最も狂った考えだ”と言った。皆さんご存知のように、連邦議会上院には長年にわたり議員を務めてきたプロたちがいる。彼らは彼女の後ろに立って揺さぶっている。」連邦上院議員たちは彼女の動きを止めてしまう」。

 

トランプ大統領はその前にもグリーン・ニューディールを彼の再選運動のために、批判の柱としたいというコメントをしたこともあった。グリーン・ニューディールは、二酸化炭素の排出量を減らし、再生可能エネルギー使用を増やし、経済を活性化させることを目指すものだ。先週、この法案は審議されることなく、連邦上院多数党(共和党)院内総務ミッチ・マコーネル連邦上院議員(ケンタッキー州選出、共和党)がすぐに採決にかけて、否決してしまった。

 

オカシオ=コルテスは昨年、10期連続当選中だったジョセフ・クロウリー連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党)を民主党予備選挙で破るという大番狂わせを起こし、民主党のライジングスターとして登場した。昨年11月の本選挙で当選し、連邦議会で史上最年少の女性議員となった。彼女は当選する前まで、ニューヨークでバーテンダーと政治オーガナイザーとして働いた。

 

アレクサンドリア・オカシオ=コルテスはトランプ政権を厳しく批判している。そして、グリーン・ニューディールと富裕層への増税といった進歩主義的な考えと政策を推進している。彼女は最近連邦下院民主党の資金集め組織を批判している。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 2019年3月末に、ジョー・バイデン前副大統領に対して、不適切な接触をされて不快感を持った女性が告発をしました。この女性が選挙の候補者として、壇上に立っている時に、バイデン副大統領が後ろから近づき、肩を抱き、後頭部にキスをした、と述べています。それ以降、複数の女性たちが同様の訴えを行っています。

joebiden150

 

 バイデンの行為について民主党側からは擁護が相次ぎ、敵対党派から送り込まれたというような内容の発言まであったことですが、ここで微妙に、バイデンの行為はセクシャルハラスメントではないというような流れに持ってきているように感じます。



 

 バイデンは公の場で、人々の目の前で、候補者となった女性を激励する意図で、肩を抱き、頭にキスをした、これはパーソナルスペースについての認識が時代を経るにつれて変化しているということを認識していなかったからだ、ということが言われています。

 

 セクシャルハラスメントは男女問わず受け手が不快に感じたらそうなのだという子だと思っていましたので、こういった主張はおかしいと思われます。また、受け手側がバイデンの副大統領としての立場、応援しに来てもらっているという恩義、その場(選挙集会)を和やかに進めたいということで拒絶できなかったのですから、セクシャルハラスメントではなかったと言い切ることは難しいと思います。

 

本人を含め、側近や周囲のスタッフ(男女問わず)も認識しなかったというのも問題で、若い人たちもいたのですから、そこで何らかの意見具申があるべきではなかったかと思います。

 

 この告発を受けて、少しふざけた対応を見せたのがドナルド・トランプ大統領です。今回の件で、バイデンはツイッター上にヴィデオ映像を投稿し、その中で、自身のパーソナルスペースの認識が古かったこと、誰にでもそのような方法で接していたこと、今後はより注意することを約束することを述べましたが、謝罪はありませんでした。


 

 このヴィデオ映像が面白おかしく加工され、話しているバイデンの映像にバイデンの写真が近づき肩を抱き、後頭部にくっつくという映像を作った人がいました。トランプ大統領はこのヴィデオ映像を自身のツイッター上に投稿し、「お帰りなさい、ジョー」という言葉を書きました。これに対して、バイデンは「いつも通りの反応」だと反撃しました。


 

 今回の経緯をまとめると次のようになります。「ルーシー・フロレスからの告発→バイデンの広報担当からの反応→バイデンがヴィデオ映像で釈明→このヴィデオが揶揄される形で編集されたパロディがツイッター上に投稿される→トランプ大統領がこのヴィデオをツイッター上に投稿→バイデンが反撃」です。

 

 今回の件でバイデンの人気は低下するでしょうが、彼以外にはサンダースくらいしか有力候補がおらず、サンダースになればただでさえ分裂気味の民主党はまとまらないとなると、何とかバイデンを押し立てて進んでいくしかないということになります。

 

(貼り付けはじめ)

 

バイデンはトランプに対して反撃:「大統領らしい、いつも通り」(Biden hits back at Trump: 'Presidential, as always'

 

レイチェル・フラジン筆

2019年4月4日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/437477-biden-hits-back-at-trump-presidential-as-always

 

ジョー・バイデンは木曜日、トランプ大統領に反撃した。トランプ大統領は、前副大統領に対する不適切な接触という告発を揶揄する編集されたヴィデオをツイッター上に掲載した。

 

バイデンは「大統領のいつも通りのふるまいを見ている」とツイッター上で書いた。

 

バイデンのツイートは、トランプ大統領が編集したヴィデオを投稿した後に、出されたものだ。トランプ大統領はヴィデオを掲載し、その投稿にバイデンが告発に対して行った声明からの文言を付け加えた。

 

トランプ大統領が投稿した、編集されたヴィデオ映像は15秒間だ。バイデンが話している間に、発言内容が文字として掲載され、同時に、バイデンの写真が話しているバイデンの肩を抱き、彼の後頭部に顔をくっつけるように編集されている。

 

バイデンはヴィデオ映像の中で次のように述べている。「私は握手をし、ハグをし、男性女性問わず肩を抱き、“あなたなら出来ますよ”と言う。女性、男性、若い人、高齢者関係なく、私はそのように行動してきた。私はこのような方法で、皆さんに関心を持ち、話を聞いていることを示そうとしてきた」。

 

ここ数日、複数の女性たちがバイデンに接触され不快に感じたと告発している。バイデンは大統領選挙出馬宣言を行うものと見られている。

 

バイデンは水曜日、ヴィデオをツイッターに投稿し、その中で、パーソナルスペースに「より注意」そ、彼の行動を変えると約束したが、告発者たちに対して直接謝罪をしなかった。

 

バイデンはヴィデオの中で次のように述べている。「社会規範は変化し始めていた。それらは変わっている。パーソナルスペースの範囲は新しくなっている。私は理解した。私は女性たちの発言を聞いた。私は理解した。わたしはこれからより注意する。それは私の責任で、私は責任を果たす」。

 

水曜日、バイデンは謝罪すべきかと記者団に問われ、それはバイデンが決めることだとトランプ大統領は答えた。

 

トランプ大統領は、「彼は自分自身で決断を下すだろう。彼は決断をする力を持っていると思う」と述べた。

 

トランプ大統領は「彼の幸運を祈る。心から幸運を祈る」と述べた。

 

トランプ大統領自身も10名以上の女性から性的に間違った行動で告発され、その内容を否定した。

 

=====

 

トランプ大統領がバイデンのヴィデオ映像のパロディ映像を投稿:「お帰りなさい、ジョー」(Trump shares parody Biden video: 'Welcome back Joe'

 

ジョーダン・ファビアン、ブレット・サミュエルズ筆

2019年4月4日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/administration/437416-trump-shares-parody-biden-video-welcome-back-joe

 

木曜日、トランプ大統領は、ジョー・バイデン前副大統領に対する不適切な接触という告発を揶揄するために編集されたヴィデオ映像をツイッター上で共有した。

 

トランプ大統領はこのヴィデオ映像をツイッター上に投稿した。このヴィデオ映像には、その前日にバイデンが告発について出した声明からの文言を抜き出して付けられていた。トランプ大統領は投稿に次のメッセージをつけた。「お帰りなさい、ジョー!("WELCOME BACK JOE!")」 。

 

15秒のヴィデオ映像は、バイデンが話している間に、発言内容が文字として掲載され、同時に、バイデンの写真が話しているバイデンの肩を抱き、彼の後頭部に顔をくっつけるように編集されている。

 

2020年の大統領選挙への出馬が見込まれているバイデンはヴィデオ映像の中で、「私は握手をし、ハグをし、男性女性問わず肩を抱き、“あなたならできる”と言ってきた。女性、男性、若い人、高齢者、関係なく私は常にそのようにしてきた。これは私が皆さんに関心を持ち、話を聞いていますということを示そうとしてのことだった」と語った。

 

このヴィデオはトランプ大統領に対する最新の攻撃材料になった。ジョー・バイデンは、複数の女性たちから不適切に接触されたという告発を受け、論争の中心となっている。

 

カープ・ドンクトンというツイッターアカウントに、編集されたヴィデオ映像が最高に投稿された。そして、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニアによってリツイートされた。

 

トランプ大統領は、火曜日の全米共和党連邦議員委員会主催の夕食会での演説で2度にわたり、バイデンを告発に絡めて揶揄した。トランプ大統領はバイデン副大統領に対して、「この世界にようこそ」と言いたい気分だと述べた。また、聴衆に対して、イスラム国との戦いで朗報をもたらされたことで、米軍の指導者にキスをさせてくれと頼んだ時に、「ジョー・バイデンのような気分になった」と語った。

 

 

水曜日、トランプ大統領はバイデンが謝罪すべきかどうか質問され、より抑制的な態度を取った。大統領は閣議室で記者団に対して、バイデン前副大統領は「自分自身で決断することになるだろう」と述べた。

 

2016年の選挙期間中に10名以上の女性がトランプ大統領を性的に不適切な行為を告発した。大統領はこれらの告発内容を否定した。

 

2016年の大統領選挙期間中、2005年に「アクセス・ハリウッド」に出演した際に、これまで女性たちに同意なしでハグしキスをしてきたと発言したことに注目が集まり、トランプは広範な批判に晒された。彼は後に自身の発言を「ロッカールームでの軽口」だったと述べた。

 

ここ数日、複数の女性がバイデンによる不適切な接触について公の場で発言をしている。女性たちはバイデンが不適切な接触をし、不快に感じる行動をしたと述べている。

 

バイデンは水曜日にツイッターに投稿したヴィデオで女性たちの告発について言及した。彼は告発者たちに直接謝罪しなかった。しかし、時代は変化しており、彼自身の行動を時代に合わせると述べた。

 

バイデンは次のように述べた。「社会規範は変化し始めていた。これらは変化している。パーソナルスペースの範囲は新たに決まっている。私はそれを理解した。私は女性たちの告発を聞き、理解した。私はこれからもっと注意する。それが私の責任であり、それを果たす」。

 

=====

 

バイデンに対する告発に対するブティジェッジの発言:全ての人々が「より高い基準」を持つことは「悪いことではない」(Buttigieg on Biden allegations: 'Not a bad thing' everyone is being held to 'very high standard'

 

クリス・ミルズ・ロドリゴ筆

2019年4月3日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/437296-buttigieg-on-biden-allegations-not-a-bad-thing-were-all-being-held-to-very

 

インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジ(民主党)は水曜日、ジョー・バイデン前副大統領に対する不適切な接触の告発について質問され、「人々が大変高い基準を持つことは悪いことではない」と答えた。

 

ブティジェッジは告発に対する前副大統領の対応について「私はヴィデオ映像を全て見ていないので、副大統領が述べたいことを述べることに任せたい。私が言えることは、現代に生きる我々はより高い基準を持つべきで、それは悪いことではない」と述べた。

 

ブティジェッジは2020年米大統領選挙民主党予備選挙候補者であり、バイデンが告発に応えるためにヴィデオ映像を発表してすぐにコメントを行った。ヴィデオ映像の中で、バイデンはこれから女性のパーソナルスペースにより注意を払うと約束した。

 

バイデンは次のように述べた。「社会規範は変化し始めていた。それらは変化し、パーソナルスペースの範囲はリセットされており、私はそれを理解した。私は女性たちの発言を聞き、理解した。私はこれからより注意する。これが私の責任であり、それを果たす」。

ヴィデオ映像の中で、バイデンは告発した女性たちに対して直接謝罪をしなかった。そして、彼の行為は悪意を含んだものではなかったと主張し、男性女性問わず、同じように行動していたと述べている。

 

ここ数日、4名の女性が新たにバイデン前副大統領の公の場での接触によって不快を感じたということを発言している。

 

76歳になるバイデンはもうすぐ、2020年米大統領選挙へ出馬宣言すると見られている。

 

米大統領選挙立候補者のうち、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)、エイミー・クロウブッシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党)、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)は、バイデンへの告発者たちの告発内容を信じると述べた。

 

=====

 

民主党の政治家だった人物がバイデンの「不適切な接触」について接触(Former Dem politician accuses Biden of 'inappropriate' contact

 

タル・アクセルロッド筆

2019年3月29日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/436517-nevada-politician-accuses-biden-of-inappropriate-contact?fbclid=IwAR1-4oRY7QiHRw_iK_IrzBOeXnI0VIe2smXnnXooSXkhik8i461QYEoDcxs

 

ネヴァダ州副知事選挙に立候補した経験を持つルーシー・フロレスは金曜日、2014年の選挙集会でジョー・バイデン前副大統領(当時は現職の副大統領)と同席した際に、不適切な接触を受けたと告発した。

 

フロレスは『ザ・カット』誌に文章を発表した。その内容は、選挙集会の壇上で彼女がバイデンの隣に立っていた時、バイデンは彼女の肩に手を置き、彼女の髪の毛の匂いを嗅ぎ、彼女の頭にキスをした、というものだ。

 

フロレスは次のように続けている。「私は深呼吸をして、聴衆の前で演説を使用とした時、私の肩に2つの手が置かれることを感じた。私は凍り付いた。“どうしてアメリカ副大統領が私に触っているのか?”彼が私の背後から私に近づいていることを感じた。彼は更に近づき、紙の匂いを嗅いだ。私は屈辱を感じた」。

 

フロレスは続けて次のように書いている。「彼は私の後頭部にキスをした。私の脳は何が起きているかを理解することが出来なかった。私は屈辱を感じた。衝撃を受け、混乱した」。

 

フロレスは、「私はそれまでこのように極めて不適切で配慮に欠けたことをされた経験がなかった」と述べた。

 

フロレスは続けて次のように書いている。「バイデンはネヴァダ州まで来て、私の指導力と副知事にふさわしい能力を持つことを話すことになっていた。彼はこれが重要な仕事であることを分かっていた。しかし、彼が私に接触した時、彼は自分の同僚に対するのと同じ対応を私にすることを止めたのだ。彼の行為が暴力的でなく、性的なものではないにしても、品位と敬意を欠いたものだ。私は彼の生徒もしくは友人として登壇したのではない。私は副知事にふさわしい人物として登壇したのだ」。

 

バイデンの広報担当者は金曜日、本誌の取材に対して、フロレスが述べた出来事について、副大統領もスタッフも記憶していないが、バイデンは彼女が自身の考えを人々と共有する権利を持つと考えていると答えた。

 

バイデンの広報担当ビル・ルッソはEメールでの声明について次のように述べた。「バイデン副大統領は2014年のルーシー・フロレスのネヴァダ州副知事選挙運動を喜んで支援し、大群衆の前で彼女に対する応援演説を行った」。

 

ルッソは続けて次のように述べた。「その時だけでなく、それ以降の年月も、バイデンもしくはバイデンに近い人々はフロレス氏が不快に思っていたことを認識していなかったし、彼女の語る出来事の内容を記憶していなかった。しかし、バイデン副大統領は、フロレス氏が回想と考えを人々と共有する権利を持っていると考えている。私たちの社会をより良くするために、彼女がそのように機会を持つべきだと考えている。バイデン副大統領はフロレス氏を政治において強く、独立した発言者として尊敬し、彼女が最善を尽くせるように祈っている」。

 

フロレスは選挙集会の後に出来事について彼女のスタッフの数人に話した。しかし、「自分の人生と仕事」を前に進めるという最終決定を下した。

 

バイデンがその後も「女性や若い女の子たちに不愉快なくらいに近づいている」写真を見るたびに、彼女の「怒り」と「後悔」は大きくなり、告発しようと決心するに至った。

 

「バイデンは法律も破っていないが、社会が道徳的に些細な罪(もしくは道徳的には罪ではない)を犯している。これは受け手にいつも大きなストレスを与えている。権力と注意との間にバランスが保たれていないことがポイントであり、問題だ」。

 

フロレスは2014年の副知事選挙で敗れた。現在は、ラティーノ運動グループ「ラズ・コレクティヴ」の代表を務めている。

 

バイデンはこれから数週間以内に大統領選挙出馬を表明すると見られている。民主党の一部にはバイデンが2020年米大統領選挙の民主党候補者となるのに十分に進歩主義的であるかどうかを精査されている。

 

ジョー・バイデン前副大統領に対しては、1990年代の連邦上院でのアニタ・ヒルの公聴会に対する取り扱いについて批判を受けている。この当時、ヒルは当時の連邦最高裁判事の候補者クラレンス・トーマスをセクシャルハラスメントで告発していた。

 

バイデンは当時連邦上院司法委員会の委員長を務めた。

 

今週、バイデンは連邦上院議員時代にヒルに対してもっと何かすることが出来たのではないかという後悔を示した。

 

バイデンは火曜日の集会で次のように述べた。「勇敢な法律家、素晴らしい情勢であるアニタ・ヒル教授は、クラレンス・トーマスにハラスメントされたという経験について語ることで大いなる勇気を示した。しかし、彼女は大きな代償を支払うことになった。彼女は連邦上院での公聴会で酷い扱いを受けた。彼女は利用された。彼女の名声は攻撃を受けた。私はあの時に何かできたのではないかと後悔している」。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回もピート・ブティジェッジの話題で申し訳ありませんが、今回は彼にかみついた人物に関するお話です。

petebuttigieg012

 

 ヒラリー・クリントンの報道担当で側近のニック・メリルという人物が、ブティジェッジを批判しました。ブティジェッジは今年1月に『ワシントン・ポスト・マガジン』誌のインタヴューに答え、その中で、ヒラリーを批判するコメントをしました。詳しくは下の記事を読んでいただきたいと思います。

 
hillaryclintonnickmerrill005
ヒラリーの側近ニック・メリル(左)

 簡単に言うと、「ヒラリーは中西部の人間たちに不満を分かっていなかった。アメリカは既に偉大な国だ、今のシステムを信じようというメッセージを送ったが、人々の共感を得られなかった」という内容です。それに対して、メリルは「ヒラリーはアメリカ史上最も進歩主義的な公約を掲げて選挙戦を戦った。トランプは嘘と悪口ばかりだった。だから6600万人がヒラリーに入れた」と批判しました。

 

 「負け犬の遠吠え」というのは何ともみっともないことですが、どうしても言わなくては済まないようです。ヒラリーの敗因は何と言っても勝つと見られていたアメリカ中西部の工業地帯(Industrial Midwest)で敗北したことです。ブティジェッジのインディアナ州はマイク・ペンス副大統領が州知事を務めていた州ですから、元々勝てなかったでしょうが、その他ミシガン州などアメリカ中西部、ラストベルトを落として落選しました。

 

 ブティジェッジは、メリルの批判に対して、ヒラリー個人と選挙戦を分けて、ヒラリー個人は大いに尊敬しているが、戦略が拙かったのだとも述べました。これは間接的に、「側近に恵まれなかったんじゃないですか」ということを言っているのと同じです。

 

 ブティジェッジをはじめとするミレニアル世代はヒラリーや民主党エスタブリッシュメントを嫌っていることがこうした発言で分かります。

 

 ブティジェッジの人気が上昇していることを示すものとして、彼が2019年第一四半期(1月から3月)に700万ドル(約7億7000万円)を政治活動費として集めた、ということが発表されました。1月23日に準備検討良い会発足を発表したので、2カ月ちょっとで、これだけの金額を集めたことになります。

 公式ウェブサイト「Meet Pete(https://www.peteforamerica.com/meet-pete/)」では、自分の難読苗字(Buttigieg)を逆手に取ったTシャツを25ドルで売っています。ツイッターのプロフィール欄で「Boot-Edge-Edge」と読んでください、と書いてありますが、それでも読みにくいですね。


petebuttigiegtshirt020



さて、無名の田舎町の市長がどこまでやれるか見ものです。

 

(貼り付けはじめ)

 

クリントンの側近がヒラリー・クリントンの選挙戦について批判したブティジェッジに反論(Clinton aide responds to Buttigieg criticism of how she ran her campaign

 

レイチェル・フラジン筆

2019年3月30日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/436577-clinton-aide-responds-to-buttigieg-criticism-of-how-she-ran-her-campaign

 

土曜日、ヒラリー・クリントンの側近が今年1月にインディアナ州サウスベンド市市長のピート・ブティジェッジがしたコメントについて非難した。ブティジェッジは2016年の米大統領選挙でのヒラリー・クリントンの選挙戦について批判する内容のコメントをした。

 

ヒラリー・クリントンの報道担当ニック・メリルは土曜日にツイッター上で次ように書いた。「この発言は擁護できない。ヒラリー・クリントンはこの国の信条に基づいて、現代政治史上最も進歩主義的な公約を掲げて米大統領選挙に立候補した。トランプは悲観主義、人種差別、誤った公約、悪口に基づいて立候補した。あなた自身が解釈したいようにすればいい。しかし、66000000人がトランプには同意しなかったという事実は残る。幸運を祈る」。

 

ブティジェッジは、2019年1月14日に発売された『ワシントン・ポスト・マガジン』誌とのインタヴューの中で、ヒラリーを批判した。

 

ブティジェッジはインタヴューの中で次のように述べた。「ドナルド・トランプは当選した。なぜなら、彼は彼なりのねじ曲がった方法で、アメリカの経済と民主政治体制における大きな困難があることを指摘したからだ。トランプは少なくとも、ヒラリーが行ったように、アメリカは既に偉大だということをアメリカ中に言って回ることをしなかった。

 

この「ピート・ブティジェッジはミレニアル世代初の大統領になれるか?」という記事は、ブティジェッジが大統領選挙出馬に向けて準備検討委員会を発足させると発表する一週間以上も前に発表された。

 

比較的に無名の民主党政治家であるブティジェッジはここ数週間で2020年米大統領選挙の有力候補として台頭しつつある。

 

ブティジェッジはいくつかの場面でファンを獲得してきている。最近では、あるノルウェー人の取材者からノルウェー語を話すように頼まれ、とっさにノルウェー語で返した。多言語話者であるブティジェッジは英語の他に7か国語を操る。彼はノルウェー語、フランス語、スペイン語、イタリア語、アラビア語、マルタ語、ダーリ語を話す。

 

ミレニアル世代に属する中西部の田舎町の市長であるブティジェッジが大統領に当選すれば、アメリカ史上最年少かつ同性愛者を公言する大統領ということになる。

 

=====

 

ブティジェッジ:「私はヒラリー・クリントンを大いに尊敬している」(Buttigieg: 'I have enormous respect' for Hillary Clinton

 

ザック・バドリック筆

2019年3月31日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/presidential-campaign/436663-buttigieg-i-have-enormous-respect-for-hillary-clinton

 

民主党の大統領選挙予備選挙の候補者でインディアナ州サウスベンド市市長のピート・ブティジェッジは土曜日、ヒラリー・クリントンに対して「大いに尊敬の念を持っている」と発言した。2019年1月にヒラリーの2016年の大統領選挙の選挙運動について批判したがこのことが今週になって再び表舞台に出てきたことを受けての発言であった。インディアナ州のテレビ局WSBTが報じた。

 

2019年1月14日付の『ワシントン・ポスト・マガジン』誌とのインタヴューで、ブティジェッジは「ドナルド・トランプが当選したのは、彼なりのねじ曲がった方法で、私たちの経済と民主政治体制における大きな困難を指摘したからだ。彼は少なくとも、ヒラリーがそうしたように、アメリカは既に偉大だということをアメリカ中に言って回ることはしなかった」と述べた。

 

ヒラリー・クリントンの報道担当ニック・メリルは日曜日にブティジェッジのコメントにツイッター上で反撃を行った。メリルは「ヒラリー・クリントンはこの国の信条に基づいて、現代政治史上最も進歩主義的な公約を掲げて米大統領選挙に立候補した。トランプは悲観主義、人種差別、誤った公約、悪口に基づいて立候補した」と書いた。

 

1月に行ったコメントについて、CNNのインディアナ支局であるWSBTから質問され、ブティジェッジはヒラリー・クリントンを「大いに尊敬している」と答え、彼女は2016年の際の「戦略と当時のメディア環境のためにうまくいかなかった」のだと述べた。

 

ブティジェッジは次のように述べた。「これだけははっきりさせておきたい。もし彼女が大統領になっていたらアメリカは今よりももっと良い国なったことだろう。だから私は彼女に投票した。だから私は彼女のために選挙運動を行った。私は今でもクリントン元国務長官を大いに尊敬している」。

 

ブティジェッジは今年1月のコメントに更に付け加えて、「アメリカ中西部の人々は、2016年の選挙戦におけるヒラリーのメッセージの内容が“全てはうまくいっている、私たちは既存のシステムを信じるべきだ”と言っているのだと受け取った。これでは人々の共感は得られなかった」と述べている。

 

ブティジェッジは更に、トランプに投票した人々の多くは「トランプが良い人間ではないことを分かっていた」が、「既存のシステムを徹底的に壊すためだけに投票した」のだと述べた。ブティジェッジは、ロバート・ムラー特別検察官の捜査終了についてのコメントでも同様の内容を述べた。ブティジェッジはサウルカロライナ州グリーンズヴィルでの集会に出席し、「トランプは、彼が良い人間ではないということを最終的に証明するいくつかの証拠があっても、それだけで即座にダメだということはなかっただろう」と述べた。

 

=====

 

ブティジェッジが2019年第一四半期で700万ドル(約7億7000万円)を集めたと発言(Buttigieg says he raised $7M in first quarter

 

エイヴェリー・アナポール筆

2019年4月1日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/436676-buttigieg-says-he-raised-7-million-in-first-quarter?fbclid=IwAR071OWJIjM392ybpG8KRQrXtOe2bPkMoSr5mtSYWb-6S-0IHWwcqCGG67A

 

ピート・ブティジェッジは2020年米大統領選挙民主党予備選挙に正式に出馬表明していない。ブティジェッジは月曜日、2019年第一四半期に700万ドル(約7億7000万円)を集めたと発言した。

 

民主党所属のサウスベンド市市長であるブティジェッジはツイッター上で、「まだ予備的な分析ですが、私たちのティームの報告書によれば、今年の第一四半期に700万ドルを集めた」と書いた。

 

更に「これまで私たち(そして皆さん)はあらゆる局面で期待以上の成果を収めることが出来ました。後ほどより完全な分析をしますが、支持者の皆さんに心から感謝します」と書いた。

 

ブティジェッジは今年1月に準備検討委員会を発足させて以降、人気と知名度を上げている。彼の勢いは他の大統領選挙候補者たちを小さく見せてしまうほどだ。バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、民主党)は出馬表明初日だけで600万ドル(約6億6000万円)を集めた。

 

全国レヴェルでは無名のまだ正式の出馬表明をしていない候補者が700万ドルを集め、その数字が長年全国レヴェルで活躍してきた進歩主義派のサンダースやエリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)と互角であるというのは印象に残るものだ。

 

ブティジェッジは先月、7万6000名から個人献金を受けたと発言した。これで2020年の米大統領選挙民主党予備選挙において、民主党全国委員会が主催する最初の討論会への参加条件をクリアした。

 

二期目の市長を務める米海軍の退役軍人、同性愛を公表している唯一の大統領選挙候補者ブティジェッジは最新の世論調査で、サンダース連邦上院議員と正式な出馬表明をしていないジョー・バイデンに続いて支持率で第3位に入った。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 このブログでもご紹介したピート・ブティジェッジ(アメリカでも難読苗字とされているようです)についての記事をご紹介します。

petebuttigieg012

 

 今回の大統領選挙民主党予備選挙には10名以上も出馬しており、私はこのピート・ブティジェッジ(本人はピート市長と呼んで欲しいと言っています)は泡沫候補ではないかと思っていましたが、彼の出ている番組の映像を見て、頭の回転の速さと話す内容に感銘を受けました。今回の大統領選挙で民主党の候補者指名を受けることは難しいにしても、これから全国的な知名度を上げていくでしょう。日本にもこのような政治家が出て欲しいものです。


 

 ブティジェッジについていろいろと調べ見ましたが、もしこれを計画的にやっていたとするならば、恐ろしい人だとすら思えるものです。高校生の時に、ケネディ財団が主催する論文コンクールに応募しました。その内容は当時無所属の連邦下院議員だったバーニー・サンダースを取り上げ、政治における寛容と統合について書いたものです。それで優勝したブティジェッジはボストンでの表彰式に出席し、ケネディ家の人々と会います。駐日大使を務めたキャロライン・ケネディやテッド・ケネディ連邦上院議員(故人)というケネディ家の中心メンバーと高校生の頃に既に会っています。

petebuttigiegcarolinekennedy010

キャロライン・ケネディとの写真(2000年) 


 大学はハーヴァード大学、言わずと知れた世界屈指の名門校です。ハーヴァード大学はボストン郊外にあり、ケネディ家のお膝元です。ジョン・F・ケネディも卒業生です。テッド・ケネディ上院議員の事務所で夏休みにインターンをしたのは、論文コンクールで優勝したことでつてが出来たからでしょう。その後は2004年の米大統領選挙ではジョン・ケリー、2008年ではバラク・オバマの選挙運動に参加しています。

 

 ブティジェッジが生まれ育ち、今は市長を務めるインディアナ州サウスベンド市はインディアナ州北部にあって、オバマの地元シカゴから遠くありません。舅インディアナポリスよりも距離としては近いようです。オバマとの関係も良好で、オバマはブティジェーグに「民主党の未来」という賛辞を送っています。彼はただの田舎町の市長ではなく、ケネディ家とオバマという民主党内部の重要な人脈の結節点につながりを持っています。

petebuttigieg009

帰還の際に両親からの出迎えを受ける(父は2019年初めに死去) 

 2009年に米海軍の予備士官となり、2014年に既に市長になっていたのですが、休職して7カ月間、アフガニスタンで軍務に就きました。これも大きいことです。実際に軍務に就いて海外に派遣されるというのはここ最近の大統領ではいません。これがあるおかげで、「あいつは弱虫だ」という批判は説得力を持たなくなります。2017年には民主党全国委員長選挙に立候補しますが、途中で撤退します。しかし、この選挙で民主党内部、特に各州レヴェルの幹部たちとの人脈を形成し、民主党内部の人々に「この読みにくい苗字の人は大したものだ」という印象付けをすることに成功した、ということです。

petebuttigieghowarddean008
選挙から撤退する際の写真。民主党の大物ハワード・ディーンが挨拶

 

 高校生の頃からこのような道を進むと決めておおまかにでも計画して進めてきたとすると恐ろしさを感じます。さすがにこのような想定は私の考えすぎかもしれませんが、市長となって以降の動きは計画性を感じます。インディアナ州サウスベンドは人口10万で周辺も含めると30万です。彼が市長になったのは29歳の時で、これは10万人以上の人口を持つ市の市長としては史上最年少だそうで、しかも共和党が強い保守的な地盤のところに、民主党から出て当選してしまうのですから、これもまた凄いことです。

 下の記事で書かれている、ブティジェッジの戦術は興味深いです。ある民主党系のストラティジストが「トランプ個人というよりもトランプ主義(Trumpism)を批判している」という指摘をしています。これは重要な指摘だと思います。トランプ大統領個人を攻撃することは、彼に投票した人々、熱心な人々からそうではない人々まで全てを攻撃することになります。自分が投票したことは誤った愚かな行動だったと言われているようなものだからです。ですから、そこを分離できるというのは頭の良さだと思いますし、他の候補者とは違う点なのでしょう。

 

 ピート・ブティジェッジからは目が離せません。

 

(貼り付けはじめ)

 

ブティジェッジは民主党の候補者の中から台頭している兆候を示す(Buttigieg shows signs of emerging from the Democratic pack

 

エイミー・パーンズ筆

2019年3月25日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/435696-buttigieg-shows-signs-of-emerging-from-the-democratic-pack?fbclid=IwAR1s2zO53adF968H7gNZgOUvDk0rZexgvaugQMgW5xKXMbGEQydpjs6vDFI

 

ピート・ブティジェッジインディアナ州サウスベンド市の市長ではあるが比較的無名の人物、今2020年米大統領選挙民主党予備選挙の有力候補として存在感を増している兆候が出ている。

 

37歳になるブティジェッジが大物候補者たちの一団に割って入るかもしれないという可能性を示した最初の動きは、今週末に発表されたエマーソン大学の世論調査であった。この世論調査で、ブティジェッジは、アイオワ州においてジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、民主党)に続く第3位に入った。

 

ブティジェッジは、世論調査アイオワ州の民主党党員集会(予備選挙)に参加予定の人々の間でバイデンの25%、サンダースの24%に続いて支持率11%を獲得した。

 

大統領選挙の最初期のたった一つの世論調査の結果ではあるが、この世論調査が行われる数週間前からメディアでブティジェッジの名前は好意的に取り上げられてきた。ブティジェッジは、CNNのタウンホールミーティング方式の一般の人々との対話番組に出演し、民主党系のストラティジストや専門家たちに良い印象を残した。

 

ブティジェッジは、今回の大統領選挙で同性愛を公表している唯一の候補者である。そして、これまでいくつか人々の注目を集める場面があった。最も近いところでは今週末にもある出来事があった。ノルウェーからの取材者からノルウェー語を話してくれるように頼まれた。

 

ブティジェッジは7か国語を操る。彼は即座にノルウェー語で答えを返した。この時の様子はユーチューブ(YouTube)で人気を集めることになった。

 

この発音しにくい苗字を持つ田舎町の市長について懐疑的であった民主党関係者たちも今では注目するようになっている。

 

民主党系のストラティジストで長年にわたり民主党所属の連邦上院議員のスタッフを務めたジム・マンリーは「数週間前、私は彼に全く注意を払わなかった。それは彼に勝利する可能性など全くないと考えたからだ。しかし今ではどんどん興味がわいている」と述べている。

 

民主党系のストラティジストであるクリスティ・セッツアーは次のように述べている。「ブティジェッジのプチ・ブームは本物だ。彼は色々な場所に顔を出している。彼は本物で興味深い人物であり、論理的な話し方でメッセージを届けられる。こうしたことで、彼はメディアから引っ張りだこになり、予備選挙に参加する民主党支持者たちの注目を集めている」。

 

いまだ出馬表明していないバイデンとサンダースは2020年の米大統領選挙の初期段階である現在、複数の世論調査で上位に来ている。現在のところ、民主党予備選挙の候補者たちは2つの集団、もしくは3つの集団に分けられるような展開になっている。

 

カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)とビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党)は多くの世論調査で3位につけ、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)も有力候補となっている。

 

このトップ5の有力候補者たちに続いてまた別の候補者の一団が続くという展開になっている。

 

ニューヨーク州民主党の幹事長を務めたバジル・スマイクルは、ブティジェッジの最近の露出は、オロークにとっては悪いニュースとなるだろうと分析している。オロークは今月初めに喝さいを浴びながら出馬宣言を行った。

 

ブティジェッジは全国規模の政治の舞台で知名度上昇のために動いているが、ここ数年、民主党内部での地盤固めを行ってきた。この動きは2年前に民主党全国委員会委員長選挙に出馬した時から始まっている。

 

スマイクルは「ブティジェッジはビトー・オロークの進むコース、レーンにある程度侵食してくる可能性がある。それはブティジェーグが選挙期間で既に多くの人々に好印象を与えたからだ。2年前の民主党全国委員会の選挙から各州の民主党幹部との関係を構築している」と述べている。

 

スマイクルは、ブティジェッジは有権者たちの共感を得る優れたメッセージを発していると述べている。

 

スマイクルは次のように述べている。「他の候補者たちがトランプ個人に敵対して選挙戦に出馬している一方で、ブティジェッジは自身の生い立ちで人々の関心を集め、マイク・ペンス副大統領とトランプ大統領を支援している人々が体現している共和党の偽善性に対抗して出馬しているということをアピールしている。これは、トランプ大統領自身というよりもトランプ主義を攻撃するという戦術であり、不平不満を持っている幅広い有権者たちにアピールする可能性を持つ」。

 

ブティジェッジの選対はエマーソン大学の世論調査の結果についてコメントをしないだろう。しかし、選対の報道担当リス・スミスは、最近の選挙運動とメディアへの出演が、ブティジェッジに対する支持の拡大につながっている、と述べている。

 

スミスは次のように述べている。「私たちは常日頃から多くの人々にピート市長を見てもらえばもらえるほど、好きになってもらえるはずだという確信を持っています。彼はミレニアル世代に属する中西部州の市長として、他の人々とは全く異なる言葉を皆さんに届けることができます。世代交代というピート市長の発するメッセージは予備選挙が早い段階で行われる各州とそれ以外の州に住む有権者の皆さんの共感を集めています。彼の発する言葉や行動に対する興味関心が高まっているのを私たちは感じています」。

 

ブティジェッジに懐疑的な人々もいる。ある民主党系のストラティジストはエマーソン大学の世論調査結果の複数の問題点について次のように指摘している。

 

このストラティジストは、世論調査の結果は偶然の産物にすぎない、それは誤差が6%もあるもので、数百人しか対象にしていないと指摘し、「ブティジェッジが台頭しているというのは馬鹿らしい話だ」と述べた。

 

他のストラティジストたちはエマーソン大学の世論調査には問題点があるにしても、ブティジェッジは好調だと述べている。

 

民主党系のステラティジストであるエディ・ヴェイルは次のように述べている。「ブティジェッジは長年にわたりよく計算して実行し努力してきたことの利益を今受け取っているという点が彼の最大の凄さと思う。彼はあらゆる場所に出ている。いろいろな人々に向けて話をしている。多くの集会に出席し、インタヴューを受けている。人々に大きな印象を与えている。これまでの努力の積み重ねが世論調査の数字に出始めているのだと思う」。

 

ストラティジストたちの間で共有されている疑念、それは、ブティジェッジが適切なタイミングで浮上してきたのか、というものだ。

 

セッツアーは「問題はブティジェッジのピークが6カ月前に来てしまっていることだ。それでも彼にとって何か良いニュースはないのかって?それなら、ビトーのピークは1年早過ぎたということかもしれないということだ」と語った。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 古村治彦です。

 

 今回はニューヨーク州民を対象にした世論調査の結果についての記事をご紹介します。この記事で中心的に書かれていたのは、ニューヨーク州選出の連邦下院議員であるカーステン・ギリブランドとニューヨーク市長ビル・デブラシオの支持率が共に30%に届かなかった、ということです。

 

 世論調査の数字についてもっと詳しく見ていくと、次のようになります。

 

(貼り付けはじめ)

 

※3つ目の数字は「よく知らない、判断が出来るほど聞いたことがない」の数字です(一桁台の数字は省略しました)。

 

ドナルド・トランプ大統領:28%(67%)

 

ジョー・バイデン前副大統領:62%(24%)、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属):51%(38%)

 

エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党):31%(38%;30%)、コーリー・ブッカー連邦上院議員(ニュージャージー州選出、民主党):31%(28%;39%)

 

カーステン・ギリブランド連邦上院議員(ニューヨーク州選出、民主党):29%(35%;35%)、カマラ・ハリス連邦上院議員(カリフォルニア州選出、民主党):27%(25%;47%)、ビトー・オローク前連邦下院議員(テキサス州選出、民主党):21%(22%;55%)

 

エイミー・クロウブッシャー連邦上院議員(ミネソタ州選出、民主党):13%(16%;70%)

 

アンドリュー・クオモニューヨーク州知事(民主党):42%(45%;10%)、ビル・デブラシオニューヨーク市長(民主党):24%(49%;24%)、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス連邦下院議員(ニューヨーク州選出、民主党):31%(38%;31%)

 

(貼り付け終わり)

 

 ニューヨーク州の人々は政治家に対する評価が辛いようで、支持率が50%を超えたのはバイデンとサンダースだけでした。その他は3割台、2割台ばかりで、ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモの支持率45%は非常に高い数字ということになります。

 

 ニューヨーク州民は地元の政治家だからというような理由で政治家を支持しないようで、地元選出のカーステン・ギリブランドの支持率が29%で不支持率が35%となっています。そして、全体的に「よく知らないんだよな」となっていることが分かります。

 

 そこでも興味深いのは、大統領選挙民主党予備選挙に出馬している各政治家の支持率と不支持率の数字の関係です。ギリブランドが29%対35%、ウォーレンが31%対38%、ブッカーが31%対28%、ハリスが27%対25%となっています。支持、不支持を判断できるとしている人々の中で、不支持が支持を上回っているのは、ギリブランドとウォーレンです。

 

 どちらも司法の世界で長年活躍し、連邦上院議員としては若手から中堅というところです。全国規模のメディアでもよく名前が出ますし、民主党が優勢なニューヨークでこれだけ評価が低く、不支持が支持を上回っているのは何か原因があると思われます。

 

 その原因としては、2人が民主党エスタブリッシュメント、ヒラリー派に近いと見られているということが挙げられると思います。ギリブランドはヒラリーがオバマ政権の国務長官に就任するためにニューヨーク州選出の連邦上院議員を辞め、その後継となった人物です。これから2人が上昇するためにはそうしたイメージを払しょくしなければならないでしょう。

 

(貼り付けはじめ)

 

世論調査:ニューヨーク州民の中で、ギリブランド、デブラシオの支持率は共に30%以下(Poll: Gillibrand, de Blasio have favorable ratings under 30 percent among New Yorkers

 

ジョン・バウデン筆

2019年3月21日

『ザ・ヒル』誌

https://thehill.com/homenews/campaign/435119-poll-gillibrand-de-blasio-have-favorable-ratings-under-30-percent-among-new

 

ニューヨーク州出身の2名の民主党所属の政治家は大統領選挙に野心を持っているが、最新世論調査によると、2人の支持率は水面下に落ち込んでいる。

 

木曜日に発表されたキュニピアック大学の世論調査の結果では、カーステン・ギリブランド連邦上院議員(ニューヨーク州選出、民主党)は、ニューヨーク州の登録済み有権者の中で29%しか支持がなかった。不支持率は少し高かかった。35%だった。この人々は、ニューヨーク州選出の2期目の連邦上院議員ギリブランドの仕事ぶりを評価しないと答えた。

 

ビル・デブラシオニューヨーク市長(民主党)も同様で、彼はまだ予備選挙出馬表明を行っているが、ここ数週間出馬を示唆しているが、彼の市長としての仕事ぶりを評価しているニューヨーク州民は24%に留まった。調査に答えた人々の49%は評価しなかった。

 

これらの数字は、ギリブランドとデブラシオ両者にとって、これまでの中で最も低い数字となった。両者ともに「自分はより多くの有権者たちに知られるようになっている」と考えているが、支持率は低調である。

 

世論調査アナリストのメアリー・スノウは声明を発表し、「民主党が優勢なニューヨークでは、民主党支持者たちが2020年の大統領選挙でドナルド・トランプ大統領に引導を渡したいと熱望しているが、今回の世論調査の結果はなにも驚くには値しない」と述べた。

 

スノウは続けて次のように語った。「しかし、ニューヨーク州民は自分たちの州の政治家たちがトランプ大統領に代わることが出来ると考えるほど甘くはない。カーステン・ギリブランド連邦上院議員は正式に出馬表明を行ったが、支持率は過去最低となった。ニューヨーク市長ビル・デブラシオは出馬するかどうか決めていないが、ニューヨーク州全体の彼の支持率は、2014年の市長就任以来、最低の数字となった」。

 

ジョー・バイデン前副大統領は支持率トップ、62%を獲得した(24%は不支持)。バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)は水面から顔を出している。ニューヨーク州民の51%がサンダースを支持した。

 

キュニピアック大学による世論調査はニューヨーク州民1216名を対象に行われ、誤差は3.8%である。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ