古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:安倍晋太郎

 古村治彦です。

 2023年12月27日に最新刊『バイデンを操る者たちがアメリカ帝国を崩壊させる』(徳間書店)を刊行しました。週刊ダイヤモンド2024年3月2日号にて、佐藤優先生にご紹介いただきました。是非手に取ってお読みください。

bidenwoayatsurumonotachigaamericateikokuwohoukaisaseru001

バイデンを操る者たちがアメリカ帝国を崩壊させる

 最近、名越健郎(なごしけんろう)著『秘密資金の戦後政党史』(新潮選書、2019年)を読んだ。この本では、外国勢力、具体的には、アメリカ、中国、ソヴィエト連邦から、日本の各政党、自民党、民社党、社会党、共産党への資金提供があったことが書かれている。アメリカや旧ソ連などの公開資料を調べ、その中に出てくる日本の各政党への資金提供の文書を詳しく分析し、資金の流れを解明している。日本の政党が外国勢力から資金提供を受けることは法律で禁止されており、違法行為である。従って、外国勢力からの資金提供は非公式、秘密に行われた。

himitsushikinnosengoseitoushi001

秘密資金の戦後政党史

 自由民主党結党時(1955年)に、民主党系から出て、初代の幹事長となった(1956年末まで)のが岸信介だった。岸信介は、戦前に商工省に入省し、次官となった。国家総動員立案の中心的人物であった。満州国の産業政策を立案し、戦争開始時の東條内閣では商工大臣・無任所大臣兼軍需時間を務めた。敗戦後は、A級戦犯として逮捕されたが、後に釈放し、政界復帰を果たした。

岸信介は、1956年の石橋湛山との自民党初の党総裁選挙で敗れたが、1957年3月には石橋の病気退陣を受けて、自民党総裁、首相に就任した。1960年の日米安保条約改定で大規模な反対運動に遭い、安保改訂成立後に退陣したが、その後も日本政界で隠然たる力を保持した。80歳を超えた1979年まで代議士を務めた。戦前から戦後まで日本政界で影響力を保持し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。

 戦後の岸信介につきまとったのは、CIAとの密接な関係、そして韓国発祥の統一教会、創始者である文鮮明との蜜月関係であった。外国勢力との関係が取り沙汰されてきた。『秘密資金の戦後政党史』によれば、岸信介と弟の佐藤栄作元首相といった人物たちが、自民党の資金不足を言い訳にして、アメリカ大使館の外交官やCIAの要員たちに資金提供を求めている。反共のためのアメリカの手先として利用されたのが岸信介だった。岸信介・娘婿の安倍晋太郎・孫の安倍晋三と続く、アメリカのCIAと統一教会との深いつながりは、下に掲載した東京新聞の記事の通りである。

 民社党はもともと社会党右派であったが、1959年末に参議院選挙敗北の責任をめぐって、社会党を脱党し、1960年に民社党が結成された。安保については条件付き賛成という立場を取った。民社党は、民間労組(同盟)を支持基盤として、中道路線を標榜したが、自民党よりも右寄りの姿勢を持つ野党であった。民社党にもCIAからの資金が入っていた。民社党首脳部は社会党在籍時からアメリカ大使館、CIAと特別な関係を結び、民社党結成後は、資金提供を受けた。現在の国民民主党は、20世紀の民社党のような存在だと考えるのが妥当である。民社党・同盟系の研修機関として設立された富士政治大学校にはCIAの資金が出ていたという説もある。富士政治大学校では、反共教育がなされていた。ここで教育を受けた民間労組の組合員たちが民社党の活動家にもなっていった。現在の連合の会長である芳野友子は、この富士政治大学校の強い影響を受けている。

また、ここで重要なのは、富士政治大学校を設置した、富士教育センター(民社党系)の理事長に、松下正寿という学者が就任していた事実である。松下正寿は政治学者であり、立教大学教授・立教大学総長を務め、民社党所属の参議院議員を務めた。松下は、統一教会の教祖である文鮮明に傾倒し、文鮮明を褒め上げる著書も書いている。富士政治大学校がどのような教育をしていたか、推して知るべし、である。民社党・同盟にはこのような統一教会との深い関係があった。それが現在も続いていると考えることが自然である。

 さて、ここからは私の考えたことである。日本が経済成長する前に、アメリカ(CIA)は日本に資金を提供し、「反共の防波堤」として成長させた。その後、経済成長を遂げた日本は、CIAに搾取される存在になった。CIAは、冷戦下、共産主義の拡大を阻止するために、反響を掲げる宗教団体である統一教会を利用した。統一教会の勢力を南米に拡大させ、共産主義勢力と競わせた。その際に、利用したのが、統一教会の日本人信者と資金である。以前放送された、TBSの「報道特集」で、統一教会の南米での拡大が取り上げられていた。日本人信者が大金を持って大挙して南米に向かったということが報告されている。これは、統一教会がCIAの意向を受けて動いていたことを示している。

 自民党と民社党という、日本の保守勢力にCIAと統一教会は深く浸透し、利用してきた。それは今も続いていると考えることが自然だ。その中心が、岸信介・安倍晋太郎・安倍晋三の流れであり、安倍派(清和政策研究会)だった。日本の保守を標榜しながら、日本人と日本の資金を外国勢力に搾取されることを許してきたのがこの勢力だ。日本がアメリカの属国を止め、芯の独立を果たすためには、まずここを切開手術して明らかにして、切除しなければならない。

(貼り付けはじめ)

●「旧統一教会系と歩んだ安倍氏「3代」スパイ防止法を巡る歴史から闇を読み解く」

2022817 0600分 東京新聞

https://www.tokyo-np.co.jp/article/196366

https://www.tokyo-np.co.jp/article/196366/2

 続々と明るみに出る国会議員と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係。ただ、そもそもの話をお忘れではないか。安倍晋三元首相のケースだ。読み解くカギになるのが、いわゆる「スパイ防止法」。法制定を巡る経過をたどると、祖父の岸信介元首相、父の安倍晋太郎元外相、そして当人までの3代にわたり、教団系の政治団体「国際勝共連合」と共同歩調を取った過去が浮かんできた。政権中枢が絡んだ闇の深さこそ、目を向けるべきだ。(特別報道部・木原育子、中沢佳子)

◆岸信介氏「あるときは内密に…」

 「岸元首相は、本連合設立当初から勝共運動に理解を示し、陰に陽に支援、助言を行ってきた」

 勝共連合の機関紙「思想新聞」の1987816日付1面には、同月7日に亡くなった信介氏の評伝が掲載され、先の一文がつづられた。広辞苑によると、「陰に陽に」とは「あるときは内密に、あるときは公然と」の意。親密ぶりがうかがえる。評伝はこう続く。「スパイ防止法制定運動の先頭に立ってきた

 この法律は、防衛と外交の機密情報を外国勢力に漏らせば厳罰を下す内容だ。信介氏は並々ならぬ思いを持っていたようだ。

 57年に首相として訪米した際、米側から秘密保護に関する新法制定の要請を受けて「いずれ立法措置を」と応じていた。晩年の84年に「スパイ防止のための法律制定促進議員・有識者懇談会」が発足すると、会長に就いた。

◆岸氏、勝共連合、そしてCIA

 勝共連合の「本気度」もすさまじかった。思想新聞によれば、78年には「3000万人署名」を行い、久保木修己会長は元検事総長や元最高裁判事、元韓国大使らとともに79年発足の「スパイ防止法制定促進国民会議」に参加。以後、勝共連合は全都道府県に下部組織をつくり、地方議会への請願運動を展開した。

 思想新聞も連日、「国会への圧力を強めていこう」などと喧伝けんでん。87年の元日紙面では漫画で同法を解説しており、左派と想定した人物を博士風の男性が論破する流れになっていた。

 日本のトップだった信介氏、韓国発祥の教団の流れをくむ勝共連合。スパイ防止法を求めたのはなぜか。

 「根本的にはCIA(米中央情報局)」と話し始めたのは、御年89歳の政治評論家、森田実さんだ。「アメリカの政策は今も昔も変わらない。反共で韓国と日本の手を結ばせ、アジアを分断しながら戦いを挑ませる手法だ」

 信介氏は「米共和党に最も近い人物」といい、旧ソ連と向き合う上で「日本の関連法制では整備が不十分という米側の意向をくもうとした」。勝共連合の方は「権力や金のために日本に食い込むには米側に取り入るのが一番早かった」。

◆晋太郎氏「自信たっぷりの笑顔で…」

 スパイ防止法を巡り、勝共連合と共同歩調を取ったのは晋太郎氏もだった。

 856月に自民党議員が法案を提出した時には外相で、このころの参院外務委員会では「審議について関心を持っている。そういう方向を打ち出すことも理解できる」と踏み込んだ。

 思想新聞を読むと、勝共連合関連の会合に党代表や来賓として再三参加しており、「自信たっぷりの笑顔で『スパイ防止法成立に積極的に取り組みたい』と述べました」と報じられた。

 その晋太郎氏は韓国と深い縁を持っていたようだ。

 「安倍三代」の著者でジャーナリストの青木理氏によると、晋太郎氏の地元、山口県下関市は古くから朝鮮半島との交流の要衝だった。釜山行きのフェリーが行き交い、今も韓国との玄関口。在日コリアンが多く暮らし、地元の有力な韓国系の実業家も晋太郎氏を支援してきた。

◆全ては朝鮮半島との関係の中に

 青木氏は「勝共連合の結び付きと土地柄は切り離して考えるべきだ」と念押ししつつ、「時代背景もあり、反共というイデオロギーを核に岸さんと旧統一教会が結び付き、晋太郎氏もそのまま引き継いだ事実は間違いない。戦前から戦中、戦後に続く朝鮮半島との関係の中に全てはある」と指摘する。

 晋太郎氏は1991年に亡くなった。信介氏の時と同じように、思想新聞は1面で評伝を掲載した。やはり、この言葉で悼んだ。

 「安倍氏はまた、故岸信介元首相や福田元首相と同様、陰に陽に本連合に対し支援、助言を行ってきた」

 85年提案のスパイ防止法案は野党の強い反発などもあり、このころに成立することはなかった。

 「世界情勢は成立へと推し進める流れになかった」。政治評論家の小林吉弥氏はそう話す。冷戦の終結や旧ソ連の崩壊があり「急いで成立させる必要性は薄れた」。信介氏が87年、晋太郎氏も91年と相次いで亡くなり、旗振り役が消えたのも一因という。

 晋太郎氏に関しては、力を振るいにくい状況もあった。「外相こそ務めたが、当時首相だった中曽根康弘氏とは党総裁選で競った間。田中派に担がれた中曽根政権で、福田派の晋太郎氏はさほど重きを置かれず、政権中枢と距離があった」(小林氏)

◆晋三氏の登場と「特定秘密保護法」

 晋太郎氏の死から15年たった2006年、晋三氏は首相に就いた。思想新聞はここぞとばかりに「スパイ防止法制定急げ」「法の再上程を」と必要性を訴える見出しを付けた。

 安倍晋三政権は07年、海上自衛隊の情報流出疑惑を機に、「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を米国と結んだ。米国と協定を交わした国が秘密軍事情報を共有する際、米国と同レベルの秘密保護が求められる。

 短命の第1次政権後、晋三氏は12年末に返り咲いた。翌137月の参院選で衆参ねじれ国会が解消したのを受け、力に任せた政権運営を展開。衆参両院で採決を強行して成立させたのが「特定秘密保護法」だ。

 防衛や外交の機密情報の漏洩ろうえいを厳罰化する同法は当時、スパイ防止法との類似点が指摘された。知る権利を侵す危うさをはらむが、思想新聞は「安保体制が大きく前進した」と持ち上げた。その一方、諜報ちょうほう活動をより強く取り締まる内容を盛り込んだスパイ防止法を制定するよう促した。

◆「教団系は自民党のいたるところに」

 「晋三氏が秘密保護法を成立させたがったのは祖父、信介氏への思いの強さ、教団との関係性からかもしれない」

 旧統一教会に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏はそう推し量る。

 ただ、教団と必ずしも考えが完全一致していないとも。「秘密保護法は政府が探られたくないことを追及されないようにした。一方、教団がスパイ防止法で求めるのはより踏み込んだ内容。両者の関係はまだ分からないことが多い。さらなる解明が必要だ」と語る。

 名古屋学院大の飯島滋明教授(憲法学)は、晋三氏が対米関係を考え、秘密保護法制定に動いたとみる。「スパイ防止法も秘密保護法も、政府による情報隠しを可能にし、戦争できる国づくりのための法。一気に進めると反発が大きいので、規制できる言動の範囲が限られる秘密保護法を足掛かりとしたのだろう」

 共同歩調が浮き彫りになった安倍家と教団系の過去。右派色の強い教団と一国の首相との関わりに、飯島氏は警鐘を鳴らす。

 「スパイ防止法が制定されれば、情報の入手はさらに制約される。基地監視はスパイ活動とされ、反基地運動が抑え込まれかねない。教団は自民党のいたるところに食い込んでいる。たださなければ、過去と似た動きが繰り返される」

◆デスクメモ

 陰に陽に勝共連合を支援したという晋太郎氏。死去から2年後、同じ山口県の選挙区から立候補したのが晋三氏だ。東京育ちで、選挙区との関わりは希薄。初当選を支えたのは父と縁深い面々だろう。では、勝共連合はどうか。恩返しのごとく、陰に陽に動いたのか。どうにも気になる。(榊)

(貼り付け終わり)

(終わり)
bigtech5shawokaitaiseyo501
ビッグテック5社を解体せよ

akumanocybersensouwobidenseikengahajimeru001

 悪魔のサイバー戦争をバイデン政権が始める
20211129sankeiad505

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12




野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23

 

 古村治彦です。

 

 今回は、なべおさみ著『やくざと芸能と』(イースト・プレス、2014年)をご紹介いたします。なべおさみという人は、私が子供の頃(私は1974年生まれ)にはテレビで活躍していた人です。私も俳優としてテレビドラマに出演していたなべおさみの姿を覚えています。誰かの「子分」の役を好演していたように思います。



nabeosami001
なべおさみ

nabeyakan001
なべやかん

 

 私が高校生の頃に(1991年だったそうです)、息子さん(後にビートたけしに弟子入りし、たけし軍団入りして、「なべやかん」となります)の明治大学替え玉受験事件が起き、テレビでは姿を見ることは少なくなりました。

  


 この本では、明治大替え玉受験事件のことはほとんど書かれていません。明治大学の出身者であるなべおさみは、自分の息子に対して、「何か特別な推薦入試」制度があって、それで明治大学の第二部(夜間学部)に入れてもらえると思っていたと書いています。ちなみに、「なべやかん」という芸名の由来は、鍋と薬缶という語呂の良さと、明治大学の二部(夜間学部)の夜間から、ビートたけしとなべおさみが考えついてつけたということです。

 

 なべおさみの芸名の由来というのは、彼が渡辺プロダクションに所属して、歌手の水原弘の付き人をしている時に、俳優の勝新太郎に電話をかけて、「渡辺です」と名乗った時に、勝新が渡辺プロの社長と間違えてしまい、それに気付いた勝新が「お前は渡辺じゃないよ、ナベだよ」と言ったことから、なべおさみ自身が翌日に「なべおさみ」という名刺を作ったことからはじまったということです。こうした面白い逸話がこれでもかと書かれているので、昭和芸能史を知りたい方にはお勧めの本です。

 

 なべおさみは渡辺プロに所属するタレントであり、同時に当時の社長の側近として、所属タレントの待遇面などに対しての不満に関する情報を集めながら、独立などを抑える「スパイ」「忍者」の役割も果たしていました。歌手の森進一の独立を抑えたり、布施明の子供を妊娠した加賀まりこ(かわいそうなことに流産してしまったということです)と会社側の連絡係を務めたりしていたということです。本の中で彼は渡辺プロの社長を「お屋形様」と呼んでいます。

 

 『やくざと芸能と』は、なべおさみの明大替え玉受験事件までの人生を網羅した内容となっています。ここでなべおさみがはっきりと書いているのは、彼が暴力団(やくざ)と深いつながりがあったということです(なべおさみは「任侠の方々」ということを歯を使っています)。このつながりは彼がまだ高校生で銀座や渋谷で遊んでいた頃からできていたということです。それは、芸能人となった後も続き、なべおさみが渡辺プロを退社し、勝新の付き人になる時、やくざの親分衆が集まり、「生活が大変だろうから」ということになり、皆でお金をカンパしてくれたという話も書かれています。

 

 芸能とやくざとは昔は緊密な関係にあったことはよく知られています。山口組を率いた田岡一雄組長は、神戸芸能社という会社を設立しました。芸能人が興行をうつ場合に、その土地土地のやくざの協力が不可欠だったそうです。しかし、そうしたことも歴史上のことになりました。今も芸能界とやくざとは裏でつながっているのかもしれませんが、表向きは、芸能界がやくざと関係を持つことはなくなりました。

 

 そうした時代になって、なべおさみがやくざとの関係をはっきりと書いたというのは凄いことだと思いますが、高齢になり、今さらテレビの世界には戻れないという諦念もあってこうした内容の本が書けたのだろうと思います。彼が描く「任侠の方々」は理想化されすぎているのではないかと門外漢には思われます。やくざを武士(サムライ)と見立てるような書き方はどうなのだろうかと思ってしまいますが、なべおさみからすれば、「それはあなたが何も知らないからですよ」ということになるのだろうと思います。

 

 なべおさみは、芸能に深く関わり、成功したことから、「芸能」の歴史を学ぶようになり、そこから日本(と世界)の歴史を学び、その成果を本の中に書いています。彼は被差別の歴史を紐解き、それに芸能とやくざを結び付けていきます。彼は「嘘部」の民という言葉を使って、食糧生産に直線関与しない技能者たちとして、被差別、芸能、やくざといった人々を捉えています。加えて、なべおさみは、「ユダヤの失われた氏族」がパレスチナの地を離れ、東の果ての日本に辿り着いたという「日猶同祖論」のような歴史観を展開しています。

 

 なべおさみは誠意回とも深いつながりがあり、政界における親分は安倍晋太郎(現在の安倍晋三首相の父)であったと書いています。彼は安倍晋太郎の頼み(指令)で、選挙応援や使者として全国を飛び回っていたということです。また、鈴木宗男氏が初出馬する時、金丸信に頼まれて、お金を鈴木氏の許に運び、一緒に選挙戦を戦ったとうことです。鈴木氏のトレードマークというべき体の大部分を出す選挙カーの箱乗りもなべおさみが伝授したものだそうです。

 

 なべおさみは書いていませんが、安倍晋太郎を政界の親分とすると、安倍晋三首相とも当然のことながら深い関係ができていたと考えるのは自然なことです。安倍晋三首相は、父晋太郎氏の秘書をしていたのですから。1991年に明大替え玉受験事件が起きた直後、安倍晋太郎氏は亡くなってしまいました。そこからはもう安倍家とは関係が切れてしまったのでしょう。

 

 『芸能とやくざと』の中で、なべおさみはその幅広い華麗な人脈(の一部)を明らかにしています。彼は裏人間としての役割を果たし、そのことでおそらく失脚というか表舞台から退場させられてしまったということができます。彼がタレントではなく、裏人間であればそういうことはなかったかもしれませんが、逆に考えると、タレントとして表人間としても地位を確立していたために、「消される」ことなく生き延びることができたのでしょう。今回、その彼が裏人間としての貌の一部を明らかにしました。これにも何らかの意図があるのでしょう。単なる老人の思い出話などではないでしょう。

 

 

 たけし軍団で、なべおさみにとっては明治大学の後輩にあたる浅草キッドの水道橋博士がなべおさみに注目してテレビ番組にでも引っ張り出してくれたら、面白い番組ができるのではないかなと思いますが、今のテレビではそれも無理なことなのかもしれません。そう考えると、出版にはまだ表現の自由がテレビよりも残されているのかもしれません。しかし、それは逆に出版は届く人の数が少ないので許されているということでもあり、出版という業界全体のマイナーさを示しているのだろうと思います。

 


 この『芸能とやくざと』は最近では珍しい、「奇書」の部類に入る本だと思います。夏休みの読書計画の一冊に加えても損はしないと思います。

 

(終わり)









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ