古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:アイアナ・プレスリー

 古村治彦です。

 

 私が以前ご紹介しましたように、民主党内部は今、分裂状態にあります。内部闘争と言ってよいでしょう。それが激化しています。その理由は来年の選挙です。来年はアメリカ大統領選挙が実施され、そちらに注目が集まっていますが、同時に連邦上院議員の一部、州知事の一部、そして連邦下院議員全員の選挙が実施されます。

 

 連邦上院議員は6年に1度、州知事は4年に1度、選挙が実施されます。連邦下院議員は2年に1度選挙が実施されます。現在連邦下院議員を務めている人々は2018年11月3日の選挙(中間選挙)で当選し、2019年1月から任期が始まった人々です。新人で当選した人々は連邦下院議員になって7カ月ほど経過しただけのことですが、もう次の選挙について心配をしなくてはならない、ということになります。これはヴェテランでもそうですが、連邦下院議員は選挙がすぐにやってくるので、資金的、精神的、肉体的にかなりの消耗を強いられます。まず自分の所属する党の予備選挙で勝ち、本選挙で勝たねばなりません。

 

 また2年に1度選挙があるということで、挑戦者がどんどん出てくるということになります。現職が共和党議員だった場合、共和党内から予備選挙で挑戦する人が出てきますし、本選挙では民主党の候補者と戦うことになります。長期間に連続で当選しているような人には挑戦者は出にくいですが、それでも、多選批判が選挙区内であるような場合には、盤石だと思われていた人もあっさり予備選挙で負けたり、本選挙で負けてしまったりということが起きます。

 

 連邦下院の議長(Speaker)や多数党(Majority)、少数党(Minority)の院内総務(Leader)や幹事(Whip)になる、連邦下院の党指導部を形成するような議員は長年当選を重ねて、選挙に強い議員たちということになります。そこまでいかない連邦下院議員は4期か5期(8年から10年)務めたら引退して別の仕事(議会関係のロビイストなど)に就く場合があります。また、連邦上院議員や州知事を目指すこともあります。


berniesandersalexandriaocasiocortez005

 このブログでもご紹介しているアレクサンドリア・オカシオ=コルテス(Alexandria Ocasio=CortezAOC、1989年―、在任:2019年―)は、2016年のアメリカ大統領選挙で、バーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)の選挙運動に参加し、それが機縁となって、2018年の中間選挙で、連邦下院議員ニューヨーク第14選挙区で選挙に挑戦することになりました。そして、2018年6月の民主党の予備選挙で、10期連続当選、次はいよいよ連邦下院議長だと言われていたジョセフ・クローリーを大差で破り、民主党の候補者となり、11月の本選挙でも大差をつけて当選、という大番狂わせを演じました。選挙資金は数百万円、クローリーはウォール街の金融機関などからの献金数億円でしたが、かえってこのことが選挙区の有権者の怒りを買ってしまったという結果になりました。

 

 AOCの選挙戦を支えたのは、ジャスティス・デモクラッツ(Justice Democrats)という組織です。この組織は2016年の米大統領選挙に出馬したサンダースの考えを拡大しようという目的で同年に設立された組織で、自分たちの考えに賛成している人々を選挙に立候補させて当選を目指すという活動を行っています。


justicedemocratsbanner001
 

2018年の中間選挙では、AOCの他、アリゾナ州第3選挙区のラウル・グリジャルヴァ(Raúl Grijalva、1948年―、在任:2013年―)、カリフォルニア州第17選挙区のロウ・カンナ(Ro Khanna、1976年―、在任:2019年)、マサチューセッツ州第7選挙区のアイアナ・プレスリー(Ayanna Pressley、1974年―、在任:2019年―)、ミシガン州第13選挙区のラシーダ・トレイブ(Rashida Tlaib、1976年―、在任:2019年―)、ミネソタ州第5選挙区のイルハン・オマル(Ilhan Omar、1982年―、在任:2019年―)、ワシントン州第7選挙区のプラミラ・ジャヤパル(Pramila Jayapal、1965年―、在任:2017年―)といった人々がジャスティス・デモクラッツの支援を受けて連邦下院議員に当選しました。


justicedemocratscongresslawmakers001

この連邦下院議員たちは「進歩派(Progressives)」と呼ばれていますが、日本風に言えば「バーニー・サンダース派」ということになります。この議員たちはジャスティス・デモクラッツの考え、もっと言えばバーニー・サンダースの考えである国民皆保険「メディケア・フォ・オール(Medicare for All)」や最低時給15ドル、学費ローンの帳消し、公立大学の無償化、グリーン・ニューディールの実現のために活動を行っています。

 

 このジャスティス・デモクラッツ、進歩主義派の議員たちと争っているのが民主党内部の主流派です。そして、現職の連邦下院議員たちです。この文章の前の方でも書きましたが、連邦下院議員は選挙ばかりで議席を守ることは大変なことです。お金集めも大変、いつも挑戦者の影におびえ、有権者の風向き一つで今までの努力が水の泡ということになります。それに対して、ジャスティス・デモクラッツは各選挙区で自分たちの考えに賛成する人たちを民主党の予備選挙に立候補させてきます。現職議員たちは、いつ自分が無名の新人AOCに敗れたジョセフ・クローリーみたいになるか、次の連邦下院議長と呼ばれるところまで10期連続当選という実績を積み重ねたクローリーがあっさり負けてしまった様子を見ていますから、ジャスティス・デモクラッツと進歩主義派に警戒感を持っています。

 

 現職議員たちは、民主党連邦議会活動・選挙運動委員会(Democratic Congressional Campaign CommitteeDCCC)という組織を結成しています。この組織は現職の議員たちの再選を進めるための組織で、ジャスティス・デモクラッツと争いになるのは当然のことです。

 

 こうした動きに対して、今年5月、バラク・オバマ前大統領がヨーロッパで行った講演会で、「銃殺隊(firing squads)を動き回らせるな」という言葉を使って、進歩主義派とジャスティス・デモクラッツをけん制しました。民主党の現職議員の落選運動のようなことをするなと批判しました。オバマ大統領は今でも民主党内で隠然たる力を持っており、今回の大統領選挙ではジョー・バイデン前副大統領を支援するものと見られています(まだ正式に発表していません)。これに対して、AOCをはじめとする進歩主義派とジャスティス・デモクラッツはバイデン攻撃、その裏にあるオバマ攻撃を激化させています。「オバマ時代が良かったなんて幻想だ」という論法で攻撃を仕掛けています。


barackobama107
 

 進歩主義派は連邦下院民主党執行部とも対立しています。国境の不法移民問題について、民主党が過半数を握る連邦下院は収容所の不法移民の子供たちの処遇を改善するための予算案を可決しましたが、共和党が過半数を握る連邦上ンではこの予算案が否決されました。上下両院は妥協し、国境警備に関する予算を増額することで合意しましたが、子供たちの処遇には予算は使われないということになりました。

 

この妥協に、AOC、アイアナ・プレスリー、ラシーダ・トレイブ、イルハン・オマルの新人女性議員たちが反対を表明しました。この4名は「分隊(Squads)」と呼ばれています。この4名が連邦下院のナンシー・ペロシ議長と対立しています。ペロシや民主党多数派からすると、進歩主義派の政策は過激すぎて実行不可能、もし実行すると行き詰って有権者の支持を失い、選挙に負けてしまうということになります。


democratssquad001

 この状況の中、トランプ大統領が4名の議員を名指しはしていないものの、「自分たちの出身国の政府は危機的状況にあるのだから、それらの国々に帰れ」という趣旨のツイートを投稿しました。AOCは母親がプエルトリコからの移民、トレイブはパレスティナ系、プレスリーはアフリカ系ですが、全員アメリカで生まれています。ということは、生まれながらにアメリカ市民ということになります。オマルはソマリア難民としてアメリカに入国し、後にアメリカ市民となっています。

 

 この「それぞれの国に帰れ」という言葉は極めて短絡的で、思考停止を伴う言葉です。それをアメリカ大統領が簡単に使う時代になったのか、という嘆息が出てしまいますが、これによって、民主党は一致団結して、トランプ大統領に対峙するということになりそうです。共和党の一部からも批判の声が出ていますが、はっきりと「人種差別的だ」という声もありますが、「そんなことを言うべきではなかった」というはっきりしない批判の声が多いです。

 

 共和党は自由貿易を標榜している政党ですが、トランプ大統領は関税の引き上げや相手国に管理貿易を求めるなど、自由貿易に反する政策を実施しています。加えて、共和党の金城湯池となっている地方の農業州は、米中貿易戦争の結果、中国への農産物輸出が減少していることに不満を持っています。トランプ大統領の米中貿易戦争に声援を送っていたのが民主党の連邦議員たちということを考えると、ここに大きな捻じれが起きているということになります。しかし、共和党側にはトランプ大統領を大っぴらに批判できないという忸怩たる思いがあります。

 

 ここにポピュリズム(一般有権者がワシントンの政治に怒りを表明して自分たちの代表を送り込む)を入れて考えると、民主共和両党で、ポピュリズムによる大きな捻じれが起きていると言うことが出来ます。人々の怒りがそれぞれ民主共和両党に及び、どちらの主流派にも相容れない過激な考えが党内で大きな勢力となりつつあるということになります。このポピュリズムに対する警戒感はアメリカでも日本でも根強く、特に反体制を気取ったエリートたちに多く見られる特徴があるように思います。

 

 トランプ大統領の4名の議員たちに対する言葉は、ポピュリズムに内包される差別主義、排外主義を示す言葉ですが、それをかけられたのがやはりポピュリズムを体現する議員たちであるということが興味深い点です。私から見れば、どちらも同根ということになります。

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 古村治彦です。

 

 今年秋の中間選挙(連邦下院全議席、連邦上院一部議席、州知事の一部)に向けて、民主、共和両党で候補者を決める予備選挙(primary)が行われています。今年6月にニューヨーク州で、番狂わせが起きて、無名の新人アレクサンドリア・オカシオ=コルテスが、10期連続当選中だった現職連邦下院議員ジョセフ・クローリーを破ったことが全米で注目を集めました。

 

 今度はマサチューセッツ州ボストンで、やはり10期連続当選していた現職のマイケル・キャプアーノが新人の挑戦者アイアナ・プレスリーに民主党予備選挙で敗れるという波乱が起きました。ボストンは現職有利な土地柄で、黒人女性プレスリーの勝利は驚きをもって迎えられました。

ayannapressleymichaelcapuano001

アイアナ・プレスリーとマイケル・キャプアーノ
 

 プレスリーは、ケネディ家の一族ジョセフ・ケネディ連邦下院議員やジョン・ケリー元連邦上院議員(後の国務長官)の下で働き、そこからボストン市議会史上初の黒人女性議員となりました。その点では知名度はありました。しかし、10期連続当選で、民主党所属の下院議員でもリベラル派の重鎮、リーダー格となっていたキャプアーノを破るということは多くの人たちが予想していませんでした。

 

 下に掲載した記事を読むと、地元の有権者たちは「キャプアーノには不満はないのだが、選挙区を代表する新たな顔と声が必要だ」という考えを持っていました。6月にそこに、キャプアーノよりもよりリベラルで進歩的なプレスリーが立候補し、選挙戦は混戦となり、プレスリーが勝利ということになりました。

 

 このように現職に対して逆風が吹いているのが今回の中間選挙の特徴です。特に長年にわたり議員を務めてきた、体制派そのもののような政治家に対する風当たりは厳しくなっています。クローリーやキャプアーノのようなリベラル派と目される議員たちでも、「ワシントン政治に染まっている」という烙印を押されて、落選ということになりました。

 

 民主党で番狂わせを演じたのは、マイノリティの女性たちであり、かつ進歩主義的、自分のことを社会主義者だと言っている人たちです。彼らは体制派よりもより急進的な政策を主張しています。メディケア・フォ・オール、公立大学の無償化、アメリカ合衆国移民関税執行局(ICE)の廃止などです。こうした人たちの旗頭が2016年のアメリカ大統領選挙の民主党予備選挙でヒラリー・クリントンに対して善戦し、結果として、ヒラリーを本選挙で落選させることになったバーニー・サンダース連邦上院議員です。

 

 2016年アメリカ大統領選挙におけるバーニー・サンダースの躍進とドナルド・トランプの最終的な勝利に共通しているのは、ワシントン政治と体制派政治家に対する嫌悪です。民主、共和党の両極端な人物が支持を集めているということになります。この動きは2018年の中間選挙でも続いているということになります。

 

 中間選挙の情勢はまだ不透明で、接戦が続いており、やや民主党が有利という報道がなされています。これからどうなっていくのか注目されます。

 

(貼り付けはじめ)

 

キャプアーノはマサチューセッツ州での民主党予備選挙で挑戦者プレスリーに敗れる(Capuano falls to Democratic challenger Pressley in Mass. Primary

 

メラニー・ザノナ、リサ・ヘイゲン筆

2018年9月4日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/homenews/campaign/405011-capuano-falls-to-democratic-challenger-pressley-in-mass-primary

 

マイケル・キャプアノ連邦下院議員はマサチューセッツ州での民主党予備選挙で挑戦者であるアイアナ・プレスリーの後塵を拝した。キャプアーノは現職議員として、進歩派の挑戦者に敗れる政治上の番狂わせに巻き込まれた。

 

『ワシントン・ポスト』紙によると、議員歴20年のキャプアーノは午後9時20分に敗北を認めた。マサチューセッツ州第7区での競争相手、44歳のプレスリーはボストン市議会初の有色人種女性の議員となった人物だ。キャプアーノにとっては20年間で初めて予備選挙で挑戦者を迎えての選挙戦となった。

 

AP通信が午後9時53分に予備選挙の結果を報じた。

 

WBZニュースレディオによると、キャプアーノは火曜日の夜に次のように語った。「予備選挙で勝利を得るために私たちは自分たちにできることを全てやった。努力が実を結ばなかったことを残念に、かつ申し訳なく思う。しかし、これが人生だ。アイアナ・プレスリーは間違いなく素晴らしい議員になるだろう」。

 

キャプアーノは今回の選挙において、予備選挙で敗れた4人目の現職議員となった。民主党のクローリー、共和党のロバート・ピッテンガー連邦下院議員(ノースカロライナ州選出)とマーク・サンフォード連邦下院議員(サウスカロライナ州選出)に続く4番目となった。キャプアーノの敗北は現職議員たちが反エスタブリッシュメントの逆風に直面していることを示している。

 

今年6月のニューヨーク州での予備選挙で28歳の民主社会主義者を自認するアレクサンドリア・オカシオ=コルテスがヴェテラン議員のジョー・クローリーを破った後、民主党を活気づかせている進歩派への追い風をプレスリーはうまく掴むことが出来た。

 

オカシオ=コルテス同様、プレスリーは彼女自身をワシントンのエスタブリッシュメントを攻撃することを目指す有色人種の若い女性と規定して戦った。マサチューセッツ州第7区は民主党が堅固であり、共和党から立候補がないので、プレスリーは来年初め、連邦議会に議員として出席することになるだろう。

 

プレスリーの勝利は、民主党の予備選挙における一連の女性、その多くがマイノリティの挑戦者の勝利の流れに連なっている。予備選挙で女性とマイノリティの勝利が続いており、今年の11月に向けて、「女性の年」となっている。

 

投開票が行われた火曜日の夜、支援者を前にしてプレスリーは次のように語った。「キャプアーノに挑戦するという決断は生易しいものではなかった。私たちは孤立することになると考えた。地元や全国レヴェルで民主党のエスタブリッシュメント(体制派)からの支援は望めないことは分かっていた。しかし、変化を押しとどめることはできなかった」。

 

プレスリーはトランプ大統領を批判し、「人種差別、女性差別、同情心に欠けた男性」と呼んだ。民主党が強いマサチューセッツ州全体と同じく、ボストンではトランプ大統領の人気は大変に低い。

 

アフリカ系アメリカ人女性のプレスリーは、自分こそが、66歳の白人男性キャプアーノよりも、人種構成が多様で、リベラルなボストンをより代表することが出来ると訴えた。

 

火曜日の夜、プレスリーは勝利演説を行った。プレスリーは、「自分の勝利は政治や政府において尊重されていない人々、あなたたちの問題、懸念、優先事項は後回しだと言われ続けた人々の勝利だ」と述べた。

 

プレスリーは企業による政治行動委員会(PAC)からの資金を拒絶し、アメリカ合衆国移民関税執行局(ICE)の廃止を主張した。ICEの廃止はリベラル派の新たな主張となっている。一方、キャプアーノは廃止よりも縮小を主張していた。

 

ボストン市議会議員であるプレスリーは、オカシオ=コルテス、マサチューセッツ州司法長官マウラ・ヒーリー(民主党)、『ボストン・グローブ』紙から支持・推薦を受けていた。

 

アメリカの各進歩主義団体は、プレスリーの勝利は今回の選挙で一連の進歩派の勝利の一環であると称賛している。

 

「デモクラシー・フォ・アメリカ」の会長ジム・ディーンは次のように語った。「アイアナ・プレスリーは、ボストンに住む黒人、ヒスパニック、白人の労働者階級の人々のための恐れ知らずの闘士だ。彼女は、連邦議会において、メディケア・フォ・オールや刑法改革を主導だろう」

 

ディーンは続けて次のように語った。「プレスリーはマサチューセッツ州史上初、アフリカ系アメリカ人女性の連邦下院議員となった。彼女は様々な人生の経験を重ねている。性的虐待を経験し、親は投獄されていた。このような人生の経験は権力の場である連邦議会にとって必要なものである」。

 

キャプアーノは民主党の中でも最もリベラルな政治家として知られていた。彼は議会における長年の経験を持っているので、トランプ大統領の主張と戦うことが出来ると訴えていた。

 

8月の夏休み期間中、本誌は地元の一般有権者に取材を行った。地元の人々はキャプアーノに反対する点はないのだが、選挙を代表する新顔を見てみたいと答えていた。

 

プレスリーの現職議員キャプアーノを破っての勝利は大きな衝撃となった。各種世論調査の結果ではプレスリーはキャプアーノの後塵を拝している状況だった。

 

プレスリーは政治資金集めの点で、キャプアーノから大きく後れを取っていた。キャプアーノは今回の選挙のために170万ドル(約1億9000万円)を集めていた。一方、プレスリーが集めたのは89万8000ドル(約9900万円)だった。

 

======

 

プレスリーはマサチューセッツ州での選挙で現職のキャプアーノを破ることを目指している(Pressley seeks to oust Caputo as Massachusetts heads to polls

 

マックス・グリーンウッド筆

2018年9月4日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/homenews/campaign/404851-progressive-pressley-seeks-to-oust-caputo-as-massachusetts-heads-to-polls

 

マサチューセッツ州は伝統的に現職が強い場所だ。連邦上院議員だった故テッド・ケネディ(マサチューセッツ州選出、民主党)がその例だ。しかし、マサチューセッツ州連邦下院議員選挙第7選挙区では、挑戦者がそれまでの伝統を覆そうとしている。

 

火曜日に第7区で民主党連邦下院議員選挙予備選挙が実施され、ボストン市議会議員アイアナ・プレスリーが10期連続当選の現職マイク・キャプアーノを破って、指名されることを目指している。

 

キャプアーノは容易に再選されるだろうと見られていた。しかし、キャプアーノは各種世論調査でリードをしているが、予備選挙でプレスリーから予想外に強力な挑戦を受けている。

 

プレスリーとキャプアーノは共に、進歩的な政治家と見られており、進歩的な政策を進めるであろうと見られている。アフリカ系アメリカ女性で初めてボストン市議会議員に選ばれたプレスリーは44歳だ。プレスリーは人種構成がより多様化している第7区を代表するによりふさわしいと考えられる。

 

これまでの予備選挙で多くの女性やマイノリティの人々が勝利を収めている。その多くが民主党側で起きていることである。プレスリーの動きはこれらに続くものだ。予備選挙で勝利した女性やマイノリティはワシントンやアメリカ各州の州都でより重要な役割を果たそうとしている人々なのだ。

 

先週、フロリダ州タラハシー市の市長アンドリュー・ギルアムは、フロリダ州知事選挙民主党予備選挙で並み居る挑戦者たちを僅差でかわし、勝利した。11月の本選挙で勝利し、フロリダ州史上初のアフリカ系アメリカ人知事となる可能性が増している。

 

今年6月、28歳の無名の新人アレクサンドリア・オカシオ=コルテスが政界を震撼させた。アレクサンドリアはニューヨーク州での民主党予備選挙で10期連続当選の現職連邦下院議員ジョー・クローリー(ニューヨーク州選出、民主党)を破り、民主党の候補者に選出された。

 

他の予想外に勝利を収めている挑戦者たちと同様、プレスリーは、自分が候補者になれば、有権者に対して、現状を打破し、ワシントンに新しい声を届ける機会を与えることになると主張した。

 

一方、キャプアーノは、今年の11月に民主党が連邦下院で過半数を占めるようになれば、自分は豊富な経験と政治的な人脈を使って、影響力を与えることが出来ると訴えた。

 

火曜日にどちらが民主党の予備選挙で勝利をするにしても、11月の本選挙では楽勝するだろう。共和党では予備選挙に立候補する人物が出ていない。マサチューセッツ州第7区

ではほぼ1世紀に渡り、共和党所属の連邦下院議員をワシントンに送っていない。

 

連邦上院の他のレースでは、エリザベス・ウォーレン連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、民主党)に対して、民主党の予備選挙では挑戦者が出ないであろう。そして、彼女は11月の本選挙では圧勝で二期目を決めると考えられている。そうなれば、彼女は2020年のアメリカ大統領選挙の有力候補となるだろう。クック・ポリティカル・レポートはウォーレンの選挙に関しては民主党が盤石と評価している。

 

(貼り付け終わり)

 

(終わり)

アメリカ政治の秘密日本人が知らない世界支配の構造【電子書籍】[ 古村治彦 ]

価格:1,400円
(2018/3/9 10:43時点)
感想(0件)

ハーヴァード大学の秘密 日本人が知らない世界一の名門の裏側[本/雑誌] (単行本・ムック) / 古村治彦/著

価格:1,836円
(2018/4/13 10:12時点)
感想(0件)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ