古村治彦(ふるむらはるひこ)の政治情報紹介・分析ブログ

SNSI研究員・愛知大学国際問題研究所客員研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)のブログです。翻訳と評論の分野で活動しています。日常、考えたことを文章にして発表していきたいと思います。古村治彦の経歴などについては、お手数ですが、twitter accountかamazonの著者ページをご覧ください 連絡先は、harryfurumura@gmail.com です。twitter accountは、@Harryfurumura です。よろしくお願いします。

タグ:早稲田大学野球部





アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12




野望の中国近現代史
オーヴィル・シェル
ビジネス社
2014-05-23

 

 古村治彦です。

 

 先週の土曜日、神宮球場で行われた早大対東大の試合を観戦してきました。いつもは一般内野席で観戦するのですが、一緒に行った方たちの希望で、学生応援席に入りました。学生応援席は500円と割安ですが、写真撮影と飲酒が禁止となっており、応援部の指示に従った行動が求められます。学生ではなくても入れますので、レベルの高い六大学の応援を楽しみたい方や東京六大学入学を目指し興味がある方はこちらに入るとよろしいかと思います。

tokyobig6wasedatodai20141004001
 
 

 試合結果は早大11点-東大5点となり、早大が大勝と報じた新聞もありましたが、内容としては五分、早稲田にしてみれば負けに等しいものであったと思います。早稲田は昨年夏の甲子園に熊本代表の濟々黌高校のエースと活躍した1年生大竹投手が先発しました。4年生でドラフトの目玉と言われている有原投手は右肘の違和感で対法政戦は登板なし、明治戦は1試合だけ中継ぎで3イニング登板、無失点はさすがでしたが急速が上がらず、ということで、本調子ではありません。東大の先発は東京の私立・城北高校出身の2年生吉川投手が先発でした。吉川投手はこの試合までシーズン2試合9イニングを投げて無失点、投手ランキング1位となっている投手でしたので、ぜひ見てみたいと思っていました。




tokyobig6pitcher002
 

 大竹投手も吉川投手もストレートが130キロ前後、変化球は95キロ前後と軟投派、コントロール重視、打たせて取るタイプの投手です。どちらもランナーがいない時のコントロールはなかなかのものです。吉川投手は、東大に臨時コーチで入った桑田真澄氏の教えである「外角のストレートのコントロール」が絶妙で、そこを軸に早めに追い込んでいく投球ができていました。5回を投げて与四球が1つというのは素晴らしいものでした。

 

 吉川投手は5回を投げて7点を失うのですが、投手の責任で失った点数を示す自責点は3点でした。これはどういうことかと言うと、守備がエラーを連発し、外野守備ももっと前に守っていたらヒットにせずに済んだ当たりが何本もあったということです。公式にはエラーが5つ記録されていますが、目に見えないエラー、守備位置エラーと言われるようなものを含めると10に迫るのではないかと思われました。その後の投手もホームランを打たれたのは仕方がないにしても、全体で自責点5、失点11から引くと、6点のうち何点かは防ぐことができたものと言えると思います。そう考えると、東大側は、投手陣の底上げができている状況で、守備が破綻をきたしているのは何とも残念です。

 

 早稲田は有原投手不在でチーム全体のバランスが崩れていると感じました。前回の明治戦は完膚なきまでにやられ、連敗したのですが、「有原がいないのだから、自分たちがしっかりしないと」という気持ちが強すぎて、体ががちがちでバッティングもタイミングが悪い、守備も駄目という感じになっていました。東大戦は、大変失礼ですが、速球派が出てくるわけでもないし、長打を浴びる訳でもないのだから、攻撃、守備両方ともリラックスしてできるはずでした。しかし、軟投派の吉川投手に抑え込まれながら、相手のエラーにどうにか助けられて得点を重ねることが出来ました。しかし、手応えがあった得点と言うのは7点くらいのものでしょう。

 

 東大の攻撃力は格段に上がっています。早稲田の投手陣、二番手の竹内投手はまあまあとして、三番手高梨投手、四番手黄本投手は散々な出来でした。高梨投手は4年生で、先発の柱としてリーグ戦でも10勝を挙げ、東大戦ではノーヒットノーランを達成した投手ですが、昨年からの不調から復活できていません。久しぶりに見ましたが、球速はあるのですが、コントロールが良くなく、カウントを取りに行くところを痛打されるという感じ、下半身がうまく使えていないのか、ストレートに伸びが感じられませんでした。高梨投手は打者5人に対して被安打3、与四球1、自責点2、1アウトしか取れずに降板となりました。これでは残りの対立教、早慶戦で使えるかどうか分かりません。黄本投手は木更津総合のエースとして甲子園にも出場した投手ですが、高梨投手の後の異様な雰囲気でうまく力を出せなかったという感じでした。

 


 全体としては、東大はチャンスをつかむ前に、自滅してしまった、早稲田は相手のエラーに助けられて安全圏まで逃げ込むことができたのだが、力としては拮抗していたと思います。現在の東大は81連敗、100連敗も可能性として浮上している中、逆に言うと、どこが連敗ストッパーとなるのかということで、「出来るならうち以外で」とどこも思っている状況です。爆発寸前の爆弾を5校の中で回しているという感じです。そこの緊張感を利用すれば、東大にもチャンスがあるのではないかと思います。早稲田戦以外で是非勝利を挙げていただければと思います。

 

(終わり)









 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アメリカ政治の秘密
古村 治彦
PHP研究所
2012-05-12





 古村治彦です。

 

 昨日、2014年5月3日、東京六大学野球2014年春季リーグ戦の早稲田大学対東京大学第1回戦を観戦してきました。東大は2010年秋に早稲田大学戦に勝って以来、2つの引き分けを含み、70連敗を記録しています。5月3日の試合に負けると、新記録の71連敗となります。

 

東京六大学野球リーグの記録によると、1925年秋季から2013年秋季までの東京大学の勝敗記録は、244勝1540敗55引き分けの勝率1割3分2厘です。10試合やって1試合は勝てるという程度です。対早稲田大学の記録は34勝316敗17引き分けの勝率1割3分9厘です。私は大学入学直後の1994年春のシーズンで早稲田が0対1で、2010年秋に2対4で東大に負けた試合を観戦しておりまして、89年の歴史の中で34回しか起きなった早稲田の対東大戦の敗北を2回撃する僥倖(?)に恵まれました。2010年秋の敗戦で、早稲田は慶應との優勝決定戦までもつれ込んだのですが、東大に負けるということは東京六大学野球リーグにおいては重要な意味を持つこともあります。

DSC01130

 

 本日の試合は早稲田大学が11対0で東京大学を破りました。東大は71連敗(2引き分けを含む)という連敗記録を更新することになってしまいました。早稲田大学はエースで、この秋のプロ野球のドラフトでもドラフト1位で競合指名が有力視されている、有原航平投手(広陵高校)が先発しました。150キロを超える速球が自慢の好投手です。有原投手は6回まで投げ、3安打されましたが7奪三振、その後、吉野和也投手(日本文理高校)が2回を無安打1奪三振2四死球、9回を黄本創星投手(木更津総合高校)が無安打2奪三振2四死球で完封しました。東大は3安打に4四死球と塁に走者を出したのですが、残塁6で得点に結びつけることができませんでした。初回、2回の攻撃で共に2アウトランナー3塁まで進んだのですが、得点できませんでした。東大の3安打のうち、2安打は初馬眞人選手(桐朋高校)が放ちました。初馬投手は高校時代にチームを西東京地区(日大三高や早稲田実業が所属)でベスト16に導いた会ワン投手として注目されましたが、今は外野手登録です。野球センスの良さを東大では一番に感じる選手です。打撃に関しては通算43打数12安打打率2割7分9厘と他大学でもベンチ入りできるくらいの力を持っています。

 

 一方、早稲田の攻撃陣は本塁打2本、三塁打2本、二塁打4本、単打6本、四死球5、相手のエラー3、相手のバッテリーエラー2で11得点を挙げました。東大の登板した投手は辰亥正嗣(高松)、毛利拓樹(横浜翠嵐)、関正嗣(半田高校)でしたが、どの投手もスピードが遅く、打ちごろのストレート、そしてストレートと緩急の差がつかない変化球を投げていました。たまにコーナーに決まると早稲田の打線も打てないのですが、それが長く続かないためにつるべ打ちにあってしまうということになってしまいました。

 

 現在、東大は71連敗です。先のことは誰にも分かりませんが、私が観戦した限り、この春のシーズンで残り試合において急に力を伸ばして、勝利を収めることは考えにくいです。このままでいくと100連敗ということもあり得ます。そうなると、東京六大学野球リーグに東大が加盟している意味ということも問題になってくると思います。

 

 東大の選手たちで甲子園大会に出場した選手というのはいません。過去には何人かいました。一方、他の5大学はドラフト会議前に候補として名前が挙がったような選手たちを推薦入試で入学させています。これでは最初から勝負になりません。以前は勝負になっていたと思いますが、現在のように他の5大学がプロも注目するような才能あふれる選手たちを入学させている状況では、いくら努力しても厳しい状況にあります。東大の選手たちは、本当はしなくても良い苦労をしているのかもしれません。しかし、東京六大学という一つのステータスを守るために、野球の技量ではなく、偏差値のために東京六大学野球に存在していると言って良いと思います。

DSC01126
DSC01126

 

 このまま連敗が続けば100という数字になることは十分にあり得ます。そうなったときにこの90年近い歴史を誇る東京六大学野球リーグがどのような議論を行うのか、注目したいと思います。しかし、それまでに東京大学野球部が1勝を挙げることを、それも早稲田大学野球部以外の相手から挙げることを祈りたいと思います。

 

(終わり)





 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ