古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:ベンガジ委員会

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-11-25



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12



 

 古村治彦です。

 

 今回は、バイデン副大統領の大統領選挙出馬に対する期待と失望の声が交錯しているという記事をご紹介します。

 

 バイデンがヒラリーとの違いを明らかにするためには、国内政策ではほぼ違いはないのですから、外交政策での違いを強調しなければなりません。そうなると、オバマ路線の継承となります。これは副大統領だったのですから当然のことです。しかし、個のオバマ路線、現実主義は、アメリカの偉大な力を使わずに逃げ回っているように見えて、人気がないことは前回書きました。これを売りにしてしまうと、バイデンは人気を得ることが出来ずに敗退してしまうことになるでしょう。また、バーニー・サンダースとの争いでも消耗してしまうことになるでしょう。

 

 こうした包囲網を敷かれた閉塞状況を打破するためには、思い切った新機軸を打ち出すことが必要で、これに手間取っていると思われます。また、ベンガジ委員会でのヒラリーの公開証言が今週木曜日に行われますが、この時に何かが起きることを待っているのではないかと思われます。今週末が大きな山場となります。

 加筆します。この記事は数日前に準備をしたものです。本日、バイデンは大統領選挙への不出馬を表明しました。この記事にもあるような、バイデン包囲網はかなりきついものになっていました。

 

==========

 

バイデンは決断を下そうとしているが、疑いは深まっている(Biden closes in on decision, but doubts multiply

 

ニアール・スタネイジ筆

2015年10月15日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/blogs/ballot-box/presidential-races/257104-reports-biden-closes-in-on-decision

 

ジョー・バイデン副大統領が2016年の米大統領選挙に出馬するかどうかの決断を下そうとしている。

 

CNNは木曜日午後遅く、バイデンの家族は副大統領の大統領選挙出馬に賛成したと報じた。また、NBCニュースは、匿名の人物に発言を紹介しながら、バイデンが政界を揺るがすような質問に答えるための「最終段階」にあると報じた。

 

 しかしながら、バイデンが大統領選挙に出馬しないだろうという疑いの声は数日前から大きくなっている。木曜日の夜にラスヴェガスで行われた最初の討論会でヒラリー・クリントンが成功したことを受けて、バイデンに対する悲観論が大きくなってきている。

 

 ヒラリーが国務長官在任時に個人的なEメールアドレスとサーヴァーを使用したことが大統領にふさわしくないという考えから、バイデンが大統領選挙に出馬することになるという主張がなされるようになった。大統領選挙でヒラリーは勝てないだろうから、バイデンが出るべきだと考える人たちが増えていったのだ。

 

 しかし、ヒラリーは民主党内部のこうした懸念を抑え込んだ。そのために、バイデンに対する期待はしぼんでしまっている。

 

 民主党への大口献金者の一人は、『ザ・ヒル』誌の取材に対して、バイデンとバイデンの側近たちに対して、待ちくたびれた、出馬を検討するのに長い時間を使いすぎたということを伝えている人々がいると語った。

 

 この人物は次のように語った。「数週間前であれば、私もこうしたことを言わなかったでしょうが、ドアはもう閉まってしまっていると私は考えます。ヒラリーの討論会の成功の後にドアは閉まってしまったようです」。

 

 彼は続けて次のように語った。「彼に決断を促す声は出ていますが、少し遅すぎたと思います」。

 

 バイデンは出馬を決断すべき時だ、とする声の中で最も大きなものは、ヒラリー陣営の最高幹部、選挙対策本部委員長のジョン・ポデスタのものであった。

 

 ポデスタは水曜日、MSNBCのアンドレア・ミッチェルの取材に対して、「今はもう決断の時だ」と答えた。

 

 民主党内部では、バイデンの出馬に果たして大義名分が立つのかどうかを懸念する声が広がっている。バイデンはヒラリーと中道左派的な立場を共有している。その点ではリベラリズムを掲げて対抗しているバーニー・サンダース連邦上院議員(ヴァーモント州選出、無所属)よりも近い立場にある。それなのにヒラリーを倒すために選挙に出馬するのに大義名分が立つのかという声が出ているのだ。

 

 民主党のコンサルタントであるヒラリー・ローゼンは『ザ・ヒル』誌の取材に対して、民主党員と支持者たちは、バイデンが出馬することを望んでいる、なぜならそれは「彼が選挙戦について正々堂々と戦うという考えを持っているからだ。彼はヒラリー・クリントンがつまらないことで躓くことを望んでいないのだ」と答えた。

 

 バイデンが出馬を決めて選挙運動をして、勝つための時間がのこっているだろうかという質問に対して、ローゼンは「もちろん、しかし、窓は閉まりつつある。私は、問題は2つあると考えている。1つは兵站の問題。彼が決断を遅らせれば遅らせるほど、支持を減らしてしまう。もう1つは彼の目指す大統領像を明確に示すことだ」。

 

 バイデン周辺と付き合いがある、匿名のあるストラティジストはローゼンよりも厳しい現状認識を示した。

 

このストラティジストは「彼のための道は残っていないと思う。これが問題だ」と述べた。

 

 木曜日の段階で、マスコミはバイデンが大統領選挙への出馬寸前であるという報道をするなど揺れ動いていた。CNNは、バイデン自身が予備選挙や党員集会が最初に行われる3州それぞれを拠点にしているストラティジストたちに電話をかけ、「選挙戦に出るか出ないかではなく、選挙戦をどのように始めたら良いかを聞きたい」と話したと報じた。

 

 CNNはまた、「バイデンが複数のストラティジストに電話をかけたということは、家族が出馬に賛成しているのだ」と報じた。家族の意向はバイデンと側近たちにとって極めて重要だ。今年5月にバイデンの息子ボウが脳腫瘍のために亡くなり、家族はその痛手を抱えている。

 

 現在のところ、バイデン自身も含めて、誰も彼がどうするか分かっていない状況だ。

 

 NBCニュースのクリスティン・ウォーカーは木曜日、副大統領官邸で韓国大統領を迎える式典に出席したバイデンに対していくつかの質問をした。ウォーカーは離れた場所にいたために叫ぶことになった。

 

ウォーカーはまず、大統領選挙に出馬するのかと質問した。それに対して、バイデンは「それには韓国語で答えることにするよ」と冗談を飛ばした。

 

 ウォーカーは続けて、「まだ決心はしていないのですか?」と叫んだ。

 

 「聞こないなあ」とバイデンは笑顔で答えた。

 

(終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダニエル・シュルマン
講談社
2015-11-25



アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12



 

 古村治彦です。

 

 ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」で、副島隆彦先生も取り上げておられますが、米連邦下院のベンガジ特別委員会がアメリカ政治のぶつかり合いの焦点となっています。このベンガジ委員会を乗り切れば、ヒラリー・クリントンは米大統領選挙でだいぶ有利になります。来週木曜日に、ヒラリーがベンガジ委員会の公開の質疑応答に出てくるので、そこが最大の見せ場ということになります。民主党側は共和党側の数々の失言をつかまえて、反撃をしています。ガウディ委員長は自分が所属する共和党の同僚議員たちに足を引っ張られる形になっています。

humaabedinbenghazicomittee001

質疑応答に出席したフーマ・アベディン 

 

 私が拙著『アメリカ政治の秘密』で書きましたように、共和党側のネオコン(ジョン・マケイン連邦上院議員など)と民主党側の人道的介入主義派(ヒラリーなど)は、ほぼ同じ考えで、ネオコンにしてみれば、自分たちに批判的になりそうなジェブ・ブッシュが大統領になるよりも、ヒラリーがなった方が良いと考えるでしょう。そのための側面支援が共和党側から行われている、それが共和党側から出てきている失言なのではないかというのが私の考えです。

 

==========

 

アベディンは「能力の及ぶ限り」質問に答えたと述べる(Abedin says she answered Benghazi questions 'to the best of my ability'

 

ジュリアン・ハッテム筆

2015年10月16日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/national-security/257213-huma-abedin-says-she-answered-benghazi-questions-to-the-best-of-my

 

 ヒラリー・クリントンの補佐役を長年にわたり務めるフーマ・アベディンは、金曜日の午後、およそ8時間にわたる非公開の米連邦下院ベンガジ特別委員会の質疑応答を終えて出てきた。彼女は委員会から出された様々な質問に答えるべく努力した、と述べた。

 

 長時間にわたる質疑応答の後、記者たちに対して、アベディンは「私は本日、委員会の調査に役立てるように努力しました」と短く答えた。

 

 アベディンは、2012年にリビアのアメリカ領事館に対して攻撃が行われ、亡くなった4名のアメリカ人たちの「アメリカに対する貢献を讃えたいと思います」と述べた。

 

更に「私は委員会の委員とスタッフの皆さんが長時間にわたって時間を割いて下さったことに感謝します。私は自分の能力が及ぶ限りにおいて全ての質問にお答えしました」と述べた。

 

 委員の1人であるマイク・ポンペオ連邦下院議員(カンザス州選出、共和党)は今回の質疑応答に関して、詳細には言及しなかったが、「大変生産的であった」と述べた。

 

 ポンペオは、「アベディン氏は当委員会の調査対象の期間、国務省の高官として勤務していた。更に、ベンガジで悲劇が起きた時に情報に接することが出来る立場にあった」と述べた。

 

 アベディンに対しては、問題となっているヒラリーの私的なEメールサーヴァーの使用についても質問がなされた、とリン・ウェストモーランド連邦下院議員(ジョージア州選出、共和党)は記者たちに語った。しかし、その質問はベンガジに関するEメールに限られたということだ。

 

今回の質疑応答には3名の委員、ポンぺオ、ウェストモーランド、民主党側の理事委員であるイライジャ・カミングス連邦下院議員(メリーランド州選出、民主党)だけが出席した。

 

 委員長であるトレイ・ガウディ(サウスカロライナ州選出、共和党)は質疑応答には出席しなかった。ガウディの事務所は欠席した理由について詳細に語ることを拒否したが、事前に委員会のスタッフたちと綿密に打ち合わせをし、「彼らが中身のある、調査に資する質問をしてくれる」と信頼しているということは述べた。

 

 アベディンに対する質疑応答の後に発表された声明の中で、ガウディは「アベディン氏が進んで質疑応答に応じてくれたこと、そしてこれまで長年にわたりアメリカ合衆国に尽くしてくれたことに対して感謝している」と述べた。

 

 ガウディは加えて「アベディン氏が提供してくれた情報は、委員会が出す最終報告書の執筆に役立つ」と述べた。

 

 カミングス議員は質疑応答の合間に記者たちに対して、「私はアベディン氏に配慮している」と述べた。

 

 カミングスは「今回の調査は、納税者たちのお金を使ってのヒラリー・クリントンを大統領選挙から追い出そうとする試みである」と述べた。

 

 カミングスは、「アベディン氏はヒラリー・クリントン国務長官の次席スタッフを務めたが、政策や政策実行に関しては何の責任も持っていなかった。また、ベンガジで悲劇が起きた時、国務省にはいなかった」と述べた。

 

 ヒラリーは長年にわたり補佐役を務めてきたアベディンを「2人目の娘」と呼んでいる。アベディンはヒラリーがファーストレディーであった時から補佐役を務めている。また、ヒラリーが国務長官を務めいた時期のほぼ全ての期間、彼女の補佐官を務めた。

 

 アベディンは現在、ヒラリー・クリントン選挙陣営の副委員長を務めている。

 

 アベディンと委員会のメンバーたちは、質疑応答の最後の45分、連邦議会議事堂の奥にある部屋に移動し、より微妙な問題について質疑応答を行った。

 

 金曜日、アベディンは委員会の質疑応答に出席した。この後、ヒラリー・クリントンはベンガジ委員会の公開の質疑応答に出席する予定である。これは大手メディアの全てが報道する連邦議会における最近では大事件となるであろう。

 

 ベンガジ委員会の共和党側の幹部たちの仕事はやりにくくなっている。ここ数週間、共和党の複数の議員たちが、「委員会の目的はヒラリー・クリントンの大統領選挙を妨害することである」と発言している。

 

 これに対して、ヒラリー陣営と民主党の政治家たちは反撃をしている。

 

 金曜日、ヒラリー陣営の広報担当ニック・メリルは、次のように述べた。「委員会がアベディン氏を招聘したことの理由はいまだにはっきりしていない。アベディン氏の証言はベンガジで起きた領事館への実際の攻撃に関する更なる証拠と危険な地域で働いている外交官たちをいかに守るかの教訓を与えることだろう。しかし、委員会はそうしたものを求めていないだろうが」。

 

 「共和党はアベディンを標的にし、彼女の証言について詳細をメディアにリークしようとしている。これはヒラリー・クリントンを追い落とそうとする党派性を丸出しにした戦術である」とメリルは述べた。

 

 ポンペオはベンガジ員会の仕事がやりにくくなっているということはないと否定している。

 

 ポンペオは「委員会の仕事が難しくなっているということはない。もちろん容易になっているということもない」と述べた。

 

 ポンペオは「委員会の活動についてどんな人がどんなことを言っても、私たちのやるべきことは変わらない。私たちは首尾一貫した使命を遂行することに集中している」と述べた。

 

=====

 

クリントン陣営は、ヒラリーの側近がベンガジ委員会に出席したことに関して、共和党に対して警告を発する(Clinton camp warns GOP as aide enters Benghazi panel

 

ジュリアン・ハッテム筆

2015年10月16日

『ザ・ヒル』誌

http://thehill.com/policy/national-security/257137-clinton-camp-warns-gop-as-aide-enters-benghazi-panel

 

 ヒラリー・クリントンの選挙陣営は共和党に対して、金曜日に連邦下院ベンガジ委員会でヒラリーの側近に対して行われた非公開の質疑応答の詳細について、マスコミにリークしないように警告を発した。選挙陣営は連邦議員たちがマスコミとの私的な会話の中でリークを繰り返していると批判した。

 

 ヒラリーの選挙陣営の副委員長で長年にわたり側近を務めてきたフーマ・アベディンは、金曜日朝、委員会の部屋に入っていった。この際、選挙陣営の広報担当ニック・メリルは、ベンガジ委員会は政治的な意図だけで運営されているという批判を改めて行った。

 

 メリルは声明の中で次のように語った。「共和党はアベディン氏を標的にし、彼女の質疑応答の内容の詳細をリークすると決めているが、これはヒラリー・クリントンを追い落とす計画のための党派性丸出しの戦術だ」。

 

 メリルは「こうした文脈において、私たちは、アベディン氏が質疑応答を終えた今、これまで行われてきたマスコミに対するリークが起きないように願っている」と述べた。

 

 民主党は繰り返し、共和党の議員たちに対して、「納税者のお金を使っての政治的な意図を持った試み」としてベンガジ委員会を利用していると攻撃している。金曜日にメリルが残したコメントは、ヒラリー陣営が反撃の準備を整えていることを示している。

 

 メリルは次のように語った。「委員会はフーマを標的にした。諜報関係や国防関係でまだ話を聞くべき人はたくさん残っているというのに。これが示しているのは、ベンガジの領事館に対する実際の攻撃についての更なる証拠集めであるとか、危険な地域で働く外交官たちを守るための教訓を得るといったことをベンガジ委員会は軽視しているということだ」。

 

 今週の初めに行われた第1回目の民主党大統領選挙候補者たちの討論会において、ヒラリーはベンガジ委員会について「基本的に共和党全国委員会の武器だ」と形容した。

 

「彼らの攻撃にも負けずに、私はまだ立っている」と述べ、拍手喝さいを浴びた。

 

 ヒラリーは来週木曜日に委員会の公開の質疑応答に出席することになっている。彼女の委員会への出席は、彼女の政治的な野心と共和党主導の調査の方向性にとって重要な瞬間となる。

 

 金曜日朝、委員会の部屋に入る時、アベディンは記者たちの質問に何も答えなかった。

 

 非公開の証言に先立ち、ベンガジ委員会の共和党側から出ているあるスタッフが、声明の中で記者たちに対して、委員会による質疑の性質について述べた。

 

 このスタッフはオフレコを条件にして、「アベディン氏は、委員会の性質に則った、調査されるべき諸問題について質問されることになる。2012年9月11日にリビアのベンガジにあるアメリカの外交使節に対する攻撃につながる、その前後の様々な出来事、国務省の決定と行動、連邦議会の調査に対する協力などについて質問されることになる」と語った。

 

 民主党は、ヒラリーの補佐官を務めた人々の非公開の質疑応答で話したことの断片がメディアにリークされてきたことについて共和党を厳しく批判している。

 

 民主党は共和党に対して反撃している。

 

 今月の終わりにヒラリーに対しての公開の場での質疑応答が行われることにも民主党は批判的だが、これに加えて、もう1人のヒラリーの側近シェリル・ミルズに対して9時間にわたって行われた質疑応答の内容を詳細に記した文書の公開を求めている。共和党側はこの記録は秘密にしておくべきだと主張している。

 

(終わり)





野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ